Lenovoが狙う、スマート家電|山根康宏のワールドモバイルレポート

アマゾンの音声アシスタント「Alexa」の普及が広がるにつれ、スマート家電への注目が高まりそうだ。従来であれば家電をコントロールするためにはスマートフォンが必要であり、アプリを使って操作する必要があった。しかしAlexaならばスマートフォン不要で、アマゾンが販売するスピーカー「Echo」に話しかけることで様々な操作が出来る。Alexaでコントロールできる家電なら、例えば「エアコンの温度を28度に設定して」と言えばいいわけだ。

このスマートスピーカー分野にはAlexa互換製品をソニーやパナソニックなど日本の家電メーカーも相次いで製品を投入。アマゾンのEchoも年内の日本販売が決まったところだ。Echoが日本で発売になりAlexaが様々なシーンで利用できるようになれば、Alexa互換スピーカー市場も急速に広がっていくだろう。

レノボのスマートスピーカー。タブレット装着型も発表している

レノボのスマートスピーカー。タブレット装着型も発表している

PCメーカーのレノボもAlexa互換のスマートスピーカーを今年発表している。スマートホームの中心に自社製品を使ってもらい、そこから自社のPCやスマートフォンとの連携も模索したいところだろう。

その一方でレノボそのものもスマート家電製品分野に進出している。それはレノボ本体ではなく、子会社のMedionの製品だ。

MedionはドイツのPCメーカーで、2011年にレノボが買収した。IBMから買収したPC部門のThinkPadのように、MedionブランドのPCやスマートフォンも引き続き販売している。そのMedionは家庭用のスマートソリューション製品を数多く出しており、ドイツなどヨーロッパで販売しているのだ。

レノボの子会社のMedion。PCやスマートフォンのみならず、スマート家電も展開中

レノボの子会社のMedion。PCやスマートフォンのみならず、スマート家電も展開中

Medionのスマートホーム製品は、ホームゲートウェイにWi-FiやBluetoothで接続する動作感知器、煙感知器、ドアの開閉感知器、窓の振動検知器などといったセキュリティー製品を中心とした展開をしている。窓振動は窓ガラスが割られたときにアラートをスマートフォンアプリへと送信してくれるわけだ。IPカメラもラインナップにあるため、外出中にスマートフォンに警告が来たとき、IPカメラをONにして家庭内の状況を確認することも出来る。

またスマートライトやスマートプラグも提供。スマートフォンのアプリからライトのON/OFFや、プラグに電源コードを繋いだ家電のON/OFFもできる。いずれの製品もスターターキットとしても販売されており、家電店でパッケージを購入した後は、家庭内の電球を交換したりドアにセンサーを取り付けたりするだけで自宅のスマート化が完了するのだ。

Medionのスマートセキュリティー機器。スマートフォンからドア感知などを監視できる

Medionのスマートセキュリティー機器。スマートフォンからドア感知などを監視できる

いまやこの手のスマートソリューションを提供するメーカーは多く、類似の製品は多数販売されている。そこでMedionは他社には無い製品を開発中だ。それは7インチのタブレットを内蔵したキッチンミキサー。PCメーカーらしい製品とも言えるだろう。

Medionは実は電子レンジなどキッチン家電も販売している。普通の家庭用ミキサーも販売しているが、そのミキサーにタブレットを内蔵した製品を開発したのだ。タブレットはAndroidで動作。本体のミキサーの回転数や時間、また温度をタブレット画面からコントロールできる。またレシピをダウンロードし、そこからミキサーの調理時間をセットすることもできる。

PCメーカーらしいスマートミキサー。タブレットを内蔵したミキサーだ

PCメーカーらしいスマートミキサー。タブレットを内蔵したミキサーだ

レシピは動画になっているので、ミキサーに材料を入れつつ、そのまま画面で調理方法を見ることもできるのだ。スマートフォン片手でも同じことができるようだが、調理中は手がふさがりがちでスマートフォンをタッチするのは面倒なもの。ミキサー本体にTVのようにタブレットの画面があれば操作もしやすい。

このスマートミキサーは来年にも販売される予定だという。恐らく今後は電子レンジなど他の製品のスマート化も進むだろう。タブレット画面が搭載された電子レンジがもしも出てきたら、大きな話題にもなりそうだ。

レシピを動画で確認。これは意外と便利

レシピを動画で確認。これは意外と便利

現在、Medionのスマート家電は独自のプロトコルで動作しており、自社アプリでのみコントロールできる。だが業界全体がスマート家電の互換性を重視する方向に動いており、Alexaへの対応も急速に進んでいる。Medionのスマート家電、そしてこのスマートミキサーも、いずれAlexaからコントロールできるようになるだろう。

そうなれば、レノボのAlexa互換スマートスピーカーと、スマートプラグをセット販売する、というビジネスもやがて可能になるだろう。スマートホームと言っても難しいことは考えずに、家電の電源ON/OFF、ライトのON/OFFだけでもスマートフォンでコントロールできればとても便利だ。

子会社がスマート家電を開発し、本体がスマートスピーカーを開発しているレノボ。この両者がタッグを組めばIoTソリューションを展開するメーカーとして面白い存在になるかもしれない。レノボの動きはもちろんのこと、Medionのスマート製品の展開にも注目しておきたいところだ。

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

Datawindの3000円スマートフォン。低スペックだが低所得者でも楽に買えるのは現地で大きな魅力だ

激安タブレットの次は3000円スマホ、スマホはコンビニ販売が普通になる?|山根康宏のワールドモバイルレポート

今やスマートフォンが無料で買えるのは当たり前だが、当然のことながら2年契約が必要だ。またスマートフォ

記事を読む

LTE新規参入の台湾之星は3G事業者と合併した

終焉を迎える台湾のWiMAX、貴重な2600MHzが解放に|山根康宏のワールドモバイルレポート

2014年6月にLTEサービスが始まり、各社のハイエンドスマートフォンが続々と販売されている台湾。そ

記事を読む

161102_03

iPhone 7ヘッドフォン廃止で気になるBluetoothヘッドセット、ウェアラブルデバイスとしての進化も期待|山根康宏のワールドモバイルレポート

ハンズフリーで通話のできる、Bluetoothヘッドセットを使っている人はいるだろうか?充電が面倒、

記事を読む

広告は観光客に有益なモノばかり。ちょっとした観光ガイドも提供

広告クリックで通信費無料、香港MVNOのビジネスモデルは広がるか?|山根康宏のワールドモバイルレポート

香港のMVNOが面白いサービスを開始した。香港を訪れる旅行者向けのプリペイドSIM『i-Sim』は広

記事を読む

5月7日に発表された最新モデルのAscend P7

スマホシェア3位のファーウェイ、ブランド力向上が鍵に|山根康宏のワールドモバイルレポート

2013年の世界のスマートフォンシェアランキングで中国のHuawei(ファーウェイ)が初めてシェア3

記事を読む

日本と似た市場構造の韓国。通信事業者や代理店の店舗は繁華街のどこにでもある(ソウル市内のKTショップ)

加入者増で存在感を表す韓国MVNO市場の現状 | 山根康宏のワールドモバイルレポート

日本と類似した通信市場構造の韓国で、MVNO利用者が急増している。低価格な通信費を武器に、この1年間

記事を読む

Mobile Asia Expo 2014でも多数の4G関連の展示を行った中国移動

早くも高速化が見えてきた中国のLTE|山根康宏のワールドモバイルレポート

中国の通信事業者3社の4Gサービス競争が本格化している。世界最大の契約者数を誇る中国移動は低価格機を

記事を読む

中国移動香港の「大中華」プラン。香港・中国・台湾・マカオでデータ利用分が共用化

海外でのデータ利用も「無料」で使える、国内外データ共通プランが増えている|山根康宏のワールドモバイルレポート

今やLCC(格安航空会社)を使えば気軽に海外に行ける時代になった。しかし海外でスマートフォンを使う場

記事を読む

WR170802_01

スマートスピーカーにLTEが内蔵、単体で使える製品が韓国で登場|山根康宏のワールドモバイルレポート

音声AIアシスタントを搭載したスマートスピーカーは日本でもグーグル、アマゾン、そしてLINEの参入

記事を読む

SIMフリーのため価格はメーカー希望小売の定価販売。だが実質無料での販売も行われている

SIMフリー国家香港、iPhoneはこうして無料販売される|山根康宏のワールドモバイルレポート

総務省は2015年から通信事業者が販売するスマートフォンなどのSIMロック解除を義務付ける方針を決定

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑