見えてきた台湾のLTE時代 | 山根康宏のワールドモバイルレポート

国を挙げてWiMAXを次世代高速通信規格として推進していた台湾。そのためLTEの導入は他のアジア各国よりも大幅に遅れてしまった。だが2014年中に予定されているLTEの商用サービス開始に続き、2015年には新たなLTE免許の交付が行われる予定だ。台湾は今、WiMAXからLTEへの完全転換を目指している。

LTE開始で業界再編が始まる

台湾のLTE免許は2013年10月にオークションが行われ、3つの帯域、12ブロックが6社に落札された。このうち700MHz帯(Band 28)はLTE用に新たに割り当てられた周波数で、この帯域を落札した4社は早ければ2014年下半期にもLTEサービスを開始する予定だ。一方900MHz帯(Band 8)と1800MHz帯(Band 3)は既存の事業者が2Gサービスに利用している周波数帯のため、それら各社の2G免許期間が終了後にLTEサービス用として転用される予定だ。

台湾でLTE免許の交付を受けたのはChunghwa Telecom(中華電信)、Far EasTone(遠傳電信)、Taiwan Mobile(台湾大哥大)という大手の3大携帯電話事業者に加え、CDMA2000サービスを提供しているAPBW(亜太電信)、そして異業種からの参入としてiPhoneなどの製造を手掛ける世界のEMS大手、Focxonn(鴻海集団)の子会社である国碁電子、さらには食品流通大手の頂新集団の子会社の台湾之星の6社。既存の携帯電話事業者は3GからLTEへのマイグレーションを進める一方、新規参入の2社はそれぞれ新たなビジネス展開を目指している。

大手3事業者はLTEでも激しい加入者獲得合戦を繰り広げるだろう

大手3事業者はLTEでも激しい加入者獲得合戦を繰り広げるだろう

台湾にはこの他に今回のオークションに参入しなかった威宝電信Vibo Telecom(威宝電信)もあり、3Gと4G合わせて7社がこれからサービス展開を行うことになる。だがすでに携帯電話普及率100%を超えた台湾で7社もの事業者が事業展開を行うには事業者の数が多すぎることは目に見えている。台湾之星はVibo Telecomの買収を計画している他、LTEでは国碁電子、APBWと合わせ3社でネットワーク設備の共同敷設・利用の提携の動きを見せている。7社の携帯電話事業者は今後合併や連携で4グループに再編される可能性もありそうだ。

なおすでに各メーカーはLTE対応スマートフォンを台湾に投入している。他国で販売中のモデルをそのまま台湾向けにしており、LTE対応をあえてアピールはしていないものの、LTE開始後にそのままサービスが使えるようにとフライングで販売しているのだ。

端末メーカーもLTE開始前にLTEスマートフォンを販売開始

端末メーカーもLTE開始前にLTEスマートフォンを販売開始

2015年にはWiMAXをLTEへ

2013年のLTE免許交付に引き続き、2014年末には新たなLTE向けの周波数帯のオークションも予定されている。台湾の国家国家通信放送委員会(NCC)は2014年3月末に2500-2600MHz帯の今後の利用についての説明を行い、同帯域をLTE向けとし2014年末から2015年の早い時期にオークション方式で免許交付すると発表した。この周波数は世界で主流のFDD-LTE方式と、中国などでサービスが始まっているTD-LTEの両方式向けに開放される。

2500-2600MHz帯を新たにLTEに割り当てる

2500-2600MHz帯を新たにLTEに割り当てる

この両LTE向け周波数の一部は現在WiMAX事業者が利用している。国策でWiMAXの普及を目指した台湾には6社のWiMAX事業者がサービスを展開しているが、携帯電話事業者との激しい競争を受け現在は4グループに再編されている。この6社のWiMAX免許は2014年から2015年にかけ順次更新時期を迎えるが、NCCはWiMAX事業者の免許更新の際は向う6年、一方オークションに参加しLTE免許を取得した場合は15年の免許を与えるとしている。

とはいえ携帯電話事業者と比べ資金力に劣るWiMAX事業者がLTE免許を落札できる可能性は低い。そもそも各社の事業競争力を見てみると、WiMAX各社の加入者数は携帯電話事業者よりも圧倒的に少ない。WiMAXで3社が連携するVeeTIME連合(VeeTIME、Vmax、Tatung)の合計は13万4000人(2012年末)。これに対し携帯電話最大手のChunghwa Telecomの総加入者数は1000万を超えている(2014年2月)。仮にWiMAX事業者がLTE免許を落札できたとしても、加入者を今後10倍、100倍まで増やすのは容易なことではない。2500-2600MHz帯のLTE転用はWiMAX事業者への市場撤退を促すものになるだろうが、一方では他国に遅れた国内通信インフラのLTE化を一気に進める起爆剤になるだろう。

山根先生が書いたおすすめ記事

東京オリンピック時の参考にしたい、シンガポールの無料WiFiサービス
GALAXY S5に見る2014年スマホの新トレンド
これからのスマホカメラのトレンドは「自分撮り」
無料通信分を他人に販売できる香港のサービス
スマートフォンと連携できる腕時計は流行になるか?

その他の山根先生の記事一覧:山根康宏のワールドモバイルレポート
モバイル研究家の記事一覧 :モバイル研究家コラム

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

Datawindの3000円スマートフォン。低スペックだが低所得者でも楽に買えるのは現地で大きな魅力だ

激安タブレットの次は3000円スマホ、スマホはコンビニ販売が普通になる?|山根康宏のワールドモバイルレポート

今やスマートフォンが無料で買えるのは当たり前だが、当然のことながら2年契約が必要だ。またスマートフォ

記事を読む

事業者との契約をiPad上から自由に選べるApple SIM。現在はiPadのみ対応で、契約期間も短期に限定

スマホ割引販売が無くなる?Apple SIMは脱インセンティブ販売を広げるか|山根康宏のワールドモバイルレポート

日本でスマートフォンを購入する場合、通常は通信事業者と2年契約を結ぶことが一般的だ。2年契約により端

記事を読む

iOS7のホーム画面

New iPhone6発表直前!! iPhone6に搭載されるiOS8のフラットデザイン|池端隆司のモバイルジャンクション

こんにちは 池端です。 待ちかねているiPhone6が本日(厳密には明日の深夜2:00ごろ)発表の予

記事を読む

pic04

iPhone 7/7 Plusが日本の衛星測位システムに対応していた!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

「位置情報」といえば「GPS」という言葉がすぐに思い浮かびますが、GPSは、アメリカ合衆国によって運

記事を読む

韓国の無線に関する認証機関である国立電波研究院の韓国版技適に関する説明のページ http://rra.go.kr/license/about.jsp

ついに動き出した「技適」に関する規制緩和|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

以前、このPOSTCO「池端隆司のモバイルジャンクション」にて、池端さんと「技適」について対談した記

記事を読む

170101_02

ついに登場した「充電不要スマートウォッチ」。体温発電が世界を変える|山根康宏のワールドモバイルレポート

高機能化やファッション化が進むスマートウォッチだが、毎日の充電は面倒なものだ。また高機能な製品を買っ

記事を読む

190608_01_000

スマートウォッチは機能からデザインへ、腕時計メーカーの存在感も高まったIFA2016|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンと接続して連携操作ができるスマートウォッチ。一時は毎月のようにスマートフォンメーカ

記事を読む

「マイマガジン」のタブの中に設定したキーワードが並び、それをタップするとキーワードに引っかかった最新ニュースがずらり

世界のニュースもキャッチ! 『ニューススイート』|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

若者たちのニュースソースといえば、もはやスマホによるニュース閲覧が圧倒的です。「新聞も読みなさいね」

記事を読む

17.3インチのAlcatel OneTouch Xess。どちらの製品も背面に取っ手がついている

超大型タブレットがTVのスマート化を加速、18インチタブレットが相次いで登場|山根康宏のワールドモバイルレポート

タブレットの大きさは7インチから10インチが一般的だ。Appleが11月に発売した『iPad Pro

記事を読む

インドでシェア3位に食い込んだIntex

インドで急成長のスマホメーカー、Intexが注目を集める理由|山根康宏のワールドモバイルレポート

携帯電話加入者数が9億を超えるインド市場で、スマートフォン販売シェアに大きな動きが起きている。シェア

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑