欧州で見つけたシニア向けスマホ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

先だって出張したドイツの家電量販店で見かけたユニークなスマホ第一弾! これはどうもシニア向けスマホのようです。シンプルなデザインながらも、何か日本のメーカーが作るシニア向けスマホとは一線を画したセンスが光りませんか?!

フリップを閉じればケータイに

ドイツに出張した際、家電量販店のスマートフォンコーナーを眺めていたところ、iPhoneだのサムスンだの、日本でも見慣れた端末がずらりと並ぶ先で突然、目に飛び込んできた端末がこれです。全面タッチパネルながら極めてシンプルなインターフェース。明らかにシニア向けスマホですね。

携帯電話コーナーとスマートフォンコーナーの間で発見

携帯電話コーナーとスマートフォンコーナーの間で発見

トップに並んでいるアイコンは通話とメール、画像フォルダ、それに操作説明(?)と思われるインフォメーションアイコンのみ。またハードウェアとしてのボタンを見ると、端末前面にホームボタンのほか、その左右には音声通話のオンフックとオフフックボタンが見えます。なるほど、シニアがスマホに移行して真っ先に戸惑うのはこのボタンが無いことなんでしょうね。それを分かっていますね、このメーカー。

そして、最大の特徴が数字キーが並んだフリップが付いていることです。日本メーカーモデルでもこうしたギミックを持った製品はありましたが、それらすべてはいわば「ハードフリップ」。ちゃんとプラスチック成型されボタンが埋め込まれた製造コストが掛かっていそうなフリップのモデルがほとんどだと思うのですが、この端末のフリップは「ソフトフリップ」とでもいうのでしょうか、合皮のような柔らかい素材で、ボタン面も表面に凹凸加工して数字や文字を印刷しただけのような構造なのです。フリップというより数字キーらしきものがついたカバーのような感じです。

フリップを閉じると普通の携帯電話のように使えます

フリップを閉じると普通の携帯電話のように使えます

そのフリップがこのとおりソフトな感じ

そのフリップがこのとおりソフトな感じ

でもフリップを閉じた写真をご覧いただくと分かるように、端末がフリップの開閉を判断し、表示されるディスプレイ部の表示内容をちゃんと切り替えています。閉じれば音声通話端末代わりに便利に使えるというわけですね。

製造メーカーは「emporia」。検索してみると、オーストリアの会社のようです。そして一貫してユニバーサルデザインのシンプルな携帯電話を製造してきたようです。そして最新端末がこのシンプルスマホ。Webを見る限り、センスが光るヨーロピアンなテイストの端末を多数製造してきているようです。で、この端末のスペックを見ると、これでもOSはAndroid 4.4を搭載したスマートフォン。機能設定画面など詳細までレビューしてくる時間が無かったのですが、メーカーのWebを見るとプリインアプリ以外のアプリの追加も可能のようです。

シニア層のリテラシー底上げが必要

わが国にもシニア用のスマホラインアップはありますが、販売で苦戦しているという話も聞きます。「従来のシニア向け携帯電話で十分」というような声も聞こえてきますが、今やモバイルを使ったコミュニケーション手段は大きく変化を遂げている最中です。たとえば、昨今の大学生に聞くと「友達の電話番号など知らない」という人が多いのです。つまり、友達とのコミュニケーションはLINEやTwitterなどのSNSアプリを使った手段がもはや主流で、LINEを使えばそのまま通話もできるので、もはや「電話番号」を使った音声通話など不要だということのようです。音声通話機能は110番や119番を掛けるとか、大学から呼び出されるとき、アルバイト先に掛けたり呼び出されたりといった緊急手段であったり、就職活動などで対外的な人たちとSNS以外の手段で連絡を取る時の特別なものなのです。

それが良しとは言いませんが、多くの人たちが日常的に活用するコミュニケーション手段を手にしている必要はあります。だからこそ、シニアの皆さんがいつまでもシニア向け携帯電話で音声通話やキャリアメールだけでコミュニケーションを済ませてしまうのは、広がりが無くてもったいないと感じます。そうしたシニアの皆さんに、ぜひスマホへステップアップしてもらいたいと考えます。わが国のシニア向けスマホは、ユーザーの「ステップアップ」につながるかちょっと疑問です。このemporiaがステップアップ用端末になるかどうか分かりませんが、まずはフリップを閉じた状態で従来型の携帯電話として活用してもらいつつ、フリップを開いてメールを読み書きすることでタッチパネル操作にも慣れ、その先にアプリの活用へという流れにつなげられそうな気がしました。

そんなことを書きながら、よくよく考えると筆者は逆に歳を重ねるほどスマホで使う機能がだんだんシンプルになってきてます(笑) 毎日、何のアプリを使っているかなと思い返せば、最近は、メールとSNS、カメラと画像フォルダぐらいだな(笑)。

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

pic1031−02

自動走行バスは地方で必要とされるはず|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

先日、一般社団法人ブロードバンド推進協議会主催の自動運転に関する研究会が開催され、ここで登壇されたS

記事を読む

見た目は普通のスマートフォンなSmart Cast

Lenovoが挑戦するスマホの新たな大画面化|山根康宏のワールドモバイルレポート

年々画面サイズが大型化するスマートフォンだが、片手で持つにはそろそろ限界の大きさに近づいている。だが

記事を読む

170102_01

宝さがし感覚で街を歩ける、日本人が考えた不思議な「石」が楽しい|山根康宏のワールドモバイルレポート

次から次へと生まれるIoTデバイスは我々の生活を便利なものにしてくれる。だが気が付けば、寝ている時以

記事を読む

NTTドコモの「ARROWSケータイ F-05G」(富士通製、左)と「AQUOSケータイ SH-06G」(シャープ製、右)

Androidフィーチャーフォンの必然性|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

各通信キャリアが2015年夏モデルの発表会を行いましたが、KDDIに加えNTTドコモからもAndro

記事を読む

20170726-20

ドコモがスマートパーキングソリューション事業を展開|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

すでに類似のサービスがいくつか存在はしていたのですが、ついに超大手の参入で一気にパーキングサービス

記事を読む

本体はパーツごとに簡単に分解できる

エコ&アップグレードも容易なFairphone2がいよいよ登場|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンに故障はつきもの。調子が悪くなった時に自分でパーツを交換できれば便利だ。あるいは使って

記事を読む

こんな風に1回数分、できたら1日数回使用することで、視力回復トレーニングができるとか。ほんまかいな?!

スマホを使って眼のストレッチ?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

現代社会において、もはやスマートフォンやパソコンのディスプレイを見ながらの作業は避けられません。こう

記事を読む

160602_006

スマホ減速のシャオミ、アクセサリはトレンド最先端を走る

世界のスマートフォン市場の話題を独り占めした時期もあった中国の新興メーカーXiaomi(シャオミ)。

記事を読む

Lenovoの会員向けにサービスを開始したLenovo MVNO

端末だけでは商売にならない?中国で進むスマホメーカーのMVNO事業|山根康宏のワールドモバイルレポート

Lenovoは2015年10月26日、中国でMVNO事業(Mobile Virtual Networ

記事を読む

最初から腕時計デザインを採用したHuawei Watch

腕時計を目指すスマートウォッチ|山根康宏のワールドモバイルレポート

Apple Watchの登場で一気に注目を浴びる存在となった腕時計型のウェアラブル端末「スマートウォ

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑