サムスン「GALAXY」の意外なブランドルーツ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

公開日: : 最終更新日:2014/08/21 モバイル研究家コラム, 木暮祐一のぶらり携帯散歩道 ,

日韓関係が冷え込んでいるのが気になる日々ですが、私は以前から韓国にも友人が多く、年に1~2回は渡航しては現地の友人たちと飲み歩いたりしています。そういう友人たちが、ソウルやその周辺の色々な場所(とくに日本人も行かなさそうな場所が個人的には好きだったり…)に案内してくれたのですが、かつて円高ウォン安だった頃は、ケータイやスマホ以外にも、韓国で色々なものを買って帰国していました。たとえばスーツなんかは韓国製は生地も仕立もなかなか良いので、アウトレットなどに連れて行ってもらい、旅行ついでに買って帰ることもしばしばありました。

GALAXYというファッションブランドがあった!

友人によく連れて行ってもらったアウトレットは、ソウルからクルマで小1時間ぐらい走った水原(スーウォン)市にある、小さなブランドスーツ専門のお店。世界の一流ブランドのスーツが意外な価格で買えるとあって、これまで何度か連れて行ってもらいました。ちなみに水原市というのは、知る人ぞ知る、サムスンの工場がある都市で、当然、このアウトレットもサムスン関係者がよく利用しているという話を聞いてました。

そのアウトレット店から、あるとき買って帰ってきたスーツのブランドの1つが、なんと「GALAXY」というブランド。たしか、このスーツはサムスンがスマートフォンのGALAXYシリーズを発売する前に購入したものです。となると、分野は違うけど、GALAXYって商標は韓国内でこのスーツメーカーとどんなことになっているのだろうとちょっと疑問に思っていました。

昨年のある日、たまたま日本のサムスン関係者と歓談したときに、偶然このスーツを着ていたので「そういえば、このスーツはGALAXYってブランドなんですよ。韓国で買ったものなんですけど、御社のスマホと同じ名称なんですよね」って尋ねてみました。そしたら、なんとなんと…。

そういえば、韓国で買ってきたお気に入りのスーツのブランドがこれだったな。

そういえば、韓国で買ってきたお気に入りのスーツのブランドがこれだったな。

サムスンGALAXYブランドはスーツから始まっていた

そのサムスン関係者によると、じつはこのGALAXYというスーツブランドは、ファッションや繊維、化学素材などを扱う「第一毛織」というサムスングループ企業の製品であることが判明! 韓国内では、サムスングループのファッションブランドとしてGALAXYの認知も高く、その後登場するスマートフォンのブランドとしてサムスンがこのGALAXYというネーミングを採用したのだそうです。

つまり、すでに世界的なスマートフォンブランドとなっているGALAXYのブランドルーツは、スーツだったというわけ。これには、そのスーツを着ていた自分自身も驚いてしまいました。

気になって第一毛織という企業を調べてみましたが、歴史は古く、1954年、繊維事業を主力としてサムスングループの母体企業として創業したそうです。その後、1980年代にファッション事業、1990年代にケミカル事業、2000年代には電子材料に進出。昨今では化学素材や電子素材など、先端材料を製造する事業の比率を高めてきたようです。そして2013年10月にはファッション部門をグループのサムスンエバーランド社に譲渡し、先端材料産業に投資を集中。

サムスングループの母体企業として船出した第一毛織は、創業から60年目となる今年、グループ内の再編により2014年7月にバッテリー事業などを行うサムスンSDIと合併統合され、60年もの長いブランドに幕を下ろすことになるそうです。

「GALAXY」というと、すぐにスマホを思い浮かべてしまいますが、韓国ではファッションブランドとしてもすっかり浸透しているんですね。今月初旬にソウルのロッテ百貨店をのぞいたら、まだGALAXYというファッションブランドはしっかり残っていました。

今月初旬にソウルを訪れた際にロッテ百貨店で見かけたGALAXYショップ。もちろん、スマホのほうは別フロアです。

今月初旬にソウルを訪れた際にロッテ百貨店で見かけたGALAXYショップ。もちろん、スマホのほうは別フロアです。

木暮先生が書いたおすすめ記事

スマホを使って眼のストレッチ?!
サムスン「GALAXY」の意外なブランドルーツ
出揃った3キャリアの新料金プランの狙いは?
地域事情も大きいスマホ普及動向
モバイルネットワーク進化の鍵となるVoLTEの導入

その他の木暮先生の記事一覧:木暮祐一のぶらり携帯散歩道
モバイル研究家の記事一覧 :モバイル研究家コラム

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

最初から腕時計デザインを採用したHuawei Watch

腕時計を目指すスマートウォッチ|山根康宏のワールドモバイルレポート

Apple Watchの登場で一気に注目を浴びる存在となった腕時計型のウェアラブル端末「スマートウォ

記事を読む

LTE対応表

国内通信事業を統合したソフトバンク、その思惑は?|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

1月23日、ソフトバンクは国内で携帯電話やインターネット通信などを手がける4つの子会社、すなわちソフ

記事を読む

161202_01

スマホケースにドローンを内蔵!IoT機器とスマートフォンの新しい関係|山根康宏のワールドモバイルレポート

ここ数年、急激に注目を浴びている小型の無人飛行機「ドローン」。実際は小型サイズのヘリコプターとでも呼

記事を読む

LGのVRヘッドマウントディスプレイはスリムな形状で使いやすい

MWC2016でスマホ新製品より目立ったVR。2016年はVR元年になるか|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォン以外にも注力するスマホ各メーカー 大手メーカーの最新スマートフォンが次々に発表された

記事を読む

140301_4

GALAXY S5に見る2014年スマホの新トレンド | 山根康宏のワールドモバイルレポート

毎年2月にスペイン・バルセロナで開催される通信業界最大のイベントとなるMobile World Co

記事を読む

付属のイス型卓上ホルダー。こんな感じに腰かけさせて充電

ロボホンがホームステイにやってきた|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる5月26日に発売された、シャープのロボット型携帯電話「RoBoHoN(ロボホン)」。大変気になっ

記事を読む

いよいよ起動! ちゃんと動作しているようです。DVDディスク挿入口にCDを挿入すれば、当然のことながらミュージックが流れます。映像DVDを入れれば映像もばっちり。車載オーディオとしてはまあ十分でしょう。

車載専用Android端末を使ってみた|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

わが国ではAndroidといえば、スマートフォンやタブレットのOS(基本ソフト)というイメージがすっ

記事を読む

iot02

慶應義塾大学×藤沢市のIoTとスマートシティに関する取り組み|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる11月中旬、東京都内で「IoTのスマートハウス、スマートシティへの展開 ~居住空間から地域社会に

記事を読む

「JAL Countdown」アプリの画面。当日搭乗予定の便があれば、その搭乗便の運行情報や出発10分前までの時刻がカウントダウン表示されます

JALが国内主要空港でiBeaconの本格活用を開始|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

アップルの「iBeacon」の活用が、いよいよ本格化してきそうです。iBeaconは、iPhone

記事を読む

日本と似た市場構造の韓国。通信事業者や代理店の店舗は繁華街のどこにでもある(ソウル市内のKTショップ)

加入者増で存在感を表す韓国MVNO市場の現状 | 山根康宏のワールドモバイルレポート

日本と類似した通信市場構造の韓国で、MVNO利用者が急増している。低価格な通信費を武器に、この1年間

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑