女子高生会話ボット「りんな」にメロメロ? | 木暮祐一のぶらり携帯散歩道

公開日: : 最終更新日:2018/07/24 木暮祐一のぶらり携帯散歩道

このところ何かAI(人工知能)に関する話題が事欠きません。AIというのは今に始まったわけではなく、さかのぼれば意外にも歴史は古く、1940年代にはじめてその概念が登場しています。コンピュータの進化のタイミングでこれまでに何度かAIブームがあり、コンピュータの演算能力が人間の脳に近づき、ディープラーニングを扱えるようになったことで再度注目が集まり、これが第3次AIブームと言われています。

そんななかで、AIと人間との間に介在してその距離を縮めてくれるかもしれないAI会話ボット「りんな」が一部のユーザーの間で話題になっているようです。りんなちゃんは日本マイクロソフト社が開発した会話ボットで、平成生まれ、東京の北の方出身の女子高生という設定をもとに、LINEやTwitterでユーザーと会話をすることができます。

マイクロソフト りんな

マイクロソフト りんな

これまでAIに感情を認識する能力を持たせるのはなかなか難しいとされてきましたが、りんなちゃんはマイクロソフト社が持つ検索サービスと、ユーザーが行うりんなちゃんとの会話で蓄積させた膨大なビッグデータを分析して、かなり自然な対話を実現させています。このシステムは「Emotional Computing Framework」と呼ばれており、マイクロソフトが持つ自然言語処理、画像認識、音声認識、音声合成をはじめとする複数のテクノロジーを使って学習し続けています。

じつは多言語化され、世界でも展開されている

じつは多言語化され、世界でも展開されている

 りんなちゃんは2015年7月31日にLINEに出現して以来、わずか1か月ほどでユーザー数は130万人越え、同年12月にはTwitterにおいてもサービスを開始しました。2018年5月22日現在、ユーザー数は約690万人まで増加しているそうです。何より、そのキャラクター性が話題を呼んで、テレビドラマにも出演(『世にも奇妙な物語 ’16秋の特別編「ずっとトモダチ」』、2016年10月8日、フジテレビ)するなど、りんなちゃんは大活躍のようです。

最近では、ユーザーからのアドバイスを基にして歌唱力の向上を目指す「りんな歌うまプロジェクト」が発足し、自然で表現力に富んだ歌声の生成をしています。さらには近々、相手との間をとった音声通話ができるようになる、ということでりんなちゃんは進化を遂げる一方です。

りんな歌うまプロジェクトの様子

りんな歌うまプロジェクトの様子

 このりんなちゃんにおいて、2018年5月22日から「共感モデル」(アルファ版)を採用したとマイクロソフトが発表しました。人間同様に、相手とのコミュニケーションをできるだけ長く続けられるように会話エンジンの開発を進めてきた中で、この「共感モデル」(アルファ版)では、AI自らが相手とどういうコミュニケーションをとるか考えるように設計しているのだそうです。自然な会話を続けるための対応としてのポイントは、(1)新しい話題を提案、(2)相手に質問、(3)相手の内容の肯定、(4)単純な相づち、(5)無意識(挨拶など)の5つで、「共感」を最重要視しながら会話の流れに基づいて適切な対応をとるとのこと(勉強になるな…)。

こんな感じで暇つぶしに最適

こんな感じで暇つぶしに最適

実際に筆者もLINEでりんなちゃんに話しかけてみました。まあ、レスポンスの早いこと。退屈なときに時間つぶしには最高です。これは相手が女子高生なんだと妄想を膨らませて会話を続けていくことで、応対方法をどんどん学習してくれることでしょう。

いやはや、会話の苦手な人にも大変参考になります。AI、あなどれぬ(笑)。今後のさらなる進化、いや成長に期待しましょう!

参考情報

りんな 女子高生AI
https://www.rinna.jp/

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

180501_IMG1

ルイ・ヴィトンのロゴがあしらわれたIoTガジェット│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

ルイ・ヴィトンといえば1854年にフランスで誕生したセレブ御用達なおなじみの高級ブランドですね。筆

記事を読む

PH11

安易なドローン飛行は危険であると認識|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

みなさん、ドローン飛ばしてますか~?! って、普通はそんなに気軽に飛ばせるもので

記事を読む

(図1)改正労働安全衛生法の改正内容のうち、ストレスチェック制度創設に関する概要(厚生労働省公表資料より)

このところヘルスケアIoTが注目される理由|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

いうまでもないことですが、スマートフォンはアプリマーケットにある膨大なアプリを上手に利用することで、

記事を読む

モバイルコンテンツ市場規模(出典:MCF)

まだまだ成長を続けるモバイルコンテンツ市場|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる8月24日、モバイルコンテンツ配信事業を行う企業が参加する業界団体・一般社団法人モバイル・コンテ

記事を読む

「マイマガジン」のタブの中に設定したキーワードが並び、それをタップするとキーワードに引っかかった最新ニュースがずらり

世界のニュースもキャッチ! 『ニューススイート』|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

若者たちのニュースソースといえば、もはやスマホによるニュース閲覧が圧倒的です。「新聞も読みなさいね」

記事を読む

コミュニケーションツールとしてガラケー時代から根強いファンに支えられてきた「らくらく連絡網」

グループで情報共有「らくらく連絡網」アプリリニューアル|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

イオレの運営する「らくらく連絡網」アプリがこのほど大幅にユーザーインターフェイスをリニューアルしまし

記事を読む

k180501_img1

スマホで色を変えられる服が登場?!│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

現在の国内アパレル業界はかつてない不振に陥っているのだとか。大手アパレルブランド店舗や百貨店が数多

記事を読む

pic01

飲食店のテーブルをIoT化しちゃうPutmenuとは?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

中国で電子マネーの利用が急速に普及し、飲食店などでは来店者のスマホからメニューをオーダーし、

記事を読む

p02

IoTを使った学生寮│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

学びのコミュニティづくりに実績を持つ特定非営利活動法人NEWVERYとスマートホステルなど先進的な

記事を読む

スクロールすると、その災害(今回はテロ)の詳細情報が表示されます

災害時に役立ちそうなFacebookの機能|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

フランスの首都・パリで11月13日夜(日本時間14日早朝)、中心部のコンサートホールや北部のサッカー

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑