スマートウォッチの次のトレンドはカメラ搭載?|山根康宏のワールドモバイルレポート

ここのところ大手メーカーの動きがぴたりと止まってしまったスマートウォッチ市場。だが海外の展示会では新興メーカーから新製品が次々と登場している。それらのほとんどはアプリを入れてスマートフォンのコンパニオンとして使う多機能な製品ではない。活動量計やGPSによるトラッキング機能を備え、スマートフォンとの連携は通話やSNSの通知を受ける程度のベーシックな機能を持ったものが多い。

スマートウォッチもこれからは腕時計同様、機能は各社各製品大きな差は無く、本体のデザインで勝負する時代がやってくるのかもしれない。だが中国の検索サービス「Sogou(搜狗)」が中国で販売しているスマートウォッチは、他の製品にないある機能を搭載することで製品の差別化を図っている。

その機能とはカメラ。Sogouはスマートウォッチを「Teemo(糖猫)」のブランド名で展開してる。ターゲットユーザーは子供で、子供が好みそうなカラフルな色合いに、その親が必要とするトラッキング機能などを搭載している。
またTeemoと親のスマートフォンとの間では専用のチャットアプリでの会話が可能で、SNSアプリのタイムラインに類似した画面で会話ができる。

中国の検索大手Sogouが展開する子供用スマートウォッチ

中国の検索大手Sogouが展開する子供用スマートウォッチ

Teemoのスマートウォッチは全モデルがGSMの通信機能を備えている。つまりSIMを入れることで、単体で通信が可能なのだ。一般的なスマートウォッチはスマートフォンとペアリングし、スマートフォンは常に持っていなくてはならない。
だが子供にスマートフォンまでを毎日持たせるのは大変だろう。外で遊んでいる時にスマートフォンを紛失してしまえば、スマートウォッチのトラッキング機能すら使えなくなる。子供の位置を常に把握するためにはスマートフォンが無くとも単体で動くことが重要なのだ。

そして上位モデルの「T3」や「Color」にはカメラが内蔵されている。子供が自分の現在の状況を写真に取って親のスマートフォンに送る事ができるわけだ。
また、緊急時などはカメラを起動し続けておけば、位置情報だけではなくその場の様子も送ることができる。子供に万が一のことがあったときなど、親のスマートフォンに子供の表情や付近の状況が自動で送られて来ればそれだけでも安心できるだろう。音声を送るにしてもしゃべらなくてはならないし、スマートウォッチの狭い画面で文字を打つのは大変だ。しかしカメラならばワンタッチでその場の状況を的確に伝えることができる。

2Gの低速回線対応ながらカメラを搭載、10秒動画もクラウドに保存できる

2Gの低速回線対応ながらカメラを搭載、10秒動画もクラウドに保存できる

どちらの製品も10秒の動画も撮影できるので、簡単なビデオメッセージの送信にも使えそうだ。
またクラウドスペースも用意されているので、容量を気にせず写真や動画を撮影することもできる。日常の写真を撮ってSNSにアップする用途にも使えそうで、Teemoのスマートウォッチは子供だけではなく大人が使っても楽しめるかもしれない。

しかも現在、LTEに対応し500万画素の高画質カメラを搭載した最上位モデルも開発中だという。価格は2万円程度になる予定だが、この秋に発売予定とのこと。高速な通信回線を利用できることから高画質な写真や動画を撮影でき、しかも動画はより長い時間の録画にも対応できそうだ。こちらの製品こそ、大人向けバージョンが欲しいところだ。

>

LTE対応の後継モデル。500万画素カメラも搭載している

LTE対応の後継モデル。500万画素カメラも搭載している

カメラを内蔵したスマートウォッチは、Samsungが過去に販売していたことがある。同社初のスマートウォッチ「Galaxy Gear」はGalaxyスマートフォンと連携できるスマートウォッチで、Apple Watchより先の2013年9月に発表された。本体には200万画素オートフォーカスのカメラも備え、そこそこ高画質な写真も撮影することが出来た。
しかし常にスマートフォンとペアで使う必要があり、しかもGalaxy以外の端末とは接続できなかった。「腕カメラ」として使うには使い勝手は今ひとつだったようだ。

2014年に発売した後継モデルでは、カメラありの「Gear 2」とカメラ無しの「Gear Neo」が登場したことからわかるように、カメラ機能は無くても良い、と当時のSamusngは考えた。
だがそれはカメラ機能そのものがユーザーに受けなかったのではなく、スマートウォッチで撮影した画像をスマートフォンへ転送し、そこから改ためて利用するという面倒さが利用のネックになっていたのかもしれない。

>

中国の検索大手Sogouが展開する子供用スマートウォッチ

中国の検索大手Sogouが展開する子供用スマートウォッチ

今やSNSでは写真を送りあうことがあたりまえのものになっている。その場のスナップ写真を撮影し、そのまま自動アップロードできるカメラを内蔵したスマートウォッチならば、今の時代のユーザーニーズにマッチした製品になるだろう。通信モジュールの小型化や低消費電力化が進んだ今こそ、カメラを搭載し単体で通信できるスマートウォッチの普及が進むかもしれない。

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

ドコモがiPhoneを導入せざるを得なかった理由

ドコモがiPhoneを導入せざるを得なかった理由|池端隆司のモバイルジャンクション

先日、若い世代のスマホユーザーと座談会めいたことをしてみました。私と進行役のアラフォー男性と20

記事を読む

中国の家電展示会のHaierブース。1ホールのほぼ全てを1社で利用している

家電とスマホの連携は常識?中国の家電展示会に見るスマート家電|山根康宏のワールドモバイルレポート

Wi-FiやBluetoothを内蔵しルーターなどを経由しスマートフォンと接続できるスマート家電の数

記事を読む

シャープ「AQUOS CRYSTAL」(左)とHTC「HTC J butterfly HTL23」(右)

護送船団方式と呼ばれる端末開発の今後|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 さる8月18日にソフトバンクが新製品発表会を実施し、シャープ製スマートフォン「AQUOS CRYS

記事を読む

台北の空港のキャリアカウンターは大行列。たいていの香港人はここでプリペイドSIMを購入する

香港の人は海外に行くときスマホをどうやって使っているのか?|山根康宏のワールドモバイルレポート

毎年の夏休みや年末年始など、長期休暇が取れるときは海外へ行く人も多いだろう。最近では自分のスマートフ

記事を読む

Tudouが発売するタブレットはTVユーザーも取り込む

有料動画サービスとタブレットをセットで売るTudouの新しい試み|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンやタブレットでも視聴できる動画配信サービスが花盛りだ。YouTubeに代表される動画共

記事を読む

セルフィーは写真を撮る行為そのものも楽しい

これからのスマホカメラのトレンドは「自分撮り」|山根康宏のワールドモバイルレポート

ソニーモバイルが2014年7月に発表したスマートフォン「Xperia C3」は5.5インチHDディス

記事を読む

160902_001

この発想は無かった!アナログ時計とスマートウォッチを一体化させた、両面腕時計は登場するのか|山根康宏のワールドモバイルレポート

2016年9月にベルリンで開催された家電とIT関連展示会「IFA2016」では多くのスマートウォッチ

記事を読む

ikehata_yamane_sam

「盟友」山根さんとディープなモバイル話編~後編~|池端隆司のモバイルジャンクション

こんにちは、池端です。 今週は携帯電話研究家・山根さんとのディープなモバイル対談の続き、後編をお届け

記事を読む

001

グループの屋外活動に便利な「Life360」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

放任主義の筆者は、大学のゼミでも学生主体の自主運営を推奨しております。そんななか、ゼミ3年生からフィ

記事を読む

いよいよ発売開始されるApple Watch(Apple Webサイトより)

子どものうちにウェアラブル洗脳せよ?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

このところ、ウェアラブルやIoTに関するテーマについてディスカッションする機会が増えています。ウェア

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑