キットカットをIoTで発注するサービス「たのめるくん」| 木暮祐一のぶらり携帯散歩道

公開日: : 木暮祐一のぶらり携帯散歩道 ,

富山の置き薬商法というのは16世紀中ごろから始まったのだそうですが、薬より消費頻度が高いものといえばお菓子ですよね。どこの企業が始めたのかしりませんが、今やオフィスに“置き薬”ならぬ“置きお菓子”は当たり前のものになりました。仕事が煮詰まると、ついつい甘いものに手が伸びてしまうのですよね。そのお菓子の補充と代金回収に来ている業者の方を見ていて、これこそIoTでもっと仕事が簡単になりそうではと考えていたら、やはりそれを試行している企業がありました。それはネスカフェでご存知のネスレです。

ネスレといえば世界最大の食品・飲料会社ですが、とくにインスタントコーヒーで知る人ぞ知る企業として認知されていると思います。そのネスレが展開しているコーヒーマシンを無料で貸しだすサービス「ネスカフェアンバサダー」は、今や日本国内で40万件もの申込件数を誇るインフラに成長しているようです。この「ネスカフェアンバサダー」こそ、富山の置き薬商法の典型であるなと考えていましたが、これがいつのまにか着々とICT化を進めてきたようで、たとえばBluetoothを使ってスマートフォンから音声で操作できるコーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i[アイ]」をラインアップしたり、コーヒーマシンとタブレット、専用アプリをセットにして貸し出してコミュニケーション機能を持たせた「ネスカフェコネクト」なども展開しています。

そのネスレが、IoTキットカット専用販売機「たのめるくん」を開発、昨年12月からオフィス向けに展開しているのだそうです。そういえば、よくよく考えてみるとキットカットもネスレの商品でしたね。そしてコーヒーとの相性もいいお菓子だこと…。

この「たのめるくん」は、販売機のハンドルを回すと好きなだけキットカットが出てくる、というシンプルなもの。そして、販売機にあるボタンを押せばネスレに注文が自動送信され、補充用のキットカットが届けられてくるという仕組みです。一見、単純な構造ではありますが、何気にIoTをめぐる最新技術を駆使し、しかもそのシステムの裏側に名だたる企業が参画しています。

これがキットカット専用販売機「たのめるくん」

これがキットカット専用販売機「たのめるくん」

「たのめるくん」を使ってキットカットの追加発注をかけるボタンには、LPWAの通信規格のひとつである「SIGFOX」のネットワークを活用しています。SIGFOXは現在、日本国内では京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)が独占展開しており、2017年2月27日から東京都内でネットワークのサービス提供開始を皮切りに、エリアを拡充中です。そして「たのめるくん」の通信デバイスにはSIGFOX向けのデバイスやソリューションを展開するKCCSモバイルエンジニアリング(以下、KCME)が開発した専用デバイスを用いています。

「たのめるくん」から送信された発注データは、SIGFOXのネットワークを経由し、ACCESSが開発したオーダーサーバーに送信されます。ACCESSといえば、iモードのブラウザで広く知られた企業ですが、現在15億台を越えるモバイルソフトウェア、300社以上の通信機器メーカーでの採用実績を誇る独立系ソフトウェア企業。この「たのめるくん」のシステムでは、サーバー側の機器およびシステムの仕様策定などシステムイングレーション全般を担当しています。

ともあれ、キットカットをいつでも食べられるという環境の実現のためにKCCSグループとACCESSをも巻き込んでサービスを構築してしまったネスレに思わず脱帽してしまいます。

本気で構築された「たのめるくん」のサービスフロー

本気で構築された「たのめるくん」のサービスフロー

SIGFOXについて補足しておくと、もともとフランスのSIGFOX社が2009年から展開しているIoT用のネットワークで、世界展開に当たっては1国1事業社とする戦略を取っており、日本ではKCCSが事業者となって展開を図っています。KCCSによると、2017年3月に東京23区、横浜市、川崎市、大阪市でサービス提供を開始。2018年3月には政令指定都市を含む主要36都市に展開、そして2020年3月を目途に全国展開を図ることになっています。

なるほど、「たのめるくん」のサービス提供エリアが東京23区、横浜市、川崎市、大阪市の一部に限定されているというのは、SIGFOXのサービス提供エリアに限定されるからなのですね。ということは青森で「たのめるくん」を設置できるのは2020年以降ということか…(悲)。

ネスレ日本によると、「たのめるくん」は2018年末には1万オフィスでの導入を見込んでいるとのこと。何より、分かりやすいシンプルなIoT活用がいいですね。

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

コミュニケーションツールとしてガラケー時代から根強いファンに支えられてきた「らくらく連絡網」

グループで情報共有「らくらく連絡網」アプリリニューアル|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

イオレの運営する「らくらく連絡網」アプリがこのほど大幅にユーザーインターフェイスをリニューアルしまし

記事を読む

Gear S本体。端末部分からバンド部分を取り外すことも可能なので、将来もっとおしゃれなバンドの登場にも期待したいものです。

曲面ディスプレイを見事に応用した「Galaxy Note Edge & Gear S」ファーストインプレッション|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

10月23日より、NTTドコモはサムスン電子製の「Galaxy Note Edge(SC-01G)」

記事を読む

09

ApplePayで交通カード登録を検証してみた|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

10月25日より、いよいよ日本でもiPhoneの「Apple Pay」がサービスインしました。おサイ

記事を読む

各通信事業者別割当周波数帯域と帯域幅。ピンクの部分はiPhone 6s/6s Plusで利用可能な周波数帯域。赤線はキャリアアグリゲーションでの組合せパターン(各種情報をもとに筆者作成)

iPhone 6s/6s Plusのネットワーク対応に頭を抱える各キャリア|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

毎年恒例の行事として定着しているiPhoneのモデルチェンジ。今年もほぼ想定どおりにコトが進んで、i

記事を読む

20170727-10

ルンバがスマートホームの監視役になる?! |木暮祐一のぶらり携帯散歩道

スマートホームのブームに乗って、宅内のセンシングに注目が集まっていますが、ここに来て最も注目され

記事を読む

韓国の無線に関する認証機関である国立電波研究院の韓国版技適に関する説明のページ http://rra.go.kr/license/about.jsp

ついに動き出した「技適」に関する規制緩和|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

以前、このPOSTCO「池端隆司のモバイルジャンクション」にて、池端さんと「技適」について対談した記

記事を読む

ホテルのデスク上に置かれていた、外国人観光客向けのスマホ

スマホを無料で貸出して行動分析|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

先だって、香港の中古スマホ流通事情をご紹介しましが、その取材の際に泊まったホテルの部屋の中に、驚くべ

記事を読む

W-01

IoTで看取りも、2018年診療報酬改定|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

筆者は医療ICT分野も追いかけていますが、とくにICTを用いた遠隔診療の可能性について大いなる期待

記事を読む

iot3-2

奈良先端大のスマートホーム、スマートシティへの取り組み|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる11月中旬、東京都内で「IoTのスマートハウス、スマートシティへの展開 ~居住空間から地域社会に

記事を読む

「小児救急支援アプリ」起動画面。年齢と性別を選択します

お子さんの急病時にその緊急性がわかるアプリ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

誰でもが持ち歩いて使っているスマホだからこそ、何か社会に役立つような活用が進むと嬉しいですね。今日ご

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑