スマートウォッチは機能からデザインへ、腕時計メーカーの存在感も高まったIFA2016|山根康宏のワールドモバイルレポート

190608_01_000

スマートフォンと接続して連携操作ができるスマートウォッチ。一時は毎月のようにスマートフォンメーカーから新製品が登場していたが、最近はその数も減り、市場での反応も今一つという状況になっている。一方で腕時計メーカーや家電メーカーからのスマートウォッチが数を増やしており、派手な新製品発表会が行われない反面、量販店の家電売り場やスポーツ用品店などで存在感を高めている。

スマートウォッチはスマートフォンを取り出さなくとも、メッセージの着信が受けられるなど、スマートフォンに届いた通知を腕時計の画面や振動で知ることができる。それに加えてアプリを入れれば、簡易的なスマートフォンのように時計の画面内で様々なことができる点が大きな特徴だ。しかし2インチ程度の小さな画面で出来ることは大きく限られている。画面のタッチ操作もしにくいし、竜頭(りゅうず)を使う操作も実は使いにくい。スマートウォッチで何かをしようと思ったら、結局はスマートフォンを取り出したほうが早い。「スマートウォッチがあれば、スマートフォンが無くても大抵のことはできる」というのは、実は幻想だったのだろう。

2016年9月にベルリンで開催された家電とITのトレードショー「IFA2016」の会場では、そう思わせる動きがあちらこちらで見られた。各社が出展していたスマートウォッチの新製品は、機能よりもルックスをアピールする製品ばかりだったのだ。

時計らしいデザインを追求したSamsungのGear 3

時計らしいデザインを追求したSamsungのGear 3

例えばSamsungが発表した「Gear S3」は、ディスプレイサイズを従来品よりも一回り大きくした製品である。画面サイズが大きくなれば指先での操作もよりしやすくなるが、UIはこれまでの製品とは変わらず、また大型化した画面に合わせたアプリやサービスの発表も無かった。Gear S3のウリは高級腕時計でも使われている素材と同じステンレスを使ったボディーと、大きい画面の採用により、アナログの腕時計により近い文字盤(フェース)にカスタマイズできること。つまり中身よりも外見に注力した製品なのだ。

また昨年発売した「Gear S2」も併売されるとのことからも、Gear S3はGear S2の機能を一新した新モデルというよりも、形状とデザインを変えたバリエーションモデル、という位置づけであることがわかる。

ASUSが発表した「ZenWatch 3」も、やはり外観に注力した製品だ。ZenWatchはこれまで正方形のディスプレイを採用していたが、今度の製品からは円形のディスプレイとなり、見た目もクラシカルなアナログ腕時計ライクとなった。ZenWatch 3はOSにグーグルのAndroid Wearを採用しているが、注目されたのはそちらよりもチップセットにクアルコムのスマートウォッチ向け「Snapdragon Wear 2100」を採用したことで、スマートウォッチそのものの機能としての進化は見られない。

ASUSもついに丸形ウォッチに参入した

ASUSもついに丸形ウォッチに参入した

このようにスマートフォンやPCメーカーのスマートウォッチが「腕時計化」する中で、時計メーカーのスマートウォッチはすでにある腕時計にスマート機能を搭載することで、本来の腕時計としても使いやすい製品を続々と投入し始めている。

IFA2016のFOSSILブースには、傘下ブランドの製品も合わせ、多数の円形型スマートウォッチが展示されていた。その中でもSkagenがこの秋発売予定のスマートウォッチは、一見すると普通の腕時計にしか見えないデザインが大きな特徴だ。文字盤の中には小さなサブの文字盤も搭載しており、スマートフォンと接続することで、1日の運動量の目標値を設定、その進捗が短針で示される。また着信があると短針が動き、あらかじめ設定してた着信者のだれから電話がかかってきたかを表示してくれる。

Skagenのスマートウォッチは、腕時計にしか見えないデザインだ

Skagenのスマートウォッチは、腕時計にしか見えないデザインだ

しかもわずらわしい充電操作も不要。ボタン電池で動くために、電池の交換は頻繁に行う必要が無い。それにもかかわらずスマートウォッチとして一般的な歩数計測などもできるので、日々の運動量の測定も可能だ。

インテリアにも調和するオシャレなデザインのIoT製品を出しているWithingsは過去に複数のアナログデザインなスマートウォッチを販売してきたが、IFA2016では小型の液晶モニタを搭載した新製品「Steel HR」を発表した。文字盤全体をディスプレイにするのではなく、まるで昔の腕時計の日付表示部分のように、文字盤の一部だけを液晶化するアイディアは、デジタルとアナログの融合の一つの方向かもしれない。

アナログな文字盤に、デジタルの小さい画面を内蔵させたSteel HR

アナログな文字盤に、デジタルの小さい画面を内蔵させたSteel HR

ITメーカー、腕時計メーカー、どちらもスマートウォッチで目指している方向は、今や同じ向きになっているように感じられた。むやみやたらに機能を追加することよりも、まずは腕時計として毎日はめたくなるようなデザインとすることが、スマートウォッチの基本的な要素と各社は考えているようだ。

さて各社が円形のスマートウォッチへ動く中、Appleだけは頑なにスクエアな画面サイズにこだわっている。Appleとしてはアプリの利用などスマートウォッチにも高度な機能を提供し、そこからビジネスチャンスを得ようと考えているのだろう。しかし9月7日に発表されたApple Watch 2も基本機能は大きくは変わらなかった。果たして消費者は円形になった各社のスマートウォッチに興味を示すのか、この冬商戦の動きに注目したい。

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

スペックはもはや必要十分で各社横並び。女性を意識したデザインとイメージで差別化を図る

ターゲット層が細分化、「女子スマホメーカ」が続々登場|山根康宏のワールドモバイルレポート

デザインやカラバリに工夫を凝らした様々なスマホが各社から登場している。1モデル2色だったiPhone

記事を読む

小米のハイエンドスマートフォン「小米3」

中国スマホのトレンドを見るなら「小米」に注目 | 山根康宏のワールドモバイルレポート

最近日本でも話題となっている中国のスマートフォンメーカー、小米(Xiaomi、シャオミ)。中国大人気

記事を読む

161901_01

国慶節で火花を散らす、中国スマートフォンメーカーの割引セール合戦|山根康宏のワールドモバイルレポート

10月の第一週の中国は国慶節の大型連休となる。例年この休みの期間に合わせ、中国では一斉に特売セールが

記事を読む

インドでシェア3位に食い込んだIntex

インドで急成長のスマホメーカー、Intexが注目を集める理由|山根康宏のワールドモバイルレポート

携帯電話加入者数が9億を超えるインド市場で、スマートフォン販売シェアに大きな動きが起きている。シェア

記事を読む

多数の派生モデルも加え、1年半の間に約3000万台を売ったZenFoneシリーズ

ラインナップ一新のZenFone 3、市場拡大を目指すASUSの新戦略|山根康宏のワールドモバイルレポート

ASUSのZenFoneシリーズと言えば、日本でも2万円台から買えるSIMフリースマートフォンとして

記事を読む

スマートフォンとしても超ハイスペック、しかもLeTVの番組もワンタッチで見ることができるLeTV Max

コンテンツ企業がスマホを売る、LeTVの試みは軌道にのるか|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンを製造するのは家電メーカーや携帯電話メーカーだ。最近ではAmazonがタブレット「Ki

記事を読む

SUSの顔ともいえるPadFoneだが商業的には苦戦している

シェア奪回を目指すASUSのスマホ新戦略|山根康宏のワールドモバイルレポート

台湾のPCメーカー、ASUSがこの春に発売した『Zenfone』の売れ行きが好調だ。先行販売されてい

記事を読む

カメラ回転式のOPPOのスマホ

セルフィーの普及がスマホの前後カメラの区別をなくす|山根康宏のワールドモバイルレポート

ASUSは2015年6月1日にフロントカメラを強化したスマートフォン『ZenFone Selfie』

記事を読む

MWC2015のLumia640/640XL発表の場でPCやタブレットとのシームレスな動作環境をアピールするMicrosoftのStephen Elop CEO

Windows10登場でスマホ第三のOSはどうなる?|山根康宏のワールドモバイルレポート

AndroidとiOSに続くスマートフォンOSの座を目指して「第三のOS」と呼ばれる各社のOSが製品

記事を読む

見た目は普通のスマートフォンなSmart Cast

Lenovoが挑戦するスマホの新たな大画面化|山根康宏のワールドモバイルレポート

年々画面サイズが大型化するスマートフォンだが、片手で持つにはそろそろ限界の大きさに近づいている。だが

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑