電源不要のIoT、「Enocean」の可能性|山根康宏のワールドモバイルレポート

超低消費電力(Low Power)で利用できる広域ネットワーク(WideArea)、LPWA規格にはNB-IoT、LoRa、Singroxなど複数の規格が存在する。それぞれには一長一短があるものの、乾電池数本で十年動く製品もあるなど、電源供給に難点がある場所へもセンサー類を設置することが可能だ。

ところが電池すら不要、電源無しでも動作する規格が存在するのだ。それがEnOceanである。EnOceanはエナジーハーベスト技術を利用する。これは環境発電の意味で、電源を光や熱など外部からのエネルギーから取り入れたり、動作や振動など動きをエネルギーに変えて利用するのだ。動作に必要な電力はZigBeeの1/10程度とかなり低い。

EnOceanは双方向通信の製品化も可能だが、実際に商用利用されているものはデータの送信のみに対応し、受信を考えない用途のものが展開されている。電源を取る必要が一切なく、電池交換の必要もないため、機器内へ組み込んでしまい後から取り外すことを考える必要もない。そのため取得したデータを送り出すセンサー用途への利用が進んでいるのだ。

EnOceanに対応したセンサーの一例

EnOceanに対応したセンサーの一例

たとえばドアの開閉を感知するスイッチ型のセンサーであれば、スイッチ部分が押されることで、センサー内部の電磁誘導素子がその動きから電力を生み出す。そしてスイッチがON、あるいはOFFになったことをEnOceanのゲートウェイに送信するのである。EnOceanの電波の到達距離は商用製品で30メートルから300メートル程度で、工場やオフィス、家屋内のセンサーとしては十分実用的だ。

EnOceanは単独で利用することも可能だが、ゲートウェイを通してスマートホームソリューションと接続すれば、他のIoT製品と同じように使うことができる。2018年1月にラスベガスで開催されたCES2018の会場では、IoTの標準規格団体である「OPEN CONNECTIVITY FOUNDATION (OCF)」ブース内でEnOceanを組み込んだ機器のデモが行われていた。

様々な規格が乱立したスマートホームも、今やOCFの元に各メーカーの製品が相互に繋がるようになっている。最近では冷蔵庫に大型ディスプレイを内蔵し、画面をタッチすることで家庭内の家電をコントロールしたり、子供部屋の様子をカメラで確認すると言ったことが可能だ。EnOceanの機器もゲートウェイ経由でOCFに接続すれば、冷蔵庫の画面上にセンサー情報を表示することができる。

ヨーロッパではEnOceanを内蔵した年配者向けのSOSセンサーがすでに実用化されている。同ブースでのデモでは、首からぶら下げたセンサーのボタンを押すと、冷蔵庫の画面に緊急状態が起きたことが表示された。電池不要のため充電をする必要が一切なく、利用者は健康状態が悪くなった時にボタンを押すだけで家族にその状況を知らせることができるのだ。

お年寄りのSOSセンサー

お年寄りのSOSセンサー

ボタンを押すと、OCF対応のスマート冷蔵庫の画面に表示される

ボタンを押すと、OCF対応のスマート冷蔵庫の画面に表示される

この手の緊急センサーは様々な製品が商用化されているが、ボタン電池を使う製品であっても数年に1度は電池交換が必要だ。そのためいざ使おうと思った時には、電池がすでに切れてしまっていたこともあるかもしれない。EnOceanならばその心配は一切不要であるため、数年に1度あるかないかという動作も確実に保証してくれるというわけだ。

開閉スイッチをドアや家具に組み込むことも簡単だ

開閉スイッチをドアや家具に組み込むことも簡単だ

LPWAは各規格ごとに長所と短所を持っている。その長所短所を相互に補完しあいながら、あらゆるものが繋がる時代がこれからやってくる。どの規格が主流になるか、ではなく、アプリケーションに応じてLPWA規格を使い分けていくことで、オフィスや家庭、そして都市のスマート化が急速に進んでいくだろう。

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

160702_02

ポケモンGO効果?プリペイドSIMカードの値上げも始まった香港|山根康宏のワールドモバイルレポート

社会的ブームにもなったポケモンGO。昼休みや休日になるといままで人気のあまり無かった公園に多くの人が

記事を読む

NFCタグが縫い込まれたスマートスーツ。スマートフォンの機能をワンタッチでコントロール

ファッションとITの融合、ウェアラブルが洋服の世界へ進出|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートウォッチやスマートグラスなど、身体に装着するスマートフォン連携デバイスが増えている。だがよく

記事を読む

161102_03

iPhone 7ヘッドフォン廃止で気になるBluetoothヘッドセット、ウェアラブルデバイスとしての進化も期待|山根康宏のワールドモバイルレポート

ハンズフリーで通話のできる、Bluetoothヘッドセットを使っている人はいるだろうか?充電が面倒、

記事を読む

161101_04

低価格化とファッション化でウェアラブルデバイスにも本腰を入れるファーウェイ|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンシェアで世界3位につけているファーウェイの進撃が止まらない。2016年9月にセルフィー

記事を読む

170101_02

ついに登場した「充電不要スマートウォッチ」。体温発電が世界を変える|山根康宏のワールドモバイルレポート

高機能化やファッション化が進むスマートウォッチだが、毎日の充電は面倒なものだ。また高機能な製品を買っ

記事を読む

170201_01

音声認識技術で存在感を表すアマゾン|山根康宏のワールドモバイルレポート

今年も1月3日からラスベガスで開催されたCES(Consumer Electronics Show、

記事を読む

事業者との契約をiPad上から自由に選べるApple SIM。現在はiPadのみ対応で、契約期間も短期に限定

スマホ割引販売が無くなる?Apple SIMは脱インセンティブ販売を広げるか|山根康宏のワールドモバイルレポート

日本でスマートフォンを購入する場合、通常は通信事業者と2年契約を結ぶことが一般的だ。2年契約により端

記事を読む

WR170902_04

ドローンの競争は水中へ、水泳アシストロボットも登場|山根康宏のワールドモバイルレポート

数多くの製品が登場しては消えているドローン市場。気が付けば中国のDJIが市場のシェアを大きく

記事を読む

アルカテルの最新モデル、OneTouch Hero2

様々な組み合わせが楽しめるアルカテルの最新スマホ|山根康宏のワールドモバイルレポート

ヨーロッパやアジアのみならず、最近では日本にもSIMフリースマートフォンを投入したアルカテル。その最

記事を読む

中国移動香港の「大中華」プラン。香港・中国・台湾・マカオでデータ利用分が共用化

海外でのデータ利用も「無料」で使える、国内外データ共通プランが増えている|山根康宏のワールドモバイルレポート

今やLCC(格安航空会社)を使えば気軽に海外に行ける時代になった。しかし海外でスマートフォンを使う場

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑