急激に盛り上がる中国のスマートスピーカー市場|山根康宏のワールドモバイルレポート

アマゾンとグーグルが2分しているともいえる世界のスマートスピーカー市場。日本でもAmazon Echoの一般販売が3月末から始まった。当初はITリテラシーの高い層をターゲットにしていたスマートスピーカーだが、今や一般消費者にも広く使ってほしいとアマゾンは考えたのだろう。スピーカーと対話するだけでユーザーのビックデータを収集できるスマートスピーカーは、情報配信やECサービスの提供側にとってこれからなくてはならないものになる。スマートスピーカーを必要としているのは、実はユーザーよりも企業側かもしれない。

そのスマートスピーカーが中国でも今年はブレイクしそうだ。EC大手のJD.com(京東)が「DingDong」の名前で2016年から製品を投入し、その後はスマートフォン大手のシャオミが「小米AI音箱」、アリババが「天猫精霊」を出すなど、IT系大手企業が相次いで製品を投入している。検索大手バイドゥも、2017年に新たな「Raven」シリーズを出すなど中国のスマートスピーカー市場は急激な成長を始めている。

2017年は大手IT系企業からスマートスピーカーが登場。シャオミも小米AI音箱を発売

2017年は大手IT系企業からスマートスピーカーが登場。シャオミも小米AI音箱を発売

調査会社Gfkによると、中国のスマートスピーカーの販売台数は2016年が6万台、2017年が35万台と6倍に拡大し、2018年は120万台と推測されている。スマートスピーカーの製品数が増えていることと、価格の下落が普及を後押ししているとのこと。販売価格を見ると300-500元(約5000円‐8000円)で全体の7割を占めている。

2018年の成長は、これまで目立った動きをしていなかった大手家電メーカーの参入によるところが大きいかもしれない。中国人ならだれもが知っている、ハイアールとメイダが相次いでスマートスピーカー市場に本格参入をはじめたからだ。一家に一台はどちらかの家電が必ずあるといえるほどメジャーなこの2社は、IT系企業にユーザーデータを奪われまいと、スマート家電と絡めてスマートスピーカーの展開を始めようとしている。

ハイアールのスマートスピーカー

ハイアールのスマートスピーカー

家電メーカーの強みの1つが、スマートTVだ。中国ではもはや販売されているTVのほとんどがスマートTVになっている。IPTVが普及していない日本からは考えにくいだろうが、中国のTVはネットにつながる製品があたりまえだ。そもそもTVの視聴はIPTVが主流である。ハイアールもメイダもスマートTVを販売しているため、スマートスピーカーと接続してTVのコントロールが可能だ。しかもチャンネルの切り替えだけではなく「コメディ番組が見たい」といった、番組選択も可能になる。

スマートTVの販売時にスマートスピーカーを販促でつけたり、スマートスピーカー購入者にスマートTVを割引販売する、といったプロモーションを行えば、スマートスピーカーに興味をあまり示していなかった消費者も「では使ってみよう」と思うようになるだろう。家電メーカーのスマートスピーカーは、潜在ユーザーの発掘にもつながると考えられる。

ちなみに中国のスマートTVは、すでに音声コントロールに対応した製品が増えている。スマートスピーカーほど高機能ではないものの、ネット検索や番組検索程度のことはできる。スマートスピーカーをまだ販売していない家電メーカーは、スマートTVそのものをスマートスピーカー化させる動きを起こすかもしれない。

音声コントロール可能なTV。スマートTVでインターネットにつながっている

音声コントロール可能なTV。スマートTVでインターネットにつながっている

さて各社の競争が激しくなる中で、業界のトップリーダーであるJD.comはモニタ付きのスマートスピーカーを投入する。海外でもスマートスピーカーへのモニタ搭載が進んでいるが、中国でも進化の方向性は同じようだ。実はバイドゥの音声AIエンジンを使ったスマートスピーカーの中にはすでにモニタを搭載したロボット型の製品もある。

ニュースや天気予報なら音声での案内でも不自由しないが、地図やお店情報などの確認はディスプレイ表示に勝るものはない。JD.comの動きを受けて2018年は他社からもモニタ搭載型スマートスピーカーが次々と登場するだろう。前述したスマートTVのスマートスピーカー化も、ある意味ではモニタ付きスマートスピーカーへの進化とも言える。

JD.comが2018年に発売するディスプレイ搭載型スマートスピーカー

JD.comが2018年に発売するディスプレイ搭載型スマートスピーカー

そのバイドゥはロボットアーム型でメッシュ状のLEDライトを搭載する「Raven R」を発表している。LEDライト部分はドット表示のディスプレイのようで、簡単なアイコンなどを表示できる。受信したメッセージや情報に応じてアーム部分が稼働し、ロボットのような動きをするのだ。このスタイルの製品はまだ海外でもまだほかには無い。加速する中国のスマートスピーカー市場からは今後、このRaven Rのような全く新しい製品が生み出されてくるかもしれない。

新しい概念のスマートスピーカー、Reven R

新しい概念のスマートスピーカー、Reven R

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

ローカル・モータースが出展した3Dプリンターで印刷された自動車

自動車もプリンターで”印刷”できる?モノのインターネットを後押しする3Dプリンターの可能性|山根康宏のワールドモバイルレポート

あらゆるモノが次々とインターネットにつながる時代がやってきた。IoT(Internet of Thi

記事を読む

WR170702_03

Lenovoが狙う、スマート家電|山根康宏のワールドモバイルレポート

アマゾンの音声アシスタント「Alexa」の普及が広がるにつれ、スマート家電への注目が高まりそうだ。

記事を読む

WR180102_01

アクションカムは生き残る?GoProの現状と課題|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンとセットで利用するIoT製品として、一昔前は大きな脚光を集めていたアクションカム。だ

記事を読む

海外展示会(IFA2015)のSiemensブース。オーブン新製品の一部のみがスマートオーブンだ(Home Connect対応製品)

スマートホームの普及は身近な家電から|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンやタブレットを使って家電製品のコントロールしたり、ドアの開閉やIPカメラを使い家庭内の

記事を読む

WR171102_01

冷蔵庫やエアコンがスマートになる!スマートホーム普及の鍵を握るNB-IoT|山根康宏のワールドモバイルレポート

単三電池2本で10年動き、電波の到達エリアも広いLPWAはIoTには欠かせない通信方式だ。その中の

記事を読む

WR170601_01

アクションカムにもLTE、市場拡大で差別化を狙うメーカーたち|山根康宏のワールドモバイルレポート

ひと時ほど騒がれていないが、小型でスマートフォンと連携でき、三脚のみならずヘルメットや自転車など

記事を読む

160802_01

iPhone割引販売の無くなったアメリカで伸びるSIMフリースマホ、日本はどうなる?|山根康宏のワールドモバイルレポート

日本でもSIMフリーのスマートフォンが多数増えている。参入メーカーもHuaweiやZTEなど以前は大

記事を読む

160602_006

スマホ減速のシャオミ、アクセサリはトレンド最先端を走る

世界のスマートフォン市場の話題を独り占めした時期もあった中国の新興メーカーXiaomi(シャオミ)。

記事を読む

17.3インチのAlcatel OneTouch Xess。どちらの製品も背面に取っ手がついている

超大型タブレットがTVのスマート化を加速、18インチタブレットが相次いで登場|山根康宏のワールドモバイルレポート

タブレットの大きさは7インチから10インチが一般的だ。Appleが11月に発売した『iPad Pro

記事を読む

WR180403

中国・深センに見るスマホを使ったキャッシュレス社会の現状|山根康宏のワールドモバイルレポート

急激に進む中国社会のキャッシュレス化。日本でも各種のICカードやモバイルペイメントの利用が進んでお

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑