シンプルながら高機能なスマートウォッチ「Steel HR」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

フランスに拠点を置くIoTデバイスメーカー、Withings社のスマートウォッチが気になっていたのですが、とくに心拍計測機能を備えた端末「Steel HR」が日本でも正式に発売開始されました。早速入手しましたので、簡単なレビューをお届けしましょう。

アナログ時計に見えるが高機能スマートウォッチ

そもそも運動などやらない筆者ではありますが、自分自身の生体データを収集できるウェアラブル系の端末には以前から関心を持ち、多数を活用してきました。とくに腕時計型やリストバンド型の活動量計はサムスンのGearシリーズや、アップルのAppleWatchなど、色々と活用してきたところです。

筆者なりのこだわりとしては「心拍計測」ができること。それも、可能であれば心拍を常時計測し、生活における様々な状況にあわせて心拍の変化をみることができるモデルを求めていました。最近では、Fitbit社製のSurgeなどを愛用していましたが、今回Withings社から国内正式発売された「Steel HR」は実にシビれるモデルでした。まず、スマートフォンへの着信やメッセージ受信を通知してくれるなどの機能はもちろん備えながらも、見た目はウェアラブルデバイスっぽくないアナログの時計であること。しかも心拍計測機能がある上で、バッテリーは最大25日間も持つのです。

ウェアラブルデバイスの最大の弱点は「充電が面倒くさい」ということでした。これが理由で利用しなくなった端末がどれほどたくさんあることか。腕時計型、リストバンド型のデバイスの多くは数日しかバッテリーが持ちません。そんな中でこの「Steel HR」は一度充電したら最大25日は装着しっぱなしで良いのです。あ、お風呂に入る時ぐらいは外しますけどね。

見ての通りシンプルなアナログ時計に見えてスマートウォッチです

見ての通りシンプルなアナログ時計に見えてスマートウォッチです

さっそくiPhoneとペアリングさせて活用開始。本当に25日も電池が持つのかな?!

さっそくiPhoneとペアリングさせて活用開始。本当に25日も電池が持つのかな?!

Withingsアプリのポータル画面。青森にいると全然歩きませんね(汗)

Withingsアプリのポータル画面。青森にいると全然歩きませんね(汗)

睡眠の状態。あ、これは7時過ぎには起きていたのですが、ボケッとしていたので睡眠中と判断しているようです。どこからどこまでが睡眠であるかの自動判別は難しそうですね

睡眠の状態。あ、これは7時過ぎには起きていたのですが、ボケッとしていたので睡眠中と判断しているようです。どこからどこまでが睡眠であるかの自動判別は難しそうですね

睡眠中の心拍変動。飲み過ぎて寝ると心拍高めなのが分かります

睡眠中の心拍変動。飲み過ぎて寝ると心拍高めなのが分かります

継続することが楽しいウェアラブル

もともとWithings社のデバイスでは「Wi-Fi体組成計」を2011年から愛用してきました。かれこれ6年半以上の体重、体脂肪率がクラウドに蓄積されています(あまり反省が伴わないのですが)。この体重のモニタリングをするための「Withingsアプリ」にて、さらにSteel HRを加えることで活動量や心拍変動、さらに睡眠の状態なども自動記録されるようになります。一時的な利用だけではデータの変動が見られないので面白みを感じないでしょうが、これが何年も蓄積されてくると、振り返りが楽しくなりますよ。

まずは、本当に充電した電池が25日近く持つのかどうかを試してみたいと思います。さらに、AppleWatchほどではないものの、Withingsのスマートウォッチもサードパーティからベルト等のアクセサリが発売されています。さっそくいくつか気になった交換バンドを注文してみました。そうしたレポートもまたお届けしたいと思います。

こちらは6年半も愛用しているWithings Wi-Fi体組成計(Withwings社のホームページより)

こちらは6年半も愛用しているWithings Wi-Fi体組成計(Withwings社のホームページより)

6年半ほどの体重変動。途中、Wi-Fiにつながっていなかった時期は大きく飛んでいます。昨年前半、だいぶ頑張って体重を落としたのですが、まだまだですね。長期のデータが蓄積されていると振り返りが楽しいです

6年半ほどの体重変動。途中、Wi-Fiにつながっていなかった時期は大きく飛んでいます。昨年前半、だいぶ頑張って体重を落としたのですが、まだまだですね。長期のデータが蓄積されていると振り返りが楽しいです

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

iPhone 5cを超える6色展開のm1。しかも低価格でハイスペック

シャオミを超えた!?中国メイズのスマホがスゴイ|山根康宏のワールドモバイルレポート

2014年の世界のスマートフォン市場の大きな話題と言えば、中国の新興メーカー「シャオミ(Xiaomi

記事を読む

デュアルSIM対応スマートフォンはデュアル待ち受け可能、アンテナも2本立っている

MVNO時代に便利なデュアルSIMスマホ、4G完全対応に期待|山根康宏のワールドモバイルレポート

日本でも毎月のようにSIMフリースマートフォンの新製品が登場するようになった。それらの中には大手メー

記事を読む

eyecatch_vol1

【トークセッションVol.1】ウェアラブル、IoT、モバイルのココだけのハナシ

株式会社ウェブレッジは東京ビッグサイトで開催された、「Japan IT Week春 第9回 We

記事を読む

カシオ EQB-500

これからのスマホ、これからのウェアラブル|池端隆司のモバイルジャンクション

みなさん、こんにちは池端です。 突然ですが最近、コンピューターの歴史を振り返る機会がありました。ハー

記事を読む

地方で中古スマホといえばゲオ。全国に約1,300の店網

買取られたスマホはどこへ行く?(その1)|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 新しいスマートフォン(以下、スマホ)を購入したとき、それまで使われていたスマホはどうされていますか

記事を読む

ドコモがiPhoneを導入せざるを得なかった理由

ドコモがiPhoneを導入せざるを得なかった理由|池端隆司のモバイルジャンクション

先日、若い世代のスマホユーザーと座談会めいたことをしてみました。私と進行役のアラフォー男性と20

記事を読む

モバイルコンテンツ市場規模(出典:MCF)

まだまだ成長を続けるモバイルコンテンツ市場|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる8月24日、モバイルコンテンツ配信事業を行う企業が参加する業界団体・一般社団法人モバイル・コンテ

記事を読む

Samsungの「ノート」と同日発表したHong Mi Note2。だが国内市場での反応は以前ほど熱狂的ではなかった

今度は台湾で行列マーケティングを行うXiaomi|山根康宏のワールドモバイルレポート

AppleのiPhoneやSamsungのGalaxy Sとほぼ同等の性能で価格は半額以下、という触

記事を読む

SUSの顔ともいえるPadFoneだが商業的には苦戦している

シェア奪回を目指すASUSのスマホ新戦略|山根康宏のワールドモバイルレポート

台湾のPCメーカー、ASUSがこの春に発売した『Zenfone』の売れ行きが好調だ。先行販売されてい

記事を読む

MWC2015で発表されたGalaxy S6とS6 edge

Samsungの反撃体制がようやく整ったMWC2015|山根康宏のワールドモバイルレポート

世界最大のモバイル関連イベントである「Mobile World Congress 2015(MWC2

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑