MRを使って斬新な観光体験│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

公開日: : 木暮祐一のぶらり携帯散歩道

京都最古の禅寺として知られる建仁寺、1202年に将軍源頼家が寺域を寄進し栄西禅師を開山として宋国百丈山を模して建立したと伝えられています。この800年以上の長い歴史を刻む建仁寺ですが、ここに来る観光客の目的は、誰しもが教科書でみたことのある国宝「風神雷神図屏風」を見学するためでしょう。江戸時代初期の画家・俵屋宗達が描いた神々しい金の屏風に、風神と雷神が力強くポーズを決めている有名な金屏風です。

国宝とはいえ、あまり芸術的センスのない私が見たら、「ふーん、なるほど」で終わってしまうかもしれません。左側に雷神、右側に風神が配置されて、中央は何やら“間”があるのですが、きっと深くも考えないことでしょう。しかし、こうした芸術作品には様々な背景や世界観があって誕生しているに違いありません。それらを現実にあるこの屏風にかぶせて、MR(Mixed Reality=複合現実)コンテンツとして楽しめるトライアルが行われました。マイクロソフトのMRデバイス「Microsoft HoloLens」を使い、実際の風神雷神図屏風(複製)を前にしてHoloLensにコンテンツを重ねて投影し、風神雷神図屏風の世界観を表現した約10分間のMRコンテンツを視聴できるというものです。

日本マイクロソフトと同社の「Microsoft Mixed Realityパートナープログラム」に参加する博報堂が「京都Mixed Realityプロジェクト」として取り組み2017年7月に発表、2018年2月には建仁寺、および京都国立博物館でこの一般に公開しました。文化財の新たな鑑賞スタイルや文化教育、観光モデルの実現を目指したもので、歴史的な文化財とMRを組み合わせているケースは世界初となるそうです。

Microsoft HoloLens 現実空間にバーチャルな情報を重ねられる

Microsoft HoloLens 現実空間にバーチャルな情報を重ねられる

風神雷神図屏風を前にしてHoloLensをかけると、まずは建仁寺の僧侶・浅野俊道氏がそこに現れ、この金屏風について語り始めます。その後風神と雷神が3Dで浮かび上がり、目の前で雨を降らせ雷を鳴らします。約10分間のコンテンツで、この金屏風に込められた五穀豊穣の願いを部屋いっぱいに広がる動画で表現し、まさに前身で「芸術を体験」できるようになっているそうです。

金屏風を前にMR体験の様子

金屏風を前にMR体験の様子

MR活用のポイントはまさにこうした「体験」にあります。現実世界に3Dで仮想空間を表現できるため、その没入感とともに仮想のものが現実と重なって体験でき、これがとても斬新な経験を味わえます。MRによってその時代に自分がタイムスリップしたような体験を得られ、これは史跡めぐりなどの観光分野で新たなイノベーションを巻き起こしそうです。博報堂によれば、MRを今後教育現場に活用することも視野にいれており、「体験」をベースにした学習づくりなんてことも期待できるのかもしれません。

参考情報

参考URL
https://hakuhodo-vrar.jp/kyoto2018/

※出展:博報堂プレスリリース
http://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2018/02/20180221.pdf

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

観光VR2-min

VRで観光名所巡りがいよいよ当たり前に|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる9月21〜24日の4日間、東京ビックサイトにて「ツーリズムEXPOジャパン2017」

記事を読む

ついにauも新料金プランを発表。先行2キャリアに比べ、ずいぶん細分化しましたね。

出揃った3キャリアの新料金プランの狙いは?|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

3キャリアの新料金プランが出揃いました。すでに各所で報道されている通り、基本料金は通話し放題でガラケ

記事を読む

p04

久しぶりのキティフォンをゲット|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

久しぶりに、楽し~いケータイが発売されましたよ。それはハローキティフォン「Hello Kitty F

記事を読む

販売サイト上で説明されている図

iPhoneにボタン機能を追加する保護ガラスを試してみた|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

スマホのディスプレイ大型化は老眼が進んできた筆者にとってもありがたいことなのですが、その一方で指は伸

記事を読む

02

落とし物防止タグ「MAMORIO」が鉄道と組む理由|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

BLE(Bluetooth Low Energy)でスマホと通信できるタグを使い、このタグを所持

記事を読む

iot21

仙台市田子西地区でのIoTによる行動変容の取り組み|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる11月中旬、東京都内で「IoTのスマートハウス、スマートシティへの展開 ~居住空間から地域社会に

記事を読む

羽田空港の保安検査場付近で実体験できました

音を使ってバリアフリーのトライアル│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

何かと飛行機での移動が多い筆者ですが、鉄道に比べ、航空会社各社のほうがバリアフリーだとかユニバーサ

記事を読む

こんな風に1回数分、できたら1日数回使用することで、視力回復トレーニングができるとか。ほんまかいな?!

スマホを使って眼のストレッチ?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

現代社会において、もはやスマートフォンやパソコンのディスプレイを見ながらの作業は避けられません。こう

記事を読む

モバイルコンテンツ市場規模(出典:MCF)

まだまだ成長を続けるモバイルコンテンツ市場|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる8月24日、モバイルコンテンツ配信事業を行う企業が参加する業界団体・一般社団法人モバイル・コンテ

記事を読む

09

ApplePayで交通カード登録を検証してみた|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

10月25日より、いよいよ日本でもiPhoneの「Apple Pay」がサービスインしました。おサイ

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑