みんな貯め込んでない? 使わない携帯・スマホ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

公開日: : 最終更新日:2017/09/19 木暮祐一のぶらり携帯散歩道 , , , ,

ゲオは8月22日に、現在使わず自宅に保管されている携帯電話(これを「埋蔵携帯」と名付けてます)の価値を試算した結果、総額1兆7,013億円にも上るという発表を行いました。「埋蔵携帯」といえば、わが家にも相当数のケータイコレクションが埋没しているのですが、うちのはそんなに価値はなさそうですが…。

このゲオによる埋蔵携帯の試算は関西大学の宮本勝浩名誉教授の協力のもとに行っているもので、2015年5月にもその試算額が1兆6,489億円と推計されていました。2年間で約500億円増加したことになりますが、一方で中古スマホ市場の売上数量は前年比で135%の成長推移を見せているそうです。それでも埋蔵携帯の試算価値が増えているということは、端末自体の価値も同時に向上したと考えるべきなのでしょう。

端末には何かと愛着も湧きますしね~

端末には何かと愛着も湧きますしね~

ご存知の通り、ゲオをはじめ、ブックオフやソフマップなど、中古スマホの買取りを積極的に行い、中古端末市場の拡大を目指している事業者が増えています。日本では新品端末が比較的安価に購入できる市場環境があるため、なかなか中古端末を積極的に購入して使用したいというユーザーは多くはないので、はたしてこの市場に参入する意義があるのかと疑問に思われる方も少なくありません。

ゲオなどは中古端末の買取網も販売網も自社で全国に網羅しているので、買取った端末はそのまま商品として流通させることで収益につなげられるのでしょう。

一方で、日本で買い取られた中古端末が海外に流通する販売ルートもあるとされています。わが国のモバイルネットワークは世界最先端といえます。そのネットワークで活用するスマホ端末は当然最先端のスペックが求められるわけです。これがわが国で中古端末に今一つ盛り上がりが見られない要因の一つとも言えましょう。しかし、世界に目を向ければ、いまだ2Gや3Gのネットワークが主流で、ハイスペックな端末を必要としない国や地域があるのも事実です。そうした国や地域では、わが国で見向きもされない型落ちの中古スマホでも、それなりの価格で取引されたりします。

どうせ価値がなさそうと、家の片隅で忘れ去られていた端末も、じつは世界にはそうした端末でも使ってみたいと思う人たちがいるのかもしれません。たいした買取金額にはならないのかもしれませんが、もしかしたらその端末をまた使ってくれる人がいるかもしれませんので、一度買取店に持ち込んでみるのもいいかもしれませんね。これこそ、本当に地球に役立つリサイクルと言えるのではないでしょうか。

ゲオに限らずネットで買取店のウェブでは機種名を入れるだけで買取概算額が分かります

ゲオに限らずネットで買取店のウェブでは機種名を入れるだけで買取概算額が分かります

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

M-02

究極のウェアラブルデバイスは“繊維”だった|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる1月16日から18日までの3日間、東京ビッグサイトにてウェアラブル端末の活用と技術の総合展「第

記事を読む

1031

自動走行に必須となる「みちびき」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

2月21日に掲載したこちらのコラムでもご紹介した準天頂衛星システム「みちびき」ですが、さる

記事を読む

k_181202_img1

ヘルメットこそ究極のスマートグラスだった│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

ハイテクなガジェットに出会うとガクガクブルブルする筆者ですが、またまた面白そうなスマートガジェッ

記事を読む

20170531・5

賃貸住宅を簡単にスマートホーム化するIoTソリューション|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

IoTブームに乗って、身の回りのあらゆるものがスマート化していますが、このほど賃貸住宅を提供している

記事を読む

スクロールすると、その災害(今回はテロ)の詳細情報が表示されます

災害時に役立ちそうなFacebookの機能|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

フランスの首都・パリで11月13日夜(日本時間14日早朝)、中心部のコンサートホールや北部のサッカー

記事を読む

一回り大きくなり、しかも2サイズとなったiPhone 6

Apple Watchはウェアラブル端末の普及に貢献?|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

2014年9月9日、米国でついに次期iPhone「iPhone 6/6 Plus」が発表されました。

記事を読む

各通信事業者別割当周波数帯域と帯域幅。ピンクの部分はiPhone 6s/6s Plusで利用可能な周波数帯域。赤線はキャリアアグリゲーションでの組合せパターン(各種情報をもとに筆者作成)

iPhone 6s/6s Plusのネットワーク対応に頭を抱える各キャリア|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

毎年恒例の行事として定着しているiPhoneのモデルチェンジ。今年もほぼ想定どおりにコトが進んで、i

記事を読む

k_180801_img01

自販機大国ニッポンが誇るIoT物販自販機となるか「スマートマート」│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

先だって、久しぶりに中国の深センを訪問してきたのですが、QRコード決済による電子マネーの普

記事を読む

こんな感じでワイワイと集合写真も自撮りできてしまいます。もちろん風景のアングルをしっかり決めて自撮りするのに大変重宝しそう。

2015年のブームは、ずばり「セルカ棒」!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

新年、あけましておめでとうございます。今年も筆者が気になったモバイルを巡る話題をコラムとしてお届けし

記事を読む

羽田空港の保安検査場付近で実体験できました

音を使ってバリアフリーのトライアル│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

何かと飛行機での移動が多い筆者ですが、鉄道に比べ、航空会社各社のほうがバリアフリーだとかユニバーサ

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑