時間貸駐車場の満空をIoTしちゃった「Smart Park」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

このほど時間貸駐車場を簡単に検索できるアプリ「Smart Park」というものがリリースされました。駐車場検索のサービスはすでに多数アプリでも提供されているのですが、この「Smart park」が他のサービスと異なるのは、独自開発したセンサーを駐車場に取り付け「満」「空」がスマホ画面上で分かるようにしてしてしまったという、いわば駐車場IoTというようなサービスなのです。

IoTを使って満空が分かる駐車場検索アプリ

 この「Smart Park」はスタートアップベンチャーの株式会社SPOT(以下、SPOT)が、10月18日から提供を開始したサービスです。時間貸駐車場検索はこれまでも多数のアプリが提供されていますが、たとえばタイムズ24や三井のリパークなどの駐車場事業者が提供するものの場合、他の事業者の駐車場が検索できませんので決して使い勝手が良いとはいえませんでした。駐車場を探しているユーザーの視点で考えれば、事業者に関係なく検索できたほうがありがたいですね。その点Smart Parkは、まだ全てではありませんが主要な駐車場事業者と提携し駐車場事業者を超えて検索をかけることができます。

 SPOTの話では、時間貸駐車場事業者は大手10社でも過半数に届かないほど中小零細の事業者が多く、また地域によっても参入企業の事業範囲やシェアが異なっており、実質的なプラットフォーマーが存在しない業界といえるのだそうです。そして、大手は独自に満空が分かる仕組みを精算機に入れ、また独自にアプリを提供することもできるのですが、中小以下の時間貸駐車場を経営する大多数の事業者は、そのようなサービスを導入する余裕などありません。

 そこで、このSPOTが中立的な立場で駐車場を検索するアプリを提供、さらに満空情報を検知できる独自開発のセンサーを設置するというサービスを始めたのです。まずはiOS版アプリが提供開始され、Android版アプリは近日公開予定ということです。

 そのIoTの仕組みですが、SPOTが独自開発した「満空検知センサー」を時間貸駐車場の入り口などに設置されている「満」「空」と表示するLED表示部分に貼り付けることで満空を検知し、リアルタイムにアプリに配信します。この満空検知センサーにはソーラーパネルと3G通信モジュールが備えられており、満空が切り替わるたびに信号をサーバに送信します。単体でソーラー充電機能を備えているので電源工事等も不要、なので依頼があればわずか20分で設置工事が完了するという簡単なものとなっています。

 今回リリースされたSmart Parkサービスでは、現在北海道から沖縄まで日本全国約45,000カ所の駐車場が検索可能で、このうち満空情報が表示できる駐車場が約13,000カ所となっています。SPOTが独自開発した満空検知センサーは、東京都内10区、計1,000カ所の時間貸駐車場に設置され、まずは試験運用として満空情報配信が開始されています。SPOTでは2017年3月までに、この満空検知センサーをさらに5,000カ所増設するそうです。

SPOTが独自開発した満空センサー。ソーラーパネルを備え、3G通信機能で満空情報をサーバに飛ばします

SPOTが独自開発した満空センサー。ソーラーパネルを備え、3G通信機能で満空情報をサーバに飛ばします

時間貸駐車場の満空表示部分にLEDの点灯を検知するセンサーを設置するという画期的アイデア!

時間貸駐車場の満空表示部分にLEDの点灯を検知するセンサーを設置するという画期的アイデア!

これがセンサー本体。ソーラーパネルから電気を得るので電源工事等も不要

これがセンサー本体。ソーラーパネルから電気を得るので電源工事等も不要

検索アプリの出来も秀逸

 そして駐車場を探すユーザー側のSmart Parkアプリも使い方は極めてシンプルです。駐車場を探したいエリアをアプリに表示させ、あとは検索ボタン(虫めがねアイコン)をタップするだけ。検索結果に数字が振られていますが、これは画面下部で設定した駐車予定時間から料金がシミュレーションされて、料金順に数字が表示されます。

「Smart Park」アプリで周囲の駐車場検索する画面

「Smart Park」アプリで周囲の駐車場検索する画面

駐車場の満空情報、駐車料金がわかります

駐車場の満空情報、駐車料金がわかります

 また、実際に駐めた後は、その駐車場の料金をシミュレートしつつ、料金を参考にアラームを設定することもできます。シミュレート開始を駐車開始時間として何時にいくらに駐車料金が上がるかが画面表示され、たとえば「2,400円で駐められる時間ギリギリまで駐車をしたい」といった場合にこのアラーム機能が大変重宝します。

駐車時間からの料金シミュレートし、指定時間にアラームを鳴らすことも可能

駐車時間からの料金シミュレートし、指定時間にアラームを鳴らすことも可能

 駐車場の満空状態は駐車場の位置を示すアイコンの色で分かります。緑色なら現在空いている駐車場、赤色なら現在満車の駐車場という具合。まだ満空情報に対応していない駐車場もそれなりに多く、それらは黄色表示となります。
 このサービスを考案し提供開始したSPOTですが、同社は「IoTソリューションにより自動運転社会に向けたリアルタイム目的地情報プラットフォームの構築を目指す」というビジョンを掲げています。たとえば、こうした時間貸駐車場のデータが蓄積されたプラットフォームは、将来の自動運転社会にも必要不可欠なものになるというのです。自動運転技術が注目されてはいますが、よくよく考えてみるとそのイメージに描かれているものは走っている場面だけ。本当に自動運転社会が実現した場合、自動運転車を使って移動する際には必ず駐車場に関わるデータが必要になってくるはず。とくに自動運転車の最終目的地は時間貸駐車場というケースがかなり多くなるとSPOTは考えています。そんな将来に求められるデータをいかに収集し、蓄積し、有効に活用してもらえるようにするか、これを考えていくのが使命であるとして事業を推進していくそうです。確かに、自動運転社会に欠かせないデータになるはずですね。

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

LTE対応表

国内通信事業を統合したソフトバンク、その思惑は?|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

1月23日、ソフトバンクは国内で携帯電話やインターネット通信などを手がける4つの子会社、すなわちソフ

記事を読む

コミュニケーションツールとしてガラケー時代から根強いファンに支えられてきた「らくらく連絡網」

グループで情報共有「らくらく連絡網」アプリリニューアル|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

イオレの運営する「らくらく連絡網」アプリがこのほど大幅にユーザーインターフェイスをリニューアルしまし

記事を読む

一回り大きくなり、しかも2サイズとなったiPhone 6

Apple Watchはウェアラブル端末の普及に貢献?|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

2014年9月9日、米国でついに次期iPhone「iPhone 6/6 Plus」が発表されました。

記事を読む

pic02

シンプルながら高機能なスマートウォッチ「Steel HR」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

フランスに拠点を置くIoTデバイスメーカー、Withings社のスマートウォッチが気になっていたので

記事を読む

NTTドコモの「ARROWSケータイ F-05G」(富士通製、左)と「AQUOSケータイ SH-06G」(シャープ製、右)

Androidフィーチャーフォンの必然性|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

各通信キャリアが2015年夏モデルの発表会を行いましたが、KDDIに加えNTTドコモからもAndro

記事を読む

図1 情報通信機器の個人保有状況(総務省「ICTの進化がもたらす社会へのインパクトに関する調査研究」(平成26年)より)

都道府県別スマートフォン利用率格差の要因|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

わが国のスマートフォン普及率は、先進各国に比べると必ずしも高いとはいえません。わが国のスマートフォン

記事を読む

シャープ「AQUOS CRYSTAL」(左)とHTC「HTC J butterfly HTL23」(右)

護送船団方式と呼ばれる端末開発の今後|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 さる8月18日にソフトバンクが新製品発表会を実施し、シャープ製スマートフォン「AQUOS CRYS

記事を読む

この原稿、JAL SKY NEXT(機内Wi-Fiサービス)対応機で空の上で書いてます。有料とはいえ、航空機上からインターネットが利用できるのは便利ですね

原稿はタブレットで書くからこそ面白い?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

先だって、「ハイパーメディアクリエイター」という肩書きでご著名な高城剛さんと対談させていただく機会が

記事を読む

iot3-2

奈良先端大のスマートホーム、スマートシティへの取り組み|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる11月中旬、東京都内で「IoTのスマートハウス、スマートシティへの展開 ~居住空間から地域社会に

記事を読む

青森市は外国人観光客が多い街でもあります

地方都市に見るインバウンドICT対策|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 さる7月15日より、青森市のタクシー会社である文化タクシーが、車両に無料Wi-Fiおよび多言語電話

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑