SIMフリー国家香港、iPhoneはこうして無料販売される|山根康宏のワールドモバイルレポート

総務省は2015年から通信事業者が販売するスマートフォンなどのSIMロック解除を義務付ける方針を決定した。SIMロックとは特定の通信事業者のみでスマートフォンを利用できるように「鍵」をかけることであり、そのおかげで高価なスマートフォンも無料で購入できる。だがSIMロックが解除が義務図けられるとスマートフォンの販売価格にも大きな影響が出てくるかもしれない。

アジア各国はSIMフリー販売が基本

SIMロックの議論が行われる際には必ずと言っていいほど欧米のケースが議論される。だが日本の周りを見てみれば、韓国、中国、台湾、香港、シンガポール、フィリピンなど、どの国もすでにスマートフォンはSIMロックをかけずに販売されている。しかも通信事業者でスマートフォンを買ってもSIMフリーだ。

アジア各国では通信事業者の店舗でもスマホはSIMフリー販売されている

アジア各国では通信事業者の店舗でもスマホはSIMフリー販売されている

ではこれらの国でスマートフォンの販売が停滞しているかというとそんなことはなく、どの国でも販売は好調だ。もちろん日本には無い低価格なエントリーモデルも多数販売されているということもあるが、その一方ではiPhoneの新製品が販売される日にはどの国でもAppleストアに行列ができる。SIMフリー販売だろうとも各国で高価なiPhoneは売れまくっているのだ。

ではSIMフリーのiPhoneを各国ではどのように売っているのだろう?日本のように無料販売している国も多数ある。でも他社のSIMカードを入れられるSIMフリーiPhoneが無料で販売されてしまえば、すぐに解約されてしまいiPhoneを売った事業者は丸損になってしまう。実はiPhoneの無料販売にはしっかりと抜け道がふさがれており、通信事業者が損害を被ることの無いような契約が組まれているのである。

SIMフリーのため価格はメーカー希望小売の定価販売。だが実質無料での販売も行われている

SIMフリーのため価格はメーカー希望小売の定価販売。だが実質無料での販売も行われている

香港のSIMフリーiPhone無料販売方法

では香港の通信事業者でのSIMフリーiPhoneの販売方法を見てみよう。まず香港はAppleストアでSIMフリーiPhoneが販売されている。今回はiPhone 5s 16GBのケースで説明しよう。まずAppleストアでの定価は5588香港ドル(約7万3700円)となる。SIMフリー販売であるから結構な値段がするものだ。

これを香港の通信事業者、3HK(ハチソン)は2年契約を結ぶとHK$5088(約6万7200円)で販売する。すなわちAppleストアで買うよりも3HKで契約したほうがHK$500(約6500円)お得になるのである。これなら誰もが単体購入ではなく事業者で2年契約を結ぼうと考えるだろう。

SIMフリーiPhoneを実質無料販売する香港の通信事業者3HK

SIMフリーiPhoneを実質無料販売する香港の通信事業者3HK

次に3HKのiPhoneの料金プランは6種類あり、そこから希望のプランを選ぶ。ちなみに6種類全部のプランでiPhoneが無料になるわけではない。一番安い168香港ドル/月(約2200円)のプランではiPhoneの実質価格はHK$3380と、定価の約4割引に留まる。なおこのプランでは音声通話が1900分、データ通信が500MB利用できる(MNP時は1GB)。一方iPhoneを無料で購入したい人はHK$448/月(約5900円)のプランに加入する必要がある。こちらは毎月データが5GB(MNPで6GB)、音声通話は5500分利用できる。

ではHK$448/月プランに加入すれば、店頭で即座に無料でiPhoneが入手できるのだろうか?そうであれば極端な話、SIMカードは他の端末に入れて使い、すぐに解約してしまえばiPhoneを新品状態で転売する輩が出てきてしまう。ところがどっこい、契約条件はそんな単純なものにはなっていないのである。

まず料金表にある「Prepayment」の欄を見てみよう。これは「先払い」という意味だ。HK$168/月プランの場合は、iPhone代金HK$3380に加え、PrepaymentHK$1700が必要となる。つまり契約時にはこの両者の合算のHK$5080を支払う必要がある。同様にHK448/月プランに加入した場合のPrepaymentはHK$5080、iPhoneは無料ながら先払いとしてHK$5080を支払う必要がある。すなわちどのプランに加入しても、iPhoneの代金相当であるHK$5080を先に支払う必要があるのだ。

iPhoneの料金表。Prepaymentを支払うことで実質無料を実現している

iPhoneの料金表。Prepaymentを支払うことで実質無料を実現している

なお一括でいきなり約6万7000円も支払うのも大変だ。そこでこの額はクレジットカードを使い24回の分割で払うこともできる。車を買う時に現金一括で買う人がほとんどいないように、香港ではスマートフォンを買う時にはこのように先払い分を分割で払うことも多い。24回払いならば月々の支払いの負担も楽だろう。

ではこの先払いは何のために使われるのだろうか?日本の頭金とはちょっと意味が違うのだ。この先払い金額は毎月の基本料金に均等返金されるのである。つまり「iPhoneを割引販売しますよ、その変わり先にちょっとお金を預けてもらい、その分は毎月返しますよ」ということなのだ。

HK448/月プラン加入時のケースだと、iPhoneは実質無料。だが先払いとしてHK$5080を払う。このHK$5080は24ヶ月間毎月基本料金から割引される。計算すると毎月の割引分はHK$5080/24=約HK$212。ということで、HK$448/月支払うべき基本料金が、448-212=HK$236/月と、ほぼ半額で済むのである。

香港のスマホ市場は適正な方向に進んでいる

なんだか得したのかどうかわからないような気もするが、iPhone 5s 16GBを無料で受け取る代わりに、預け金としてHK$5080を渡し、その預けた分を毎月返してもらう、ということなのである。確かに毎月継続すれば基本料金も安くなり十分お得だ。でもお得な料金も支払いたくないと考え、契約を途中で解約した場合はどうなるのだろう?

日本では契約解除の違約金は1万円などと一定額と決まっているが、香港の場合は違約金は端末価格ごとに異なる。今回のように端末を割引購入した場合、その端末の割引相当分が違約金として一括請求される。また2年契約の途中解約時は、iPhoneのような高価な端末の場合は「2年契約が満了するまでの残りの基本料金すべて」となることが多い。つまり途中解約した場合は大損となってしまうわけである。

それでも例えば国外逃亡などして支払いを逃れたとしよう。その時でも、通信事業者側は最初に端末代金と預入金を受け取っているため、端末の代金のほぼ全額相当を回収している計算になるのだ。違約金でがっちりと縛るだけではなく、万が一逃げられても被害の無いようにあらかじめ端末相当分を前払いさせるわけである。なおそれでも先払いの分を支払わなかった場合、通信事業者ではなくクレジットカード会社から直接の取り立てを受けることになる。

このように複雑なようで実はシンプルに考えられているのが香港のSIMフリーiPhoneの実質無料販売方法だ。この方法だと日本でみられる「iPhoneを無料購入、毎月数百円(時には数円)で維持」のような極端に安い運用を行うことはできない。だが日本のiPhoneユーザー全員がそのような運用を行うことはできず、特定のユーザーだけが得をする状況になっている。これに対して香港ではiPhone無料販売はどの店舗へ行っても行われており、誰もが利用できる。限定の販売情報を日々ウォッチし続ける必要もないわけだ。

総務省のSIMロック解除義務化の狙いは大手の寡占解消や料金引き下げが期待されている。だがその一方で端末料金の引き上げも懸念されている。だが香港の例を見れば4社ある通信事業者がiPhoneの値段を引き下げようと料金引き下げや多様なプランの投入に動くなど、市場は適正な方向に動いている。また香港の事業者の中には長期契約者にはさらに割引を高めるといった優待を与えているところもある。日本のSIMロック解除がどのように行われるかは不明だが、SIMロック解除時代になれば今までとは全く違った料金や端末の割引が行われるようになるのではないだろうか?

山根先生が書いたおすすめ記事

東京オリンピック時の参考にしたい、シンガポールの無料WiFiサービス
GALAXY S5に見る2014年スマホの新トレンド
これからのスマホカメラのトレンドは「自分撮り」
無料通信分を他人に販売できる香港のサービス
スマートフォンと連携できる腕時計は流行になるか?

その他の山根先生の記事一覧:山根康宏のワールドモバイルレポート
モバイル研究家の記事一覧 :モバイル研究家コラム

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

160902_001

この発想は無かった!アナログ時計とスマートウォッチを一体化させた、両面腕時計は登場するのか|山根康宏のワールドモバイルレポート

2016年9月にベルリンで開催された家電とIT関連展示会「IFA2016」では多くのスマートウォッチ

記事を読む

広告は観光客に有益なモノばかり。ちょっとした観光ガイドも提供

広告クリックで通信費無料、香港MVNOのビジネスモデルは広がるか?|山根康宏のワールドモバイルレポート

香港のMVNOが面白いサービスを開始した。香港を訪れる旅行者向けのプリペイドSIM『i-Sim』は広

記事を読む

160702_02

ポケモンGO効果?プリペイドSIMカードの値上げも始まった香港|山根康宏のワールドモバイルレポート

社会的ブームにもなったポケモンGO。昼休みや休日になるといままで人気のあまり無かった公園に多くの人が

記事を読む

日本と似た市場構造の韓国。通信事業者や代理店の店舗は繁華街のどこにでもある(ソウル市内のKTショップ)

加入者増で存在感を表す韓国MVNO市場の現状 | 山根康宏のワールドモバイルレポート

日本と類似した通信市場構造の韓国で、MVNO利用者が急増している。低価格な通信費を武器に、この1年間

記事を読む

SUSの顔ともいえるPadFoneだが商業的には苦戦している

シェア奪回を目指すASUSのスマホ新戦略|山根康宏のワールドモバイルレポート

台湾のPCメーカー、ASUSがこの春に発売した『Zenfone』の売れ行きが好調だ。先行販売されてい

記事を読む

デュアルSIM対応スマートフォンはデュアル待ち受け可能、アンテナも2本立っている

MVNO時代に便利なデュアルSIMスマホ、4G完全対応に期待|山根康宏のワールドモバイルレポート

日本でも毎月のようにSIMフリースマートフォンの新製品が登場するようになった。それらの中には大手メー

記事を読む

WR1700701_3

通信キャリアがLINEのスピーカー「WAVE」を売る時代がやってくる|山根康宏のワールドモバイルレポート

2017年のIT業界の大きな流れと言えば、音声でコントロールができるスマートスピーカーの

記事を読む

スクロールすると、その災害(今回はテロ)の詳細情報が表示されます

災害時に役立ちそうなFacebookの機能|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

フランスの首都・パリで11月13日夜(日本時間14日早朝)、中心部のコンサートホールや北部のサッカー

記事を読む

中国移動香港の「大中華」プラン。香港・中国・台湾・マカオでデータ利用分が共用化

海外でのデータ利用も「無料」で使える、国内外データ共通プランが増えている|山根康宏のワールドモバイルレポート

今やLCC(格安航空会社)を使えば気軽に海外に行ける時代になった。しかし海外でスマートフォンを使う場

記事を読む

190608_01_000

スマートウォッチは機能からデザインへ、腕時計メーカーの存在感も高まったIFA2016|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンと接続して連携操作ができるスマートウォッチ。一時は毎月のようにスマートフォンメーカ

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑