あのブランド!を冠した防塵耐衝撃スマホ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

先だって出張したドイツの家電量販店で見かけたユニークなスマホ第二弾! 米国に本社を置く世界最大の建機メーカー「キャタピラー社」。愛称のCATの文字と建機をイメージする黄色を配色した看板を日本でもあちこちで見かけますね。そのCATブランドのスマホがあるんですよ。もちろん日本では未発売なのですが、世界ではすでにスマートフォン3モデル、ケータイが2モデル市販されています。

スマホのミドルモデルを衝動買い

海外の量販店店頭は日ごろ見かけない製品に出会えるので本当に楽しいです。先だってドイツに出張した際に立ち寄った家電量販店のレポート第二弾です。ハッと目に留まった「CAT」のロゴ。ネコではないですよ、これはキャタピラー社のロゴ。建機業界では世界最大手のキャタピラー社製スマホと携帯電話に初めてご対面ですよ。噂には聞いていましたが、海外では普通に流通しているんですね。日本でも発売してくれればいいのに。

まず最初に目にしたのは、Cat B30というケータイ。日本でケータイと言えば、あまり機能を使う必要が無く音声通話さえできればよい人向けと、シンプルに割り切ったモデルばかりでした。最近では、ようやくニーズを察知したのか防水防塵仕様のモデルも出てきたりしましたが、海外ではまだまだニーズはあって様々な端末がラインアップされています。このCat B30は、CATのロゴが物語るように、そしてこの無骨なデザインが物語るように、IP67相当の防水防塵性能、1.8mの高さから落下させても壊れない耐衝撃性能を兼ね備えています。そのそも「キャタピラー社」というだけで、メチャ丈夫そうじゃないですか。フェラーリとかポルシェとは一線を画すブランド力ですよ(笑)

キャタピラー社 Cat B30

キャタピラー社 Cat B30

まあ、このCat B30は価格も安価でしたし、おそらく2G(GSM)にしか対応していないのだろうと良く調べずにスルーしてきてしまったのが大失敗。あとからWebで調べたところ、なんと3G(W-CDMA)にも対応していました。あー、買えばよかった、後の祭り。悔しいので帰国後、欧州のアマゾンからポチってしまいました。早く到着しないかな…。ちなみに3Gの対応周波数ですが、北米向けモデルは日本では使われていない周波数なので注意が必要です。もちろん、欧州・大陸版も3Gはプラチナバンド非対応です。そもそも技適などないでしょうから、日本国外で利用する前提ですよ。

ちなみに、キャタピラー社の携帯電話には、このCat B30のほかにCat B25というモデルも存在するようです。デザイン的にはよりアウトドアっぽいデザインで購買意欲をそそるのですが、こちらは2G(GSM)のみの対応のようで衝動買いを断念。いずれにしても、スマホばかりの世の中で、衝動買いしたくなる携帯電話に出くわしたのも久しぶり。もちろん、キャタピラー社というブランドをネタにできるというだけなのですが…。

スマホのほうは現地で衝動買い

そして、ドイツ国内の別の家電量販店にて、今度はキャタピラー社製のスマホを発見してしまいました。陳列されていたのはキャタピラー社製Cat S30 Smartphoneと、Cat S40 Smartphoneの2モデル。Cat S40のほうが新しいモデルで、性能も上ということなのですが、さらにその上のモデルCat S60 Smartphoneも登場しているようでした、店頭にはありませんでしたが。

キャタピラー社のスマホも見っけ!

キャタピラー社のスマホも見っけ!

黄色い箱がこれまたそそりますね

黄色い箱がこれまたそそりますね

せっかくドイツまで来たんだから、何か自分にご褒美を買ってやらねばということで、Cat S40のほうを衝動買いです。この端末は4G LTEにも対応、そしてデュアルSIMとなっています。端末をショーケースから出してもらい、あとはそれをレジに持って行って会計すればお買い物終了。日本ではたかがスマホを1台購入するにも機種変更含め回線契約手続きに時間がかかって本当に億劫ですね。衝動買いにはこのスピード感が重要です!

速攻レジへ。親切なお兄さんがあれこれ調べてくれてます

速攻レジへ。親切なお兄さんがあれこれ調べてくれてます

ちなみにレジのお兄さんは、これが日本でちゃんと使えるのかどうかなどを丁寧に確認してくれました。対応バンドのチェックですね。こちらは「たぶん大丈夫!」と言っていたのですが、10分ぐらいかけて慎重に調べてくれました(私は江戸っ子なんで、せっかちなんですが…)。それよりも気になっていたのはデュアルSIMで、2回線を同時に3G以上で待ち受けできるかどうかということ。いわゆるDSDS(Dual SIM, Dual Standby)ですね。これ気になるのでちゃんと質問を投げたのですが、お兄さん曰く「OK!OK!」。ところが購入後、いざ試してみたらダメじゃん(コラ)。まあ、そんな気はしていたので、笑って流しましょう。日本では流通していない珍スマホをゲットできただけで十分。

キャタピラー社に対応する企業として、日本にはコマツがありましたね。IoT以前の「M2Mとビッグデータ」というキーワードが流行ったころに、コマツとキャタピラー社のICT利活用とその業績を比較した資料を何度も目にしました(関係者の皆さんもたいていご覧になられているでしょう)。コマツの建機を一度見せていただいたことがありましたが、じつは最新の重機はすごくハイテク(死語?)なんですよ。まるでテスラの運転席に座っているような感覚(ちょっと違いました?!)。キャタピラー社がこんな感じでブランドをうまく生かしてスマホを出しているぐらいなんだから、ここはぜひコマツさんにもぜひそのブランドを使って日本国民がわっと喜ぶようなスマホやIoT機器を出してもらいたいたいな…。

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

SIMフリーのため価格はメーカー希望小売の定価販売。だが実質無料での販売も行われている

SIMフリー国家香港、iPhoneはこうして無料販売される|山根康宏のワールドモバイルレポート

総務省は2015年から通信事業者が販売するスマートフォンなどのSIMロック解除を義務付ける方針を決定

記事を読む

写真1

MVNOのSIMと組み合わせて使用したいUSBドングル|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

みなさん、出先でのモバイルデータ通信にはどんな端末を使われていますか? 以前はモバイルWi-Fiルー

記事を読む

いよいよ起動! ちゃんと動作しているようです。DVDディスク挿入口にCDを挿入すれば、当然のことながらミュージックが流れます。映像DVDを入れれば映像もばっちり。車載オーディオとしてはまあ十分でしょう。

車載専用Android端末を使ってみた|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

わが国ではAndroidといえば、スマートフォンやタブレットのOS(基本ソフト)というイメージがすっ

記事を読む

録音したデータの再生時の画面。録音中に入力したマークやメモ、写真などがそのタイミングに残されています。キーワードをかなで入力して頭出しが可能

キーワード頭出し可能なボイスレコーダーアプリ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

スマホは言ってみれば「常に持ち歩いて利用できるコンピュータ」。従来のケータイ以上に、アプリを有効活用

記事を読む

1

コンテンツの対象端末の選定にお困りの方へ ~正しい対 象端末の選び方~

 今現在国内の主要キャリアから280種類程度のスマートフォンが販売されており、その中の235機種程

記事を読む

青森市は外国人観光客が多い街でもあります

地方都市に見るインバウンドICT対策|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 さる7月15日より、青森市のタクシー会社である文化タクシーが、車両に無料Wi-Fiおよび多言語電話

記事を読む

ホテルのデスク上に置かれていた、外国人観光客向けのスマホ

スマホを無料で貸出して行動分析|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

先だって、香港の中古スマホ流通事情をご紹介しましが、その取材の際に泊まったホテルの部屋の中に、驚くべ

記事を読む

見た目は普通のスマートフォンなSmart Cast

Lenovoが挑戦するスマホの新たな大画面化|山根康宏のワールドモバイルレポート

年々画面サイズが大型化するスマートフォンだが、片手で持つにはそろそろ限界の大きさに近づいている。だが

記事を読む

他方で、「Location History」と検索すると、自分の過去の居場所がすべて丸見えで驚きます。

Googleサービスの機能拡充2選|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

Googleは米国時間の5月28日に、開発者向けのイベントである「Google I/O 2015」を

記事を読む

ドコモがiPhoneを導入せざるを得なかった理由

ドコモがiPhoneを導入せざるを得なかった理由|池端隆司のモバイルジャンクション

先日、若い世代のスマホユーザーと座談会めいたことをしてみました。私と進行役のアラフォー男性と20

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑