IoTで痴漢冤罪から身を守るという話題のアイデア│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

公開日: : 木暮祐一のぶらり携帯散歩道

IoTで痴漢冤罪を防止するためのサービスがメディアで話題になってます! なんだそれ、と思ってググってみると、どうもまだアイデアレベルのもののようですが、大手新聞社も取り上げるほどの話題ぶり。

都心部の鉄道による通勤って、本当に大変です。私などは毎日すし詰め状態の電車に長時間揺られて通勤しなくてはならない環境に耐えかね地方移住してしまったわけですが、今思えばもうあんな通勤地獄を味わいたくありませんね。地方暮らしはストレスがありませんよ!

おっと、話がそれましたが、あれだけ混雑している通勤電車車内ですから、痴漢事件も後を絶ちません。しかし実際には冤罪も少なくなく、うかつに痴漢容疑をかけられないように満員電車に乗車する際には「両手を挙げて乗る」なんてことを実践している人もいるのだとか。

そんな痴漢冤罪ですが、これをIoTで解決できないかというアイデアが話題になっています。とある新聞報道によれば、そのサービス名称は『痴冤証明(仮称)』。小型カメラが2個内蔵されたブレスレットを両手首に装着し、乗車中は常時手元周辺を撮影し、そのデータはアプリを通じてクラウドサーバーに送信されます。万が一痴漢行為を疑われるようなことが起こったら、利用者はアプリからサービスセンサーに連絡し、疑いをかけられた時点の映像データを解析してもらいます。冤罪が確認出来たら、弁護士が作成した書名、位置情報、時間情報が記載されている『痴冤証明書』が発行されるというもの。

「痴冤証明(仮称)」サービスの流れ

「痴冤証明(仮称)」サービスの流れ

痴冤証明書のイメージ

痴冤証明書のイメージ

このいわばドライブレコーダーを身に着けるといった「IoTで痴漢冤罪から身を守ろう」というアイデアですが、じつは昨年11月に松山市で開催されたICTを活用した新たなビジネスモデルを提案し具現化する「Challenge IoT Award 2017 ビジネスモデル発見&発表会 四国大会」(主催:一般社団法人テレコムサービス協会四国支部、ICTビジネス研究会)で「ビジネス賞 テレコムサービス協会シック支部会長賞」を受賞したプロダクトでした。

プロトタイプの試作を試みたのは松山市在住のプロダクトデザイナーの山田敬宏さんと、ソフトウェアエンジニアの影浦義丈さん。「Challenge IoT Award 2017 ビジネスモデル発見&発表会 四国大会」では、この「痴冤証明(仮称)」をはじめ3つのアイデアが全国大会出場権を得て、このあと3月1日、2日の両日に東京で開催される全国大会へと駒を進めます。

ちなみに万が一の冤罪を証明するためには、ドライブレコーダーのように常時手元の動画を撮影し続ける必要があります。となると、下手をすれば逆にこのサービスが盗撮などの悪用にも使われてしまいそう。じつはこのあたりの対策アイデアも盛り込まれているようで、撮影動画はクラウドに送信され、利用者本人は映像を見ることができないシステムとなっているそうです。

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

Apple Watchはデザイン的にも魅力的なデバイスだと感じます。しかしながらバリエーションが多くて悩んだ末にまだ買えておりません(とほほ)

ウェアラブル普及の布石となるか、Apple Watch発売開始|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

4月24日、いよいよApple Watchの発売が開始されました。さすがはAppleだけに、その出だ

記事を読む

VoLTEによる音声通話の音声周波数帯域は50Hz~7kHz。低音域から高音域までの幅が広がった(NTTドコモ・2014夏モデル発表会にて)

VoLTEの通話品質を試してみた!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

6月19日に掲載させていただきましたコラム(モバイルネットワーク進化の鍵となるVoLTEの導入)にも

記事を読む

M-02

究極のウェアラブルデバイスは“繊維”だった|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる1月16日から18日までの3日間、東京ビッグサイトにてウェアラブル端末の活用と技術の総合展「第

記事を読む

図1 情報通信機器の個人保有状況(総務省「ICTの進化がもたらす社会へのインパクトに関する調査研究」(平成26年)より)

都道府県別スマートフォン利用率格差の要因|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

わが国のスマートフォン普及率は、先進各国に比べると必ずしも高いとはいえません。わが国のスマートフォン

記事を読む

01

いびきを自動録音する機能が追加、睡眠アプリ「Sleep Cycle」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

睡眠アプリとして知られている「Sleep Cycle」(iOS、Android)。筆者もこのアプリの

記事を読む

ガラケー感覚でスマホを操れます

ガラホ?それともスマケー? FREETEL「MUSASHI」を衝動買い|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

MVNOの台頭とともに、SIMフリースマホが日本でも普通にラインアップされる時代となって、とてもワク

記事を読む

筆者のセレクトは「OCN モバイル ONE 050 plus付き」(50MB/日パッケージですが、10月1日より70MBまで使えるようになりました)。これをSIMフリーのiPhone 5で運用しています。

MVNOのデータ通信用SIMが熱い戦いを繰り広げているぞ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

3キャリアが新料金プランへ移行しつつありますが、基本使用料がスマホの場合で2,700円(さらにISP

記事を読む

通話がすべて VoLTEに置き換わることで次のネットワーク世代へと移行が可能になる。

モバイルネットワーク進化の鍵となるVoLTEの導入|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

いよいよ夏のボーナスシーズン到来、じつはケータイキャリア各社は、こうしたボーナス商戦を見込んで、この

記事を読む

各通信事業者別割当周波数帯域と帯域幅。ピンクの部分はiPhone 6s/6s Plusで利用可能な周波数帯域。赤線はキャリアアグリゲーションでの組合せパターン(各種情報をもとに筆者作成)

iPhone 6s/6s Plusのネットワーク対応に頭を抱える各キャリア|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

毎年恒例の行事として定着しているiPhoneのモデルチェンジ。今年もほぼ想定どおりにコトが進んで、i

記事を読む

LTE対応表

国内通信事業を統合したソフトバンク、その思惑は?|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

1月23日、ソフトバンクは国内で携帯電話やインターネット通信などを手がける4つの子会社、すなわちソフ

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑