グローバル展開を始めた中国のシェア自転車|山根康宏のワールドモバイルレポート

中国では今やシェア自転車がどの都市でも利用できる。1回あたり10円程度とわずかな金額で利用できるシェア自転車を使えばちょっとした距離の移動も歩く必要は無い。中国の地図アプリを使って場所検索をすると、「シェア自転車で駅まで5分、地下鉄10分、シェア自転車で3分」のように、自転車に乗ることを標準で道案内してくれる場合もある。サービス開始からわずか2年ちょっとで、シェア自転車は中国の生活になくてはならないものになっているのだ。

その中国初のシェア自転車が、海外展開を本格化させている。ofo、Mobikeの2社がヨーロッパやアジア各国へ進出を始めているのだ。ヨーロッパでは古くから各国でシェア自転車がサービスされているが、それら地元企業に交じってofoの黄色い自転車や、Mobikeのオレンジ色の自転車が街の中を自在に走り回っている。

中国のどの都市にもあるシェア自転車

中国のどの都市にもあるシェア自転車

シェア自転車サービスの基本構成は課金システムとアプリ、そして自転車をロックする鍵と、自転車の位置情報を発信するGPSで成り立っている。その中で最も重要なのが自転車の位置を把握するためのGPSだ。各国のシェア自転車の置き場を見ると、自転車が専用のスタンドに整然と整理されて並べられている。よく見るとスタンドと自転車はなにかしらの接点で接続されており、待機中は常に充電されているのだ。GPSとその情報を送るモデムの電力を賄うために、シェア自転車は常時充電しておく必要があった。

ところがofoもMobikeも充電するためのスタンドはいらない。道端に乗り捨てていいのである。そのため自転車の乗り捨て場所もどこでもよい(国や都市によって、乗り捨て禁止個所もある。日本は専用ポートに返却が必要)。街を歩いて自転車があればその場で乗って、目的地についたらそこで乗り捨てできる、この気軽に利用できるスタイルが世界各国の消費者に受けているのである。

充電スタンドを使うタイプのシェア自転車。自由に乗り捨てはできない

充電スタンドを使うタイプのシェア自転車。自由に乗り捨てはできない

ofoもMobikeもGPSの通信にNB-IoTを利用することで、実質的に電池交換や充電が不要なのだ。NB-IoTのサービスが各国で始まったことにより、中国と同じシステムをそのまま海外でも展開できるのである。どちらのサービスも当初はGSM方式の通信モデムを搭載していたが、普通の携帯電話とあまり変わらぬ消費電力であるため頻繁な充電が必要だった。しかしNB-IoTなら一般的に10年は電池交換が不要だ。シェア自転車の自転車本体に寿命が来ても、設置された鍵からはまだまだ電波が飛んでいるのである。

海外での料金体系は各国で物価が異なることから統一はされていない。Mobikeならばイギリスで0.5ポンド、日本で50円、そして本家中国では1元などだ(それぞれ30分)。そのため国ごとにアカウントを作ったり、その国の通貨で料金をチャージする必要があるように思われた。ところがアプリは世界共通であり、1つのアプリをいれ、どこかの国でアカウントを作れば、それを別の国で使うこともできるのだ。

筆者は実際に2018年3月にパリに行った際、ホテルの目の前にMobikeが置いてあるのを発見したので、スマートフォンのアプリを起動してみた。筆者のMobikeは中国でアカウントを作っているが、アプリではパリの地図が表示されそのまま自転車を使うことができたのである。料金はユーロだが、人民元に換算されチャージしている金額から引かれた。

パリのMobikeが中国や日本のアカウントで利用できた

パリのMobikeが中国や日本のアカウントで利用できた

このようにどこかの国でサービスを使い始めていれば、別の国でもそのまま使えるのである。普段日常的にシェア自転車を使っている消費者が、世界各国に旅行や出張で行った際、自国にいる感覚で自転車に乗ることができるというわけだ。

もちろん日本の一部都市でサービスが始まったMobikeのアカウントを作っておけば、中国やヨーロッパでそのまま利用することができる。Mobikeにしろofoにしろ、中国でアカウントを作る際の最大の難点が料金の課金。クレジットカードが使えず、モバイルペイメントと紐づけて人民元をチャージする必要がある。ところが日本のアカウントならばクレジットカードで課金可能だ。その課金したお金をつかい、中国でそのままシェア自転車が乗れるのである。中国へよく行く人は、日本でシェア自転車に乗らなくとも、中国用に日本のアカウントを作っておくといいだろう。

中国国内でどんなに素晴らしいサービスが展開されていても、「所詮はほかの国のこと」と興味がわかない人も多いだろう。しかしこのように中国のシェア自転車が世界中で使えると聞けば話は変わるのではないだろうか?中国のシェアサービスは国内でのサービス内容の向上だけではなく、これからは世界各国へのグローバル展開を始めるステージに入ろうとしている。モノだけではなくサービスも中国発のものが世界中で利用される、そんな時代が目前まで迫っているのだ。

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

MWC2015のLumia640/640XL発表の場でPCやタブレットとのシームレスな動作環境をアピールするMicrosoftのStephen Elop CEO

Windows10登場でスマホ第三のOSはどうなる?|山根康宏のワールドモバイルレポート

AndroidとiOSに続くスマートフォンOSの座を目指して「第三のOS」と呼ばれる各社のOSが製品

記事を読む

WR170802_01

スマートスピーカーにLTEが内蔵、単体で使える製品が韓国で登場|山根康宏のワールドモバイルレポート

音声AIアシスタントを搭載したスマートスピーカーは日本でもグーグル、アマゾン、そしてLINEの参入

記事を読む

160702_02

ポケモンGO効果?プリペイドSIMカードの値上げも始まった香港|山根康宏のワールドモバイルレポート

社会的ブームにもなったポケモンGO。昼休みや休日になるといままで人気のあまり無かった公園に多くの人が

記事を読む

WR180403

中国・深センに見るスマホを使ったキャッシュレス社会の現状|山根康宏のワールドモバイルレポート

急激に進む中国社会のキャッシュレス化。日本でも各種のICカードやモバイルペイメントの利用が進んでお

記事を読む

香港で販売されるisai LGL22。これも正規の販売品ではないが人気は高い

アジアでも人気!auのスマホは海外進出すべき|山根康宏のワールドモバイルレポート

2014年12月24日にKDDIから発表されたスマートフォン「Fx0」はFirefox OSを搭載し

記事を読む

Tudouが発売するタブレットはTVユーザーも取り込む

有料動画サービスとタブレットをセットで売るTudouの新しい試み|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンやタブレットでも視聴できる動画配信サービスが花盛りだ。YouTubeに代表される動画共

記事を読む

161101_04

低価格化とファッション化でウェアラブルデバイスにも本腰を入れるファーウェイ|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンシェアで世界3位につけているファーウェイの進撃が止まらない。2016年9月にセルフィー

記事を読む

17.3インチのAlcatel OneTouch Xess。どちらの製品も背面に取っ手がついている

超大型タブレットがTVのスマート化を加速、18インチタブレットが相次いで登場|山根康宏のワールドモバイルレポート

タブレットの大きさは7インチから10インチが一般的だ。Appleが11月に発売した『iPad Pro

記事を読む

カメラ回転式のOPPOのスマホ

セルフィーの普及がスマホの前後カメラの区別をなくす|山根康宏のワールドモバイルレポート

ASUSは2015年6月1日にフロントカメラを強化したスマートフォン『ZenFone Selfie』

記事を読む

見た目は普通のスマートフォンなSmart Cast

Lenovoが挑戦するスマホの新たな大画面化|山根康宏のワールドモバイルレポート

年々画面サイズが大型化するスマートフォンだが、片手で持つにはそろそろ限界の大きさに近づいている。だが

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑