冷蔵庫やエアコンがスマートになる!スマートホーム普及の鍵を握るNB-IoT|山根康宏のワールドモバイルレポート

単三電池2本で10年動き、電波の到達エリアも広いLPWAはIoTには欠かせない通信方式だ。その中の一つ、NB-IoTはLTE回線を使ってデータ通信を行うため、新たに基地局を立てずとも全国展開が容易に行える。すでに一部の国ではメーターの自動検針や駐車場の空き状況の検知などB2B向け、あるいはパブリックセクター向けに導入が進んでいる。日々の生活が便利になるための裏方として、NB-IoTは社会の中に着々と広がりつつあるのだ。

しかしこの裏方のNB-IoTが、今度はコンシューマーの目に触れる部分に使われようとしている。中国の大手家電メーカー、四川長虹電器(長虹、Chang Hong)はファーウェイと組んで家電製品へのNB-IoTモジュール搭載を進めようとしている。2018年3月に上海で開催された中国の家電展示会「AWE2018」の長虹ブースには、試作モデルとしてNB-IoT搭載の冷蔵庫とエアコンが展示されていた。

NB-IoT内蔵の家電を展示している長虹

NB-IoT内蔵の家電を展示している長虹

この両家電は本体の状態をスマートフォンアプリで監視することができる。たとえば冷蔵室、冷凍室の温度をいつでもアプリで確認できる。また温度設定をアプリからコントロールすることも出来るのだ。エアコンも同様で、リモコン代わりにスマートフォンを使って温度調整ができる。

この手のスマートフォンと連携できる家電、いわゆるスマート家電にはこれまでWi-FiやBluetoothが搭載されていた。しかし家の中の電波状況が悪い場所には設営できない。また家のWi-Fiに接続する必要もある。最近のWi-Fiルーターはパスワードが長く、それを入力して接続作業をするのも面倒なものだ。

しかし冷蔵庫がNB-IoTを搭載していれば、自宅に設置するだけでそのまますぐにデータの送信が可能になる。家にWi-Fiが無くとも、家電の制御や管理が可能になるのである。

エアコンはスマートフォンアプリからNB-IoT経由で温度コントロールが可能

エアコンはスマートフォンアプリからNB-IoT経由で温度コントロールが可能

長虹はCHiQ-Lifeの名前でスマートホーム製品をすでに展開中している。現在の主力はアラームやセンサーなどのホームセキュリティー製品で、スマートフォンのアプリを使い家の状態を管理できる。ホームサーバーと各種センサーはWi-Fi、Bluetooth、ZigBeeで繋がれ、家の状態を常にモニタリングできる。

しかしこれらのセンサー類も、すでに市場にはNB-IoTを搭載したものも出始めている。温度計、煙感知器、窓の開閉検知器などにもNB-IoTが乗れば、買ってきて設置するだけですぐに使えるようになるのである。

長虹に限らず中国大手家電メーカーはみなスマートホーム製品を出している

長虹に限らず中国大手家電メーカーはみなスマートホーム製品を出している

とはいえ最近のスマート冷蔵庫は大型のタッチパネルモニタを接続し、YouTubeの動画を再生できるものもある。サムスンやLGの販売するスマート冷蔵庫の最上位モデルは、もはやタブレットをそのまま冷蔵庫に埋め込んだような製品だ。この手の用途にはWi-FiやLTEが必要で、NB-IoTでは役不足だ。

だが腕にはめるスマートウォッチが「何でもできる」を売りに高性能をアピールした割には利用者が増えていない(実質的に使われていない)ことを考えると、スマート冷蔵庫も動画の再生などリッチなコンテンツ再生を謳ったところで、実際にはほとんど使われないのが関の山になるだろう。

大型モニタを搭載する冷蔵庫。しかしどこまで利用されるかは未知数だ(写真はサムスン製)

大型モニタを搭載する冷蔵庫。しかしどこまで利用されるかは未知数だ(写真はサムスン製)

NB-IoTと家電の組み合わせは、家電の状態や異常検出時のアラートを確実にスマートフォンへ送信することができる。真の意味でスマートな家電とは、そんな機能を持った製品のことを言うのではないだろうか?洗濯機、乾燥機、オーブンレンジ、コーヒーメーカー、ジューサーなどなど、あらゆる家電にNB-IoTのモジュールが搭載されれば、なかなか普及が進まないスマートホームの利用拡大の起爆剤になるかもしれない。

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

161901_01

国慶節で火花を散らす、中国スマートフォンメーカーの割引セール合戦|山根康宏のワールドモバイルレポート

10月の第一週の中国は国慶節の大型連休となる。例年この休みの期間に合わせ、中国では一斉に特売セールが

記事を読む

海外ではメジャーになりつつあるマルチSIMカードサービス。複数端末を1回線で利用できる

ウェアラブルやIoT時代に必須のマルチSIM契約サービス|山根康宏のワールドモバイルレポート

今やスマートフォン1台あれば何でもできる時代だが、ルーターやタブレット、スマートウォッチなど複数の端

記事を読む

透明度を下げれば発電効率は上がる。用途によっては低透過率のパネルでも十分だろう

スマホの電池切れの心配が無くなる、ディスプレイで充電できるWysips Crystalに期待|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンやスマートウォッチの電池切れは頭の痛い問題だ。スマートフォンの電池を長持ちさせるための

記事を読む

Samsungの「ノート」と同日発表したHong Mi Note2。だが国内市場での反応は以前ほど熱狂的ではなかった

今度は台湾で行列マーケティングを行うXiaomi|山根康宏のワールドモバイルレポート

AppleのiPhoneやSamsungのGalaxy Sとほぼ同等の性能で価格は半額以下、という触

記事を読む

140301_4

GALAXY S5に見る2014年スマホの新トレンド | 山根康宏のワールドモバイルレポート

毎年2月にスペイン・バルセロナで開催される通信業界最大のイベントとなるMobile World Co

記事を読む

台北の空港のキャリアカウンターは大行列。たいていの香港人はここでプリペイドSIMを購入する

香港の人は海外に行くときスマホをどうやって使っているのか?|山根康宏のワールドモバイルレポート

毎年の夏休みや年末年始など、長期休暇が取れるときは海外へ行く人も多いだろう。最近では自分のスマートフ

記事を読む

スペックはもはや必要十分で各社横並び。女性を意識したデザインとイメージで差別化を図る

ターゲット層が細分化、「女子スマホメーカ」が続々登場|山根康宏のワールドモバイルレポート

デザインやカラバリに工夫を凝らした様々なスマホが各社から登場している。1モデル2色だったiPhone

記事を読む

単体で通話や通信ができるLG Watch Urbane 2nd Edition

スマートウォッチにLTE、高速通信対応でウェアラブルが変わる|山根康宏のワールドモバイルレポート

Apple Watchを始めとする腕時計型のウェアラブルデバイス、いわゆるスマートウォッチの多くはス

記事を読む

アプリ画面。ベゼルを回して簡単に選択できる

スマートウォッチが格段に使いやすくなる!ロータリーUI搭載のSamsung Gear S2|山根康宏のワールドモバイルレポート

2015年9月、Samsungはスマートウォッチの最新モデル「Samsung Gear S2」を発表

記事を読む

iPhone 5cを超える6色展開のm1。しかも低価格でハイスペック

シャオミを超えた!?中国メイズのスマホがスゴイ|山根康宏のワールドモバイルレポート

2014年の世界のスマートフォン市場の大きな話題と言えば、中国の新興メーカー「シャオミ(Xiaomi

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑