久しぶりのキティフォンをゲット|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

久しぶりに、楽し~いケータイが発売されましたよ。それはハローキティフォン「Hello Kitty FIGURINE KT-01」。
MVNOのSIMがついてきちゃいますが、本体12,000円(税別)、事務手数料3,000円(税別)で合計15,000円で、SIMフリーケータイゲットです。GSMネットワークにも対応していますので、世界中で利用可能!

■形状そのものがキティ!

 5月26日に発売開始されたハローキティフォン「Hello Kitty FIGURINE KT-01」(オーラが発売)。こういうキャラクターケータイ、じつは案外好きなんですよ。

ハローキティフォン「Hello Kitty FIGURINE KT-01」

ハローキティフォン「Hello Kitty FIGURINE KT-01」

こんなふうに開いて通話できます

こんなふうに開いて通話できます

世界初のキティケータイは1994年発売のFX-01キティ(プラネット製)で、もちろんこれも持っていますし、その後登場するキティフォンも、じつはほぼコンプリートしていたりします。

 これまでに発売されたキティフォンは、基本的には通常モデルにキティの顔などの装飾が付けられたもので、オリジナルで設計されたものはありませんでした。しかし、このKT-01は、形状そのものがキティという気合の入ったものです(笑)。(キャラクターオリジナルのケータイといえば、ドラえもんとコラボしたPHS「ドラえホン 316S」というのがありましたが)

知る人ぞ知るレアなキティフォン「FX-01」ほか、研究室に転がっていたキティフォンなど

知る人ぞ知るレアなキティフォン「FX-01」ほか、研究室に転がっていたキティフォンなど

 さっそく、開封の儀です。箱もかわいいですね、しかも描かれたキティがハローキティフォンを持っていますよ。本体のほか、microUSBケーブル、取説などが入っています。クイックスタートガイドは日本語版、英語版のほか、中国語版まで。海外展開でも考えているのか、と思いましたが、そもそもSIMフリーですし、日本に来た外国人観光客がお土産に買っていくなんて需要を考えているのでしょうね。私も海外にいくと必ずお土産はケータイですが、日本でしか手に入らない端末っていうのは外国人にとって魅力的なはず(?)。

開封の儀

開封の儀

充電するとリボンの部分が赤く点灯します。このイルミネーションは着信時にも光りますよ

充電するとリボンの部分が赤く点灯します。このイルミネーションは着信時にも光りますよ

 機能は極めてシンプルです。音声通話とSMSのみ。Web閲覧もできません。カメラもありません。いやはや、これぐらい割り切っていただいてOKでしょう。すでにスマホが十分浸透している中で、2台目需要として買ってもらう端末ですから、余計な機能は入れなくてよいのです。
ただし、音声通話は通常の090/080/070の番号で始まる回線のほか、050番号のIP電話も利用可能です。しかもSIPアカウントの設定ができたという報告もあるようです。ここだけは少々マニアック。またIP電話を利用するためにパケット通信も行われます。ですのでAPN設定もあります。

待受画像はこんな感じ

待受画像はこんな感じ

メニューのアイコンも可愛らしいこと

メニューのアイコンも可愛らしいこと

頭の上にストラップ穴。つまり首からキティちゃんをぶら下げられますね

頭の上にストラップ穴。つまり首からキティちゃんをぶら下げられますね

 起動してメニューを見ると、これまたアイコン類がかわいいこと。いうまでもなく、女子ウケは最高でした。しばし、通話用メイン端末にしてみようかしら。OSはAndroidですが当然のことながらアプリのダウンロード等は利用不可です。

(c) 1976,2016 SANRIO CO., LTD. (c) 2016 OLA Inc.

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

M-02

究極のウェアラブルデバイスは“繊維”だった|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる1月16日から18日までの3日間、東京ビッグサイトにてウェアラブル端末の活用と技術の総合展「第

記事を読む

k180901_img01

田んぼを売り場に変える「rice-code」とは?│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

青森に移住してから県内の色々な観光スポットを巡ってきましたが、なかでも驚いたスポットの一つ

記事を読む

pic1

IoTで痴漢冤罪から身を守るという話題のアイデア│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

IoTで痴漢冤罪を防止するためのサービスがメディアで話題になってます! なんだそれ、と思っ

記事を読む

コミュニケーションツールとしてガラケー時代から根強いファンに支えられてきた「らくらく連絡網」

グループで情報共有「らくらく連絡網」アプリリニューアル|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

イオレの運営する「らくらく連絡網」アプリがこのほど大幅にユーザーインターフェイスをリニューアルしまし

記事を読む

ガラスアンテナによる電波放出イメージ

5Gをにらむ?!「窓の基地局」が登場│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

携帯電話やスマートフォンを利用する上で、必ず基地局との無線通信をやり取りする必要があるわけ

記事を読む

01

いびきを自動録音する機能が追加、睡眠アプリ「Sleep Cycle」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

睡眠アプリとして知られている「Sleep Cycle」(iOS、Android)。筆者もこのアプリの

記事を読む

k180802_img01

最新漁業IoTではスマホで給餌管理│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

農業分野へのIoT活用はずいぶんと定着してきましたね。IoTによって農作物の生育環境をモニ

記事を読む

004

NuAns NEOがAndroidになって登場!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

かつてガラケーの時代には、新モデルが登場するたびにワクワクしながら、誰よりも早く実機を入手すべく、発

記事を読む

P02jpg

360度動画を使った地域プロモーションのトライアル|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

VRがいま改めて盛り上がりを見せています。360度のコンテンツを安価に制作しやすくなったこ

記事を読む

録音したデータの再生時の画面。録音中に入力したマークやメモ、写真などがそのタイミングに残されています。キーワードをかなで入力して頭出しが可能

キーワード頭出し可能なボイスレコーダーアプリ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

スマホは言ってみれば「常に持ち歩いて利用できるコンピュータ」。従来のケータイ以上に、アプリを有効活用

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑