賃貸住宅を簡単にスマートホーム化するIoTソリューション|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

IoTブームに乗って、身の回りのあらゆるものがスマート化していますが、このほど賃貸住宅を提供している不動産オーナーや賃貸不動産管理会社向けに、手軽に賃貸住宅をスマートハウス化できるソリューションがお目見えしました。

サービスの提供を行うのは、アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行ってきた株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区)の開発子会社、株式会社RobotHome(以下、ロボットホーム)です。このロボットホームが手軽にIoTの賃貸住宅を提供できる「賃貸住宅キット」の販売およびOEM提供を開始しました。

賃貸住宅をスマートハウス化する「賃貸住宅キット」概念図

賃貸住宅をスマートハウス化する「賃貸住宅キット」概念図

誰でも手軽にIoTの賃貸住宅を提供できるIoTサービスという、この「賃貸住宅キット」を活用することにより、入居される方は生活の利便性と安全性を高めることができます。
窓などの開閉や揺れを感知してスマートフォンに通知するウインドウセキュリティや、IR(赤外線通信)を活用したネイチャーセンサーリモートコントローラー、
外出先でも受話応答が可能なドアホン(これはオプション)などがパッケージされ、簡単に賃貸住宅のIoT化を推進できます。

室内にはタブレット型ゲートウェイであるセントラルコントローラーが設置され、これにより各種IoT機器の操作だけでなく、
ロボットコンシェルジュによる水漏れなどのトラブルや退居時の連絡など、入居者の毎日の生活をサポートしてくれるそうです。

タブレット型ゲートウェイ

タブレット型ゲートウェイ

ウィンドウセキュリティセンサー

ウィンドウセキュリティセンサー

住居内の環境状態を取得し、機器等のコントロールも行うナチュラルセンサーリモートコントローラー

住居内の環境状態を取得し、機器等のコントロールも行うナチュラルセンサーリモートコントローラー

オプションのドアホン&ドア遠隔ロック

オプションのドアホン&ドア遠隔ロック

入居者とのコミュニケーションもとれるロボットコンシェルジュ

入居者とのコミュニケーションもとれるロボットコンシェルジュ

また、賃貸経営を行うオーナーに対しては、IoTを活用して「空室状況」、「内見状況」の把握、空室時の「セキュリティ対策」なども可能のようです。
導入費用は初期費用が1室80,000円、月額利用料が1室1,000円から。
まあ、敷金や賃料に上乗せされることになるのででしょうが、他の賃貸物件と比較して入居者を惹きつける大きなポイントになるのでしょうね。

ロボットホーム:https://www.robothome.co.jp/

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

中古スマートフォンTOP100の内訳(ゲオホールディングス公表データより)

埋蔵携帯が総額1兆6,489億円?! |木暮祐一のぶらり携帯散歩道

中古スマートフォン、中古携帯市場が活況をみせています。5月から義務化されたSIMロック解除義務化の動

記事を読む

20170727-10

ルンバがスマートホームの監視役になる?! |木暮祐一のぶらり携帯散歩道

スマートホームのブームに乗って、宅内のセンシングに注目が集まっていますが、ここに来て最も注目され

記事を読む

ロボットが家族になる日は本当に来るのか?!

ソフトバンクPepper、開封の儀|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

わが国では、スマートデバイスといってもその大半はいわゆる「スマホ」が流通しているのみでした。「IoT

記事を読む

02

落とし物防止タグ「MAMORIO」が鉄道と組む理由|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

BLE(Bluetooth Low Energy)でスマホと通信できるタグを使い、このタグを所持

記事を読む

「小児救急支援アプリ」起動画面。年齢と性別を選択します

お子さんの急病時にその緊急性がわかるアプリ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

誰でもが持ち歩いて使っているスマホだからこそ、何か社会に役立つような活用が進むと嬉しいですね。今日ご

記事を読む

pic01

ドコモのIoT自転車がいよいよ地方進出|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

都心部では各所で見かけるようになってきた、このドコモのロゴがある赤い自転車をご存知でしょうか。「シェ

記事を読む

こんな感じでワイワイと集合写真も自撮りできてしまいます。もちろん風景のアングルをしっかり決めて自撮りするのに大変重宝しそう。

2015年のブームは、ずばり「セルカ棒」!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

新年、あけましておめでとうございます。今年も筆者が気になったモバイルを巡る話題をコラムとしてお届けし

記事を読む

青森市は外国人観光客が多い街でもあります

地方都市に見るインバウンドICT対策|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 さる7月15日より、青森市のタクシー会社である文化タクシーが、車両に無料Wi-Fiおよび多言語電話

記事を読む

シャープ「AQUOS CRYSTAL」(左)とHTC「HTC J butterfly HTL23」(右)

護送船団方式と呼ばれる端末開発の今後|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 さる8月18日にソフトバンクが新製品発表会を実施し、シャープ製スマートフォン「AQUOS CRYS

記事を読む

スマホをTouchに近づけるだけで鍵の開閉ができます

自宅で活用したい身近なIoT(その1)スマホを鍵にできる「Akerun」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 IoT(Internet of Things = モノのインターネット)という言葉が大流行ですね。

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑