除雪作業の自動化へ向けてみちびきの位置情報を活用│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

今年の冬は強烈な寒波が日本を襲いましたね。連日、北陸方面の豪雪がニュースで流れていたばかりでなく、東京でも歴史的寒さとかで48年ぶりに氷点下4度まで冷え込んで交通網が大混乱したそうですが、皆さんは大丈夫でしたか?!

今冬はそれほど話題になりませんでしたが、筆者が暮らす青森は、まあ例年のごとくの積雪量でした。筆者の勤める大学周辺は常に1mを超す積雪の上に、毎日数十センチの降雪といった感じ。そんな豪雪に毎年見舞われている青森県などの豪雪地帯で生活が営めるのは、自治体等による日々の除雪活動のおかげなのです。ただ、そうした除雪にかかる諸経費はバカになりません。青森市の場合でも最新データ(平成28年)で年間25.3億円もの費用が除雪にかけられています。

筆者の研究室窓外の風景もこの通り。雪が降り始める11月中旬(左)と、絶頂期(?)の2月(右)

筆者の研究室窓外の風景もこの通り。雪が降り始める11月中旬(左)と、絶頂期(?)の2月(右)

青森中心部の除雪風景。夜遅くにこんな感じでブルドーザーが雪を寄せ、さらにダンプ等に雪を載せて雪捨場(海など)まで運びます

こうした除雪作業を行うには国土交通省の定めた「除雪機械運転員資格基準」をクリアすることが条件になります。さらには除雪車の種類によっては運転経験やしかるべき運転免許も必要になります。長年の経験を必要とする作業になりますが、近年は作業者の高齢化も進んでおり、後継者育成を含め課題が山積です。そんな中で、もし除雪作業の自動化が可能になったら、どれほど雪国の生活が楽になることでしょう。

そんな夢のような除雪作業の自動運転化に向けた取り組みが各地で始まっているようです。除雪作業を行うにしても、障害物が少なく、自動化を図りやすい道路として高速道路が挙げられます。NEXCO東日本北海道支社ではそうした実証実験を始めています。センチメートル級の精度で位置情報を取得できる国産の位置情報衛星「みちびき」が4機体制となり24時間利活用が可能になったことを機に、みちびき対応の高精度測位端末AQLOCを装備したロータリー除雪車1台を、道央自動車道の岩見沢インターチェンジに隣接する車両基地に配備しました。さる2月5日には、この除雪車を用いた「準天頂衛星を活用した除雪車運転支援システムの公開実演」を岩見沢インターチェンジの管理事務所敷地内で開催しています。

このシステムは、除雪車の通行位置やガードレールからの距離、走行車線のはみ出しやガードレール衝突回避の車体修正角度といった情報をモニターを通じて提供し、運転をアシストします。これにより雪が降りすぎて前方や目印となる白線等が見えなくても正確な位置情報を元に除雪作業を進められるというものです。この実証実験ではガイドラインとなる白線が雪で全く見えないというシチュエーションで時速5km程度の低速走行で行われました。モニターにはガイダンスが表示され、結果的に目標ライン内での除雪に成功しました。除雪車オペレーターは「10年分の経験値を備えているシステム」と高評価で、これまでの除雪車の課題を解決してくれる期待が高まります。

実験では白線が見えないという状態にしてシステムの指示に従って除雪を試み、除雪後に現れた白線からどれぐらい誤差が生じたかが披露されました(内閣府 みちびき(準天頂衛星システム)PRサイトから転載)

実験では白線が見えないという状態にしてシステムの指示に従って除雪を試み、除雪後に現れた白線からどれぐらい誤差が生じたかが披露されました(内閣府 みちびき(準天頂衛星システム)PRサイトから転載)

ガイダンスモニター画面。車両の向きやガイドラインとの位置関係・はみ出し量などを表示(内閣府 みちびき(準天頂衛星システム)PRサイトから転載)

ガイダンスモニター画面。車両の向きやガイドラインとの位置関係・はみ出し量などを表示(内閣府 みちびき(準天頂衛星システム)PRサイトから転載)

NEXCO東日本では現在運転者と助手の2人体制から将来的には運転手1人体制へ、最終的には完全な自動化を目指しているそうです。完全自動運転化はまだまだ先の話ではありますが、青森をはじめとして豪雪地帯においてIoTを用いていかに雪対策を行っていくかの取り組み事例として、大いに期待されています。

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

k180701_img01

IoTふるさと納税自販機│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

筆者は現在、地域のICT利活用を主テーマに大学で研究等に取り組んでいるところですが、とくに地方にお

記事を読む

pic02

シンプルながら高機能なスマートウォッチ「Steel HR」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

フランスに拠点を置くIoTデバイスメーカー、Withings社のスマートウォッチが気になっていたので

記事を読む

k180502_img1

女子高生会話ボット「りんな」にメロメロ? | 木暮祐一のぶらり携帯散歩道

このところ何かAI(人工知能)に関する話題が事欠きません。AIというのは今に始まったわけではなく、

記事を読む

コミュニケーションツールとしてガラケー時代から根強いファンに支えられてきた「らくらく連絡網」

グループで情報共有「らくらく連絡網」アプリリニューアル|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

イオレの運営する「らくらく連絡網」アプリがこのほど大幅にユーザーインターフェイスをリニューアルしまし

記事を読む

録音したデータの再生時の画面。録音中に入力したマークやメモ、写真などがそのタイミングに残されています。キーワードをかなで入力して頭出しが可能

キーワード頭出し可能なボイスレコーダーアプリ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

スマホは言ってみれば「常に持ち歩いて利用できるコンピュータ」。従来のケータイ以上に、アプリを有効活用

記事を読む

「小児救急支援アプリ」起動画面。年齢と性別を選択します

お子さんの急病時にその緊急性がわかるアプリ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

誰でもが持ち歩いて使っているスマホだからこそ、何か社会に役立つような活用が進むと嬉しいですね。今日ご

記事を読む

ワイモバイルが発表した「Heart 401AB」(エイビット製)

フィーチャーフォンの新たな進化系となるか「AQUOS K」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

1月19日、auが2015年春モデルの新製品発表を行いました。当日は「INFOBAR A03」「AQ

記事を読む

ソーターが流れてくる商品のバーコードを瞬時にチェック

買取られたスマホはどこへ行く?(その2)|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 スマホの中には大切な個人情報がたくさん詰まっています。パソコンの世界で言えば消去したはずのハードデ

記事を読む

gazou%ef%bc%92

1台の端末で複数のSIMを活用するデバイス|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

世界では1台の端末に2枚以上のSIMカードを挿入して利用できる端末が市販されています。日本ではほぼ見

記事を読む

k180802_img01

最新漁業IoTではスマホで給餌管理│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

農業分野へのIoT活用はずいぶんと定着してきましたね。IoTによって農作物の生育環境をモニ

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑