賃貸住宅を簡単にスマートホーム化するIoTソリューション|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

IoTブームに乗って、身の回りのあらゆるものがスマート化していますが、このほど賃貸住宅を提供している不動産オーナーや賃貸不動産管理会社向けに、手軽に賃貸住宅をスマートハウス化できるソリューションがお目見えしました。

サービスの提供を行うのは、アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行ってきた株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区)の開発子会社、株式会社RobotHome(以下、ロボットホーム)です。このロボットホームが手軽にIoTの賃貸住宅を提供できる「賃貸住宅キット」の販売およびOEM提供を開始しました。

賃貸住宅をスマートハウス化する「賃貸住宅キット」概念図

賃貸住宅をスマートハウス化する「賃貸住宅キット」概念図

誰でも手軽にIoTの賃貸住宅を提供できるIoTサービスという、この「賃貸住宅キット」を活用することにより、入居される方は生活の利便性と安全性を高めることができます。
窓などの開閉や揺れを感知してスマートフォンに通知するウインドウセキュリティや、IR(赤外線通信)を活用したネイチャーセンサーリモートコントローラー、
外出先でも受話応答が可能なドアホン(これはオプション)などがパッケージされ、簡単に賃貸住宅のIoT化を推進できます。

室内にはタブレット型ゲートウェイであるセントラルコントローラーが設置され、これにより各種IoT機器の操作だけでなく、
ロボットコンシェルジュによる水漏れなどのトラブルや退居時の連絡など、入居者の毎日の生活をサポートしてくれるそうです。

タブレット型ゲートウェイ

タブレット型ゲートウェイ

ウィンドウセキュリティセンサー

ウィンドウセキュリティセンサー

住居内の環境状態を取得し、機器等のコントロールも行うナチュラルセンサーリモートコントローラー

住居内の環境状態を取得し、機器等のコントロールも行うナチュラルセンサーリモートコントローラー

オプションのドアホン&ドア遠隔ロック

オプションのドアホン&ドア遠隔ロック

入居者とのコミュニケーションもとれるロボットコンシェルジュ

入居者とのコミュニケーションもとれるロボットコンシェルジュ

また、賃貸経営を行うオーナーに対しては、IoTを活用して「空室状況」、「内見状況」の把握、空室時の「セキュリティ対策」なども可能のようです。
導入費用は初期費用が1室80,000円、月額利用料が1室1,000円から。
まあ、敷金や賃料に上乗せされることになるのででしょうが、他の賃貸物件と比較して入居者を惹きつける大きなポイントになるのでしょうね。

ロボットホーム:https://www.robothome.co.jp/

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

P01

パルコが3Dスキャナをファッション業界に応用|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

対象物の凹凸を検知してデータ化、最終的には立体を作り上げる3Dスキャナは、現在注目が集まっているV

記事を読む

02

落とし物防止タグ「MAMORIO」が鉄道と組む理由|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

BLE(Bluetooth Low Energy)でスマホと通信できるタグを使い、このタグを所持

記事を読む

(図1)改正労働安全衛生法の改正内容のうち、ストレスチェック制度創設に関する概要(厚生労働省公表資料より)

このところヘルスケアIoTが注目される理由|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

いうまでもないことですが、スマートフォンはアプリマーケットにある膨大なアプリを上手に利用することで、

記事を読む

ワイモバイルが発表した「Heart 401AB」(エイビット製)

フィーチャーフォンの新たな進化系となるか「AQUOS K」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

1月19日、auが2015年春モデルの新製品発表を行いました。当日は「INFOBAR A03」「AQ

記事を読む

pic0202

除雪作業の自動化へ向けてみちびきの位置情報を活用│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

今年の冬は強烈な寒波が日本を襲いましたね。連日、北陸方面の豪雪がニュースで流れていたばかりでなく、

記事を読む

01

およそ10年のスパンで繰り返されるケータイ端末の潮流|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

先日、携帯電話の歴史を説明する展示をしたいという相談を受け、ケータイ端末を260台ほどお貸出ししまし

記事を読む

iot02

慶應義塾大学×藤沢市のIoTとスマートシティに関する取り組み|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる11月中旬、東京都内で「IoTのスマートハウス、スマートシティへの展開 ~居住空間から地域社会に

記事を読む

この原稿、JAL SKY NEXT(機内Wi-Fiサービス)対応機で空の上で書いてます。有料とはいえ、航空機上からインターネットが利用できるのは便利ですね

原稿はタブレットで書くからこそ面白い?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

先だって、「ハイパーメディアクリエイター」という肩書きでご著名な高城剛さんと対談させていただく機会が

記事を読む

W-01

IoTで看取りも、2018年診療報酬改定|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

筆者は医療ICT分野も追いかけていますが、とくにICTを用いた遠隔診療の可能性について大いなる期待

記事を読む

LTE対応表

国内通信事業を統合したソフトバンク、その思惑は?|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

1月23日、ソフトバンクは国内で携帯電話やインターネット通信などを手がける4つの子会社、すなわちソフ

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑