音声認識技術で存在感を表すアマゾン|山根康宏のワールドモバイルレポート

今年も1月3日からラスベガスで開催されたCES(Consumer Electronics Show、コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)は、今年のIT業界のトレンドが一堂に集まるイベントだ。2016年からは主催団体の名称がそれまでのConsumer Electronics Association (CEA)からConsumer Technology Association (CTA)へと変わり、テクノロジー関連を強化したイベントに様変わりしている。

2017年のCESではAR/VRやAI、また自動車関連の出展が目立つものとみられていた。だが蓋を開けてみればこれらの技術よりも目立つものがあった。それは音声認識系の製品だ。音声認識と聞くと、AppleやGoogle、Microsoftといったパソコンやスマートフォン上で動くものを思い浮かべる人が多いだろう。しかしCES2017の主役はこれらの企業では無かった。音声認識技術で注目をさらったのはAmazonだったのである。

CES2017の会場内で最も目立っていたのがAmazon Alexaだ

CES2017の会場内で最も目立っていたのがAmazon Alexaだ

CES2017の会場内にはAmazonの音声認識技術であるAlexa(アレクサ)に対応した製品があちこちに展示されていた。それは家電に留まらず、小さいものならばウェアラブルデバイス、大きいものであれば自動車など、その数は数百を超えていたほどである。新製品の発表会で「音声でコントロールが出来る」と説明があれば、その次に出てくる言葉は「Alexa」。IoT製品をコントロールするのはスマートフォンアプリではなく、直接話しかけることがトレンドになろうとしているのだ。

Alexaは当初、Amazonが発売したスピーカー型のデバイス「Amazon Echo」に搭載された。このEchoだけが対応デバイスであれば、Alexaの利用が他社の製品に広がることは無かっただろう。だがAmazonはAlexaのSDKを開放し、他のハードウェアメーカーでもAlexaの音声認識エンジンを使えるようにした。そしてサードパーティーを含む様々な企業からAlexa対応のプログラムである「スキル」が登場し、「アマゾンで注文する」以外のことが、Alexaで出来るようになったのだ。

例えばAlexaに対応したFordの自動車を持っていれば、自宅の部屋の中からAmazon Echoに話しかけてエンジンをかけることができる。乗車中は近所のコーヒーショップの検索と道順を表示してもらったり、自宅の電気を消す、といったことも音声で指示できる。いちいちスマートフォンを取り出してアプリをタップしたり、あるいはスマートフォンに話しかける必要も無いのだ。

Fordのコネクテッドカーソリューション、Sync 3とAlexaが連携。車をAlexaでコントロールできる

Fordのコネクテッドカーソリューション、Sync 3とAlexaが連携。車をAlexaでコントロールできる

ここ数年で莫大な量のIoT製品が市場に登場したが、それらをコントロールするためにはスマートフォンにアプリを入れなくてはならない。しかし利用するIoT機器の数だけアプリも必要となる。家の中のスマート家電ならば、同じメーカーの製品であれば1つのアプリでコントロールが可能だろう。しかし現実は、家の中の全ての家電を同じメーカーで揃えることは不可能だ。またウェアラブルデバイスなど様々な機器が増えれば、さらに必要なアプリは増えていく。

つまり家や人間の「スマート化」が進めば進むほど、スマートフォンの中身はアプリだらけと言う、スマートとは言えない状況になっていくのだ。もちろんAppleはHomeKitを拡張するだろうし、GoogleはGoogle HomeでAmazonを追いかける。両者ともに音声認識の重要性は十分認識しているところだろう。だがAlexaはすでに使える製品が多数登場しており、「遠い未来」ではなく「今、すぐに買って使える」技術なのである。

スマートウォッチもAlexa対応。AppleやGoogleの音声認識を使わない製品が登場

スマートウォッチもAlexa対応。AppleやGoogleの音声認識を使わない製品が登場

Alexaを使ってみると、スマートフォンのアプリを使うことがいかに面倒なのかを体感できる。リビングルームの明かりをつけるとき、Alexaならば「あかりをつけて」と話しかけるだけでよい。それに対してスマートフォンの場合は、ロックを解除してアプリを起動し、画面をタップしなくてはならない。アプリが多数入っていれば、そのアプリを探す時点で大変だ。Alexaの簡単操作に慣れてしまうと、スマートフォンアプリを使うのが億劫になっていくだろう。しかもスマートフォンアプリは概して高性能だ。ボタン一つタップする前に、設定項目が多数必要なものも多い。

もちろんAppleなどもAmazonの動きへ対抗していくだろう。だが2017年になり、時代は「Amazon Alexa対応でスマートフォンいらず」という流れに急速に向かっている。このままいけばAlexaが音声認識のデファクトスタンダードとなり、他のメーカーも「まずはAlexaに対応」という動きに出るだろう。CES2017ではApple HomeKitにのみ対応していたスマートホーム関連製品を出しているiDevicesが、Google Homeへの対応を大々的にアピールしていた。Google Homeが発表されたのは昨年10月。しかしその動きですら遅すぎるように感じられるほど、Alexaが急激に台頭しはじめているのだ。iDevicesもいずれAlexaへ対応するのではないだろうか。

iOSだけの対応では市場の動きについていけない。だがAlexaへの対応も急務になりそうだ

iOSだけの対応では市場の動きについていけない。だがAlexaへの対応も急務になりそうだ

このままAlexa対応製品が増えていけば、IoTデバイスを「アプリではなく音声で動かす」時代があっという間にやってくるかもしれない。現時点ではAlexaの対応言語は英語とドイツ語だけだが、いずれ西洋言語、そして東洋言語へも対応するだろう。そうなるとAmazonがApple、Googleに取って代わって誰もが日常的に使うサービスになるかもしれない。

中国では中国版Amazonとも言えるJD.com(京東)がAmazon Echo類似の製品を出しており、家電との連携も強化。Amazonへの対抗姿勢を見せている。では日本ではどんな動きがおきるのか?このままAmazon、JD.comに飲み込まれることなく、日本ならではの音声認識サービスが登場することを期待したい。

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

S03

欧州で見つけたシニア向けスマホ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

先だって出張したドイツの家電量販店で見かけたユニークなスマホ第一弾! これはどうもシニア向けスマホの

記事を読む

シャオミすら霞んで見えてしまうハイスペックなLeTV One

ついに大手を超えた!超ハイスペックスマホが中国から登場|山根康宏のワールドモバイルレポート

Xiaomi(シャオミ、小米科技)は低価格なスマートフォンで世界シェアを着々と高めている。同社の1万

記事を読む

多数の派生モデルも加え、1年半の間に約3000万台を売ったZenFoneシリーズ

ラインナップ一新のZenFone 3、市場拡大を目指すASUSの新戦略|山根康宏のワールドモバイルレポート

ASUSのZenFoneシリーズと言えば、日本でも2万円台から買えるSIMフリースマートフォンとして

記事を読む

ガラケー感覚でスマホを操れます

ガラホ?それともスマケー? FREETEL「MUSASHI」を衝動買い|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

MVNOの台頭とともに、SIMフリースマホが日本でも普通にラインアップされる時代となって、とてもワク

記事を読む

今月初旬にソウルを訪れた際にロッテ百貨店で見かけたGALAXYショップ。もちろん、スマホのほうは別フロアです。

サムスン「GALAXY」の意外なブランドルーツ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

日韓関係が冷え込んでいるのが気になる日々ですが、私は以前から韓国にも友人が多く、年に1~2回は渡航し

記事を読む

Micromaxのハイエンド端末「Yutopia」。先進国でも通用するスペック

世界2位のスマホ大国になったインド、世界進出を狙う地場メーカー|山根康宏のワールドモバイルレポート

世界最大のスマートフォン市場といえば中国だ。Strategy Analyticsによれば2015年の

記事を読む

85ユーロのWindows Phone、Lumia530

マイクロソフトの「本気」が詰まった低価格スマホが登場|山根康宏のワールドモバイルレポート

マイクロソフトは85ユーロのスマートフォン『Nokia Lumia 530』の販売を開始した。ノキア

記事を読む

香港で販売されるisai LGL22。これも正規の販売品ではないが人気は高い

アジアでも人気!auのスマホは海外進出すべき|山根康宏のワールドモバイルレポート

2014年12月24日にKDDIから発表されたスマートフォン「Fx0」はFirefox OSを搭載し

記事を読む

MWC2015で発表されたGalaxy S6とS6 edge

Samsungの反撃体制がようやく整ったMWC2015|山根康宏のワールドモバイルレポート

世界最大のモバイル関連イベントである「Mobile World Congress 2015(MWC2

記事を読む

こんな感じでワイワイと集合写真も自撮りできてしまいます。もちろん風景のアングルをしっかり決めて自撮りするのに大変重宝しそう。

2015年のブームは、ずばり「セルカ棒」!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

新年、あけましておめでとうございます。今年も筆者が気になったモバイルを巡る話題をコラムとしてお届けし

記事を読む

PAGE TOP ↑