スマホケースにドローンを内蔵!IoT機器とスマートフォンの新しい関係|山根康宏のワールドモバイルレポート

ここ数年、急激に注目を浴びている小型の無人飛行機「ドローン」。実際は小型サイズのヘリコプターとでも呼べる形状をしており、スマートフォンを使ってコントロールすることもできる。無人でどこでも飛べる事や、スマートフォンとの間でデータの送受信が可能なことから、単なるラジコンのヘリコプターとは異なり、監視用途や配達用途など、業務向けの使い方の模索も始まっている。

最近では一般消費者向けの小型のドローンも増えており、カメラを内蔵して空撮を楽しむことができる製品も増えている。とはいえ、まだまだドローンを買って休日に楽しむ、というケースはごく限られた層だけだろう。ドローンの価格もまだ高めで、安いものでも5万円前後。スマートフォンの周辺機器として買うにはちょっと手が届きにくい。

ところがクラウドファウンディングサービスのKickstarterに登場した「AriSelfie」が、ドローンユーザーを一気に広げてくれるかもしれない。このAirSelfie、なんとスマートフォンのケースにドローンが内蔵されているのだ。AirSelifeはその名の通りセルフィー、つまり自撮りをするためのドローンだ。カメラを内蔵しており、AirSelfieを飛ばして自分一人や仲間たちとの写真を撮影できる。もちろんスマートフォンのアプリで撮影画面のプレビューができるので、最適な瞬間の1枚を撮影できる。

スマホのケースにドローンを内蔵したAirSelfie

スマホのケースにドローンを内蔵したAirSelfie

AirSelifeはまたiPhoneだけではなく、ファーウェイのライカカメラ内蔵スマートフォン「P9」、サムスンの「Galaxy S7 edge」、グーグルの「Google Pixel」などにも対応する。この手の製品はiPhoneのみに対応するものも多い中で、Androidのハイエンド端末にも対応し、ユーザー層を増やそうと考えている。

手の平に乗る超小型ドローンはすでにいくつもの製品が出ているが、意外と面倒なのが持ち運びだ。専用ケースに収納して、それをカバンの中にしまってしまえば、いざ使おうという時にわざわざ取り出すのも面倒なものである。一方AirSelfieはケースの厚みがスマートフォンの倍以上と大きくなるものの、スマートフォンを取り出せばいつでもドローンを引き出して使うことができる。仲間内で集まって集合写真を取りたい時など、その瞬間を逃すことも無いだろう。

こんな集合写真が簡単に撮れるのも、ケースからすぐに取り出して利用うできるからだ

こんな集合写真が簡単に撮れるのも、ケースからすぐに取り出して利用できるからだ

AirSelfieのように、スマートフォンのケースに機器を収納するというアイディアは、もしかするとこれから登場するであろう、新しいIoT製品にも有用かもしれない。たとえば一時期大きな話題になった眼鏡型のウェアラブル機器「グーグルグラス」は、眼鏡をかけない人にとっては使いにくものだった。しかし、もしも使わない時にスマートフォンのケースに収納できるような形状であったならば、使いたい時だけさっと取り出して使える便利なアイウェアとしての評価も高まったかもしれない。

身体に取り付けるウェアラブルデバイスは、腕時計の代替となるスマートウォッチの普及が意外と進んでいない。腕時計はそもそも時間を見る道具であり、また自己をアピールするファッションアイテムでもある。1時間に何度も腕時計を見たり、その腕時計をなんどもタッチして操作する、という用途には本来は向いていないのかもしれない。

Google Glassの失敗の一因は、使わない時に邪魔になることだったのかもしれない

Google Glassの失敗の一因は、使わない時に邪魔になることだったのかもしれない

しかし腕時計以外のウェアラブルデバイスで、常に身体に取り付けておくことができそうなものはあまり多くない。今後センサーを内蔵した衣類も増えてくるだろう。また耳に装着するヘッドフォン型のデバイスで音声コントロールに対応した製品もいろいろと出てきそうだ。

だがもしかすると、「使いたい時だけスマートフォンから取り外して使う」なんて機器の方が、案外使いやすいかもしれない。音楽をワイヤレスで聞くBluetoothヘッドセットも、専用ケースに入れて収納するよりも、いっそのことスマートフォンのケースに装着できる製品として販売したほうが売れるかもしれない。

モトローラが2016年秋に発売した『Moto Z」は、本体の背面にカメラやプロジェクターのモジュールを装着できる、合体式のスマートフォンだ。それぞれのモジュールは単体では利用できないが、このモジュールとしてAirSelfieのような「ドローンモジュール」や「Bluetoothヘッドセット収納モジュール」なんてものが出てきたら便利だろう。かもしれない。モトローラももしかすると、次の合体式モジュールは、取り外しても単体で利用できるものを考えているかもしれない。

いま最も熱いウェアラブルデバイスともいえるApple AirPods。iPhoneケースに収納できるアイディアはどうだろうか?

いま最も熱いウェアラブルデバイスともいえるApple AirPods。iPhoneケースに収納できるアイディアはどうだろうか?

スマートフォンを中心に、スマートフォンと接続できるウェアラブルデバイスやIoT機器はこれからいろいろなものが出てくるだろう。だが使ってもらうための1つのアイディアとして「スマートフォン用のケースに収納できるようにする」という考えは悪くないのかもしれない。AirSelfieが市場に出てきてからの、利用者の反応が大いに気になるところだ。

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

日本メーカーからもWindows 10スマートフォンが登場(MADOSMA)

Windows 10スマートフォン登場で消える、第三のスマホOS|山根康宏のワールドモバイルレポート

「第3のスマートフォンOS」合戦が盛り上がったのはまだ1年ちょっと前のこと。GoogleやApple

記事を読む

170301_03

NB-IoTを真っ先に乗せたいスマートスーツケース|山根康宏のワールドモバイルレポート

2017年はLPWA(ローパワー・ワイドエリア)を使った様々なIoTデバイスが登場する年になるだろう

記事を読む

モバイルコンテンツ市場規模(出典:MCF)

まだまだ成長を続けるモバイルコンテンツ市場|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる8月24日、モバイルコンテンツ配信事業を行う企業が参加する業界団体・一般社団法人モバイル・コンテ

記事を読む

WR171001_02

香りの世界にもIoT、スマホを使って自由に香りを演出しよう|山根康宏のワールドモバイルレポート

3DディスプレイやVR/ARグラスなど、実際に無いものを見ることのできるバーチャルな体験が

記事を読む

透明度を下げれば発電効率は上がる。用途によっては低透過率のパネルでも十分だろう

スマホの電池切れの心配が無くなる、ディスプレイで充電できるWysips Crystalに期待|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンやスマートウォッチの電池切れは頭の痛い問題だ。スマートフォンの電池を長持ちさせるための

記事を読む

大手3事業者はLTEでも激しい加入者獲得合戦を繰り広げるだろう

見えてきた台湾のLTE時代 | 山根康宏のワールドモバイルレポート

国を挙げてWiMAXを次世代高速通信規格として推進していた台湾。そのためLTEの導入は他のアジア各国

記事を読む

001

グループの屋外活動に便利な「Life360」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

放任主義の筆者は、大学のゼミでも学生主体の自主運営を推奨しております。そんななか、ゼミ3年生からフィ

記事を読む

モバイルSIM登場の衝撃

デュアルSIM黎明。端末一個で2番号を格安で使い分けろ!|池端隆司のモバイルジャンクション

こんにちは、池端です。 まずはおなじみの宣伝から…モバイル界隈の分析やぶっちゃけ(!?)トークが満載

記事を読む

多数の派生モデルも加え、1年半の間に約3000万台を売ったZenFoneシリーズ

ラインナップ一新のZenFone 3、市場拡大を目指すASUSの新戦略|山根康宏のワールドモバイルレポート

ASUSのZenFoneシリーズと言えば、日本でも2万円台から買えるSIMフリースマートフォンとして

記事を読む

Mobile Asia Expo 2014でも多数の4G関連の展示を行った中国移動

早くも高速化が見えてきた中国のLTE|山根康宏のワールドモバイルレポート

中国の通信事業者3社の4Gサービス競争が本格化している。世界最大の契約者数を誇る中国移動は低価格機を

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑