加入者増で存在感を表す韓国MVNO市場の現状 | 山根康宏のワールドモバイルレポート

日本と類似した通信市場構造の韓国で、MVNO利用者が急増している。低価格な通信費を武器に、この1年間で加入者数は一気に倍増している。

大手通信事業者3社「SK Telecom(SKT)」「KT」「LG U+(LGU)」が市場を独占する韓国。スマートフォンなど携帯電話端末は通信事業者を通して契約とセットで販売される市場構造は日本とほぼ類似している。但し韓国ではメーカーの力が強く、端末は事業者ブランドではなくメーカーブランドで販売される。ドコモのギャラクシーを買う」のではなく「ギャラクシーを欲しいが、さてどのキャリアにしようか」のように、初めにメーカーありき、なのが韓国なのである。

▼日本と似た市場構造の韓国。通信事業者や代理店の店舗は繁華街のどこにでもある(ソウル市内のKTショップ)
日本と似た市場構造の韓国。通信事業者や代理店の店舗は繁華街のどこにでもある(ソウル市内のKTショップ)

韓国にはSamsung、LGという世界シェア上位に名を連ねる2大メーカーが存在することから、海外の大型展示会で発表される最新機種もいち早く市場に投入される。だが人口5024万人(IMF推計)、携帯電話総契約者数約5450万(韓国政府未来創造科学部)という市場規模に対して最新端末の投入ペースや機種数は多く、端末価格は諸外国よりも割高だ。韓国も端末価格は通信事業者が決めるが、最新モデルは通常900万ウォンから1000万ウォン、すなわち10万円前後であることが当たり前になっている。各事業者は2年契約を結ぶことでこの高い端末価格を割り引いて販売する手法は日本と同様であるが、単体価格ベースで比較しても端末の価格は日本より割高である。

このように韓国では最新のスマートフォンを世界に先駆けて消費者が購入できる一方で、端末価格の高止まりが続いており通信費もなかなか下がっていない。2011年6月から開始されたLTEサービスではデータ定額も廃止され、高容量の利用者は3G時代に比べて高い基本料金を払わざるを得なくなっている。

▼SKTのLTE基本料金の例
SKTのLTE基本料金の例

だが最新のスマートフォンを買ってもその機能をすべて使いこなしている消費者の数は多いとはいえず、一方では1年前の機種であっても今でも使えるだけのスペックは備えている。メーカーや通信事業者が矢継ぎ早に投入する最新モデルも、新しい製品が好きなアーリーアダプタ層や最新機種をファッションのようにとらえる若い世代以外にはオーバースペックになりつつある。韓国では携帯電話事業者の代理店が新機種を販売する際に今まで使っていた機種を下取りし、そのまま中古で販売する動きが広がっているが、これも「1年前の中古スマートフォンでも十分」と考える消費者が増えていることを物語っている。

▼韓国のMVNO事業者、Hello Telecomの店舗
韓国のMVNO事業者、Hello Telecomの店舗

最新スマートフォンを使わなくてもいい、と考える消費者にとって最新端末の割引価格分が含まれている今の通信事業者の基本料金は割高だ。そこで出てきたのが安い価格でサービスを提供するMVNO()事業者である。韓国では政策として2010年から通信費の引き下げを狙い電気通信事業法を改正、MVNO事業者の参入を容易にした。法令では回線提供を行うMNO=親回線事業者の「SKT」「KT」「LGU」3社はMVNOに対して不当なサービスの制限を加えてはならないことになった。それでも当初は参入企業が増えなかったために2012年3月にはMVNO活性化総合計画を発表、そしてMNO系列事業者の参入も制限を加えながら2012年6月に解放したことなどにより、2013年末には28社がMVNO事業に参入している。

▼MVNOのEG MobileはコンビニでプリペイドSIMの販売も開始
MVNOのEG MobileはコンビニでプリペイドSIMの販売も開始

MVNO事業者は基本的にSIMカードすなわち契約回線のみを販売し、端末は加入者が自ら用意する必要があった。以前であれば中古の一世代前のフィーチャーフォンを探したり、あるいは知り合いが新機種に買い替えた際にそのお古を譲ってもらう、といった方法で端末を入手することが多かった。だが前述したように中古端末市場が広がったことから、スマートフォンの比較的新しい機種を中古で安価に購入しやすいようになっている。

▼中古スマートフォンの販売も活発化している
中古スマートフォンの販売も活発化している

さらにはMVNO事業者も通信事業者から一世代前のスマートフォンを割安で入手し、それを低価格で販売する例も増えている。そして今ではMNO事業者と変わらぬ最新モデルを販売しているMVNO事業者も出てきており、従来のMNO事業者の「高い基本料金+高い端末ー月々割引」ではなく「安い基本料金+端末を分割払い」という、消費者にとって自分の本当の支出額がわかりやすいビジネスモデルで攻勢をかけている。

韓国のMVNO事業者の現状を見てみると、2013年末のMVNO事業者合計の契約数は248万に達している。この数は携帯電話総総契約数の約5%に過ぎない。だが2012年には127万だった加入者がこの1年で倍増しておりその勢いは日に日に増している。特に2013年は下半期に郵便局と流通大手のEマートがMVNO事業に参入。都市部から田舎まで各地に広がる郵便局と24時間営業を行うハイパーマーケットのEマートが自ら携帯電話事業を開始したことで、それまであまり認知されていなかったMVNOの存在が大きく認知されるようになっているのだ。

▼韓国郵便局もMVNO事業に参入
韓国郵便局もMVNO事業に参入

ここで郵便局のMVNOは面白い結果が出ている。一番多い加入者の年齢層は40台で、端末はスマートフォンではなくフィーチャーフォンであるという。韓国では日本のLineに相当する国民的なSNSサービスはカカオトークだが、40台の消費者の中にはまだまだ音声通話とSMSで連絡を取り合う層が多いのだろう。スマートフォンは便利であるが子供の教育費などで家計が厳しい韓国人家庭にとって、お父さん世代の通信費を削減する手段として昼間郵便局に訪れる主婦たちがMVNOの存在に気づきはじめているのだろう。

一方、MVNOながらもLTEを利用可能な事業者も出てきている。。Annex Telecomはは2013年7月からSKT回線を利用したLTEサービスを開始、MNOのSKTより安い料金を打ち出している。韓国では1年前の古い機種でもLTE対応品が多いことから、LTE端末を格安で入手することも可能だ。MVNOの利用者は現時点ではまだまだフィーチャーフォンによる通話利用者が多いようだが、Annex TelecomのようにMNOと変わらぬ高速データ通信サービスを提供するMVNOも今後増えてくるだろう。

▼MVNOでもLTEを提供するAnnex Telecom
MVNOでもLTEを提供するAnnex Telecom

この勢いでMVNO利用者が増えてくれば、携帯電話契約数の10%を超えるほどの大きな存在になる日は遠くないだろう。そうなればMNO側も無視できる存在ではなく、共存する道を歩むことになりそうだ。MNO側はより高品質、高級、付加価値のサービスを常に開発しそれを提供するプレミアムなサービスプロバイダとして生き残りを図ることで、ライバルのMNO事業者同士の競争も激化し、その結果として携帯電話を中心とした国のICTサービスの向上も期待できる。一方MVNOは低価格を武器に低所得者層や2回線所有者向けのライトサービスとして生き残りを図りつつ、他社との差別化のためにMVNOならではの新しいサービスを提供するところも出てくるだろう。

日本でもスマートフォンの新製品ラッシュが続く中、新規契約時のわずらわしい多数のオプションサービスの加入やわかりにくい割引構造など、「より簡単にスマートフォンを契約したい」という消費者ニーズがこれから増えてくるだろう。韓国のMVNO事業者の動きは日本市場から見ても参考になる点が大いにあるかもしれない。

山根先生が書いたおすすめ記事

東京オリンピック時の参考にしたい、シンガポールの無料WiFiサービス
GALAXY S5に見る2014年スマホの新トレンド
これからのスマホカメラのトレンドは「自分撮り」
無料通信分を他人に販売できる香港のサービス
スマートフォンと連携できる腕時計は流行になるか?

その他の山根先生の記事一覧:山根康宏のワールドモバイルレポート
モバイル研究家の記事一覧 :モバイル研究家コラム

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

WR180102_01

アクションカムは生き残る?GoProの現状と課題|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンとセットで利用するIoT製品として、一昔前は大きな脚光を集めていたアクションカム。だ

記事を読む

VoLTEによる音声通話の音声周波数帯域は50Hz~7kHz。低音域から高音域までの幅が広がった(NTTドコモ・2014夏モデル発表会にて)

VoLTEの通話品質を試してみた!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

6月19日に掲載させていただきましたコラム(モバイルネットワーク進化の鍵となるVoLTEの導入)にも

記事を読む

池端隆司×山根康宏

「盟友」山根さんとディープなモバイル話編~前編~|池端隆司のモバイルジャンクション

こんにちは、池端です。 今回は対談記事。話が多岐に及んだのでまずは前編をお届けします。Postco

記事を読む

セルフィーは写真を撮る行為そのものも楽しい

これからのスマホカメラのトレンドは「自分撮り」|山根康宏のワールドモバイルレポート

ソニーモバイルが2014年7月に発表したスマートフォン「Xperia C3」は5.5インチHDディス

記事を読む

こんな風に1回数分、できたら1日数回使用することで、視力回復トレーニングができるとか。ほんまかいな?!

スマホを使って眼のストレッチ?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

現代社会において、もはやスマートフォンやパソコンのディスプレイを見ながらの作業は避けられません。こう

記事を読む

大手3事業者はLTEでも激しい加入者獲得合戦を繰り広げるだろう

見えてきた台湾のLTE時代 | 山根康宏のワールドモバイルレポート

国を挙げてWiMAXを次世代高速通信規格として推進していた台湾。そのためLTEの導入は他のアジア各国

記事を読む

Mobile Asia Expo 2014でも多数の4G関連の展示を行った中国移動

早くも高速化が見えてきた中国のLTE|山根康宏のワールドモバイルレポート

中国の通信事業者3社の4Gサービス競争が本格化している。世界最大の契約者数を誇る中国移動は低価格機を

記事を読む

海外展示会(IFA2015)のSiemensブース。オーブン新製品の一部のみがスマートオーブンだ(Home Connect対応製品)

スマートホームの普及は身近な家電から|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンやタブレットを使って家電製品のコントロールしたり、ドアの開閉やIPカメラを使い家庭内の

記事を読む

ビジョン社の海外用Wi-Fiルーターレンタルサービス「グローバルWiFi」(http://townwifi.com/)の「ヨーロッパ周遊 データPLUSプラン」で使われるこの端末はなんとSIMが10枚も(1枚は制御用)挿入できる! 世界にはこんな端末もあるんです。フィンランドのUROS社とビジョン社が共同でソリューション開発

SIMロック解除化の先で期待したい端末|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

今夏、わが国のケータイ業界には色々な動きがありましたが、とくに筆者が着目しているのが大手3キャリアの

記事を読む

161002_01

スマホよりも面白い!?持ち運びできるモバイルPCの世界が熱くなってきた|山根康宏のワールドモバイルレポート

アップルのiPhone 7やグーグルの新型スマートフォン「Pixel」シリーズが登場しているものの、

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑