Lenovoが狙う、スマート家電|山根康宏のワールドモバイルレポート

アマゾンの音声アシスタント「Alexa」の普及が広がるにつれ、スマート家電への注目が高まりそうだ。従来であれば家電をコントロールするためにはスマートフォンが必要であり、アプリを使って操作する必要があった。しかしAlexaならばスマートフォン不要で、アマゾンが販売するスピーカー「Echo」に話しかけることで様々な操作が出来る。Alexaでコントロールできる家電なら、例えば「エアコンの温度を28度に設定して」と言えばいいわけだ。

このスマートスピーカー分野にはAlexa互換製品をソニーやパナソニックなど日本の家電メーカーも相次いで製品を投入。アマゾンのEchoも年内の日本販売が決まったところだ。Echoが日本で発売になりAlexaが様々なシーンで利用できるようになれば、Alexa互換スピーカー市場も急速に広がっていくだろう。

レノボのスマートスピーカー。タブレット装着型も発表している

レノボのスマートスピーカー。タブレット装着型も発表している

PCメーカーのレノボもAlexa互換のスマートスピーカーを今年発表している。スマートホームの中心に自社製品を使ってもらい、そこから自社のPCやスマートフォンとの連携も模索したいところだろう。

その一方でレノボそのものもスマート家電製品分野に進出している。それはレノボ本体ではなく、子会社のMedionの製品だ。

MedionはドイツのPCメーカーで、2011年にレノボが買収した。IBMから買収したPC部門のThinkPadのように、MedionブランドのPCやスマートフォンも引き続き販売している。そのMedionは家庭用のスマートソリューション製品を数多く出しており、ドイツなどヨーロッパで販売しているのだ。

レノボの子会社のMedion。PCやスマートフォンのみならず、スマート家電も展開中

レノボの子会社のMedion。PCやスマートフォンのみならず、スマート家電も展開中

Medionのスマートホーム製品は、ホームゲートウェイにWi-FiやBluetoothで接続する動作感知器、煙感知器、ドアの開閉感知器、窓の振動検知器などといったセキュリティー製品を中心とした展開をしている。窓振動は窓ガラスが割られたときにアラートをスマートフォンアプリへと送信してくれるわけだ。IPカメラもラインナップにあるため、外出中にスマートフォンに警告が来たとき、IPカメラをONにして家庭内の状況を確認することも出来る。

またスマートライトやスマートプラグも提供。スマートフォンのアプリからライトのON/OFFや、プラグに電源コードを繋いだ家電のON/OFFもできる。いずれの製品もスターターキットとしても販売されており、家電店でパッケージを購入した後は、家庭内の電球を交換したりドアにセンサーを取り付けたりするだけで自宅のスマート化が完了するのだ。

Medionのスマートセキュリティー機器。スマートフォンからドア感知などを監視できる

Medionのスマートセキュリティー機器。スマートフォンからドア感知などを監視できる

いまやこの手のスマートソリューションを提供するメーカーは多く、類似の製品は多数販売されている。そこでMedionは他社には無い製品を開発中だ。それは7インチのタブレットを内蔵したキッチンミキサー。PCメーカーらしい製品とも言えるだろう。

Medionは実は電子レンジなどキッチン家電も販売している。普通の家庭用ミキサーも販売しているが、そのミキサーにタブレットを内蔵した製品を開発したのだ。タブレットはAndroidで動作。本体のミキサーの回転数や時間、また温度をタブレット画面からコントロールできる。またレシピをダウンロードし、そこからミキサーの調理時間をセットすることもできる。

PCメーカーらしいスマートミキサー。タブレットを内蔵したミキサーだ

PCメーカーらしいスマートミキサー。タブレットを内蔵したミキサーだ

レシピは動画になっているので、ミキサーに材料を入れつつ、そのまま画面で調理方法を見ることもできるのだ。スマートフォン片手でも同じことができるようだが、調理中は手がふさがりがちでスマートフォンをタッチするのは面倒なもの。ミキサー本体にTVのようにタブレットの画面があれば操作もしやすい。

このスマートミキサーは来年にも販売される予定だという。恐らく今後は電子レンジなど他の製品のスマート化も進むだろう。タブレット画面が搭載された電子レンジがもしも出てきたら、大きな話題にもなりそうだ。

レシピを動画で確認。これは意外と便利

レシピを動画で確認。これは意外と便利

現在、Medionのスマート家電は独自のプロトコルで動作しており、自社アプリでのみコントロールできる。だが業界全体がスマート家電の互換性を重視する方向に動いており、Alexaへの対応も急速に進んでいる。Medionのスマート家電、そしてこのスマートミキサーも、いずれAlexaからコントロールできるようになるだろう。

そうなれば、レノボのAlexa互換スマートスピーカーと、スマートプラグをセット販売する、というビジネスもやがて可能になるだろう。スマートホームと言っても難しいことは考えずに、家電の電源ON/OFF、ライトのON/OFFだけでもスマートフォンでコントロールできればとても便利だ。

子会社がスマート家電を開発し、本体がスマートスピーカーを開発しているレノボ。この両者がタッグを組めばIoTソリューションを展開するメーカーとして面白い存在になるかもしれない。レノボの動きはもちろんのこと、Medionのスマート製品の展開にも注目しておきたいところだ。

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

160902_001

この発想は無かった!アナログ時計とスマートウォッチを一体化させた、両面腕時計は登場するのか|山根康宏のワールドモバイルレポート

2016年9月にベルリンで開催された家電とIT関連展示会「IFA2016」では多くのスマートウォッチ

記事を読む

140301_4

GALAXY S5に見る2014年スマホの新トレンド | 山根康宏のワールドモバイルレポート

毎年2月にスペイン・バルセロナで開催される通信業界最大のイベントとなるMobile World Co

記事を読む

海外ではメジャーになりつつあるマルチSIMカードサービス。複数端末を1回線で利用できる

ウェアラブルやIoT時代に必須のマルチSIM契約サービス|山根康宏のワールドモバイルレポート

今やスマートフォン1台あれば何でもできる時代だが、ルーターやタブレット、スマートウォッチなど複数の端

記事を読む

170101_02

ついに登場した「充電不要スマートウォッチ」。体温発電が世界を変える|山根康宏のワールドモバイルレポート

高機能化やファッション化が進むスマートウォッチだが、毎日の充電は面倒なものだ。また高機能な製品を買っ

記事を読む

WR180201_01

「スマート」「IoT」にこだわらない、シャオミの新たな製品展開| 山根康宏のワールドモバイルレポート

新興スマートフォンメーカーのシャオミに勢いが戻ってきた。IDCの調査によると、2017年第

記事を読む

170402_01

新製品はApple Watchそっくり。シャオミが目指すウェアラブルのビジネス|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートウォッチ・ウェアラブルデバイス市場はここのところ大きな話題に欠けている。最近の大きな話題は2

記事を読む

見た目は薄型の高級デジカメなLUMIX Smart Camera CM1

スマホとデジカメの概念を変える、パナソニックのCM1|山根康宏のワールドモバイルレポート

パナソニックが2014年9月に発表した『LUMIX Smart Camera CM1』は新世代のデジ

記事を読む

透明度を下げれば発電効率は上がる。用途によっては低透過率のパネルでも十分だろう

スマホの電池切れの心配が無くなる、ディスプレイで充電できるWysips Crystalに期待|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンやスマートウォッチの電池切れは頭の痛い問題だ。スマートフォンの電池を長持ちさせるための

記事を読む

見た目は普通のスマートフォンなSmart Cast

Lenovoが挑戦するスマホの新たな大画面化|山根康宏のワールドモバイルレポート

年々画面サイズが大型化するスマートフォンだが、片手で持つにはそろそろ限界の大きさに近づいている。だが

記事を読む

インドでシェア3位に食い込んだIntex

インドで急成長のスマホメーカー、Intexが注目を集める理由|山根康宏のワールドモバイルレポート

携帯電話加入者数が9億を超えるインド市場で、スマートフォン販売シェアに大きな動きが起きている。シェア

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑