LEDライトで文字表示もできる!最新のペット用ウェアラブルデバイス製品|山根康宏のワールドモバイルレポート

公開日: : 最終更新日:2016/12/13 山根康宏のワールドモバイルレポート ,

ここのところスマートウォッチの話題が低調なウェアラブルデバイス市場。腕時計型の小型デバイスでは出来ることに限界があり、アプリを入れてスマートフォン代わりに使おうという動きはほとんど聞かれなくなっている。鳴り物入りでサービスが始まったApple WatchのSUICA機能も、ターゲットユーザーはJR東日本エリアだけと、盛り上がりはこれからという状況だ。

一方では腕時計そのもののデザインをしたスマートウォッチの人気が少しずつ高まっている。Fossilなどが販売するスマートウォッチはアナログ時計の外観で、スマートフォンからの通知はバイブレーションやライト、あるいは文字盤内の針の動きで表示される。スマートウォッチに限らず身体に装着するウェアラブルデバイスは、機能よりもファッション性がまだまだ求められているのだろう。

さてペットに付けるGPSトラッカーなど、ペット用ウェアラブルデバイスの世界にも、ファッションや見た目を考えた製品が登場しつつある。散歩中にペットが突然いなくなってしまい途方に暮れることもあるが、GPSトラッカーは、ペットに付けておけばスマートフォンで居場所をすぐに探索できる。ペットを飼っている人には必須でもあり、すでに多数の製品が発売されている。

ペットのウェアラブルデバイスも華やかに!

ペットのウェアラブルデバイスも華やかに!

とはいえせっかくペットの首輪に小型端末を取り付けるのならば、プラスアルファの機能も備えたい、そう考えて作られた製品がお目見えした。それが「Neo Pop」だ。このNeo Pop、ペットの首輪そのものとして利用する製品なのだ。しかし本体にはLEDライトを備えており、スマートフォンからライトの点滅パターンを変えたり、文字を表示させておくことができる。もちろんiPhoneとAndroidの量対応だ。

たとえば自分の携帯電話番号を表示させておけば、夜にペットと一緒に散歩に出かけたとき、もしもペットがどこかへ行ってしまっても、首輪が光っているので、探してくれた人が連絡をしてくれるだろう。また迷い犬になっていても、人目に付きやすい。草むらや狭い場所に入り込んだ飼い猫も、光があれば見つけやすいだろう。他にもペットの名前を表示しておくなど、ファッションアイテムとしても利用できる。そして夜間にペットが道路に出てしまっても、光があれば車からも見やすく、交通事故にあう危険性も低減できる。

LEDライトで文字や電話番号などを光らせることができる

LEDライトで文字や電話番号などを光らせることができる

Neo Popの機能は現時点ではLEDライトを光らせるだけだ。開発元によるとGPSの搭載も検討中で、現在開発を行っているとのこと。韓国ではすでに販売されているが、今後日本やアメリカなど海外展開される予定だが、その際にはGPS機能はぜひ搭載してもらいたいところ。また10分の充電で2時間の利用と、充電時間が短いことは評価できるものの、連続利用時間はこの数倍は欲しいところ。現時点では外に行く時だけこのNeo Popをペットに取り付ける、という使い方が向いているのかもしれない。

さてペット用として開発されたNeo Popだが、トラッキングデバイスとして子供やお年寄り用への応用展開もできるだろう。ペットの首輪用に開発されたNeo Popのサイズは、人間ならばちょうど手首につけておくのにピッタリなサイズだ。RFIDも内蔵しており、より細かい住所情報などを記録させておくこともできる。また一方では単純に文字を変えたり色を点滅させることのできるリストバンドとして、パーティーグッズとして使うのも楽しそうだ。

表示文字はスマートフォンアプリからカスタマイズ可能

表示文字はスマートフォンアプリからカスタマイズ可能

Neo Popの開発元によれば、自由に折り曲げできて文字表示をカスタマイズできるLEDライトは世界初とのこと。洋服や靴などのウェアラブルデバイスだけではなく、ドローンの本体に内蔵するなどIoT製品向けにも応用ができるだろう。フレキシブルLEDなら今まで文字を表示させたり光らせたりすることが難しかった場所への展開も自在にできる。次なる製品の登場に期待したいところだ。

さてスマートフォン新興メーカーとして注目を浴びるXiaomi(シャオミ)からも、ちょっと面白いウェアラブルデバイス「LocatePhone」が登場した。こちらもGPSトラッカーとして子供や荷物へ取り付けることを考えた製品だが、中国では早くもペットに取り付けて、居場所を常に確認する用途に利用しているユーザーもいるという。

シャオミのLocatePhoneの最大の特徴は、2Gの携帯電話機能を内蔵しながらも価格はわずか2800円(169元)であること。本体にはナノSIMカードトレイを備え、手持ちのSIMカードを入れて使うことができる。GPSと携帯電話ネットワークを併用することで、より正確な場所を確認することができるというわけだ。本体は40グラムと軽く、これならペットの首輪に取り付けても邪魔にはならないだろう。しかも1回の充電で10日間利用できるので電池切れの心配も無い。スマートフォンアプリからはLocatePhoneの場所だけではなく、電池残量も確認できるのだ。

シャオミが発売したLocatePhone。格安なのに携帯電話機能も内蔵している

シャオミが発売したLocatePhone。格安なのに携帯電話機能も内蔵している

LocatePhoneには発信ボタンもあり、指定した電話番号に電話をかけることができる。ペットにつけておけば、ペットを拾った人がボタンを押して飼い主と通話することもできるというわけだ。自分で意思疎通が計れないペットだからこそ、このLocatePhoneを付けておけば安心できる。シャオミとしてはペット向け用途は考えていないようだが、首輪に取り付けるためのフォルダーなどもぜひ発売してほしいものである。

ペット用のウェアラブルデバイスも、いずれは運動量を計測したり心拍センサーを搭載するなど、高性能化が進むだろう。もちろん飼い主にとって一番必要な機能は、ペットがいなくなってしまったときのトラッキング機能だ。ウェアラブルデバイスの進化は、飼い主が安心してペットを飼うことのできる環境も提供してくれるのである。

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

LGのVRヘッドマウントディスプレイはスリムな形状で使いやすい

MWC2016でスマホ新製品より目立ったVR。2016年はVR元年になるか|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォン以外にも注力するスマホ各メーカー 大手メーカーの最新スマートフォンが次々に発表された

記事を読む

Micromaxのハイエンド端末「Yutopia」。先進国でも通用するスペック

世界2位のスマホ大国になったインド、世界進出を狙う地場メーカー|山根康宏のワールドモバイルレポート

世界最大のスマートフォン市場といえば中国だ。Strategy Analyticsによれば2015年の

記事を読む

MWC2015で発表されたGalaxy S6とS6 edge

Samsungの反撃体制がようやく整ったMWC2015|山根康宏のワールドモバイルレポート

世界最大のモバイル関連イベントである「Mobile World Congress 2015(MWC2

記事を読む

Tudouが発売するタブレットはTVユーザーも取り込む

有料動画サービスとタブレットをセットで売るTudouの新しい試み|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンやタブレットでも視聴できる動画配信サービスが花盛りだ。YouTubeに代表される動画共

記事を読む

同社はプロジェクター内蔵タブレットも手掛けるが、小型のスマートフォンにより大きな注目が集まる

今度こそ成功する?新たなプロジェクター内蔵スマートフォンがまもなく発売|山根康宏のワールドモバイルレポート

Akyumen Technologiesはスマートフォンの上部にプロジェクターを内蔵した「Hawk」

記事を読む

中国の家電展示会のHaierブース。1ホールのほぼ全てを1社で利用している

家電とスマホの連携は常識?中国の家電展示会に見るスマート家電|山根康宏のワールドモバイルレポート

Wi-FiやBluetoothを内蔵しルーターなどを経由しスマートフォンと接続できるスマート家電の数

記事を読む

事業者との契約をiPad上から自由に選べるApple SIM。現在はiPadのみ対応で、契約期間も短期に限定

スマホ割引販売が無くなる?Apple SIMは脱インセンティブ販売を広げるか|山根康宏のワールドモバイルレポート

日本でスマートフォンを購入する場合、通常は通信事業者と2年契約を結ぶことが一般的だ。2年契約により端

記事を読む

17.3インチのAlcatel OneTouch Xess。どちらの製品も背面に取っ手がついている

超大型タブレットがTVのスマート化を加速、18インチタブレットが相次いで登場|山根康宏のワールドモバイルレポート

タブレットの大きさは7インチから10インチが一般的だ。Appleが11月に発売した『iPad Pro

記事を読む

透明度を下げれば発電効率は上がる。用途によっては低透過率のパネルでも十分だろう

スマホの電池切れの心配が無くなる、ディスプレイで充電できるWysips Crystalに期待|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンやスマートウォッチの電池切れは頭の痛い問題だ。スマートフォンの電池を長持ちさせるための

記事を読む

LTE新規参入の台湾之星は3G事業者と合併した

終焉を迎える台湾のWiMAX、貴重な2600MHzが解放に|山根康宏のワールドモバイルレポート

2014年6月にLTEサービスが始まり、各社のハイエンドスマートフォンが続々と販売されている台湾。そ

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑