New iPhone6発表直前!! iPhone6に搭載されるiOS8のフラットデザイン|池端隆司のモバイルジャンクション

こんにちは 池端です。
待ちかねているiPhone6が本日(厳密には明日の深夜2:00ごろ)発表の予定です。
皆さんは夜、発表会見ご覧になりますか?
今日は正式発表前なので、NDA範囲内で話せる内容として、原点に戻りiOS7から採用された「フラットデザイン」について少し書きたいと思います。

フラットデザインに変更された経緯

iOS6のホーム画面

iOS6のホーム画面


iOS6まで採用されていたデザインをなんと言うかご存知でしょうか?
「スキュアモーフィックデザイン」と言われる、現実的な物の比喩でUIを作ると言うデザインでした。
例えば写真であれば、立体的なヒマワリのデザインだったりしました。
私の見解では、コンテンツの多様化、スマートフォンの機能の多様化が進むに連れ、より直感的に誰にでも解るUIに変更する必要がありました。
それが「フラットデザイン」です。

これからの他社スマートフォンのUIとUX

マテリアルデザイン

マテリアルデザイン


次期Android OSのバージョンである「Android L」。このOSに搭載が確定しているUIを「マテリアルデザイン」と言います。
この「マテリアルデザイン」の特徴は、iOSと同じフラットな構成ではあるが、階層構造とアニメーションが特徴です。デザインは、まるで紙とペンで書いたようなシンプルなデザインですが、動きのある操作感と階層構造になっている為、シンプルだけど触って気持ちのよいものとなっております。

どこから始まったのか?

「フラットデザイン」の始まりは、Microsoft社の「Zune」だと言われています。
その後Windows Phone OSに統合され、「メトロUI」(※現在モダンUI)というものに変わっていきました。

メトロUI

メトロUI


この「メトロUI」ですが、聞いた話ですとデザイン開発の時、世界中からいろいろな情報を集めた際に、直感的に解りやすく、言語が違っても理解しやすいものがあったとのことです。
それが日本の地下鉄の案内標識だったとのこと。
そう言った理由からか、デフォルトで選べるテーマカラーが、日本の地下鉄のイメージカラーになっているそうです。

テーマカラー

※見覚えのあるカラーが確かに!

これから向かう先

これからのスマートフォンと統一されつつあるUIデザインの向かう先は、やはりマルチデバイス化だと筆者は考えています。
スマートフォン、メガネ型デバイス、時計型デバイス、PC、その他家電など今後スマートフォン専用OSの垣根を超えて、あらゆるデバイスにて使われてくると考えております。
その際にシンプルなデザインであれば、液晶モニタの画面解像度やアスペクト比に影響されにくく、新しいサービスに展開が可能と考えています。
未来のモバイルの世界への第一歩なのかもしれませんね。

「iPhone6発売直前!緊急セミナー」開催

上記の通り、本日深夜にiPhone6が発表されますが、それにあたって来週の9/17(水)に水道橋にある私が所属している会社(株式会社ウェブレッジ(http://webrage.jp/))主催で、無料セミナーを緊急開催しようと思っています。

テーマは、
「iPhone6発売直前! iOS8がスマートフォン業界にもたらす新しいイノベーションとは?」
で、新機能の紹介とそれらがもたらす可能性を紹介し、また、既存機能からの変更点なども含めて、「スマートフォン業界にどんなイノベーションをもたらすのか?」についてお話しします。
限定30名の無料セミナーなので、興味がある方は是非お早めにお申込みください。

■ セミナー概要
『iPhone6発売直前!iOS8がスマートフォン業界にもたらす新しいイノベーションとは?〜アプリケーションや外部デバイスに求められる方向性〜』

9月に発売を予定している、新しいiPhone6に標準搭載されている新OSの
「iOS8」。今更聞けない新機能の紹介と新しい機能がもたらす可能性を紹介。
また既存機能からの変更点も比較しながら紹介していきます。

2年サイクルで大きく変わる、今回の新型iPhoneがもたらすスマートフォン業界へもたらすイノベーションとは?
これから向かう方向性も交えながらお話致します。

【開催日時】:2014年9月17日(水) 15:00〜16:30
【開催場所】:株式会社ウェブレッジ2F(@水道橋)
【参加料金】:無料!
【定員】:20名(※先着順にご案内します)
【主催】:株式会社ウェブレッジセミナー運営事務局

■ セミナー詳細ページ&お申込み(無料)はこちら

池端先生が書いたおすすめ記事

「盟友」山根さんとディープなモバイル話編~前編~
ドコモがiPhoneを導入せざるを得なかった理由
MVNOブレイク!背景に潜む、SIMフリー版「失われた20年」
遂にSIMフリー義務化へ!背景にある「国家戦略」とは?
コンテンツの対象端末の選定にお困りの方へ ~正しい対 象端末の選び方~

その他の池端先生の記事一覧:池端隆司のモバイルジャンクション
モバイル研究家の記事一覧 :モバイル研究家コラム

The following two tabs change content below.
池端 隆司
個人で1,000台以上の携帯端末を保有する弊社の携帯博士。株式会社ウェブレッジに2011年入社し、品質検証事業部の事業部長としてテストチームのマネージメントする他、「携帯電話研究家・品質コンサルタント」として活動。品質管理体制の構築・検証手法の提案、ニアショア・オフショア検証の体制構築提案を実施。そのほか国内、国外の携帯電話市場調査やアプリケーションの企画やアイディアの提案なども行う。 著書に「ディープでギークなスマホ情報―これがスマホ&モバイルの未来だ!?」 (技術評論社 2014年6月)がある。
IoT品質検証

関連記事

VoLTEによる音声通話の音声周波数帯域は50Hz~7kHz。低音域から高音域までの幅が広がった(NTTドコモ・2014夏モデル発表会にて)

VoLTEの通話品質を試してみた!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

6月19日に掲載させていただきましたコラム(モバイルネットワーク進化の鍵となるVoLTEの導入)にも

記事を読む

1

コンテンツの対象端末の選定にお困りの方へ ~正しい対 象端末の選び方~

 今現在国内の主要キャリアから280種類程度のスマートフォンが販売されており、その中の235機種程

記事を読む

LTE対応表

国内通信事業を統合したソフトバンク、その思惑は?|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

1月23日、ソフトバンクは国内で携帯電話やインターネット通信などを手がける4つの子会社、すなわちソフ

記事を読む

170301_03

NB-IoTを真っ先に乗せたいスマートスーツケース|山根康宏のワールドモバイルレポート

2017年はLPWA(ローパワー・ワイドエリア)を使った様々なIoTデバイスが登場する年になるだろう

記事を読む

香港を中心に世界に流通する中古スマホ(概念図) 出典:オークネット総合研究所

中古スマホはどこへ行く?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

MM総研によると、2014年度にわが国で出荷されたスマホは2,748万台となっているそうです。もはや

記事を読む

他方で、「Location History」と検索すると、自分の過去の居場所がすべて丸見えで驚きます。

Googleサービスの機能拡充2選|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

Googleは米国時間の5月28日に、開発者向けのイベントである「Google I/O 2015」を

記事を読む

スマートフォンとしても超ハイスペック、しかもLeTVの番組もワンタッチで見ることができるLeTV Max

コンテンツ企業がスマホを売る、LeTVの試みは軌道にのるか|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンを製造するのは家電メーカーや携帯電話メーカーだ。最近ではAmazonがタブレット「Ki

記事を読む

本体が無理なら、ケースにつければいいじゃない!

本体が無理なら、ケースにつければいいじゃない!|池端隆司のモバイルジャンクション

冒頭から脱線します。以前、このコラムにて国内のスマホシェアは7割という数字をご紹介しましたが、201

記事を読む

大手3事業者はLTEでも激しい加入者獲得合戦を繰り広げるだろう

見えてきた台湾のLTE時代 | 山根康宏のワールドモバイルレポート

国を挙げてWiMAXを次世代高速通信規格として推進していた台湾。そのためLTEの導入は他のアジア各国

記事を読む

ローカル・モータースが出展した3Dプリンターで印刷された自動車

自動車もプリンターで”印刷”できる?モノのインターネットを後押しする3Dプリンターの可能性|山根康宏のワールドモバイルレポート

あらゆるモノが次々とインターネットにつながる時代がやってきた。IoT(Internet of Thi

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑