【IoTマーケティング】「ロボホン」のマーケティング戦略〜大々的なCMではなく、地道なファン作りを〜

ロボホン-マーケティング戦略-1

先日、ロボホンの企画開発秘話に関して、ロボホンを企画したきっかけや、開発時に発生した課題と解決方法などをシャープ株式会社の企画リーダーの景井さまにお話を伺いました。

今回は、現在様々なメディアで話題沸騰中のロボホンのマーケティング戦略に関してのインタビューです!どのようにしてロボホンは各メディアに取り上げられるようになったのか?
他のメディアではなかなか得られない情報ですので、是非ご覧ください!

▼ロボホンに関するその他の記事はこちら
【IoT企画・開発】地道に課題を1つずつ潰した。「ロボホン」から学ぶ、 IoT製品の企画・開発のポイント
【IoT製品紹介】ロボホンがカワイイ!評判や売れ行き・販売台数も上々♪

モバイル型ロボット電話「ロボホン」について

ロボホン-マーケティング戦略-2

他の記事でも紹介しましたが、モバイル型ロボット電話「ロボホン」について簡単にご説明します。
ロボホンとは、ロボット型の携帯電話で、様々なサービスを音声でご提供できるハードウェアプラットフォームです。持ち運べるサイズなので、家にいる時はもちろん、外出中もいつも一緒にいられるので愛着がどんどん湧いてくる製品です。

ちなみに、以前よりシャープさんが提供していた、音声で操作できるロボット掃除機や、スマートフォン開発のノウハウがあったので、それらの知見を活かしてロボホンは開発されたそうです。

▼製品の詳しい紹介記事はこちら
【IoT製品紹介】ロボホンがカワイイ!評判や売れ行き・販売台数も上々♪

ロボホンのマーケティング戦略は?

ロボホン-マーケティング戦略-3

現在、様々なメディアなどで取材されているロボホンですが、事前にどのようなマーケティング戦略を考えていたのか、聞いてみました!

筆者「ロボホンは、凄い勢いで様々なメディアで取り上げられていますが、マーケティングはどのように戦略を考えていたのですか?」

景井氏「基本的に、テレビCMを打つような大々的な広告宣伝は行っておらず、展示会に出展したり、量販店でデモをしたり、他にもWEBメディアで記事化頂くなど、大々的ではなく、地道にファンを増やしていく戦略で認知拡大を進めていました。例えば、メディアの方々に実機をお貸出していましたが、、それだけではなく、その貸出期間でロボホンを気に入ってもらい、購入して頂いて、その後も継続的に記事にしてもらう等のケースもありました。」

筆者「記事を書くために借りたら、そのままロボホンを好きになって購入に至ったということですね!ロボホンの製品力というか、魅力があるからこそ上手くいく戦略ですね。」

景井氏「それ以外にも、毎月アップデートをしていて、その度にロボホンが喋ったりします。毎月のアップデートを行うことで、継続的な話題作りをしつつ、少しずつ体験も良くしています。また、毎月アップデートすることで、“シャープが熱い想いでロボホンを作っている”ことをお客様に伝えるという意図もありますね。」

筆者「製品のブラッシュアップが、顧客への価値の増大だけではなく、プロモーションにもなるのですね。」

このように、ロボホンのマーケティング戦略としては、
●テレビCM等の大々的な広告宣伝ではなく、
●記者へロボホンを貸し出しして使って頂く
●毎月アップデートを行い、継続的に話題作りを行った
だという事が分かりました!

ロボホンのターゲット顧客は?

ロボホン-マーケティング戦略-4

次に、ロボホンのターゲット顧客は誰なのか?聞いてみました!

筆者「ロボホンのターゲット顧客は誰になるのでしょうか?」

景井氏「ロボホンは携帯電話なので、アプリケーションによってターゲットが変わっていくため、基本的にはそこまで絞らずに、幅広いユーザーさんに使っていただくことを想定しております。」

筆者「そうなんですね。ちなみに、男女比や年齢比などはどんな感じですか?」

景井氏「40代〜60代の男女が多いですね。男女比で言うと、女性にも使って頂いており、3割強が女性ユーザーですね。ロボホンは見た目も可愛いので、50代女性あたりに刺さると事前に想定していました。実際に、今回のCEATECでも女性の方が抵抗なく触ってくれて、反応が良いですね。とは言っても、最初はガジェット好きの方やIT関連の方などが購入者のほとんどを占めていましたが。」

筆者「ちなみに、みなさんインターネット経由での購入なのですか?」

景井氏「最初は、WEB経由での購入者が多かったです。ただ、各種メディアでも取り上げて頂き、徐々に認知度も高まってからは、家電量販店での販売数の方が増えましたね。」

このように、
●ロボホンのターゲット顧客は、幅広いユーザー向け(アプリによって利用者が変わるため)
●年代層で分けると、40代〜60代の男女が多い
●性別で分けると、7割弱が男性、3割強が女性
●販売チャネルについて、初期がWEBが多く、現在は家電量販店の比率も高まっている
という事が分かりました!

ロボホンの今後の展望は?

ロボホン-マーケティング戦略-5

最後に、今後、ロボホンをどのように拡販していくのか?聞いてみました!

筆者「最後になりますが、ロボホンを今後、どのような戦略で拡販していく予定ですか?」

景井氏「ロボホンは、小さいからこそ出来る事と出来ない事があると思っているので、そこを意識しながら法人向けの展開を考えています。」

筆者「例えば、法人向けの利用シーンとしては、どのような事があるのでしょうか?」

景井氏「企業の受付、高齢者の在宅での見守り、観光での活用、など色々と想定はしておりますが、特に、観光案内所や旅行会社からの引き合いが強いですね。実際に、岡山県倉敷市ではロボホンを観光案内所に導入していただき、観光客に観光地や名所案内などを紹介するサービスを提供しております。」

筆者「ロボホンはそんな活用も出来るのですね!大変興味深いです。」

景井氏「さらに、2017年3月までに英語と中国語に対応予定なのですが、例えばインバウンド観光客にロボホンを首から下げてもらって、英語や中国語でロボホンが日本のオススメの名所を案内する、などの利用シーンも考えられるかもしれません。今回の展示会では、JTBさんのブースでも「旅行にお伴するロボット」というテーマで協力展示させて頂いています。スマートフォンでもいいじゃん!と言われることもあるのですが、スマートフォンだと無機質なプッシュ通知や無機質な翻訳音声しか現在は出せないので、ロボホンが教えてくれると何となく行ってみたくなると思うんですよね。」

ロボホンの今後の展望としては、
●法人向けの展開をメインで考えている
●受付、高齢者施設、観光関連での活用が多い
●特に観光関連は既に観光案内所での取り組みも行っている
と、コンシューマー向け以外にも、法人向けのソリューションとしてのロボホンの活用もあることが分かりました!

まとめ ロボホンのマーケティングのポイント

以上で、今回のインタビュー記事は終了ですが、いかがでしたか?
繰り返しになりますが、景井様へのインタビューを通じて学んだ、「ロボホンのマーケティングのポイント」を下記に記載します。

●テレビCM等の大々的な広告宣伝ではなく、
●継続的な話題作りに力を入れ、地道にファンを獲得していった
●ロボホンのターゲット顧客は、幅広いユーザー向け
●年代層だと40代〜60代の男女が多く、性別で分けると3割強が女性
●販売チャネルについて、初期がWEBが多く、現在は家電量販店の比率が高まっている
●法人向けは受付、高齢者施設、観光関連での活用を想定
●特に観光関連は既に観光案内所での取り組みも行っている

ロボホンの関連記事

【IoT企画・開発】地道に課題を1つずつ潰した。「ロボホン」から学ぶ、 IoT製品の企画・開発のポイント
【IoT製品紹介】ロボホンがカワイイ!評判や売れ行き・販売台数も上々♪

●モバイル型ロボット電話「ロボホン(RoBoHoN)」
https://robohon.com/

The following two tabs change content below.
y.kawano

y.kawano

総合政策室株式会社ウェブレッジ
株式会社ウェブレッジのマーケティング・広報を担当している他、個人で美容関連サイトの運営もしています。 IoTに関するノウハウ・最新情報などを配信していきます。

関連記事

iot-right-product-icatch

【IoT企画・開発】ユーザー体験を徹底的に考えて製品開発を!「つながるライト」から学ぶ、IoT製品企画・開発のポイント

IoT製品に関するニュースが増えてきた昨今、ユーザー体験を徹底的に考えるというスタンスでIoT製

記事を読む

2016-12-15_1957

【IoT製品紹介】伝統×最新 昔懐かしいけん玉を最新技術でリニューアル!電玉のご紹介♪

そろそろ年末も近づいてきましたが、最近はゲーム機などがたくさん普及していることから、日本の伝統的

記事を読む

01

【IoT×ヘルスケア】心拍をコントロールして、より効率的なトレーニングが可能なSmart B-Trainerをご紹介♪

ランニングスキル向上やダイエット、健康維持のためにランニングやジョギングを行っている方も多いのではな

記事を読む

ZUKKU_IMG01

【IoT製品紹介】マーケテイングからヘルスケアまで、幅広く活躍する可能性秘めた小型ガイドロボットZUKKUのご紹介

ロボットが身近になってきていると感じています。例えば、最近はさまざまな店先でPepperが

記事を読む

helthcare-icatch

【IoT事例】ヘルスケア分野のIoT活用事例12選!

2020年には500億個以上のデバイスが繋がると言われ、ますますIoT(モノのインターネット)の

記事を読む

iot_crowdfunding_c_201609-icatch

クラウドファンディングに成功した、イケてるIoT製品5選 〜CAMPFIRE編〜

先日、クラウドファンディングに成功したイケてるIoT製品(Makuake編)を紹介しましたが、そ

記事を読む

flashtouch-icatch

【IoT技術】スマホ画面をタッチするだけでデータを送受信!新たな双方向通信技術「FlashTouch」とは?

NFCやBluetoothなどスマートフォンでの双方向通信技術は複数ありますが、それらの技術に取

記事を読む

event-iotm2m2016-icatch

【Japan IT week秋2016】IoT/M2M展まとめ!

2016年10月26日(水)〜2016年10月28日(金)にかけて幕張メッセにて開催された、日本

記事を読む

icatch_iot_ce

【IoT×家電】未来の暮らしはスマートになる! IoT家電〜概要編〜

IoT(Internet of Things)が様々な分野で注目を浴びる中、 iPhoneやAn

記事を読む

awa_logo

「”自分が聴くべき音楽と出会える”ことを目指す」サブスクリプション型音楽配信アプリ「AWA」インタビュー

サブスクリプション型(定額制)音楽配信サービスが続々と国内市場で登場する中で、各アプリベンダーは

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑