植物の状態を管理できるIoTガジェット「Flower Power」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

公開日: : 最終更新日:2016/12/07 木暮祐一のぶらり携帯散歩道 ,

IoTブームに乗り、色々なIoTガジェットを見かけるようになりましたが、今日は友人からこんなガジェットを自慢されました。袋から取り出されたのはビオラの鉢植え。「何これ?」と言いつつよく見ると、何やら謎な、枝状のバーが刺さっているではありませんか。上の方にある白っぽいものは…、照度センサーにちがいない。なるほど、ということは!

何だこれは! 鉢植えに刺さっている謎の物体の方です。

何だこれは! 鉢植えに刺さっている謎の物体の方です。

植物の状態をリアルタイムに管理できるIoTセンサー

 その持ち主の説明によれば、これは植物の状態をスマートフォンやタブレットでリアルタイムに見ることができるセンサーなのだそうです。Parrot社製の「Flower Power」という商品名で…、え? Parrot? そうなんです、ドローンのメーカーとして名高いあのParrotが、どういうわけか植物IoTセンサーを商品化しているのです。Parrotのウェブサイトを見ると、確かにドローンとともに、「スマートガーデニング」というカテゴリでこのFlower Powerが並んでいますね。

なんとドローンで有名なParrot社が商品化しています。

なんとドローンで有名なParrot社が商品化しています。

 自慢してきた友人の説明も曖昧でしたので、ウェブサイト等で情報を探してみたところ、このFlower Powerの機能は4つ。本体に装着されている4つのセンサーによって、太陽光量、外気温度、肥料濃度、土湿を計測でき、その状態をスマートフォンやタブレットでリアルタイムにチェックすることができます。鉢植えでも地植えでも利用可能。電源は単4形乾電池で、約6カ月稼働するとのこと。

 また公式アプリをインストールしアカウントを作成すればParrot社のクラウドサーバーにアクセスでき、植物研究機関監修の6千種以上のデータベースから最適な手入れ方法を知ることができます。

 その友人のFlower Powerはその日から使い始めたものなので、まだ十分に植物の状態がサーバーに蓄積していなかったため、アプリ上で見ることができない項目もありました。しかし、使い始めておよそ24時間ぐらいすると最小限のデータが蓄積され、サーバーでその状況を分析し、その結果をスマートフォンに返してくれるそうです。その植物に対して水やりや肥料を与えるタイミング、植物を置くべき場所などを教えてくれます。

友人のこのFlower Powerはまだ使い始めたばかりなので使えない機能もありましたが、およそ24時間以上経過すればサーバが最適な世話の仕方を教えてくれます。

友人のこのFlower Powerはまだ使い始めたばかりなので使えない機能もありましたが、およそ24時間以上経過すればサーバが最適な世話の仕方を教えてくれます。

 筆者は不精なので、植物などまともに育てられたことがないのですが、まずは勢いでFloer Powerをポチってしまいました。これが届いたら、観葉植物でも育ててみましょう!

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

新iPhoneおよび、iOS 8へのアップデートで搭載された純正アプリ「ヘルスケア」。ホーム画面に並ぶということでアップルの本気度が分かりますよね

iPhone 6 を使って一番驚いたこと|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

iPhone 6/6 Plusが発売され、そろそろiPhoneを巡る話題も落ち着いてきた頃合だと思い

記事を読む

Apple Watchはデザイン的にも魅力的なデバイスだと感じます。しかしながらバリエーションが多くて悩んだ末にまだ買えておりません(とほほ)

ウェアラブル普及の布石となるか、Apple Watch発売開始|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

4月24日、いよいよApple Watchの発売が開始されました。さすがはAppleだけに、その出だ

記事を読む

ホテルのデスク上に置かれていた、外国人観光客向けのスマホ

スマホを無料で貸出して行動分析|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

先だって、香港の中古スマホ流通事情をご紹介しましが、その取材の際に泊まったホテルの部屋の中に、驚くべ

記事を読む

一回り大きくなり、しかも2サイズとなったiPhone 6

Apple Watchはウェアラブル端末の普及に貢献?|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

2014年9月9日、米国でついに次期iPhone「iPhone 6/6 Plus」が発表されました。

記事を読む

モバイルコンテンツ市場規模(出典:MCF)

まだまだ成長を続けるモバイルコンテンツ市場|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる8月24日、モバイルコンテンツ配信事業を行う企業が参加する業界団体・一般社団法人モバイル・コンテ

記事を読む

青森市は外国人観光客が多い街でもあります

地方都市に見るインバウンドICT対策|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 さる7月15日より、青森市のタクシー会社である文化タクシーが、車両に無料Wi-Fiおよび多言語電話

記事を読む

iot02

慶應義塾大学×藤沢市のIoTとスマートシティに関する取り組み|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる11月中旬、東京都内で「IoTのスマートハウス、スマートシティへの展開 ~居住空間から地域社会に

記事を読む

09

ApplePayで交通カード登録を検証してみた|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

10月25日より、いよいよ日本でもiPhoneの「Apple Pay」がサービスインしました。おサイ

記事を読む

p04

久しぶりのキティフォンをゲット|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

久しぶりに、楽し~いケータイが発売されましたよ。それはハローキティフォン「Hello Kitty F

記事を読む

筆者のセレクトは「OCN モバイル ONE 050 plus付き」(50MB/日パッケージですが、10月1日より70MBまで使えるようになりました)。これをSIMフリーのiPhone 5で運用しています。

MVNOのデータ通信用SIMが熱い戦いを繰り広げているぞ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

3キャリアが新料金プランへ移行しつつありますが、基本使用料がスマホの場合で2,700円(さらにISP

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑