宝さがし感覚で街を歩ける、日本人が考えた不思議な「石」が楽しい|山根康宏のワールドモバイルレポート

次から次へと生まれるIoTデバイスは我々の生活を便利なものにしてくれる。だが気が付けば、寝ている時以外の時間はスマートフォンの画面を見ていてばかり、そんな状況になってはいないだろうか。スマートフォンを取り出さなくても情報をチラ見できるデバイスとしてスマートウォッチが出てきたが、市場は停滞したままだ。結局スマートフォンを取り出したほうが手っ取り早く、得られる情報も多いということなのだろう。

とはいえスマートフォンさえ持っていれば、見知らぬ街へ行っても道を迷うことなく目的地にたどり着くことができるし、地元の美味しいレストランを教えてくれる。海外旅行に重たいガイドブックを持っていく時代は過去のものとなり、スマートフォンの電池が切れないようにモバイルバッテリーを用意することが旅の準備の常識になりつつある。

だがスマートフォン片手に旅行をしてみると、実は記憶がところどころ断片的になってしまう。それは歩きながらスマートフォンの画面に見入ってしまうためだ。「いいホテルに泊まり、美しい観光地を訪問したものの、街の中を歩いた記憶が一切ない」。せっかく旅行に出かけても、それは勿体ないというものだ。しかしスマートフォンの地図アプリが無ければ、街中を自由に歩くことも難しい。

スマーフォンを見ずに街歩きできる「Compass Stone」

スマーフォンを見ずに街歩きできる「Compass Stone」

「スマートフォンの画面を見ずに、街歩きを楽しむことができる」。日本のYEAAHが開発した「Compass Stone」は、そんな面白い体験を提供してくれるIoTデバイスだ。手のひらに収まる小型の石のような形をしたデバイスには、表面に12個のLEDライトが放射状に内蔵されている。このCompass Stoneを手に持てば、目的地まで迷うことなく歩くことができるというのだ。

使い方は簡単で、Compass Stoneのスマートフォンアプリで目的地の場所をセットする。するとCompass StoneのLEDライトの一つが点灯する。あとはスマートフォンをポケットやカバンの中に入れてしまえばよい。Compass Stoneを手に持って、ライトの光る方向に向かって歩いていけば目的地まで到着できるというわけなのだ。

もちろん道路はまっすぐではないだろうし、行く手には建物が立っているかもしれない。だがCompass Stoneは目的地への方向がずれていけば、自動的に別のライトが光り目的地の方向を自動的に修正してくれる。歩きながら途中で気になるお店を見つけたり、あるいはネコを見かけて追いかけてしまったとしても、Compass Stoneは常に目的地の正しい方向のLEDライトが光るため、方向を見失うことが無いのだ。

手のひらサイズでコンパクト

手のひらサイズでコンパクト

街を歩きながら、風景を眺め、気になる建物や風景を見かけたらスマートフォンで写真を撮る。そうして歩きながら、たまにCompass Stoneを見れば自分がどちらの方向に向かって歩けばいいかを常に導いてくれる。これがスマートフォンの地図アプリの場合だと、地図の東西南北がわからずどちらに歩き出していいか迷ってしまうこともあるだろう。また時たまGPSの場所がずれてしまい、自分の位置がどこなのかさえわからなくなってしまうこともある。

Compass Stoneは常に目的地の方向を教えてくれるが、途中のルートは教えてくれない。道に沿ってあるくなり、方角に向かって進むなり、自由に歩けばいいのだ。そうすることで、普段住んでいる町やよく行く場所でも、時には一度も通ったことも無い道を歩く、そんな新たな体験も提供してくれる。逆に言えば仕事のアポのため目的地に急ぐ場合に使う用途には向いていない。だがそんなときはそれこそスマートフォンの地図アプリを使えばいいだけのことだ。

Compass Stoneの表面のLEDの光を頼りに、その方向へ歩けばいい

Compass Stoneの表面のLEDの光を頼りに、その方向へ歩けばいい

YEAAHの代表取締役の森 圭司氏と実際に街を歩いてみたが、スマートフォンの画面に頼らず目的地へ向かってみると、たしかに街の中の風景が自然と目に入ってくる。途中で道を間違ってしまっても、Compass Stoneのライトが切り替わり正しい方向を教えてくれるので、道に迷うということもないのだ。石に導かれて歩く様は、テクノロジーの進化の中で人間がどんどん忘れてしまおうとしているアナログ的な感覚を呼び戻してくれる。

このように「歩くことの楽しみ」を教えてくれるCompass Stoneだが、イベント会場で使ったり、子供に持たせて親子で楽しむなど、様々な応用展開も出来るだろう。日本人らしい発想から生まれたデジタルとアナログを融合させたCompass Stone、2017年夏には製品化予定とのことである。

Compass Stone、2017年夏には製品化予定

Compass Stone、2017年夏には製品化予定

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

160902_001

この発想は無かった!アナログ時計とスマートウォッチを一体化させた、両面腕時計は登場するのか|山根康宏のワールドモバイルレポート

2016年9月にベルリンで開催された家電とIT関連展示会「IFA2016」では多くのスマートウォッチ

記事を読む

最初から腕時計デザインを採用したHuawei Watch

腕時計を目指すスマートウォッチ|山根康宏のワールドモバイルレポート

Apple Watchの登場で一気に注目を浴びる存在となった腕時計型のウェアラブル端末「スマートウォ

記事を読む

ドコモがiPhoneを導入せざるを得なかった理由

ドコモがiPhoneを導入せざるを得なかった理由|池端隆司のモバイルジャンクション

先日、若い世代のスマホユーザーと座談会めいたことをしてみました。私と進行役のアラフォー男性と20

記事を読む

190608_01_000

スマートウォッチは機能からデザインへ、腕時計メーカーの存在感も高まったIFA2016|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンと接続して連携操作ができるスマートウォッチ。一時は毎月のようにスマートフォンメーカ

記事を読む

LTE対応表

国内通信事業を統合したソフトバンク、その思惑は?|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

1月23日、ソフトバンクは国内で携帯電話やインターネット通信などを手がける4つの子会社、すなわちソフ

記事を読む

料金先払いで無料データをゲット。喜んで先払いするユーザーが多いだろう

「余剰データを個人が販売」「料金先払いで無料データゲット」香港キャリアの面白いサービス|山根康宏のワールドモバイルレポート

日本のMVNOのmineoが利用者の余剰のデータ利用分を集め、それを自由に各ユーザーが再利用できるサ

記事を読む

同社はプロジェクター内蔵タブレットも手掛けるが、小型のスマートフォンにより大きな注目が集まる

今度こそ成功する?新たなプロジェクター内蔵スマートフォンがまもなく発売|山根康宏のワールドモバイルレポート

Akyumen Technologiesはスマートフォンの上部にプロジェクターを内蔵した「Hawk」

記事を読む

インドでシェア3位に食い込んだIntex

インドで急成長のスマホメーカー、Intexが注目を集める理由|山根康宏のワールドモバイルレポート

携帯電話加入者数が9億を超えるインド市場で、スマートフォン販売シェアに大きな動きが起きている。シェア

記事を読む

Datawindの3000円スマートフォン。低スペックだが低所得者でも楽に買えるのは現地で大きな魅力だ

激安タブレットの次は3000円スマホ、スマホはコンビニ販売が普通になる?|山根康宏のワールドモバイルレポート

今やスマートフォンが無料で買えるのは当たり前だが、当然のことながら2年契約が必要だ。またスマートフォ

記事を読む

海外展示会(IFA2015)のSiemensブース。オーブン新製品の一部のみがスマートオーブンだ(Home Connect対応製品)

スマートホームの普及は身近な家電から|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンやタブレットを使って家電製品のコントロールしたり、ドアの開閉やIPカメラを使い家庭内の

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑