MVNOブレイク!背景に潜む、SIMフリー版「失われた20年」|池端隆司のモバイルジャンクション

MVNOブレイク!背景に潜む、SIMフリー版「失われた20年|池端隆司のモバイルジャンクション
世界から遅れること20年、日本でもようやく自分が使いたい端末を通信キャリアの縛りなく選ぶことができる「SIMフリー」の時代がやってきました。20年前というともちろん現代のようなスマホではなく、その後フィーチャーフォンと呼ばれるセルラーフォンの頃。i-modeでドコモが絶好調でしたし、ケータイの通信料も高くて学生や若者でPHSを持っている人が多かった頃。先日大きなニュースを提供したドワンゴさんが、着メロの配信でブレイクする以前が20 年前のモバイル状況でした。

総務省・通信キャリアも歓迎する、MVNO

今年の正月に「5000円スマホがコンビニやスーパーで買えるようになる」という新聞記事を見ました。イオンなどの大手流通界隈で格安SIMと端末のセット販売が展開する公算での未来予測記事でした。ノリとしては、プリペイド携帯があったのと同じだなと、その時は思っていたのですが、蓋を開けてみたら、今春よりイオンで月額2980円、端末はNexus4と一番安価なSIMという組み合わせで、私の予想よりも遥かに速く、安価なスマホの販売がスタートしています。

このトレンドに貢献するのはMVNO(仮想移動体通信事業者 )。日本通信、イーモバイル、DTIといった自社で基地局をもたない、接続サービスだけを提供する会社のことです。これらの事業者が販売するSIMは、一旦MVNOを提供する会社が3大キャリアから買い上げた番号と帯域に独自のサービス(決まった容量までなら月額いくら…等)をつけて再販する「帯域貸し」と呼ばれるビジネスモデルです。最近では人気の声優さんの声による留守電サービス、という特典付きのSIMも売っているようです。

総務省の「MVNO推進」を意図した通達以降、ソフトバンクやauもMVNO業者にLTEなどの帯域を開放する方向で動き始めています。これまでは、ドコモのFOMAハイスピード網を利用したMVNOが大半でしたが、今後はもっと事業者やサービスが増えていきます。格安SIMの卸元であるドコモをはじめとした3大キャリア側としてみれば、自社で宣伝や営業をかけずにパケット料金を稼ぐことができます。前回のコラムでご紹介した、海外からの旅行者、ビジネスマンなどの「一見さん」がすぐにスマホやタブレットを使いたいのなら、MVNOのSIMを買うほうが断然便利です。

総務省・通信キャリアも歓迎する、MVNO

面倒だから機種変後もキャリアはそのまま・・・失われた20年の根拠

20年遅れ…と小々刺激的な書き方をしていますが、私の見方を述べます。
日本の携帯ユーザーはこれまで携帯電話に関する情報、もう少し噛み砕くと買って使えるようになるまでの手順を、ドコモの提供してきたサービスベースで慣れ親しんでました。「SIMカード」は電話会社なり量販店さんが用意してくれるもので、自分では買えないものという意識を刷り込まれてしまったと思っています。

これが海外に行くと、電話機は「家電」、SIMカードは「電話番号」でそれぞれ自分で買う。電話機は電気屋さんで買い、電話番号は電話屋さんで買うという文化があったので、アクセスポイントの設定をしてインターネットにつなげるといったことにスムーズに適用することができました。前回書いた空港内のSIM自販機はもちろんのこと、スーパーやコンビニ、露天商で格安SIMが売っていて買ってすぐに使えるのが当たり前。フィーチャーフォン時代からデザインが気に入ってる携帯があったら買って、好きなSIMを挿して使える。買い換えると番号が変わる、キャリアも変わるという「日本式」は世界から見ると、とても奇妙な縛りだった訳です。

3大キャリアがユーザーの囲い込みと他キャリアへの流出を防ぐ防壁(ユーザーにとっては障壁ですが…)の役目を果たしていたのがSIMロックであり、MNP以前の番号変更であったり、魅力的な端末であったり一部のおサイフケータイ(iD)機能でした。

オールSIMフリー化で、ケータイが嗜好品化する日

「この会社でしか使えないサービス・機種=そこでしか体験できないこと」というのは競合との差別化という意味では商売の鉄則かもしれません。しかしながら、日本のモバイル業界はそれをやり過ぎたと、私は思っています。その結果ユーザー側の利便性や選択の自由をかなり制限してきた、しかもその事を未だに知らない人が多い。それこそがモバイル業界の「失われた20年」と私が言っている理由です。携帯の機種変の話をしていると、「ドコモの~の色がすごくいいんだけど、キャリア変えるのが面倒なんだよね」という理由で購入を躊躇しているという話、友人知人周りで聞いたことありませんか?それこそが囲い込み施策の産物だったのです。

私がMVNOに期待しているのは通信料金の低価格化だけでなく、端末とキャリアの縛りが完全になくなることで、デザインや色・形がユニークだったり、機能を特化したSIMフリー端末が出現するのではないかという点です。ジャストアイデアですが…ふなっしーの形したSIMフリーのスマホとかあったら楽しいと思いませんか?

ここ最近コンビニエンスストアでもMVNOのSIMが買えるのですが…実際にやってみると、購入後専用サイトで申し込みをして、SIMカード実物が届くのは数日先。現状プリペイドSIMでも、入手の際は防犯上身分の確認や入手までの手順や日数がかかるようです。日本にもロンドンやマカオ並に簡単な格安SIMの自販機を!

池端先生が書いたおすすめ記事

ドコモがiPhoneを導入せざるを得なかった理由
MVNOブレイク!背景に潜む、SIMフリー版「失われた20年」
遂にSIMフリー義務化へ!背景にある「国家戦略」とは?
コンテンツの対象端末の選定にお困りの方へ ~正しい対 象端末の選び方~
デュアルSIM黎明。端末一個で2番号を格安で使い分けろ!

その他の池端先生の記事一覧:池端隆司のモバイルジャンクション
モバイル研究家の記事一覧 :モバイル研究家コラム

The following two tabs change content below.
池端 隆司
個人で1,000台以上の携帯端末を保有する弊社の携帯博士。株式会社ウェブレッジに2011年入社し、品質検証事業部の事業部長としてテストチームのマネージメントする他、「携帯電話研究家・品質コンサルタント」として活動。品質管理体制の構築・検証手法の提案、ニアショア・オフショア検証の体制構築提案を実施。そのほか国内、国外の携帯電話市場調査やアプリケーションの企画やアイディアの提案なども行う。 著書に「ディープでギークなスマホ情報―これがスマホ&モバイルの未来だ!?」 (技術評論社 2014年6月)がある。

関連記事

どうみても固定電話にしか見えないですが、こう見えても携帯電話なのです

どうみても“固定電話”な携帯電話が登場!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

かなり変わった携帯電話の登場です。一見、固定電話にしか見えませんが、じつは携帯電話です。電話線はあり

記事を読む

料金先払いで無料データをゲット。喜んで先払いするユーザーが多いだろう

「余剰データを個人が販売」「料金先払いで無料データゲット」香港キャリアの面白いサービス|山根康宏のワールドモバイルレポート

日本のMVNOのmineoが利用者の余剰のデータ利用分を集め、それを自由に各ユーザーが再利用できるサ

記事を読む

単体で通話や通信ができるLG Watch Urbane 2nd Edition

スマートウォッチにLTE、高速通信対応でウェアラブルが変わる|山根康宏のワールドモバイルレポート

Apple Watchを始めとする腕時計型のウェアラブルデバイス、いわゆるスマートウォッチの多くはス

記事を読む

見た目は薄型の高級デジカメなLUMIX Smart Camera CM1

スマホとデジカメの概念を変える、パナソニックのCM1|山根康宏のワールドモバイルレポート

パナソニックが2014年9月に発表した『LUMIX Smart Camera CM1』は新世代のデジ

記事を読む

LTE新規参入の台湾之星は3G事業者と合併した

終焉を迎える台湾のWiMAX、貴重な2600MHzが解放に|山根康宏のワールドモバイルレポート

2014年6月にLTEサービスが始まり、各社のハイエンドスマートフォンが続々と販売されている台湾。そ

記事を読む

カシオ EQB-500

これからのスマホ、これからのウェアラブル|池端隆司のモバイルジャンクション

みなさん、こんにちは池端です。 突然ですが最近、コンピューターの歴史を振り返る機会がありました。ハー

記事を読む

Mobile Asia Expo 2014でも多数の4G関連の展示を行った中国移動

早くも高速化が見えてきた中国のLTE|山根康宏のワールドモバイルレポート

中国の通信事業者3社の4Gサービス競争が本格化している。世界最大の契約者数を誇る中国移動は低価格機を

記事を読む

MM総研「スマートフォン市場規模の推移・予測( 2014年4 月)

地域事情も大きいスマホ普及動向|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

このほど、 POSTCO Lab.にコラムを寄稿させていただくことになりました、木暮祐一と申します。

記事を読む

170101_02

ついに登場した「充電不要スマートウォッチ」。体温発電が世界を変える|山根康宏のワールドモバイルレポート

高機能化やファッション化が進むスマートウォッチだが、毎日の充電は面倒なものだ。また高機能な製品を買っ

記事を読む

17.3インチのAlcatel OneTouch Xess。どちらの製品も背面に取っ手がついている

超大型タブレットがTVのスマート化を加速、18インチタブレットが相次いで登場|山根康宏のワールドモバイルレポート

タブレットの大きさは7インチから10インチが一般的だ。Appleが11月に発売した『iPad Pro

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑