パルコが3Dスキャナをファッション業界に応用|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

公開日: : 最終更新日:2018/01/16 木暮祐一のぶらり携帯散歩道 ,

対象物の凹凸を検知してデータ化、最終的には立体を作り上げる3Dスキャナは、現在注目が集まっているVRと同様に発展途上な分野です。2010年にマイクロソフトが圧倒的な低価格で3Dセンサーを発売したことを皮切りに、より身近な環境で活用されるようになりました。医療や化学、最近では美術作品や建築をはじめとする幅広い現場で使用されるようになったことで、今までに体感したことのない新しい文化が創造されつつあります。そんな3Dスキャナですが、ついにファッション業界にも活用されるようになりました。

3Dスキャナを取り入れたのは大手ファッションビルを経営する株式会社パルコです。パルコは以前からICTの活用に力を入れており、2017年3月にはVRでお買い物ができる「VR PARCO」をオープンして反響を呼びました。今回3Dスキャナを用いた「STYLYスキャナー」は、顧客の全身コーディネートを3Dスキャナで撮影し、3D化したデータをQRコードに変換、最終的には渡されたQRコードで全身コーディネートを360度スマートフォンで閲覧できるというサービスになっています。

パルコが渋谷区宇田川町で運営する「SR6」において、MARK STYLER株式会社が出店する「RUNWAY channel Lab. SHIBUYA」にて12月14日からc導入を開始しています。3Dスキャナ技術のサポートや運営協力には株式会社 psychic VR Labが協力しています。同社はアパレル専用の高精細3Dスキャナで撮影したファッションアイテムとVR技術を組み合わせることで、仮想空間上にファッションブランドの世界観を再現し、新たなショッピング体験を提供するファッションVRプラットフォーム「STYLY」を運営しています。

3Dスキャナを使用したコーディネート撮影

3Dスキャナを使用したコーディネート撮影

顧客側としては、鏡で見ることができる前の姿はもちろん、写真を上下左右にスワイプすると後ろ姿や細かい部分等の普段自分では見ることができない部分まで見ることができるので、全身の雰囲気を掴むことができます。実際に利用した人は「とても新鮮」と、高評価。IoTを使用した方法は、ターゲットである若い世代にとって「新しいファッションの楽しみ方」と受け入れやすいでしょう。

PICTURE2 撮影からSNS活用までの流れ

PICTURE2 撮影からSNS活用までの流れ

一方パルコの狙いとしては、若い世代のSNSを活用した発信力にあります。実際に撮影した3D画像は動画としてSNSに投稿可能です。いわゆる「SNS映え」に便乗してしまって、撮影した画像を利用者がFacebockやTwitterに投稿してくれることで情報拡散される効果を狙っているはず。パルコはそうした発信力が優れている20代を中心とした若者世代に注目し、新商品の宣伝に役立てようとしているのでしょう。

このように、今までニッチな分野でしか注目されていなかった3Dスキャナですが、ファッション業界でも活用されるということは、若い世代への認知にも繋がります。さらには、若い世代の武器であるSNSの活用によって、より3Dスキャナの存在は身近になることでしょう。「VR元年」と言われた2016年に続き、5年後、10年後にはもしかしたら3Dスキャナが一般に浸透し、社会生活を変えているかもしれません。

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

いよいよ発売開始されるApple Watch(Apple Webサイトより)

子どものうちにウェアラブル洗脳せよ?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

このところ、ウェアラブルやIoTに関するテーマについてディスカッションする機会が増えています。ウェア

記事を読む

180416_img01

キットカットをIoTで発注するサービス「たのめるくん」| 木暮祐一のぶらり携帯散歩道

富山の置き薬商法というのは16世紀中ごろから始まったのだそうですが、薬より消費頻度が高いものといえ

記事を読む

W-01

IoTで看取りも、2018年診療報酬改定|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

筆者は医療ICT分野も追いかけていますが、とくにICTを用いた遠隔診療の可能性について大いなる期待

記事を読む

1031

自動走行に必須となる「みちびき」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

2月21日に掲載したこちらのコラムでもご紹介した準天頂衛星システム「みちびき」ですが、さる

記事を読む

図1 情報通信機器の個人保有状況(総務省「ICTの進化がもたらす社会へのインパクトに関する調査研究」(平成26年)より)

都道府県別スマートフォン利用率格差の要因|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

わが国のスマートフォン普及率は、先進各国に比べると必ずしも高いとはいえません。わが国のスマートフォン

記事を読む

20170531-1

渋谷区でビーコンを使った見守りIoTの実証実験|木暮祐一のぶらり携帯散歩道  

当初、ビーコンの活用が世の中に登場した時は、たとえば店内各所にビーコン(電波受発信器)を設置し、店内

記事を読む

MM総研「スマートフォン市場規模の推移・予測( 2014年4 月)

地域事情も大きいスマホ普及動向|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

このほど、 POSTCO Lab.にコラムを寄稿させていただくことになりました、木暮祐一と申します。

記事を読む

pic0202

除雪作業の自動化へ向けてみちびきの位置情報を活用│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

今年の冬は強烈な寒波が日本を襲いましたね。連日、北陸方面の豪雪がニュースで流れていたばかりでなく、

記事を読む

pic01

飲食店のテーブルをIoT化しちゃうPutmenuとは?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

中国で電子マネーの利用が急速に普及し、飲食店などでは来店者のスマホからメニューをオーダーし、

記事を読む

『スマート本 スマホについてラップした本』(KUROCK出版)

ラップで学ぶスマホマナー本が出版!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

このほど、『スマート本 スマホについてラップした本』(KUROCK出版)という書籍が発売されました。

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑