IoTで看取りも、2018年診療報酬改定|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

筆者は医療ICT分野も追いかけていますが、とくにICTを用いた遠隔診療の可能性について大いなる期待を描き、かつてのガラケー時代に携帯電話を用いた遠隔医療システムの考案などにも携わってきました。iPhoneが国内で販売されて以降は、スマホを使った様々な遠隔医療の仕組みも登場しました。

筆者は心拍モニタリングをいかに簡単に、かつ正確にできるかを模索し様々なウェアラブルデバイスを入手しテストしてきた。これは東芝(現在TDKに移譲)製のSilmee Bar Type

筆者は心拍モニタリングをいかに簡単に、かつ正確にできるかを模索し様々なウェアラブルデバイスを入手しテストしてきた。これは東芝(現在TDKに移譲)製のSilmee Bar Type

とはいえ、なかなか日本ではそうしたものが十分に活用されていません。というより活用できる環境がまだ十分に整っていませんでした。その原因の一つが「医師法20条問題」です。この条文には医師は対面で診察しなくてはならないというようなことが記されています。この条文自体、じつは1906年(明治39年)に制定されたものが継承されているわけですが、その時代にICTを通じた“疑似対面”が可能になる世界を予見できなかったのは致し方ないとしても、これだけICTが活用される時代にあってどうにかならないものかと、もどかしさを感じていました。

もちろん、厚生労働省はICTの活用を認めていないわけではありません。厚生労働省の解釈としては「同等ではないにしてもこれに代替し得る程度の患者の心身の状況に関する有用な情報が得られる場合には、遠隔診療を行うことは直ちに医師法第20条等に抵触するものではない」として、これまで1997年(平成9年)、2003年(平成13年)に医師法20条の解釈通知を通達し、遠隔画像診断など多数の遠隔医療事例を挙げてきました。しかしながら、医師の間ではやはり厚生労働省が具体的に事例を挙げたもの以外の医療行為は慎重にならざるを得ず、結局のところICTを用いて遠隔で診断する遠隔医療はなかなか普及していきませんでした。

そうした中で、政府としてももっと医療ICTを推進していくべきだという風潮が高まり、2015年には厚生労働省が新たな解釈通知を通達しました。この通知では実質的に容認を打ち出し、さらに2017年にも文書を通達して容認を拡大させました。こうした動向に合わせて、スマホのアプリから受診できるような遠隔診療サービスも各社が始めており、この1~2年で遠隔医療を取り巻く環境が大きく進展し始めました。

ただし、まだまだ積極的に導入していこうという医師は多くはありません。その理由の一つが診療報酬の問題です。遠隔医療の実施が医師法で適法となっても、適切な診療代を得られなければ積極的に取り組もうという医師は出てきません。現行の制度では、医師が電話やテレビ画像で再診を行った際に、診療報酬として720円が支払われるのみでした。

このため安倍晋三首相は、2017年4月14日に開催された第7回未来投資会議の席上で「対面診療とオンラインでの遠隔診療を組み合わせた新しい医療を次の診療報酬改定でしっかり評価する」と明言、これを受けて厚生労働省が開催する中央社会保険医療協議会(中医協)で議論が進められてきました。

さる2月7日の中医協総会で改正案が了承され、個別改定項目と診療報酬点数などが公表されましたが、結局のところ対面診療を原則とし、有効性や安全性への配慮を含む一定の要件を満たすことを前提に新たに「オンライン診療料」(1カ月につき700円)、「オンライン医学管理料」(1カ月につき1,000円)などが新設されるにとどまりました。

2018年度こそが遠隔医療元年となるのではないかとの期待もありましたが、まだまだ様子見といった診療報酬改定にとどまりました。ともあれ、ICTを用いた遠隔による診療や診断を活用する医療機関は今後も徐々に増えていくでしょう。さらに患者のより詳しい状態をモニタリングするために、今後様々なIoT生体センサーや遠隔医療機器等が開発され、活用される時代になっていくものと思われます。たとえばウェアラブルデバイスを用いて日常の活動量や心拍数、心身状態などをモニタリングし、診察時にそれらのデータを医師が参照するといった活用のイメージです。

ちなみに中医協の報告書に目を通していたら死亡診断においても「情報通信機器(ICT)を用いた死亡診断等ガイドライン」に基づいて、条件付きで死亡診断加算が認められることになりました。じつは医療関係者から、医療におけるウェアラブルデバイスの活用で一番期待されていたのは“看取り”であるという話も聞いていましたが、そんなところでも活用の期待があったのですね。

たとえば心拍計測機能のついたウェアラブルデバイスも増えてきた。確かにこれらで心拍停止の正確な時間を記録することも可能なわけで…

たとえば心拍計測機能のついたウェアラブルデバイスも増えてきた。確かにこれらで心拍停止の正確な時間を記録することも可能なわけで…

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

gazou006

タクシー配車アプリの激しい戦いが始まっていた!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

みなさん、タクシー配車アプリってご存知でしょうか。2011年1月に日本交通が初めて導入し、これに追従

記事を読む

青森市は外国人観光客が多い街でもあります

地方都市に見るインバウンドICT対策|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 さる7月15日より、青森市のタクシー会社である文化タクシーが、車両に無料Wi-Fiおよび多言語電話

記事を読む

02

落とし物防止タグ「MAMORIO」が鉄道と組む理由|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

BLE(Bluetooth Low Energy)でスマホと通信できるタグを使い、このタグを所持

記事を読む

筆者のセレクトは「OCN モバイル ONE 050 plus付き」(50MB/日パッケージですが、10月1日より70MBまで使えるようになりました)。これをSIMフリーのiPhone 5で運用しています。

MVNOのデータ通信用SIMが熱い戦いを繰り広げているぞ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

3キャリアが新料金プランへ移行しつつありますが、基本使用料がスマホの場合で2,700円(さらにISP

記事を読む

180416_img01

キットカットをIoTで発注するサービス「たのめるくん」| 木暮祐一のぶらり携帯散歩道

富山の置き薬商法というのは16世紀中ごろから始まったのだそうですが、薬より消費頻度が高いものといえ

記事を読む

VoLTEによる音声通話の音声周波数帯域は50Hz~7kHz。低音域から高音域までの幅が広がった(NTTドコモ・2014夏モデル発表会にて)

VoLTEの通話品質を試してみた!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

6月19日に掲載させていただきましたコラム(モバイルネットワーク進化の鍵となるVoLTEの導入)にも

記事を読む

ソーターが流れてくる商品のバーコードを瞬時にチェック

買取られたスマホはどこへ行く?(その2)|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 スマホの中には大切な個人情報がたくさん詰まっています。パソコンの世界で言えば消去したはずのハードデ

記事を読む

20170727-10

ルンバがスマートホームの監視役になる?! |木暮祐一のぶらり携帯散歩道

スマートホームのブームに乗って、宅内のセンシングに注目が集まっていますが、ここに来て最も注目され

記事を読む

いよいよ発売開始されるApple Watch(Apple Webサイトより)

子どものうちにウェアラブル洗脳せよ?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

このところ、ウェアラブルやIoTに関するテーマについてディスカッションする機会が増えています。ウェア

記事を読む

Leo-01

レオパレス21もスマートスピーカーを本格導入|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

わが国でのGoogle Homeの発表時に、大和ハウス工業が同社の賃貸住宅にいずれGoogle H

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑