ビジネス書のクイズアプリ『Bookドリル』で「競わない生き方」にチャレンジした結果・・・ww

Bookドリル00

ビジネス書での学びが定着しない・・・

ビジネスマンが効率的にビジネススキルを高める際に、ビジネス書などの書籍を読んで勉強することが有益であるのはみなさんご存知の通りだ。

自己啓発などの人気カテゴリはもちろん、会計知識や経営知識など様々な知識を1000円程度で身に付けることが出来るため、普段から習慣として読んでいる方も多いだろう。

しかし、ビジネス書には欠点があって、

  • 読書の時間を確保できない
  • 読んだはいいけど、内容を理解できていない
  • すぐに内容を忘れてしまい、定着しない
  • という悩みをお持ちの方も多いのではないだろうか?

    現に私自身も、

  • 本を読むまではいいが、記憶を定着させるために何度も読み返し、時間が過ぎてしまう。
  • という悩みを抱えている。

    そこで、レバレッジメモという手法を使って定着を試みるも、
    そもそもまとめる時間を作れないなどという壁にぶち当たっている・・・・。

    そんな悩めるビジネスマンを助けるために作られたアプリが「Bookドリルである。

    Bookドリルとは?

    Bookドリルとは、株式会社ライムスがリリースしているビジネススキル向上のための無料アプリである。
    世の中のビジネス書の要点をクイズ形式で出題&回答し、最後には著者からのコメントによって、学びを深めることが出来るのだ。

    Android版が2014年8月20日、iPhone版が2014年8月26日と、リリースされて間もないため、現状は冊数は少ないが、

  • 有料ビジネス書の要点をクイズ出題
  • 効率的に復習するための本棚機能
  • 著者からのアドバイス
  • があり、しかも料金も一切かからず無料というから驚きだ。

    成長意欲の高い学生・社会人にとってありがたいこのアプリだが、
    実際に使ってみたので、まずはそちらをご覧いただき概要を掴んで頂ければと思う。

    ▼書籍のカテゴリも豊富
    Bookドリル01

    まずはカテゴリに関してだが、
    書籍のカテゴリも豊富で、現在は特に金融系が多い印象を受けた。
    登録されている具体的な書籍名に関しては、ご自分の目で確かめていただけるとありがたい。

    「競わない生き方」にチャレンジです!

    それでは、実際に使ってみよう。
    今回は、平林亮子さん著の「競わない生き方」という書籍にチャレンジしてみようと思う。

    ▼勉強したい書籍を選択!★
    Bookドリル02

    ▼「Bookドリルで診断する」から挑戦!!
    Bookドリル03

    ▼なるほど、なるほど。素直に回答してみよう
    Bookドリル04

    こんな感じで、複数の設問に回答していって・・・・

    結果発表・・・!

    さて、3分程度での全問回答が済んだら、結果発表TIMEだ。

    ▼運命の結果発表・・・!
    Bookドリル05

    なんと、結果は「正解率17%」だった・・・・orz

    競わない生き方というタイトルだけあって、
    この点数というのは、つまり「私の生き方は、バトってる(競っている)」ってことでしょうか(滝汗)ww

    著者からのアドバイスがもらえる!

    「人生見直そうか・・・」と考えていたところで、著者からのアドバイスが表示された。

    ▼はげましのコトバ
    Bookドリル06

    「気にしないでください。これから視野が広がっていく、まさにその直前なのですから・・・・・」

    慰めていただきました。これからも頑張ります。

    とまぁ、これで終わると、
    ネタ記事かよ
    で終わりそうなので、しっかり良い点もアピール。

    以下の画像を見ていただけるとお分かりかと思うが、「Bookドリル」は、設問に回答した後に
    各設問へのアドバイスもくれる!
    読んでみるとわかるが、とても的確なアドバイスであり、
    これらが全設問に設定されているという徹底ぶりだ・・・!

    ▼アドバイスで理解が深まる
    Bookドリル07

    反復学習をしよう

    著者からのアドバイスも頂いたが、それでビジネススキルが身につくほど人生は甘くない。
    そう、「反復すること」こそが最も重要であり、定着への近道である。

    成績を省みて、まだまだだと感じたら、”本棚へ追加”しよう。
    本棚へ追加することで、いつでも復習することが可能となるのだ(もちろん、無料です)

    ▼本棚へ追加し、いつでも復習できる!
    Boookドリル08

    是非、この機能を使って、インプットを定着させて欲しい。

    本の種類の増加に期待!

    以上で、「Bookドリル」の特徴と使い方についてのレビューを終了するが、いかがだっただろうか。

    私は、本での学びを定着させることがニガテなので、このようなアプリが
    しかも無料で使えるとなると大変ありがたいと感じている。

    唯一、欠点というかこうすればいいなーと思ったのは、冒頭にも記述したが「本の冊数が少ない」ところだ。

    とはいっても、この記事を執筆した時点で、まだリリース後1週間なので
    今後の追加にとても期待したいところだ!!
    (※2017年末までに10,000冊のドリルを用意するようである)

    <今回紹介したアプリ>

    BookDrill

    — iPhoneアプリ

    本がクイズに!Bookドリル 1冊の概要が3分でわかる!

    — Androidアプリ

    おすすめの人気記事

    Postco Lab. 歴代おすすめ記事25選!
    【Android版】動作が重くなったスマートフォンを軽くする6つの方法
    【iPhone版】動作が重くなったスマートフォンを軽くする5つの方法
    【これなら続く!】4つのオススメ家計簿アプリまとめ
    カップル専用アプリ『Pairy (ペアリー)』で、美人女性と付き合う妄想をしてみた・・!
    課金率25%だが、ガチャ満足度は32%!(ソーシャルゲーム業界)

    その他のPostco Lab.歴代おすすめ記事(随時更新)はこちら

    The following two tabs change content below.
    y.kawano

    y.kawano

    総合政策室株式会社ウェブレッジ
    株式会社ウェブレッジのマーケティング・広報を担当している他、個人で美容関連サイトの運営もしています。 IoTに関するノウハウ・最新情報などを配信していきます。
    IoT品質検証

    関連記事

    nakatsuri_icatch01

    雑誌の読みたい記事だけを選んで買える『中吊りアプリ』が便利!

    みなさんは普段、雑誌を読む事があるだろうか?雑誌を読む方もそうでない方も、例えば電車の中吊り広告を

    記事を読む

    stamp_mukashi

    LINEスタンプで語る?日本昔話。|やま’s Cafe

    こにゃにゃちは!やまハムです。 第6回目を迎えまして、今回は話題が

    記事を読む

    flipboard_logo

    『Flipboard』で“お気に入りの雑誌”を作成しよう!

    SNSやニュースアプリなど、世の中の情報を得るツールは様々存在する。どんどん出てくる新しいツール

    記事を読む

    SnapDish

    料理を通じて繋がろう!「SnapDish」で美味しいコミュニケーション!

    毎日の献立にはいつも悩んでしまうことはありませんか?作ることは好きでもメニューを考えることが面倒

    記事を読む

    likeme_icon

    SNSアイコン問題の救世主?似顔絵アプリの「Like me!」でアイコンを作ろう?!

    2人に1人がFacebookやTwitterを利用しているというデータが出ているように、SNSユ

    記事を読む

    kiteru

    「わかるわ~そのチョイス」ムーンジェームズ|やま’s Cafe

      第8回 LINE スタンプ祭り  

    記事を読む

    rakugai_ica001

    スマホでプリクラ気分!?自分だけの一枚を作成しよう☆

    スマホで撮った写真はどのようにしている?そのままSNSで共有したりメールに添付?? ちょっと加工

    記事を読む

    4gyou_00

    4行日記を書くと、夢に近づくらしいからアプリを使ってみた!

    読者のみなさん、突然だが「日記」は書いているだろうか?科学的にも証明された、日記を書き続ける実用的

    記事を読む

    setsuyaku_icatch

    【これなら続く!】4つのオススメ家計簿アプリまとめ

     新年という事で、「今年こそ、◯◯万円貯金しよう!月々の出費は◯円までに抑えよう!」と思って家計

    記事を読む

    instaframe アイキャッチ

    「画像加工とコラージュ写真編集ができるアプリ『InstaFrame』の使い方」

    iPhoneやAndroidのタブレットの楽しみの一つとして挙げられるのが、その端末で写真を撮影

    記事を読む

    ウェブレッジ
    • Facebook
    • Twitter
    • Google+
    • はてなブックマーク
    • RSS
    PAGE TOP ↑