VR空間で細かい操作を可能にできる、新たなハンドコントローラーが登場|山根康宏のワールドモバイルレポート

公開日: : 最終更新日:2017/08/29 山根康宏のワールドモバイルレポート ,

ゲームやエンターテイメント用途から、教育などへと活用が広がるVR(バーチャルリアリティー)。だが大きめのヘッドマウントディスプレイを目に装着したうえで、
両手に持ったモーションコントローラーを使う操作はまだまだ快適とは言えない。特に手の動きはトレースできても、指先を使った細かい動きは現状のコントローラーでは再現できない。

そこで各社が指先の動きを再現できるコントローラーの開発に取りん組んでいる。そのほとんどがグローブ型で、内部にセンサーを内蔵し指先の動きをトレースできる。2017年はいくつかの製品が商用化の見通しで、いずれもVRの普及に欠かせないキーデバイスとなるだろう。

例えばSensoの「Senso Grove」はグローブの内部に7個の慣性計測装置(IMU、inertial measurement unit)を内蔵しており、指先の動きを毎秒150回計測。遅延速度は10ミリ秒以下で、指先を動かせばほぼリアルタイムでその動きを再現することができる。
バッテリーも搭載しているため手の平にはめるだけで使うことができる。SDKも公開されており、より細かな動きを必要とするゲームや、手術などのVRシュミレーションのようなプロユースへの対応も期待できる。
予定価格は599ドルと高価だが、競合製品が各社から出てくれば数年内に買いやすい価格になるだろう。

Senso Groveは指先の動きもトレースできるグローブ

Senso Groveは指先の動きもトレースできるグローブ

だがグローブ型デバイスにも実は一つだけ欠点がある。それは長時間はめていると、意外にも汗をかくということだ。手や指にぴったりとフィットさせるためにゴム素材などで圧迫するため、1日中はめたままでいることも難しい。
指の動きをセンサーが直接トレースする構造であることから、快適に装着できる素材や形状の検討もいずれ必要になるだろう。最近はやりのVR体験展示やイベントでも、1つのグローブを続けて多くの人にはめてもらうのは難しそうだ。

VRゲームなどで細かい操作も可能だが、装着していると汗をかいてしまう

VRゲームなどで細かい操作も可能だが、装着していると汗をかいてしまう

そこで全く新しいアプローチで指先の動きを再現できるコントローラーが開発中だ。OYMotion Technologiesの「gForce Gesture Armband」はその名前の通り、アーム=腕に取り付けて指先の動きをトレースできるデバイスなのである。

gForce Gesture Armbandは8個のパーツからなる、腕輪型のデバイスだ。内部には人間の肌の表面で筋肉の電位を測定する表面筋電位(sEMG)センサーが内蔵されている。筋肉が動いたときに発する電位を図ることで、筋肉の動きを測定できるというわけである。gForce Gesture Armbandを腕にはめておけば、指先の筋肉の動きも腕を伝わって測定できるという。

表面筋電位で指先の動きを感知するgForce Gesture Armband

表面筋電位で指先の動きを感知するgForce Gesture Armband

また9軸のジャイロセンサーも内蔵しているため、手の全体の動きもトレースできるとのこと。これにより6つの動作「手の平を握る」「手の平を開く」「手首を曲げる」「手首を伸ばす」「物を掴む」「親指と人差し指を伸ばして指示する」といった動きを認識できるとのこと。

OYMotion TechnologiesはCES Asia 2017やMWC Shanghai 2017などの展示会に出展し、プロトタイプの製品を使ったデモを行っていた。腕の動きをトレースできる人間の手の形を模した模型が展示され、gForce Gesture Armbandを来場者が腕にはめて操作を体験することができた。実際に指先を動かしてみると、まだ細かい動きには対応はできてない。手のひらを開く動きも、ゆっくりではなく「パッ」とおもいっきり開く必要があった。とはいえ数分手を動かしてみるとコツがつかめ、模型の手のひらをある程度自在に動かすことができるようになった。しかも手袋をはめていないので、操作性は快適でもあった。

実際のデモ。最初はなかなかうまく動かないが、数分も動かすと慣れてくる

実際のデモ。最初はなかなかうまく動かないが、数分も動かすと慣れてくる

現状ではまだトレースできる動きが少ないため、細かい指先の動きまでは再現できそうにない。しかし現状でも両手に持つハンドコントローラーの代わりにとして使うことは問題なくできそうだ。今後はセンサー感度を高めたり数を増やすなどして、より細かな動きへの対応ができるようになれば、いずれはVR/ARユーザーの必需品になるかもしれない。

VRやARでの利用を考えている。今後感度や精度の向上を期待したい

VRやARでの利用を考えている。今後感度や精度の向上を期待したい

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

Mobile Asia Expo 2014でも多数の4G関連の展示を行った中国移動

早くも高速化が見えてきた中国のLTE|山根康宏のワールドモバイルレポート

中国の通信事業者3社の4Gサービス競争が本格化している。世界最大の契約者数を誇る中国移動は低価格機を

記事を読む

最初から腕時計デザインを採用したHuawei Watch

腕時計を目指すスマートウォッチ|山根康宏のワールドモバイルレポート

Apple Watchの登場で一気に注目を浴びる存在となった腕時計型のウェアラブル端末「スマートウォ

記事を読む

160702_02

ポケモンGO効果?プリペイドSIMカードの値上げも始まった香港|山根康宏のワールドモバイルレポート

社会的ブームにもなったポケモンGO。昼休みや休日になるといままで人気のあまり無かった公園に多くの人が

記事を読む

161201_02

LEDライトで文字表示もできる!最新のペット用ウェアラブルデバイス製品|山根康宏のワールドモバイルレポート

ここのところスマートウォッチの話題が低調なウェアラブルデバイス市場。腕時計型の小型デバイスでは出来る

記事を読む

事業者との契約をiPad上から自由に選べるApple SIM。現在はiPadのみ対応で、契約期間も短期に限定

スマホ割引販売が無くなる?Apple SIMは脱インセンティブ販売を広げるか|山根康宏のワールドモバイルレポート

日本でスマートフォンを購入する場合、通常は通信事業者と2年契約を結ぶことが一般的だ。2年契約により端

記事を読む

透明度を下げれば発電効率は上がる。用途によっては低透過率のパネルでも十分だろう

スマホの電池切れの心配が無くなる、ディスプレイで充電できるWysips Crystalに期待|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンやスマートウォッチの電池切れは頭の痛い問題だ。スマートフォンの電池を長持ちさせるための

記事を読む

初参入ながら一瞬で完売となったLUNA

もはや「格安」ではない韓国TGのSIMフリースマホ|山根康宏のワールドモバイルレポート

日本でも通信キャリアを通さず購入できるSIMフリーのスマートフォンの種類が増えている。ASUSのZe

記事を読む

WR171102_01

冷蔵庫やエアコンがスマートになる!スマートホーム普及の鍵を握るNB-IoT|山根康宏のワールドモバイルレポート

単三電池2本で10年動き、電波の到達エリアも広いLPWAはIoTには欠かせない通信方式だ。その中の

記事を読む

WR171002_04

電源不要のIoT、「Enocean」の可能性|山根康宏のワールドモバイルレポート

超低消費電力(Low Power)で利用できる広域ネットワーク(WideArea)、LPWA規格に

記事を読む

MWC2015で発表されたGalaxy S6とS6 edge

Samsungの反撃体制がようやく整ったMWC2015|山根康宏のワールドモバイルレポート

世界最大のモバイル関連イベントである「Mobile World Congress 2015(MWC2

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑