VRで観光名所巡りがいよいよ当たり前に|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる9月21〜24日の4日間、東京ビックサイトにて「ツーリズムEXPOジャパン2017」が開催され、取材に行ってきました。

観光関連の様々なサービスやソリューションの展示や、国内各地、世界各国の見どころなどがパビリオンとして並び、とても楽しいイベントでした。
会場を一回りしてみて率直に感じたことは、360度動画とVRを使った観光地紹介がもはや当たり前になってしまったということでしょうか。
もうどのブースも当たり前のようにVRゴーグルを設置していました。

たとえば環境省がエコツーリズムの訴求のために国内各地の自治体・団体等と出展していたこちらのブースでは、日本の代表的な国立公園を360度動画で収録して編集し、VRゴーグルで視聴できるように設置していました。

初めてVRで風景を視聴された方々は、その没入感に驚嘆の声を上げられてました。見慣れてしまうと「あっそう」って感じではあるのですが、初めて体験した時は確かに驚きますよね。

国立公園の風景を360度動画で体験できるコーナー

国立公園の風景を360度動画で体験できるコーナー

世界各国が自国の主要名所を紹介するために出展していたコーナーでもVRだらけ。南アフリカのブースではひたすらジャングルや草原の風景が流れていました。

南アフリカ共和国ブースでは南アフリカの広大な大自然を360度動画で紹介。このほかにも世界各国のブースでVRコーナーを目撃

南アフリカ共和国ブースでは南アフリカの広大な大自然を360度動画で紹介。このほかにも世界各国のブースでVRコーナーを目撃

NTTドコモもじつはVRの応用に意外にご熱心なんです。今回のツーリズムEXPOでは博多祇園山笠を360度VRライブ配信した実証実験などを紹介していました。
録画した博多祇園山笠中継時に録画された360度動画映像を見せていただきましたが、もう迫力満点。

これは祭りの山車を追いかけて映像撮影するなどされているのですが、動きのある映像をVRで視聴すると視点が激しく揺れるために思わず酔ってしまうものです。しかし、相当高価なスタビライザーなどを使っているのでしょうか、三半規管に刺激を与えるような揺れを感じず、気持ちよく祭りの中に入り込めました。お見事!

NTTドコモは今夏実施された博多祇園山笠の360度VRライブ配信実証実験などを紹介

NTTドコモは今夏実施された博多祇園山笠の360度VRライブ配信実証実験などを紹介

じつは、360度動画を観光振興や地域振興に活用しようという試みは私の研究室でも取り組んでいて、その取り組みの様子は7月11日に掲載したコラム「360度動画を使った地域プロモーションのトライアル」でもご紹介したとおりです。そのコラムでも説明しましたが、360度動画を撮影するカメラ類は整ってきたものの、それを手軽に視聴する手段で画期的なものがないのが課題といえそうです。

たとえば、360度動画をVRゴーグルに仕込んで視聴してもらいたいというシチュエーションで、視聴される方に操作方法を伝えたいのに、視界が塞がれてしまっているのでなかなか説明が難しいという問題があります。

我々の青森県大鰐町での取り組みではNTTドコモが法人向けにサービス提供を開始した「みんなのVR」を活用しましたが、
これこそ視界を塞いでしまうVRを、傍にいるスタッフの手で操作することでコンテンツの選択や再生ができる優れもののソリューションといえます。

でも、本当はもっともっと簡単にVR視聴できる安価なツールがないかなと考えています。というのは、VRゴーグル自体は今や100円均一ショップで買えるまで身近なものになりました。もはやノベルティーで配れるレベルです。

こうしたVRゴーグルを利用するには何らかのアプリが必要になりますが、YouTubeアプリなど、ネット上の360度動画等を視聴するアプリはまあ多数見つかるのですが、観光振興で使えるようなものでなかなか良いものが見つかりません。

たとえば、旅館やホテルなどに置かれているイラストマップ上で、掲載されているスポットをお客様にVR視聴で視聴してもらう、というようなペーパーとVRとの連携などなど、「こんな風に使いたい」というアイデアには溢れていのですが、私どもに開発能力もなく…。どなたかご一緒に開発していただけないですかねー。

今や100円均一ショップでも購入できるようになったVRゴーグル

今や100円均一ショップでも購入できるようになったVRゴーグル

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

PH11

安易なドローン飛行は危険であると認識|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

みなさん、ドローン飛ばしてますか~?! って、普通はそんなに気軽に飛ばせるもので

記事を読む

20170727-10

ルンバがスマートホームの監視役になる?! |木暮祐一のぶらり携帯散歩道

スマートホームのブームに乗って、宅内のセンシングに注目が集まっていますが、ここに来て最も注目され

記事を読む

Gear S本体。端末部分からバンド部分を取り外すことも可能なので、将来もっとおしゃれなバンドの登場にも期待したいものです。

曲面ディスプレイを見事に応用した「Galaxy Note Edge & Gear S」ファーストインプレッション|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

10月23日より、NTTドコモはサムスン電子製の「Galaxy Note Edge(SC-01G)」

記事を読む

モバイルコンテンツ市場規模(出典:MCF)

まだまだ成長を続けるモバイルコンテンツ市場|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる8月24日、モバイルコンテンツ配信事業を行う企業が参加する業界団体・一般社団法人モバイル・コンテ

記事を読む

1031

自動走行に必須となる「みちびき」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

2月21日に掲載したこちらのコラムでもご紹介した準天頂衛星システム「みちびき」ですが、さる

記事を読む

Apple Watchはデザイン的にも魅力的なデバイスだと感じます。しかしながらバリエーションが多くて悩んだ末にまだ買えておりません(とほほ)

ウェアラブル普及の布石となるか、Apple Watch発売開始|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

4月24日、いよいよApple Watchの発売が開始されました。さすがはAppleだけに、その出だ

記事を読む

20170531・5

賃貸住宅を簡単にスマートホーム化するIoTソリューション|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

IoTブームに乗って、身の回りのあらゆるものがスマート化していますが、このほど賃貸住宅を提供している

記事を読む

M-02

究極のウェアラブルデバイスは“繊維”だった|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる1月16日から18日までの3日間、東京ビッグサイトにてウェアラブル端末の活用と技術の総合展「第

記事を読む

ソーターが流れてくる商品のバーコードを瞬時にチェック

買取られたスマホはどこへ行く?(その2)|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 スマホの中には大切な個人情報がたくさん詰まっています。パソコンの世界で言えば消去したはずのハードデ

記事を読む

「小児救急支援アプリ」起動画面。年齢と性別を選択します

お子さんの急病時にその緊急性がわかるアプリ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

誰でもが持ち歩いて使っているスマホだからこそ、何か社会に役立つような活用が進むと嬉しいですね。今日ご

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑