スマートフォンと連携できる腕時計は流行になるか? | 山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンと接続して利用できる腕時計型やメガネ型の周辺機器が次々に登場している。これらの周辺機器は身に着けることができることから「ウェアラブルデバイス」と呼ばれており、中でも腕時計型の製品は「スマートウォッチ」とも呼ばれている。スマートウォッチはSonyのSmartWatch、SamsungのGALAXY Gearなど携帯電話メーカーが製品を発売するほか、スマートウォッチ専業のPebbleなど様々なメーカーが市場に参入している。

21_01
ソニーのSmartWatch2

これらのスマートウォッチはスマートフォンと連携し、メールの着信やソーシャルサービスのタイムライン更新通知など、スマートフォンのアシスタントとして利用できる。カレンダーと連携して予定の前に通知を受け取ることも可能だ。また待ち受け画面には好きな写真を張り付けたり表示する時計の種類を変更するなど、一般的な腕時計とは異なりカスタマイズして楽しむこともできる。

日本でもSonyがSmartWatch2を2013年秋に発売しており、海外よりも安価な値段で普及を狙った。だが周りを見渡してもこれらのスマートウォッチ製品を使っている人はまだまだ少ないのが実情だろう。

スマートウォッチは腕時計の形をしていることから、普段腕時計を使っている人ならば違和感なくはめかえることができる。スマートフォンを使っている人にとっても、スマートフォンをより活用できるアイテムになるはずだ。だが現在売られているスマートウォッチでできることは限られている。例えばメールの通知であれば、スマートフォンをポケットに入れておいてもバイブレーションでも気が付く。わざわざ腕時計から買い替えてまでして使いたいと思わせるほど魅力のある製品にはなっていないのだろう。

21_02
スマートウォッチではメールなどを読むことも可能だ

また腕時計は今や時間を知る道具ではなく、ファッションアイテムであり自分をアピールする製品でもある。前述のSmartWatch2やGALAXY Gearはベルトなどにカラバリを持たせてはいるものの、市販されている様々なデザイン、質感の腕時計と比べれば選択肢は皆無に等しい。この他にも腕時計ならば通常は電池交換をする必要はほとんどなく、ましてや日々充電する必要はないが、スマートウォッチは頻繁に充電しなくてはならないという問題もある。

このように現在販売されているスマートウォッチが普及するためには乗り越えなくてはならない問題がまだ多いが、別の機能を重視した腕時計型の製品が2014年は増えそうだ。それは「ライフログ」の記録を主としたである。ライフログとは生活の記録であり、自分が今日どれくらい歩いた、あるいはどんな場所へ行ったという行動記録などのことを指す。腕にはめておくだけで歩数を計測し、GPSによりどこへ行ったかという記録を残し、それをスマートフォンへ自動転送してくれるウェアラブルデバイスが2013年後半から続々と登場している。

21_03
ライフログ記録を重視した腕時計型のウェアラブルデバイスが増えている

これらのウェアラブルデバイスはGPSメーカーやスポーツ機器、ヘルス関連メーカーが参入しており、携帯電話メーカーのスマートウォッチよりも市販の腕時計に似た外観となっており、デザインやカラバリも豊富だ。時計に表示できる情報は少ないものの、スマートフォンにグラフとして1日のライフログを表示できるなど使い勝手も悪くない。このようにスマートフォンの表示を手元で見るという従来型のスマートウォッチではなく、腕にはめてライフログを24時間記録し続け、それをスマートフォンへ転送するという、スマートフォンの「外部センサー」のような役割をする製品であれば「購入したい」と思う消費者も多いのではないだろうか。

21_04
ライフログはスマートフォンで簡単に確認できる

もちろん既存のスマートウォッチでもライフログを記録できる製品が多いが、スマートフォン連携機能が強調されていることや多機能であることから気軽に使えるものになっていないだろう。2014年1月にアメリカで開催された家電ショー「CES2014」でも、例えばSonyは自社のSmartWatchとは異なるコンセプトの「SmartBand」を発表した。SmartBandそのものはディスプレイは搭載しておらず、スマートフォンでライフログをすべて表示、管理できる。

21_05
Sonyが発表したSmartBand

SmartBandはディスプレイの無いリストバンド型の製品だが、CES2014では腕時計とライフログ記録機能を組み合わせた製品が多数展示されていた。スポーツウェア系のアクティブなデザインのものだけではなく、高級腕時計のような質感のものまで種類は多彩で、中には心拍数を記録できるものもあった。

21_06
心拍数も記録できるLifeTrack。量販店などで販売予定

これらの製品はIT製品としてスマートフォンと一緒に販売されるよりも、家電量販店やスポーツ用品店、そして時計販売店などで売られることが多くなるだろう。これらの店での販売ならば購入の敷居も低く、また自分のライフログが取れる楽しさ、面白さからスマートフォンと連携して使う購入者も増えそうだ。1-2年もすればだれもが腕にスマートウォッチをはめ、そして日常の行動を記録・管理する時代が当たり前のものになっているだろう。

山根先生が書いたおすすめ記事

東京オリンピック時の参考にしたい、シンガポールの無料WiFiサービス
GALAXY S5に見る2014年スマホの新トレンド
これからのスマホカメラのトレンドは「自分撮り」
無料通信分を他人に販売できる香港のサービス
スマートフォンと連携できる腕時計は流行になるか?

その他の山根先生の記事一覧:山根康宏のワールドモバイルレポート
モバイル研究家の記事一覧 :モバイル研究家コラム

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

いよいよ発売開始されるApple Watch(Apple Webサイトより)

子どものうちにウェアラブル洗脳せよ?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

このところ、ウェアラブルやIoTに関するテーマについてディスカッションする機会が増えています。ウェア

記事を読む

最初から腕時計デザインを採用したHuawei Watch

腕時計を目指すスマートウォッチ|山根康宏のワールドモバイルレポート

Apple Watchの登場で一気に注目を浴びる存在となった腕時計型のウェアラブル端末「スマートウォ

記事を読む

Mobile Asia Expo 2014でも多数の4G関連の展示を行った中国移動

早くも高速化が見えてきた中国のLTE|山根康宏のワールドモバイルレポート

中国の通信事業者3社の4Gサービス競争が本格化している。世界最大の契約者数を誇る中国移動は低価格機を

記事を読む

同社はプロジェクター内蔵タブレットも手掛けるが、小型のスマートフォンにより大きな注目が集まる

今度こそ成功する?新たなプロジェクター内蔵スマートフォンがまもなく発売|山根康宏のワールドモバイルレポート

Akyumen Technologiesはスマートフォンの上部にプロジェクターを内蔵した「Hawk」

記事を読む

iot02

慶應義塾大学×藤沢市のIoTとスマートシティに関する取り組み|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる11月中旬、東京都内で「IoTのスマートハウス、スマートシティへの展開 ~居住空間から地域社会に

記事を読む

Tudouが発売するタブレットはTVユーザーも取り込む

有料動画サービスとタブレットをセットで売るTudouの新しい試み|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンやタブレットでも視聴できる動画配信サービスが花盛りだ。YouTubeに代表される動画共

記事を読む

単体で通話や通信ができるLG Watch Urbane 2nd Edition

スマートウォッチにLTE、高速通信対応でウェアラブルが変わる|山根康宏のワールドモバイルレポート

Apple Watchを始めとする腕時計型のウェアラブルデバイス、いわゆるスマートウォッチの多くはス

記事を読む

ローカル・モータースが出展した3Dプリンターで印刷された自動車

自動車もプリンターで”印刷”できる?モノのインターネットを後押しする3Dプリンターの可能性|山根康宏のワールドモバイルレポート

あらゆるモノが次々とインターネットにつながる時代がやってきた。IoT(Internet of Thi

記事を読む

ガラケー感覚でスマホを操れます

ガラホ?それともスマケー? FREETEL「MUSASHI」を衝動買い|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

MVNOの台頭とともに、SIMフリースマホが日本でも普通にラインアップされる時代となって、とてもワク

記事を読む

VoLTEによる音声通話の音声周波数帯域は50Hz~7kHz。低音域から高音域までの幅が広がった(NTTドコモ・2014夏モデル発表会にて)

VoLTEの通話品質を試してみた!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

6月19日に掲載させていただきましたコラム(モバイルネットワーク進化の鍵となるVoLTEの導入)にも

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑