落とし物防止タグ「MAMORIO」が鉄道と組む理由|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

BLE(Bluetooth Low Energy)でスマホと通信できるタグを使い、このタグを所持品に装着しておくことで紛失した際に紛失場所を特定できるサービスって、何度かソーシャルメディアの広告で見かけたことがありました。海外の企業の中には、誇大広告じゃないかと思われるようなものも多く見かけました。たとえば自転車のサドルの裏にタグを貼り付けておいて、この自転車が盗難にあった際にその場所がスマホのマップ上に表示され、簡単に自分の自転車が見つかるというようなムービーもありました。

BLEやビーコンの仕組みを知っている人からすると、まるで「どうなっているの?」みたいな広告に思われたはず。これは、スマホとビーコンの通信が切れた場合にその場所をスマホ側に記録したり通知することで、紛失場所が分かるというものなのですが、紛失物が紛失場所から動いてしまったら見つけることができません。

宣伝では、他のユーザーが同じサービスを使っていれば、他のユーザーのアプリにタグが反応することで、本来のユーザーのアプリにも通知が来るという仕組みを説明していました。しかし、これもユーザーがそこら中にいれば可能になると思われますが(BLEの通信範囲はせいぜい30mなので、本当にそこらじゅうにユーザーが必要)、まずそこまで普及させること自体が無理と感じました。

日本でもこのような忘れ物タグを展開している企業があります。MAMORIO株式会社が展開する落とし物防止タグ「MAMORIO」です。お守りのような形をしたタグを大切なものに忍ばせておけば、万が一紛失した場合(つまり、ペアリングさせているスマホと通信が切断された場合)にその場所が記録され、スマホに通知が来るというものです。世界で展開されている同様なサービスに比べ誇大広告もなく信頼が持てます。

これがMAMORIO

これがMAMORIO

大切なものにこのようにぶら下げておけばOK

大切なものにこのようにぶら下げておけばOK

紛失場所の通知が来ます

紛失場所の通知が来ます

紛失した場所が分かるだけでも便利ですが、やはりサービスとしては多くのユーザーがこれを利用するようになり、すれ違い通信によって紛失物の行方も追いかけられるというのが理想なのでしょう。すなわち、このサービスを利用するユーザーが増加し、かつユーザーが密集することで、より有用なサービスとなっていくのです。

では、どうやったら特定エリアでユーザーを増やせるか?! MAMORIOは賢いです、鉄道会社と組みました。まず昨年11月から東急電鉄と組み、東急沿線に住むユーザーが万が一車内に忘れ物をした際に、その忘れ物が渋谷駅ヒカリエ2改札口横のお忘れ物受付所に届くとユーザーのスマホにアラートが届くというサービスを試験導入しました(実施期間は11月15日から半年間)。これはお忘れ物受付所にMAMORIO専用の専用アンテナ(MAMORIO Spotというそうです)を設置し、ユーザーの忘れ物がここに来るとMAMORIOと通信が行われ、その場所がユーザーのスマホに通知されるという仕組みです。

そして7月からは、同様なサービスを小田急電鉄でも実施します。東急電鉄と同様に、所持品が小田急沿線3カ所にあるいずれかの忘れ物集約所に届くと、ユーザーのスマホにアラートが届きます。(こちらも7月から半年間のようです)

7月からスタートする小田急電鉄でのサービス

7月からスタートする小田急電鉄でのサービス

MAMORIOが目指すところは、やはりMAMORIOユーザーを増やすところにあると思います。とくに特定の沿線などにユーザーが集中してくれると、ユーザー同士のすれ違いによるトラッキング機能がようやく有効に活用できるようになるわけです。特定のエリアでユーザーを増やすという戦略に、まさに鉄道を使うというのは大いにありなのでしょう。

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

Apple Watchはデザイン的にも魅力的なデバイスだと感じます。しかしながらバリエーションが多くて悩んだ末にまだ買えておりません(とほほ)

ウェアラブル普及の布石となるか、Apple Watch発売開始|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

4月24日、いよいよApple Watchの発売が開始されました。さすがはAppleだけに、その出だ

記事を読む

録音したデータの再生時の画面。録音中に入力したマークやメモ、写真などがそのタイミングに残されています。キーワードをかなで入力して頭出しが可能

キーワード頭出し可能なボイスレコーダーアプリ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

スマホは言ってみれば「常に持ち歩いて利用できるコンピュータ」。従来のケータイ以上に、アプリを有効活用

記事を読む

01

およそ10年のスパンで繰り返されるケータイ端末の潮流|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

先日、携帯電話の歴史を説明する展示をしたいという相談を受け、ケータイ端末を260台ほどお貸出ししまし

記事を読む

図1 情報通信機器の個人保有状況(総務省「ICTの進化がもたらす社会へのインパクトに関する調査研究」(平成26年)より)

都道府県別スマートフォン利用率格差の要因|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

わが国のスマートフォン普及率は、先進各国に比べると必ずしも高いとはいえません。わが国のスマートフォン

記事を読む

遠隔診療2

スマホを通じて診療、2018年にはさらに加速か|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

昨年あたりから、スマホを使った医療サービス(医師による遠隔診療など)が多数市場に登場してき

記事を読む

gazou%ef%bc%92

1台の端末で複数のSIMを活用するデバイス|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

世界では1台の端末に2枚以上のSIMカードを挿入して利用できる端末が市販されています。日本ではほぼ見

記事を読む

スマホをTouchに近づけるだけで鍵の開閉ができます

自宅で活用したい身近なIoT(その1)スマホを鍵にできる「Akerun」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 IoT(Internet of Things = モノのインターネット)という言葉が大流行ですね。

記事を読む

PH11

安易なドローン飛行は危険であると認識|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

みなさん、ドローン飛ばしてますか~?! って、普通はそんなに気軽に飛ばせるもので

記事を読む

P02jpg

360度動画を使った地域プロモーションのトライアル|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

VRがいま改めて盛り上がりを見せています。360度のコンテンツを安価に制作しやすくなったこ

記事を読む

コミュニケーションツールとしてガラケー時代から根強いファンに支えられてきた「らくらく連絡網」

グループで情報共有「らくらく連絡網」アプリリニューアル|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

イオレの運営する「らくらく連絡網」アプリがこのほど大幅にユーザーインターフェイスをリニューアルしまし

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑