スマートホームの普及のカギはスマート冷蔵庫が握る?|山根康宏のワールドモバイルレポート

家屋の家電をすべて接続し、スマートフォンアプリなどから一括してコントロールや管理が可能になるスマートホーム。家電メーカーを中心に各社が様々な製品を出しているものの、普及の道はまだまだ遠い。その最大の理由は今のスマートホームが消費者にとって生活に必須となるレベルの製品に達していないからだ。

たとえば外出先からON/OFFがコントロールできるエアコンがなくとも、今の生活に困ることはない。洗濯機の管理もスマートフォンアプリで選択コースを選ばなくとも、タッチパネル式のスイッチを操作すれば十分事足りる。スマートホームの普及には、導入することで飛躍的に利便性が上がる消費者体験を提供する必要があるだろう。

とはいえ家電メーカーは将来のスマート化された家屋をイメージして、毎年のようにスマートな家電を開発している。その中でも重要な存在となるのが、スマートホームのハブとなる家電だ。ハブとなる家電を買ってもらい、そのハブを経由してほかのスマート家電がつながっていくことで、スマートな家が作り上げられていく。

家電メーカー各社が力をいれるスマートホーム

家電メーカー各社が力をいれるスマートホーム

ハブ製品をまず買ってもらえば、次に買い替えるほかの家電も消費者は同じメーカーのものに揃えていくだろう。各社のスマートホームは独自のプロトコルを利用しているが、IoTの共通プラットフォームとして業界が集結したOPEN CONNECTIVITY FOUNDATION (OCF)への参入が相次ぎ、これにより他社のスマート家電も接続できるようになっている。とはいえ同じメーカーのスマート家電でそろえたほうが、アプリからのコントロールも面倒が無い。

さて数年前までスマートホームのハブとなる製品として各社が注力していたのはスマートTVだった。スマートTVはネットに接続して利用することで、IPTVだけではなくWEB検索や動画サイトの動画を再生なども可能だ。IPTVの普及が進まない日本に対して、諸外国ではTVはネット経由で見ることが当たり前になっている。

このスマートTVに各家電メーカーはスマートホームのハブ機能を搭載していった。リビングに置いた大画面TVのリモコンを使い、ネットアクセスするだけではなく、各部屋の照明のON/OFF操作を行ったり、家への来訪者があればドアにつけた監視カメラからの映像を見ながら応対したり、そして洗濯機やエアコンの操作や状態監視もできる。共稼ぎの家なら子供へのビデオメッセージを残しておけば、子供が先に帰宅してTVのスイッチを入れればすぐに動画が流れる、といったこともできるのだ。

スマートTVはスマートホームのハブにはなかなかなれなかった

スマートTVはスマートホームのハブにはなかなかなれなかった

ところがスマートTVはスマートホームのハブにはならなかった。今の時代、一家がそろってリビングルームに集まるということもなかなかないだろう。TVを見たければ子供たちは自室にある自分専用のTVや、あるいはスマートフォンを使うだろう。リビングに設置したTVを一週間に一度も使わなかった、なんてケースもあるかもしれない。もはやTVそのものが家庭内での中心的存在にはなっていないのである。

一方、冷蔵庫は家に住む家族全員が一日に何度も利用する。主婦は料理中は常に冷蔵庫とキッチンを行き来するし、家族たちも飲料を飲むのにも必ず冷蔵庫に取りに来る。TVを使わなくとも生活は困らないが、冷蔵庫は1日に数回は利用する家屋内でも重要な家電の1つだ。

その冷蔵庫は大型のドアを備えている。そのドアをただの「壁」にしておくのはもったいない。そこでタッチパネル式のモニタを取り付け、情報家電として使えるようにしたのがスマート冷蔵庫だ。

急増するスマート冷蔵庫。中国メーカーも注力している

急増するスマート冷蔵庫。中国メーカーも注力している

このスマート冷蔵庫も数年前からちらほらと製品が出てきているが、当初は冷蔵庫内の食料品管理を目的とする機能を搭載するものが多かった。しかし冷蔵庫に食品を入れるのにいちいち個数や有効期限を打ち込む必要があるなど、使い勝手は悪かった。それが最近では、冷蔵庫内にカメラを設置し、外出先からも冷蔵庫の中を見ることのできるタイプの製品が増え始めた。スーパーから自分のスマートフォンを使い冷蔵庫の中を見れば、卵があと何個残っているか、といったことがリモートで確認できるのだ。

また冷蔵庫の扉のモニタに家族間用の連絡メモを表示しておいたり、冷蔵庫前でちょっと飲料を飲むときに情報を検索するなど、スマート家電らしい使い方ができる。スマートTVでは使われなかった機能も、スマート冷蔵庫なら気軽に利用されるだろう。このスマート冷蔵庫に家庭内のスマート家電を接続すれば、冷蔵庫の前で「トイレの電気をつける」「今から外出するからエアコンを消して、窓のブラインドを閉める」なんて操作も行えるわけだ。

このように家の中でだれもが必ず使う家電である冷蔵庫こそが、スマートホームのハブに最適な家電と言えるのだろう。それはサムスンがスマート冷蔵庫の商品名を「Family Hub」という名前にしていることからもわかる。またLGは冷蔵庫のモニタのOSにWindowsを採用。PCとシームレスな操作や動作が可能なことから、高度な機能を搭載している。今後スマート冷蔵庫は音声コントロールにも対応していくが、WindowsやAndroid OSを採用すれば、既存のスマートフォン同様にアマゾンのAlexaなどの搭載も簡単だ。

OCFにも対応するサムスンのスマート冷蔵庫の名前はFamily Hub

OCFにも対応するサムスンのスマート冷蔵庫の名前はFamily Hub

とはいえ冷蔵庫の買い替え年数は日本では10年程度と言われている。となるとすでに冷蔵庫を持っている消費者をスマート冷蔵庫に買い替えさせるのは今すぐには難しい。新婚向けに販売を行うにしても購入客数は限定的だ。むしろ不動産会社などと組み、スマート家電組み込み型のマンションを提案するといった動きが必要だろう。しかしまだまだ家庭内を100%スマート家電化するのは現実的ではない。

現在販売されているスマート冷蔵庫は、これからのスマートホームの入り口をようやく見せてくれる製品になった。しかし実際に普及が始まるのは、今からさらに数年後になるだろう。それでも家電メーカー各社はその将来の姿を消費者に見せるために、スマート冷蔵庫の開発に余念がない。中国メーカーもこの市場に参入を相次いで始めている。スマート家電は単体で使うものではなく、他の製品と連携させるものだ。その中心となる可能性を秘めたスマート冷蔵庫市場は、これから大きな盛り上がりを見せることになりそうである。

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

発売予定のiPhone 7/7 Plusは6/6Plusと同様に爆発的人気となるか?

復調Samsung、守りのApple、2016年の両者の動きは?|山根康宏のワールドモバイルレポート

2016年春の新製品も各社から一通り登場し、早くも秋冬モデルの噂話も聞こえはじめている。例年なら春に

記事を読む

WR171002_04

電源不要のIoT、「Enocean」の可能性|山根康宏のワールドモバイルレポート

超低消費電力(Low Power)で利用できる広域ネットワーク(WideArea)、LPWA規格に

記事を読む

初参入ながら一瞬で完売となったLUNA

もはや「格安」ではない韓国TGのSIMフリースマホ|山根康宏のワールドモバイルレポート

日本でも通信キャリアを通さず購入できるSIMフリーのスマートフォンの種類が増えている。ASUSのZe

記事を読む

単体で通話や通信ができるLG Watch Urbane 2nd Edition

スマートウォッチにLTE、高速通信対応でウェアラブルが変わる|山根康宏のワールドモバイルレポート

Apple Watchを始めとする腕時計型のウェアラブルデバイス、いわゆるスマートウォッチの多くはス

記事を読む

WR180301_01

月面でもIoTデバイスが使えるようになる、ノキアとボーダフォンの取り組みに注目|山根康宏のワールドモバイルレポート

宇宙旅行が一般消費者の手に届くようになるまではまだまだ時間がかかりそうだ。ヴァージン・ギャ

記事を読む

SUSの顔ともいえるPadFoneだが商業的には苦戦している

シェア奪回を目指すASUSのスマホ新戦略|山根康宏のワールドモバイルレポート

台湾のPCメーカー、ASUSがこの春に発売した『Zenfone』の売れ行きが好調だ。先行販売されてい

記事を読む

LTE新規参入の台湾之星は3G事業者と合併した

終焉を迎える台湾のWiMAX、貴重な2600MHzが解放に|山根康宏のワールドモバイルレポート

2014年6月にLTEサービスが始まり、各社のハイエンドスマートフォンが続々と販売されている台湾。そ

記事を読む

海外展示会(IFA2015)のSiemensブース。オーブン新製品の一部のみがスマートオーブンだ(Home Connect対応製品)

スマートホームの普及は身近な家電から|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンやタブレットを使って家電製品のコントロールしたり、ドアの開閉やIPカメラを使い家庭内の

記事を読む

0101

電子ペーパー搭載のデュアル画面スマートフォンが発売 | 山根康宏のワールドモバイルレポート

ロシアのYota Deviceからデュアルディスプレイのスマートフォン「YotaPhone」がヨーロ

記事を読む

MWC2015のLumia640/640XL発表の場でPCやタブレットとのシームレスな動作環境をアピールするMicrosoftのStephen Elop CEO

Windows10登場でスマホ第三のOSはどうなる?|山根康宏のワールドモバイルレポート

AndroidとiOSに続くスマートフォンOSの座を目指して「第三のOS」と呼ばれる各社のOSが製品

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑