香港の人は海外に行くときスマホをどうやって使っているのか?|山根康宏のワールドモバイルレポート

毎年の夏休みや年末年始など、長期休暇が取れるときは海外へ行く人も多いだろう。最近では自分のスマートフォンをそのまま海外へ持ち出す人も増えている。携帯電話時代と異なりスマートフォン時代の今、現地での利用はデータ通信が主となるだろうが、各通信キャリアが割引パッケージを提供しているものの1週間も海外に出ていればその通信費も馬鹿にならない。

先月は香港でSIMフリーのiPhoneですら実質無料で販売されていることをことを書いた。香港ではSIMロックのかけられたスマートフォンは販売されておらず、国民全員がSIMフリー端末を持っているのである。ではそんな香港人たちが海外に行ったとき、現地ではどのようにスマートフォンを使っているのだろうか?

近場であればローミング、数百円の低価格プランも

香港人が最もよく訪れる海外、それは陸路で隣接している中国の都市深センだ。深センは世界のIT工場が集結しており、iPhoneの製造元でもあるフォックスコンや、SIMフリースマホの販売で一躍話題になりつつあるファーウェイなども工場を構えている。だが香港人にとって深センは「香港より物価の安い地方の都市」という場所であり、週末になるとショッピングや食事をしに訪問する人が多い。

中国と聞くとニセモノばかりという印象もあるが、高級ショッピングモールにはアップルストアもあるなどきちんとした店が入っている

中国と聞くとニセモノばかりという印象もあるが、高級ショッピングモールにはアップルストアもあるなどきちんとした店が入っている

では香港人は深センでどうやってスマートフォンの通信回線を確保しているのだろう?実は日帰りや1泊程度の滞在であれば、そのままローミング利用するケースが多い。日本の各キャリアの海外サービス同様、香港のキャリアも1日単位のデータローミングサービスを提供しているのだ。価格も日本円で1500円から2500円程度と手軽に利用できる。

また最近は特定のソーシャルサービス専用のローミングサービスもあり、そのサービス専用アプリを使う分には定額利用できる専用ローミングプランも出てきている。このサービスはシンガポールやマレーシアなどでも開始されており、Line、WhatsApp、Facebookなどのアプリを使う分には定額でローミング利用できる。香港でもHutchisonが約650円/日で同類のサービスを提供している。

指定ソーシャルアプリの定額ローミングサービスは料金も安く、各国で広がっている

指定ソーシャルアプリの定額ローミングサービスは料金も安く、各国で広がっている

このように「ちょっとだけ海外」という時は、日本の人たちとスマートフォンの現地回線の使い方はあまり変わらないかもしれない。ところが数日以上の滞在となる海外旅行では、SIMフリースマートフォンを持っているメリットを最大限に活かしているのである。

プリペイドSIM利用は当たり前

台湾に週末3泊4日で小旅行したり、あるいはフランス10日間の旅、といった時は香港人は現地でプリペイドSIMを買うことが当たり前になっている。ローミング代は高く、自分のスマートフォンや携帯電話がSIMフリーなので現地のプリペイドSIMの利用が可能であり、そして現地のプリペイドSIMの料金は安い。そのことを香港人はもう何年も前から知っているのである。

日本では最近になって訪日客向けにプリペイドSIMを販売、というニュースが大きな話題になっているが、海外からの来客向けのプリペイドSIMはもう10年以上も前から各国では当然のように販売されているのである。

筆者の過去の経験を話そう。香港から台北に飛行機で到着し、空いている時間だったためイミグレーションに並ぶのはほぼそのフライトの客のみだった。そして入国審査後に荷物を受け取り外に出ると、すべての客が同じ方向に足を向けていた。その先にあるのは空港の各キャリアのプリペイドSIM販売カウンター。降りた客のほとんどがその場に行列を作っていたのである。

台北の空港のキャリアカウンターは大行列。たいていの香港人はここでプリペイドSIMを購入する

台北の空港のキャリアカウンターは大行列。たいていの香港人はここでプリペイドSIMを購入する

今の時代は「総ソーシャル」時代だけに、渡航先でFacebookやWhatsAppを使い近況報告するのは当然の行為だ。台湾の例ではローミングは1週間も滞在すると1万円近くになってしまう。ところが台湾のプリペイドSIMなら1500円程度で済むのだ。多少並んでもプリペイドSIMを買ったほうがはるかにお得なのである。

もちろん時間の無い場合はローミングを利用したほうが手軽であるし、通信キャリア各社もローミング料金をを多様化させ少しでも海外で自社回線を使ってもらおうとアピールしている。また普段使っている番号に電話がかかってくることを考えると、音声通話だけでもローミング利用する人もいる。

香港キャリアが海外のプリペイドSIMを販売

それでも「ローミングは高い」とローミング利用を敬遠する人も多いのだ。そこで香港の通信キャリアが考えたのが「海外用のプリペイドSIM」の販売である。これは海外現地で売っているプリペイドSIMを、国内代理店としてそのまま販売するのではない。自社ブランドで海外で利用できる現地回線のプリペイドSIMを販売しているのだ。そのため料金は現地で買うプリペイドSIMよりは高い。だがローミング料金よりははるかに安い。

通信キャリアが海外用のプリペイドSIMを販売するということは、普段利用してもらっている自社のSIMをスマートフォンから外させ、現地の他社回線のプリペイドSIMに入れ替えて利用してもらうということだ。つまりローミング利用を一切放棄してしまうことになる。収益となるのは販売したプリペイドSIMのうちの、現地のキャリアに払った残りの分のわずかな金額となる。

だがそれでも海外用のプリペイドSIMを売ることで、今まではローミングを使わなかった人からも、プリペイドSIMの収益を得ることができる。ローミング料金の引き下げやパッケージの多様化をしたところで結局は現地のプリペイドSIMより料金は高い。ならば現地の空港で行列を作って買う手間が不要な現地用プリペイドSIMを売ってしまおう、と考えたわけである。

海外用プリペイドSIMは、MVNOの中国聯通香港(中国大陸の中国聯通の香港子会社がMVNOを展開)が中国用のプリペイドSIMを大々的に販売したのがはじめであり、その後日本用、韓国用、台湾用、ヨーロッパ用など様々な製品を揃えている。例えば台湾用は1週間データ定額で約3900円。現地SIMが約1500円なので倍以上の値段だが、それでもローミングよりも安い。そして何よりも空港でキャリアのカウンターに並ぶ必要も無いのだ。

中国聯通香港の台湾用プリペイドSIMの案内ページには「空港で並ばなくていい」ことを大きなメリットとしてアピール

中国聯通香港の台湾用プリペイドSIMの案内ページには「空港で並ばなくていい」ことを大きなメリットとしてアピール

中国聯通香港の各国用プリペイドSIMは今では香港のコンビニでも売られている。「そういえば来週から日本だったな、じゃぁSIMを買っておこう」のように手軽に買えてしまうのである。

中国聯通香港に続き、中国移動香港(こちらは大陸の中国移動が香港のキャリアを買収したMNO)も韓国用と台湾用のプリペイドSIMの販売を開始。またHutchisonは子会社を通じて3日用や5日用と言った海外各国で利用できるプリペイドSIMの販売を始めている。それだけ利用する香港人が多いということなのだろう。

香港各キャリアが海外用プリペイドSIMの販売に参入

香港各キャリアが海外用プリペイドSIMの販売に参入

さて日本もいよいよ来年には販売されるスマートフォンのSIMフリー化が義務付けられることになる。そうなれば海外旅行に行く際に現地のプリペイドSIMを利用する日本人も増えるだろう。だが普段使っている番号にかかってくる電話は逃したくない、そんな人向けにデュアルSIMのスマートフォンの利用も進むかもしれない。そして香港のように大手キャリアが海外用プリペイドSIMの販売を始めるかもしれないし、あるいは国際ローミングサービスを提供していない日本の各MVNOキャリアが、海外のMVNOと組んで現地用プリペイドSIMの販売を始めるかもしれない。

スマートフォンがSIMフリーになると、このような新しいビジネスが生まれるかもしれないのだ。いずれにせよSIMフリースマートフォンは日本人の海外渡航をより便利なものにするだろう。

山根先生が書いたおすすめ記事

SIMフリー国家香港、iPhoneはこうして無料販売される
東京オリンピック時の参考にしたい、シンガポールの無料WiFiサービス
GALAXY S5に見る2014年スマホの新トレンド
これからのスマホカメラのトレンドは「自分撮り」
スマートフォンと連携できる腕時計は流行になるか?

その他の山根先生の記事一覧:山根康宏のワールドモバイルレポート
モバイル研究家の記事一覧 :モバイル研究家コラム

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

総務省が各キャリア向けに「SIMフリー義務化」

遂にSIMフリー義務化へ!背景にある「国家戦略」とは?|池端隆司のモバイルジャンクション

こんにちは、池端です。 ポストコ・ラボでコラムを書き始めてから、しばしば不思議な現象に遭遇することが

記事を読む

SUSの顔ともいえるPadFoneだが商業的には苦戦している

シェア奪回を目指すASUSのスマホ新戦略|山根康宏のワールドモバイルレポート

台湾のPCメーカー、ASUSがこの春に発売した『Zenfone』の売れ行きが好調だ。先行販売されてい

記事を読む

170201_01

音声認識技術で存在感を表すアマゾン|山根康宏のワールドモバイルレポート

今年も1月3日からラスベガスで開催されたCES(Consumer Electronics Show、

記事を読む

図1 情報通信機器の個人保有状況(総務省「ICTの進化がもたらす社会へのインパクトに関する調査研究」(平成26年)より)

都道府県別スマートフォン利用率格差の要因|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

わが国のスマートフォン普及率は、先進各国に比べると必ずしも高いとはいえません。わが国のスマートフォン

記事を読む

透明度を下げれば発電効率は上がる。用途によっては低透過率のパネルでも十分だろう

スマホの電池切れの心配が無くなる、ディスプレイで充電できるWysips Crystalに期待|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンやスマートウォッチの電池切れは頭の痛い問題だ。スマートフォンの電池を長持ちさせるための

記事を読む

販売サイト上で説明されている図

iPhoneにボタン機能を追加する保護ガラスを試してみた|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

スマホのディスプレイ大型化は老眼が進んできた筆者にとってもありがたいことなのですが、その一方で指は伸

記事を読む

セルフィーは写真を撮る行為そのものも楽しい

これからのスマホカメラのトレンドは「自分撮り」|山根康宏のワールドモバイルレポート

ソニーモバイルが2014年7月に発表したスマートフォン「Xperia C3」は5.5インチHDディス

記事を読む

香港を中心に世界に流通する中古スマホ(概念図) 出典:オークネット総合研究所

中古スマホはどこへ行く?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

MM総研によると、2014年度にわが国で出荷されたスマホは2,748万台となっているそうです。もはや

記事を読む

160901_02

日本市場での戦略を大きく変えるASUS、ZenFone 3は「脱・格安スマホ」を目指す|山根康宏のワールドモバイルレポート

「ZenFone 3 Deluxの価格は8万9800円」。日本の発表会のために来日していたASUSの

記事を読む

NTTドコモの「ARROWSケータイ F-05G」(富士通製、左)と「AQUOSケータイ SH-06G」(シャープ製、右)

Androidフィーチャーフォンの必然性|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

各通信キャリアが2015年夏モデルの発表会を行いましたが、KDDIに加えNTTドコモからもAndro

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑