ウェアラブルの次はインプランタブル?! センサー入り錠剤薬が米国で承認|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

ウェアラブルデバイスがさらに進化を続けると、その先には体内で利用する「インプランタブル」なデバイスに発展していくだろうとの見方があります。かつて話題になった、Googleで研究開発を進めてたとされたコンタクトレンズ型デバイスも、言ってみれば「インプランタブル」ですね。

とはいえ、アイデアとしての発想はあっても、なかなか製品化に結び付けるのは容易ではなさそうです。やはり体内にハードウェアを入れるというのは、安全性の面から慎重な検証が行われる必要があり、その上でしかるべき機関の承認を受けなくてはなりません。ここはかなり敷居が高そうです。

そうした中で、大塚製薬と米Proteus Digital Health社が「センサーを内蔵した錠剤薬」を考案し、さる11月13日(米国時間)にこれを用いた服薬管理のためのデジタルメディスン「エビリファイ マイサイト(Abilify MyCite)」の承認をFDA(米国食品医薬品局)から取得したそうです。これは、大塚製薬の抗精神病薬「エビリファイ」の錠剤に、Proteus社が開発した摂取可能な極小センサーを組み込み、パッチ型シグナル検出器および専用アプリと組み合わせて患者の服薬状況を記録するというもの。ようするに薬を飲んだかどうかを自動的に検知して、スマホで管理できるようになります。医薬品と医療機器を一体化して開発されたコンビネーション製品で、世界初のデジタルメディスンとなるそうです。

じつはこの「エビリファイ マイサイト」ては、2016年4月にもFDAに承認申請したものの、この時は承認が下りずに追加データの提出などが求められていたといいます。そこで指摘された課題をクリアして、今回無事に承認を受けることができました。

「エビリファイ マイサイト」に使用される錠剤は、エビリファイの錠剤に摂取可能な極小センサーを組み込んで製造されます。このセンサーは胃液に接するとシグナルを発し、患者の身体に貼り付けたシグナル検出器「マイサイト パッチ」が服薬の日時を記録します。その後センサーは体内で消化・吸収されることなく、安全に体外に排泄されるのだそうです。「マイサイト パッチ」は患者さんの活動量などのデータも記録し、アプリにそのデータを送ります。患者は「マイサイト アプリ」で服薬状況や活動量を確認することができ、気分や睡眠の状況を入力することもできるそうです。また、患者が同意をすれば、家族、医療従事者、介護者もそのデータを確認することができます。

今回、大塚製薬と米Proteus Digital Health社が開発したデジタルメディスンは重篤な精神疾患の患者向けの服用を想定したものとなっており、今後米国において、まずは少数の患者を対象に臨床試験を行い、製品の価値を確認していくということです。しかしいずれ極小センサーが大量生産されることで単価が引き下げられて行けば、応用範囲は広そうですね。たとえば高齢者施設等で入所者への服薬管理は記録も含め大変な手間がかかっています。そうしたところで有用な技術となるのではないでしょうか。

写真はProteus社から引用のイメージ

写真はProteus社から引用のイメージ

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

20170727-10

ルンバがスマートホームの監視役になる?! |木暮祐一のぶらり携帯散歩道

スマートホームのブームに乗って、宅内のセンシングに注目が集まっていますが、ここに来て最も注目され

記事を読む

スクロールすると、その災害(今回はテロ)の詳細情報が表示されます

災害時に役立ちそうなFacebookの機能|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

フランスの首都・パリで11月13日夜(日本時間14日早朝)、中心部のコンサートホールや北部のサッカー

記事を読む

モバイルコンテンツ市場規模(出典:MCF)

まだまだ成長を続けるモバイルコンテンツ市場|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる8月24日、モバイルコンテンツ配信事業を行う企業が参加する業界団体・一般社団法人モバイル・コンテ

記事を読む

20170531-1

渋谷区でビーコンを使った見守りIoTの実証実験|木暮祐一のぶらり携帯散歩道  

当初、ビーコンの活用が世の中に登場した時は、たとえば店内各所にビーコン(電波受発信器)を設置し、店内

記事を読む

pic02

植物の状態を管理できるIoTガジェット「Flower Power」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

IoTブームに乗り、色々なIoTガジェットを見かけるようになりましたが、今日は友人からこんなガジェッ

記事を読む

各通信事業者別割当周波数帯域と帯域幅。ピンクの部分はiPhone 6s/6s Plusで利用可能な周波数帯域。赤線はキャリアアグリゲーションでの組合せパターン(各種情報をもとに筆者作成)

iPhone 6s/6s Plusのネットワーク対応に頭を抱える各キャリア|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

毎年恒例の行事として定着しているiPhoneのモデルチェンジ。今年もほぼ想定どおりにコトが進んで、i

記事を読む

どんなモジュールを作るか。アイデアやデザインも自由自在ということです。

モノづくりでもオープンソースの指向で!「Google Project Ara」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

2013年10月に発表され話題となったモジュールの組み合わせによりオリジナルのスマホを作成できるコン

記事を読む

ロボットが家族になる日は本当に来るのか?!

ソフトバンクPepper、開封の儀|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

わが国では、スマートデバイスといってもその大半はいわゆる「スマホ」が流通しているのみでした。「IoT

記事を読む

C01

あのブランド!を冠した防塵耐衝撃スマホ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

先だって出張したドイツの家電量販店で見かけたユニークなスマホ第二弾! 米国に本社を置く世界最大の建機

記事を読む

ソーターが流れてくる商品のバーコードを瞬時にチェック

買取られたスマホはどこへ行く?(その2)|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 スマホの中には大切な個人情報がたくさん詰まっています。パソコンの世界で言えば消去したはずのハードデ

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑