【IoT製品紹介】外国人観光客の集客アップに役立つ製品、多言語でメニューを見ることのできる『Putmenu』をご紹介♪

公開日: : 最終更新日:2016/12/08 IoT製品紹介 ,

2015年の訪日外国人旅行者数は前年比47.1%増の1973万7千人と過去最高の数値となっているのをご存知でしょうか。
政府は東京オリンピックが開催される2020年には、訪日外国人観光客数の目標を4,000万人としており、今後も外国人観光客数の増加が見込まれます。

2016-10-21_1512

外国人観光客の増加に伴って「お店や施設等の受け入れ環境の整備」「宿泊施設の不足」「地方都市の情報発信強化」などが問題として考えられます。
今回はボクシーズ株式会社の瀧野瀬氏、北村氏に外国人観光客が今後増える際に問題となる「お店や施設等の受け入れ環境の整備」の手助けとなる製品『Putmenu』のお話をお伺いしてきましたので、その特徴などについて詳しくお伝えしていきたいと思います!

※ボクシーズさんの製品は別記事でも紹介しております
手軽に低価格でできる見守りサービス! つながるライトをご紹介♪

Putmenuとは

Putmenuは簡単に説明すると、「レストランに来た人が多言語でメニューを見ることができ、そのまま注文をすることができる製品」です。これにより、今後増加する外国人観光客に対して、多言語を話せるスタッフを用意せずとも接客対応などが出来るようになるため、売上アップの支援に繋がりそうですね!

img_8306%e4%bf%ae%e6%ad%a3

Putmenuを提供しているボクシーズ株式会社は、もともとタグキャストという位置情報サービスの開発をしており、PaperBeacon(ペーパービーコン)を開発したことがきっかけでこのサービスを始めることになったそうです。
PaperBeaconについて簡単にご説明すると、通常、箱型やLED型などのビーコンは広範囲に電波を飛ばすようにつくられているのですが、PaperBeaconはモジュールから発信する電波を閉じ込めることで、ピンポイントに位置情報を取得することができる技術、製品となっています。

PutmenuとQRコードとの比較

スマホで注文ができるという点では、現在QRコードを使用して注文することのできる店舗もありますが、QRコードとの違いやメリットは何かをみていきたいと思います。

●セキュリティ面に強い
⇒QRコードでメニューの注文ができる場合、QRコードが出回ってしまうと、お店の外にいても注文されてしまう可能性がある。その点Putmenuは表面約3センチしか反応しないようにつくられているため、いたずらの防止になる。

●お客様の手間が少なく済む
⇒QRコードだと読み込む手間が必要になるが、Putmenuはスマホを置くだけで注文することができるので、手間がほとんどない。

Putmenuを導入するメリット

●集客(売上)アップ
⇒10言語対応できることをアピールすることで、外国人観光客の集客アップを狙える。

●人手不足の対策
⇒お客様はスマホから注文ができるので、店員が注文を取りに伺うコストが削減できる。また、オンライン決済もできるので、レジを打つ時間が短縮でき、コスト削減につながる。

●ビッグデータを使用したマーケテイング
⇒いつ、何時何分に、どの言語の人が、どのメニューを頼んだかを知ることができる。これによって今後の販売戦略など、マーケテイングの材料として利用できるのは大きな魅力と感じる企業もあるだろう。

飲食店以外での利用シーン

これまで居酒屋やレストランでの利用を想定してお伝えしてきましたが、これ以外に「ホテルのルームサービス」でもこのPutmenuを導入することで、外国人観光客の集客アップだけではなく客単価をアップさせるツールとして使用できます。

●例えばPaperBeaconを各部屋に設置することで、
・スマホから飲食の注文が可能
・マッサージの依頼、備品の貸出しなども行うことが可能
・ホテル側がお土産を用意すれば、部屋からお土産を頼むことが可能になる
⇒お客様側:お土産を買うことできるだけでなく、そのお土産の説明をスマホ上で見ることもできる
⇒ホテル側:お土産売り場をわざわざ設置せずとも、バックヤードにお土産を用意しておくだけでいいため、陳列のスペース分のコスト削減につながる他、客単価のアップにもつなげられる

上記のサービスは全て10か国語での対応が可能となっているため、外国人観光客にとってはとてもうれしいサービスになるのではないでしょうか。それだけではなく、日本人もスマホだけで簡単に備品の貸し出しや注文ができるようになればとても便利ですね!

ロボホンがお店の運営をサポート!

スマホをテーブルに置くだけですぐに注文できるPutmenuですが、ロボホンと連携したサービスも展開しております。

img_8308%e4%bf%ae%e6%ad%a3

ロボホンについては別の記事でも詳細にご説明をしておりますが、簡単にご説明すると
モバイル型ロボット電話で、様々なサービスを音声でご提供できるハードウェアプラットフォームです。

ロボホンに関する情報
ロボホンがカワイイ!評判や売れ行き・販売台数も上々♪
地道に課題を1つずつ潰した。「ロボホン」から学ぶ、 IoT製品の企画・開発のポイント
「ロボホン」のマーケティング戦略〜大々的なCMではなく、地道なファン作りを〜

Puttmenu×ロボホンのスゴイ機能

・注文するとコメントをしてくれる
・お店のオススメを教えてくれる
・スマホを操作してくれる
・合計金額を教えてくれる
・店員さんに用件を伝えてくれる

2016-10-24_1933
出典:http://boxyz.com/putmenu/robot/

これ以外にも料理を待つ間ロボホンに話しかければ雑談をしてくれたり、お会計の際に店員さんを呼んでくれるなど、お店運営のサポートをロボホンがしてくれます!
お客様もロボットとおしゃべりをすることで、待ち時間が気にならなくなりそうですね。

おわりに

今回はPutmenuの特徴や利用シーン、ロボホンとの連携についてお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか。
お話をお伺いした際、実際にロボホンと会話させて頂いたのですが、とても可愛くて、お店にもしあったらロボホン目的でまたお店に行ってしまいそうだなと感じました。
今回は飲食店やホテルなどでの利用シーンを想定してご説明をしていきましたが、使い方次第でPutmenuは大きな可能性を秘めていると思います。外国人観光客が増加している日本で、Putmenuが今後どのように活用されていくのか楽しみです!

関連記事
【IoT企画・開発】飲食店メニューを10言語に自動翻訳する『Putmenu』の企画・開発の話

●Putmenu
http://boxyz.com/putmenu/

関連記事

flashtouch-icatch

【IoT技術】スマホ画面をタッチするだけでデータを送受信!新たな双方向通信技術「FlashTouch」とは?

NFCやBluetoothなどスマートフォンでの双方向通信技術は複数ありますが、それらの技術に取

記事を読む

img_2841

【IoT製品紹介】アプリで機能を変えるスマート電球「TeNKYU」をご紹介♪

近年、高齢者の一人暮らしや晩婚化が進んでいることにより、一人暮らしの世帯数が増えてきており、見守りサ

記事を読む

unnamed-1

【IoT製品紹介】ウインクで撮れる世界最速カメラ「BLINCAM(ブリンカム)」をご紹介♪

現在はスマホのカメラも普及し、昔に比べると簡単に写真が撮れるようになりましたが、よりリアルな写真、見

記事を読む

2016-10-31_1355

【IoT×農業】先端技術を使って新たな農業のかたちをつくる~スマート農業~

現在IoTは様々な分野で注目を浴びており、より便利な生活を送ることのできるIoT製品もここ最近は

記事を読む

%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a0

【IoT製品紹介】「グッドデザイン賞」大賞候補のIoT製品『MaBeee(マビー)』をご紹介!

IoT(Internet of Things、モノのインターネット)という言葉を最近よく聞くなという

記事を読む

img_8197

【IoT製品紹介】アウトドアに最適!
ウェアラブルトランシーバー『BONX』をご紹介♪

スノーボードやランニングなど、仲間同士で行ったときに困ったことはありませんか? もしスポーツ中に会話

記事を読む

2016-12-15_1957

【IoT製品紹介】伝統×最新 昔懐かしいけん玉を最新技術でリニューアル!電玉のご紹介♪

そろそろ年末も近づいてきましたが、最近はゲーム機などがたくさん普及していることから、日本の伝統的

記事を読む

robohon-product-icatch

【IoT製品紹介】ロボホンがカワイイ!評判や売れ行き・販売台数も上々♪

シャープ株式会社が企画・製造しているモバイル型ロボット電話のRoBoHoN(ロボホン)ですが、その特

記事を読む

iot_crowdfunding_m_201609-icatch

クラウドファンディングに成功した、イケてるIoT製品7選 〜Makuake編〜

起業家やスタートアップが資金調達するための手法として、世界的にもクラウドファンディングが盛り上が

記事を読む

00

【IoT×ヘルスケア】ランニング時に身につけたいウェアラブルデバイスまとめ!

ランニングスキル向上やダイエット、健康維持のためにランニングやジョギングを行っている方も多いので

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑