MRを使って斬新な観光体験│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

公開日: : 木暮祐一のぶらり携帯散歩道

京都最古の禅寺として知られる建仁寺、1202年に将軍源頼家が寺域を寄進し栄西禅師を開山として宋国百丈山を模して建立したと伝えられています。この800年以上の長い歴史を刻む建仁寺ですが、ここに来る観光客の目的は、誰しもが教科書でみたことのある国宝「風神雷神図屏風」を見学するためでしょう。江戸時代初期の画家・俵屋宗達が描いた神々しい金の屏風に、風神と雷神が力強くポーズを決めている有名な金屏風です。

国宝とはいえ、あまり芸術的センスのない私が見たら、「ふーん、なるほど」で終わってしまうかもしれません。左側に雷神、右側に風神が配置されて、中央は何やら“間”があるのですが、きっと深くも考えないことでしょう。しかし、こうした芸術作品には様々な背景や世界観があって誕生しているに違いありません。それらを現実にあるこの屏風にかぶせて、MR(Mixed Reality=複合現実)コンテンツとして楽しめるトライアルが行われました。マイクロソフトのMRデバイス「Microsoft HoloLens」を使い、実際の風神雷神図屏風(複製)を前にしてHoloLensにコンテンツを重ねて投影し、風神雷神図屏風の世界観を表現した約10分間のMRコンテンツを視聴できるというものです。

日本マイクロソフトと同社の「Microsoft Mixed Realityパートナープログラム」に参加する博報堂が「京都Mixed Realityプロジェクト」として取り組み2017年7月に発表、2018年2月には建仁寺、および京都国立博物館でこの一般に公開しました。文化財の新たな鑑賞スタイルや文化教育、観光モデルの実現を目指したもので、歴史的な文化財とMRを組み合わせているケースは世界初となるそうです。

Microsoft HoloLens 現実空間にバーチャルな情報を重ねられる

Microsoft HoloLens 現実空間にバーチャルな情報を重ねられる

風神雷神図屏風を前にしてHoloLensをかけると、まずは建仁寺の僧侶・浅野俊道氏がそこに現れ、この金屏風について語り始めます。その後風神と雷神が3Dで浮かび上がり、目の前で雨を降らせ雷を鳴らします。約10分間のコンテンツで、この金屏風に込められた五穀豊穣の願いを部屋いっぱいに広がる動画で表現し、まさに前身で「芸術を体験」できるようになっているそうです。

金屏風を前にMR体験の様子

金屏風を前にMR体験の様子

MR活用のポイントはまさにこうした「体験」にあります。現実世界に3Dで仮想空間を表現できるため、その没入感とともに仮想のものが現実と重なって体験でき、これがとても斬新な経験を味わえます。MRによってその時代に自分がタイムスリップしたような体験を得られ、これは史跡めぐりなどの観光分野で新たなイノベーションを巻き起こしそうです。博報堂によれば、MRを今後教育現場に活用することも視野にいれており、「体験」をベースにした学習づくりなんてことも期待できるのかもしれません。

参考情報

参考URL
https://hakuhodo-vrar.jp/kyoto2018/

※出展:博報堂プレスリリース
http://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2018/02/20180221.pdf

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

新iPhoneおよび、iOS 8へのアップデートで搭載された純正アプリ「ヘルスケア」。ホーム画面に並ぶということでアップルの本気度が分かりますよね

iPhone 6 を使って一番驚いたこと|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

iPhone 6/6 Plusが発売され、そろそろiPhoneを巡る話題も落ち着いてきた頃合だと思い

記事を読む

通話がすべて VoLTEに置き換わることで次のネットワーク世代へと移行が可能になる。

モバイルネットワーク進化の鍵となるVoLTEの導入|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

いよいよ夏のボーナスシーズン到来、じつはケータイキャリア各社は、こうしたボーナス商戦を見込んで、この

記事を読む

pic02

シンプルながら高機能なスマートウォッチ「Steel HR」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

フランスに拠点を置くIoTデバイスメーカー、Withings社のスマートウォッチが気になっていたので

記事を読む

k_180801_img01

自販機大国ニッポンが誇るIoT物販自販機となるか「スマートマート」│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

先だって、久しぶりに中国の深センを訪問してきたのですが、QRコード決済による電子マネーの普

記事を読む

ワイモバイルが発表した「Heart 401AB」(エイビット製)

フィーチャーフォンの新たな進化系となるか「AQUOS K」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

1月19日、auが2015年春モデルの新製品発表を行いました。当日は「INFOBAR A03」「AQ

記事を読む

pic01

時間貸駐車場の満空をIoTしちゃった「Smart Park」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

このほど時間貸駐車場を簡単に検索できるアプリ「Smart Park」というものがリリースされました。

記事を読む

こんな風に1回数分、できたら1日数回使用することで、視力回復トレーニングができるとか。ほんまかいな?!

スマホを使って眼のストレッチ?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

現代社会において、もはやスマートフォンやパソコンのディスプレイを見ながらの作業は避けられません。こう

記事を読む

iot3-2

奈良先端大のスマートホーム、スマートシティへの取り組み|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる11月中旬、東京都内で「IoTのスマートハウス、スマートシティへの展開 ~居住空間から地域社会に

記事を読む

k180702_img01

おっぱい吸引リズムをコントロールするIoTさく乳機?! │木暮祐一のぶらり携帯散歩道

私事ですが、最近孫が誕生しました。まさか自分がジジイになってしまうとはまだ覚悟が足りていなかったか

記事を読む

01

およそ10年のスパンで繰り返されるケータイ端末の潮流|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

先日、携帯電話の歴史を説明する展示をしたいという相談を受け、ケータイ端末を260台ほどお貸出ししまし

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑