シンプルながら高機能なスマートウォッチ「Steel HR」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

フランスに拠点を置くIoTデバイスメーカー、Withings社のスマートウォッチが気になっていたのですが、とくに心拍計測機能を備えた端末「Steel HR」が日本でも正式に発売開始されました。早速入手しましたので、簡単なレビューをお届けしましょう。

アナログ時計に見えるが高機能スマートウォッチ

そもそも運動などやらない筆者ではありますが、自分自身の生体データを収集できるウェアラブル系の端末には以前から関心を持ち、多数を活用してきました。とくに腕時計型やリストバンド型の活動量計はサムスンのGearシリーズや、アップルのAppleWatchなど、色々と活用してきたところです。

筆者なりのこだわりとしては「心拍計測」ができること。それも、可能であれば心拍を常時計測し、生活における様々な状況にあわせて心拍の変化をみることができるモデルを求めていました。最近では、Fitbit社製のSurgeなどを愛用していましたが、今回Withings社から国内正式発売された「Steel HR」は実にシビれるモデルでした。まず、スマートフォンへの着信やメッセージ受信を通知してくれるなどの機能はもちろん備えながらも、見た目はウェアラブルデバイスっぽくないアナログの時計であること。しかも心拍計測機能がある上で、バッテリーは最大25日間も持つのです。

ウェアラブルデバイスの最大の弱点は「充電が面倒くさい」ということでした。これが理由で利用しなくなった端末がどれほどたくさんあることか。腕時計型、リストバンド型のデバイスの多くは数日しかバッテリーが持ちません。そんな中でこの「Steel HR」は一度充電したら最大25日は装着しっぱなしで良いのです。あ、お風呂に入る時ぐらいは外しますけどね。

見ての通りシンプルなアナログ時計に見えてスマートウォッチです

見ての通りシンプルなアナログ時計に見えてスマートウォッチです

さっそくiPhoneとペアリングさせて活用開始。本当に25日も電池が持つのかな?!

さっそくiPhoneとペアリングさせて活用開始。本当に25日も電池が持つのかな?!

Withingsアプリのポータル画面。青森にいると全然歩きませんね(汗)

Withingsアプリのポータル画面。青森にいると全然歩きませんね(汗)

睡眠の状態。あ、これは7時過ぎには起きていたのですが、ボケッとしていたので睡眠中と判断しているようです。どこからどこまでが睡眠であるかの自動判別は難しそうですね

睡眠の状態。あ、これは7時過ぎには起きていたのですが、ボケッとしていたので睡眠中と判断しているようです。どこからどこまでが睡眠であるかの自動判別は難しそうですね

睡眠中の心拍変動。飲み過ぎて寝ると心拍高めなのが分かります

睡眠中の心拍変動。飲み過ぎて寝ると心拍高めなのが分かります

継続することが楽しいウェアラブル

もともとWithings社のデバイスでは「Wi-Fi体組成計」を2011年から愛用してきました。かれこれ6年半以上の体重、体脂肪率がクラウドに蓄積されています(あまり反省が伴わないのですが)。この体重のモニタリングをするための「Withingsアプリ」にて、さらにSteel HRを加えることで活動量や心拍変動、さらに睡眠の状態なども自動記録されるようになります。一時的な利用だけではデータの変動が見られないので面白みを感じないでしょうが、これが何年も蓄積されてくると、振り返りが楽しくなりますよ。

まずは、本当に充電した電池が25日近く持つのかどうかを試してみたいと思います。さらに、AppleWatchほどではないものの、Withingsのスマートウォッチもサードパーティからベルト等のアクセサリが発売されています。さっそくいくつか気になった交換バンドを注文してみました。そうしたレポートもまたお届けしたいと思います。

こちらは6年半も愛用しているWithings Wi-Fi体組成計(Withwings社のホームページより)

こちらは6年半も愛用しているWithings Wi-Fi体組成計(Withwings社のホームページより)

6年半ほどの体重変動。途中、Wi-Fiにつながっていなかった時期は大きく飛んでいます。昨年前半、だいぶ頑張って体重を落としたのですが、まだまだですね。長期のデータが蓄積されていると振り返りが楽しいです

6年半ほどの体重変動。途中、Wi-Fiにつながっていなかった時期は大きく飛んでいます。昨年前半、だいぶ頑張って体重を落としたのですが、まだまだですね。長期のデータが蓄積されていると振り返りが楽しいです

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

この原稿、JAL SKY NEXT(機内Wi-Fiサービス)対応機で空の上で書いてます。有料とはいえ、航空機上からインターネットが利用できるのは便利ですね

原稿はタブレットで書くからこそ面白い?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

先だって、「ハイパーメディアクリエイター」という肩書きでご著名な高城剛さんと対談させていただく機会が

記事を読む

eyecatch_vol2

【トークセッションVol.2】ウェアラブル、IoT、モバイルのココだけのハナシ

株式会社ウェブレッジは東京ビッグサイトで開催された、「Japan IT Week春 第9回 We

記事を読む

中国移動香港は中国大陸の中国移動の完全子会社

無料通信分を他人に販売できる香港のサービス|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォン購入時、最近では機種変更よりも新規契約したほうが安上がりなことが多い。そのため1人でも

記事を読む

池端隆司×木暮祐一

木暮さんから学ぶ、技適のこと~その1~|池端隆司のモバイルジャンクション

こんにちは、池端です。 携帯電話研究家同士のディープな対談シリーズ。第二弾は、いつも知見にあふ

記事を読む

『スマート本 スマホについてラップした本』(KUROCK出版)

ラップで学ぶスマホマナー本が出版!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

このほど、『スマート本 スマホについてラップした本』(KUROCK出版)という書籍が発売されました。

記事を読む

アプリ画面。ベゼルを回して簡単に選択できる

スマートウォッチが格段に使いやすくなる!ロータリーUI搭載のSamsung Gear S2|山根康宏のワールドモバイルレポート

2015年9月、Samsungはスマートウォッチの最新モデル「Samsung Gear S2」を発表

記事を読む

録音したデータの再生時の画面。録音中に入力したマークやメモ、写真などがそのタイミングに残されています。キーワードをかなで入力して頭出しが可能

キーワード頭出し可能なボイスレコーダーアプリ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

スマホは言ってみれば「常に持ち歩いて利用できるコンピュータ」。従来のケータイ以上に、アプリを有効活用

記事を読む

MWC2015のLumia640/640XL発表の場でPCやタブレットとのシームレスな動作環境をアピールするMicrosoftのStephen Elop CEO

Windows10登場でスマホ第三のOSはどうなる?|山根康宏のワールドモバイルレポート

AndroidとiOSに続くスマートフォンOSの座を目指して「第三のOS」と呼ばれる各社のOSが製品

記事を読む

見た目は薄型の高級デジカメなLUMIX Smart Camera CM1

スマホとデジカメの概念を変える、パナソニックのCM1|山根康宏のワールドモバイルレポート

パナソニックが2014年9月に発表した『LUMIX Smart Camera CM1』は新世代のデジ

記事を読む

01

およそ10年のスパンで繰り返されるケータイ端末の潮流|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

先日、携帯電話の歴史を説明する展示をしたいという相談を受け、ケータイ端末を260台ほどお貸出ししまし

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑