VRで観光名所巡りがいよいよ当たり前に|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる9月21〜24日の4日間、東京ビックサイトにて「ツーリズムEXPOジャパン2017」が開催され、取材に行ってきました。

観光関連の様々なサービスやソリューションの展示や、国内各地、世界各国の見どころなどがパビリオンとして並び、とても楽しいイベントでした。
会場を一回りしてみて率直に感じたことは、360度動画とVRを使った観光地紹介がもはや当たり前になってしまったということでしょうか。
もうどのブースも当たり前のようにVRゴーグルを設置していました。

たとえば環境省がエコツーリズムの訴求のために国内各地の自治体・団体等と出展していたこちらのブースでは、日本の代表的な国立公園を360度動画で収録して編集し、VRゴーグルで視聴できるように設置していました。

初めてVRで風景を視聴された方々は、その没入感に驚嘆の声を上げられてました。見慣れてしまうと「あっそう」って感じではあるのですが、初めて体験した時は確かに驚きますよね。

国立公園の風景を360度動画で体験できるコーナー

国立公園の風景を360度動画で体験できるコーナー

世界各国が自国の主要名所を紹介するために出展していたコーナーでもVRだらけ。南アフリカのブースではひたすらジャングルや草原の風景が流れていました。

南アフリカ共和国ブースでは南アフリカの広大な大自然を360度動画で紹介。このほかにも世界各国のブースでVRコーナーを目撃

南アフリカ共和国ブースでは南アフリカの広大な大自然を360度動画で紹介。このほかにも世界各国のブースでVRコーナーを目撃

NTTドコモもじつはVRの応用に意外にご熱心なんです。今回のツーリズムEXPOでは博多祇園山笠を360度VRライブ配信した実証実験などを紹介していました。
録画した博多祇園山笠中継時に録画された360度動画映像を見せていただきましたが、もう迫力満点。

これは祭りの山車を追いかけて映像撮影するなどされているのですが、動きのある映像をVRで視聴すると視点が激しく揺れるために思わず酔ってしまうものです。しかし、相当高価なスタビライザーなどを使っているのでしょうか、三半規管に刺激を与えるような揺れを感じず、気持ちよく祭りの中に入り込めました。お見事!

NTTドコモは今夏実施された博多祇園山笠の360度VRライブ配信実証実験などを紹介

NTTドコモは今夏実施された博多祇園山笠の360度VRライブ配信実証実験などを紹介

じつは、360度動画を観光振興や地域振興に活用しようという試みは私の研究室でも取り組んでいて、その取り組みの様子は7月11日に掲載したコラム「360度動画を使った地域プロモーションのトライアル」でもご紹介したとおりです。そのコラムでも説明しましたが、360度動画を撮影するカメラ類は整ってきたものの、それを手軽に視聴する手段で画期的なものがないのが課題といえそうです。

たとえば、360度動画をVRゴーグルに仕込んで視聴してもらいたいというシチュエーションで、視聴される方に操作方法を伝えたいのに、視界が塞がれてしまっているのでなかなか説明が難しいという問題があります。

我々の青森県大鰐町での取り組みではNTTドコモが法人向けにサービス提供を開始した「みんなのVR」を活用しましたが、
これこそ視界を塞いでしまうVRを、傍にいるスタッフの手で操作することでコンテンツの選択や再生ができる優れもののソリューションといえます。

でも、本当はもっともっと簡単にVR視聴できる安価なツールがないかなと考えています。というのは、VRゴーグル自体は今や100円均一ショップで買えるまで身近なものになりました。もはやノベルティーで配れるレベルです。

こうしたVRゴーグルを利用するには何らかのアプリが必要になりますが、YouTubeアプリなど、ネット上の360度動画等を視聴するアプリはまあ多数見つかるのですが、観光振興で使えるようなものでなかなか良いものが見つかりません。

たとえば、旅館やホテルなどに置かれているイラストマップ上で、掲載されているスポットをお客様にVR視聴で視聴してもらう、というようなペーパーとVRとの連携などなど、「こんな風に使いたい」というアイデアには溢れていのですが、私どもに開発能力もなく…。どなたかご一緒に開発していただけないですかねー。

今や100円均一ショップでも購入できるようになったVRゴーグル

今や100円均一ショップでも購入できるようになったVRゴーグル

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

シャープ「AQUOS CRYSTAL」(左)とHTC「HTC J butterfly HTL23」(右)

護送船団方式と呼ばれる端末開発の今後|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 さる8月18日にソフトバンクが新製品発表会を実施し、シャープ製スマートフォン「AQUOS CRYS

記事を読む

PH01

みんな貯め込んでない? 使わない携帯・スマホ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

ゲオは8月22日に、現在使わず自宅に保管されている携帯電話(これを「埋蔵携帯」と名付けてま

記事を読む

どうみても固定電話にしか見えないですが、こう見えても携帯電話なのです

どうみても“固定電話”な携帯電話が登場!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

かなり変わった携帯電話の登場です。一見、固定電話にしか見えませんが、じつは携帯電話です。電話線はあり

記事を読む

筆者のセレクトは「OCN モバイル ONE 050 plus付き」(50MB/日パッケージですが、10月1日より70MBまで使えるようになりました)。これをSIMフリーのiPhone 5で運用しています。

MVNOのデータ通信用SIMが熱い戦いを繰り広げているぞ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

3キャリアが新料金プランへ移行しつつありますが、基本使用料がスマホの場合で2,700円(さらにISP

記事を読む

pic02

家族向け管理機能の充実ぶりに驚いた、TONEモバイル|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

最近、すっかりMVNO(仮想移動体通信事業者)にハマっています。MVNOって、よく“格安スマホ”とか

記事を読む

『スマート本 スマホについてラップした本』(KUROCK出版)

ラップで学ぶスマホマナー本が出版!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

このほど、『スマート本 スマホについてラップした本』(KUROCK出版)という書籍が発売されました。

記事を読む

青森市は外国人観光客が多い街でもあります

地方都市に見るインバウンドICT対策|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 さる7月15日より、青森市のタクシー会社である文化タクシーが、車両に無料Wi-Fiおよび多言語電話

記事を読む

ワイモバイルが発表した「Heart 401AB」(エイビット製)

フィーチャーフォンの新たな進化系となるか「AQUOS K」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

1月19日、auが2015年春モデルの新製品発表を行いました。当日は「INFOBAR A03」「AQ

記事を読む

S03

欧州で見つけたシニア向けスマホ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

先だって出張したドイツの家電量販店で見かけたユニークなスマホ第一弾! これはどうもシニア向けスマホの

記事を読む

こんな感じでワイワイと集合写真も自撮りできてしまいます。もちろん風景のアングルをしっかり決めて自撮りするのに大変重宝しそう。

2015年のブームは、ずばり「セルカ棒」!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

新年、あけましておめでとうございます。今年も筆者が気になったモバイルを巡る話題をコラムとしてお届けし

記事を読む

PAGE TOP ↑