本体が無理なら、ケースにつければいいじゃない!|池端隆司のモバイルジャンクション

冒頭から脱線します。以前、このコラムにて国内のスマホシェアは7割という数字をご紹介しましたが、2014夏を前にその牙城が崩れつつあるようです。売上トップ10中、XperiaのZシリーズが4機種もランクイン。まだまだ会社としては相当苦しいようですが、頑張れソニー!と心からエールを送りたいです。

スマホをパワーアップさせるケースが続々登場している

スマホをパワーアップさせるケースが続々登場している

さて、今回のお題は、端末、SIMときてスマホの「ケース」や周辺機器のお話。これまでは本体を保護する、もしくは見た目のカスタマイズ目的のための「アクセサリー」というケータイストラップと同じポジションでしたが、変化は2月のMWC以降から現れてきています。どういうことかというと、外部バッテリー、Bluetooth、Qi、WiFiやNFCなどの機能を付与したケースが続々と登場しているのです。ちなみにMWC2014の会場ではNFCを内蔵したスマホケースが配布されていて、入場券もしくはSuicaのような使われ方をしていました。

外部機能にすることでスマホ本体のデザイン自由度が上がる

Bluetooth周りも進化しています。これまではBluetoothのヘッドセットやワイヤレスキーボードをスマホやタブレットで使用するたびに「ペアリング」の設定や認証の待ち時間が発生していましたが、購入後初回の設定以降はユーザー側のセッティングが不要になってきています。あるメーカーではBluetoothを搭載したケースを開発中。ケースと携帯電話を同時に利用することにより専用のコンテンツが表示されるという物もあるそうです。ロールプレイングゲームの「アイテムが揃うとヒントがわかる」みたいな仕組みでちょっとワクワクしますね。

Qi(ワイアレス給電)機能付きのケースも忘れてはなりません。これまで端末本体にQi機能を搭載する場合、厚みやアンテナの位置の問題がネックだったのですが、スマホケース側に実装することで「どのスマホでもワイアレス給電可能」という所までほぼ来ています。Qiだけでなく標準的なMicroUSBポート付きのバッテリー内臓ケースも人気。iPhone専用のケーブルを忘れたときにAndroidユーザーの友達のケーブルを借りて充電できます。

その機能のために気になっている端末を諦めなくても良い、デザインや好きな色で選んで良いというのはかなりの進化です。これで前回お話ししたSIMフリーが標準化すればユーザーの選択の幅が相当広がると、私は期待しています。こういったトレンドが生まれる背景には、やはり技術革新があってこそ。スリムで高容量な内臓バッテリーと、消費電力が数年前に比べて格段に低くかつ解像度もアップしたスリム液晶が実現したのが大きいでしょう。

変わり種のケースにも要注目!

変わり種のケースにも要注目!

少々変わったところでは、電気を使わない機能付きケースもあります。日本国内では買えないのですがサバイバルツールをセットできるスマホケースも存在します。いわゆるアウトドア用品でいうところの10徳ナイフです。ただ、これでネジを回したり、キャンプで肉を切ったりするのはかえって使いづらい気もするのですが…しかしアイディアとしてはアリ。スマホ本来の用途以外の機能付きケースという意味で、その心意気は大いに評価したいところです。

こういった一部の機能をスマホ本体から外部へ移動することにより、携帯電話自体もいまよりもっと小型化したり、それまで使えなかった機能をプラスすることが可能になります。iPhoneでFelicaが使えるようになるのも、もはや時間の問題。機能付きのケースは、これまでのスマホ選びで「これで~があれば完璧なのに!」というユーザーの惜しい!を解決する、ソリューションアイテムになりつつあるようです。

電子書籍

最後に宣伝です。モバイル界隈の分析やぶっちゃけ(!?)トークが満載な電子書籍『ディープでギークなスマホ情報―これがスマホ&モバイルの未来だ!?』は、6月3日にアマゾンKindle楽天koboGihyo Digital Publishingから配信開始です。

ディープでギークなスマホ情報

池端先生が書いたおすすめ記事

ドコモがiPhoneを導入せざるを得なかった理由
MVNOブレイク!背景に潜む、SIMフリー版「失われた20年」
遂にSIMフリー義務化へ!背景にある「国家戦略」とは?
コンテンツの対象端末の選定にお困りの方へ ~正しい対 象端末の選び方~
デュアルSIM黎明。端末一個で2番号を格安で使い分けろ!

その他の池端先生の記事一覧:池端隆司のモバイルジャンクション
モバイル研究家の記事一覧 :モバイル研究家コラム

The following two tabs change content below.
池端 隆司
個人で1,000台以上の携帯端末を保有する弊社の携帯博士。株式会社ウェブレッジに2011年入社し、品質検証事業部の事業部長としてテストチームのマネージメントする他、「携帯電話研究家・品質コンサルタント」として活動。品質管理体制の構築・検証手法の提案、ニアショア・オフショア検証の体制構築提案を実施。そのほか国内、国外の携帯電話市場調査やアプリケーションの企画やアイディアの提案なども行う。 著書に「ディープでギークなスマホ情報―これがスマホ&モバイルの未来だ!?」 (技術評論社 2014年6月)がある。
IoT品質検証

関連記事

どんなモジュールを作るか。アイデアやデザインも自由自在ということです。

モノづくりでもオープンソースの指向で!「Google Project Ara」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

2013年10月に発表され話題となったモジュールの組み合わせによりオリジナルのスマホを作成できるコン

記事を読む

22_02

東京オリンピック時の参考にしたい、シンガポールの無料WiFiサービス | 山根康宏のワールドモバイルレポート

2020年オリンピックの開催地が東京に決まり、これから外国人受け入れのための様々な取り組みが本格的に

記事を読む

地方で中古スマホといえばゲオ。全国に約1,300の店網

買取られたスマホはどこへ行く?(その1)|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 新しいスマートフォン(以下、スマホ)を購入したとき、それまで使われていたスマホはどうされていますか

記事を読む

MWC2015のLumia640/640XL発表の場でPCやタブレットとのシームレスな動作環境をアピールするMicrosoftのStephen Elop CEO

Windows10登場でスマホ第三のOSはどうなる?|山根康宏のワールドモバイルレポート

AndroidとiOSに続くスマートフォンOSの座を目指して「第三のOS」と呼ばれる各社のOSが製品

記事を読む

見た瞬間、衝動買いしてしまった「CONE』

iPhoneとのマッチングが素晴らしいスタンドライト「CONE」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

引越しして寝室をスッキリリニューアル。そこでベッドサイドで使いたいスタンドライトを探していたところ、

記事を読む

Mobile Asia Expo 2014でも多数の4G関連の展示を行った中国移動

早くも高速化が見えてきた中国のLTE|山根康宏のワールドモバイルレポート

中国の通信事業者3社の4Gサービス競争が本格化している。世界最大の契約者数を誇る中国移動は低価格機を

記事を読む

見た目は普通のスマートフォンなSmart Cast

Lenovoが挑戦するスマホの新たな大画面化|山根康宏のワールドモバイルレポート

年々画面サイズが大型化するスマートフォンだが、片手で持つにはそろそろ限界の大きさに近づいている。だが

記事を読む

よく見ると4Gと3Gを同時に待受けしている。日本で使えば有用な機能だ

2つのドコモ回線が同時に利用可能、デュアル待ち受けスマホで市場はどう変わる?|山根康宏のワールドモバイルレポート

最近のスマートフォンの中にはSIMカードが2枚入るものも増えている。だが片側は日本では利用できない2

記事を読む

大手3事業者はLTEでも激しい加入者獲得合戦を繰り広げるだろう

見えてきた台湾のLTE時代 | 山根康宏のワールドモバイルレポート

国を挙げてWiMAXを次世代高速通信規格として推進していた台湾。そのためLTEの導入は他のアジア各国

記事を読む

gazou006

タクシー配車アプリの激しい戦いが始まっていた!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

みなさん、タクシー配車アプリってご存知でしょうか。2011年1月に日本交通が初めて導入し、これに追従

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑