スマホを使って眼のストレッチ?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

現代社会において、もはやスマートフォンやパソコンのディスプレイを見ながらの作業は避けられません。こうしたディスプレイを眺め続けていると、思いのほか眼に疲労を感じてくるはず。一時期ドライアイも流行りましたが、こうしたディスプレイ作業を伴う仕事に関わる方は、適切な休憩をとって眼を休ませる気遣いも必要ですね。眼を休ませる方法は色々ありますが、今日はたまたま書店でこんな付録付書籍を発見しました! なんと付録の特殊グラスにスマホを差し込んで、3D動画を眺めることで「眼のストレッチ」によるリフレッシュができてしまうというのです。

3Dグラス付き『スマホで視力回復! 眼のストレッチ』(宮尾克監修/池田書店刊、1,500円+税)

3Dグラス付き『スマホで視力回復! 眼のストレッチ』(宮尾克監修/池田書店刊、1,500円+税)

スマホを入れて使用する専用3Dグラスの付録付き書籍

スマホを入れて使用する専用3Dグラスの付録付き書籍

専用アプリをダウンロードして覗くだけ

使い方は簡単。まず、専用の無料アプリ(iOS 6以上、およびAndroid 4.0.3以上に対応)をダウンロードし、そのスマホを仕込んで付録の3Dグラスを組み立てます。3Dグラスはミラーとレンズが仕込まれ、スマホに表示される3D動画を両眼で視聴できるよう工夫されています。

スマホのアプリに表示される3D動画を1日数分眺めているだけで、眼のストレッチができてしまうというのです。3D動画は空のような空間に球体が動き回る動画や、美しい海の中をイルカが泳ぐ動画など。動画と共に、癒し系のBGMも流れます。もちろんスマホをサイレントモードにすれば映像だけ楽しめます。

果たして、これを眺めてるだけで、本当に眼のストレッチ効果などあるの?!

本書によると、この3Dグラスを使って10代~60代の男女100名に、3Dグラスを使ってアプリの映像を2分間視聴し、視聴前と視聴後で視力検査を実施したところ、「視力が良くなった」人がなんと67%も。老眼にも効果があるようで、同調査で「新聞を読みやすい距離」が近くなったという人はなんと80%。ただし、あくまで開発者側の調査であり、こうしたメディアで医療効果をうたうことも消費者トラブルの元となりますから、実際の効果はご自身で確かめていただくということで、ここに記載したデータは参考程度に捉えてくださいね。

専用アプリを仕込んだスマホを挿入し、3Dグラスを組み立てる

専用アプリを仕込んだスマホを挿入し、3Dグラスを組み立てる

3D動画による眼のストレッチ、その根拠

本書では、眼球の仕組みなども詳しく解説されています。眼精疲労や視力低下の原因は様々としながらも、その一つの要因と考えられているのが眼の「ピント調節機能の衰え」といわれ、そのカギを握っているのが眼の水晶体の周りを囲んでいる毛様体筋(もうようたいきん)と呼ばれる微細な筋肉なのだそうです。この毛様体筋が眼のピント調節を行う水晶体を厚くしたり、薄くしたりすることでその役目を果たしているのだそう。この毛様体筋をストレッチさせることで眼の視力回復につながるのだそうですが、毛様体筋を自分自身で動かすことは困難。ところが、本書の企画・監修者である宮尾克先生(名古屋大学大学院教授、医師・医学博士)は、3D映像を見ることで毛様体筋をストレッチさせることを発見されたのです。

じつはこの宮尾克先生は長年に渡りディスプレイと眼の疲労に関わる研究に携わられてきました。厚生労働省のVDT(Visual Display Terminals、ディスプレイやキーボード等で構成される機器)作業のガイドライン策定にも関わられるなど、「ディスプレイと眼の疲労」に関わる研究の第一人者として知られていました。近年は3Dテレビ(3D映像の視聴)は一般のテレビ映像に比べ眼を疲労させることを科学的に立証するなどの研究に取り組まれていました。

つまり、3D映像の視聴は眼の疲労につながるという研究成果を逆手に取ったのがこの付録付き書籍というわけです。3D映像の視聴による疲労の要因は毛様体筋を必要以上に動かすことになる、であれば毛様体筋のストレッチに3D映像を視聴させ、それによって視力回復トレーニングができないかと思いつかれたわけです。

まさに逆転の発想。果たして、筆者も眼で進行中の老眼も多少は良くなるのでしょうか。まあ、あまり期待せず、しばらく試してみようと思います。

こんな風に1回数分、できたら1日数回使用することで、視力回復トレーニングができるとか。ほんまかいな?!

こんな風に1回数分、できたら1日数回使用することで、視力回復トレーニングができるとか。ほんまかいな?!

木暮先生が書いたおすすめ記事

スマホを使って眼のストレッチ?!
サムスン「GALAXY」の意外なブランドルーツ
出揃った3キャリアの新料金プランの狙いは?
地域事情も大きいスマホ普及動向
モバイルネットワーク進化の鍵となるVoLTEの導入

その他の木暮先生の記事一覧:木暮祐一のぶらり携帯散歩道
モバイル研究家の記事一覧 :モバイル研究家コラム

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

アルカテルの最新モデル、OneTouch Hero2

様々な組み合わせが楽しめるアルカテルの最新スマホ|山根康宏のワールドモバイルレポート

ヨーロッパやアジアのみならず、最近では日本にもSIMフリースマートフォンを投入したアルカテル。その最

記事を読む

韓国ではSIMロックは廃止されている

SIMフリー化で急増!韓国のスマホ単体販売ショップ|山根康宏のワールドモバイルレポート

今年(2015年)5月から日本で販売されるスマートフォンのSIMロック解除が原則的に義務付けられた。

記事を読む

ついにauも新料金プランを発表。先行2キャリアに比べ、ずいぶん細分化しましたね。

出揃った3キャリアの新料金プランの狙いは?|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

3キャリアの新料金プランが出揃いました。すでに各所で報道されている通り、基本料金は通話し放題でガラケ

記事を読む

VoLTEによる音声通話の音声周波数帯域は50Hz~7kHz。低音域から高音域までの幅が広がった(NTTドコモ・2014夏モデル発表会にて)

VoLTEの通話品質を試してみた!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

6月19日に掲載させていただきましたコラム(モバイルネットワーク進化の鍵となるVoLTEの導入)にも

記事を読む

LTE新規参入の台湾之星は3G事業者と合併した

終焉を迎える台湾のWiMAX、貴重な2600MHzが解放に|山根康宏のワールドモバイルレポート

2014年6月にLTEサービスが始まり、各社のハイエンドスマートフォンが続々と販売されている台湾。そ

記事を読む

170202_01

360度カメラも手軽に持ち運ぼう!いつでも全天風景が撮影できるBEON|山根康宏のワールドモバイルレポート

自分の身の回りを360度撮影できる「全天球カメラ」。以前ならPC画面だけで楽しめるものだったが、最近

記事を読む

海外ではメジャーになりつつあるマルチSIMカードサービス。複数端末を1回線で利用できる

ウェアラブルやIoT時代に必須のマルチSIM契約サービス|山根康宏のワールドモバイルレポート

今やスマートフォン1台あれば何でもできる時代だが、ルーターやタブレット、スマートウォッチなど複数の端

記事を読む

アプリ画面。ベゼルを回して簡単に選択できる

スマートウォッチが格段に使いやすくなる!ロータリーUI搭載のSamsung Gear S2|山根康宏のワールドモバイルレポート

2015年9月、Samsungはスマートウォッチの最新モデル「Samsung Gear S2」を発表

記事を読む

eyecatch_vol2

【トークセッションVol.2】ウェアラブル、IoT、モバイルのココだけのハナシ

株式会社ウェブレッジは東京ビッグサイトで開催された、「Japan IT Week春 第9回 We

記事を読む

C01

あのブランド!を冠した防塵耐衝撃スマホ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

先だって出張したドイツの家電量販店で見かけたユニークなスマホ第二弾! 米国に本社を置く世界最大の建機

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑