お子さんの急病時にその緊急性がわかるアプリ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

誰でもが持ち歩いて使っているスマホだからこそ、何か社会に役立つような活用が進むと嬉しいですね。今日ご紹介する「小児救急支援アプリ」は、万が一お子さんが急病やケガの際に、救急車を呼ぶべきかどうかの判断を助けてくれるというもの。

小さなお子さんの病気やけがの際に緊急性の判断ができるアプリ

 モバイルコンテンツ分野の業界団体である、一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(以下、MCF)は、優れたモバイルプロジェクトに対して賞を授与する「モバイルプロジェクト・アワード」を2002年から毎年開催しています。そして筆者は2005年からこのアワードの審査員を務めています。従来はモバイルコンテンツ、ソリューション、ハードウェアが対象だったのですが、2010年からは「MCF社会貢献賞」という部門が追加され、「モバイルを利用して、教育、地域活動支援、スポーツ、文化等を社会に貢献しているプロジェクト」に対して賞を授与しています。

 この「MCF社会貢献賞」が追加された翌年には東日本大震災が発災、ますます携帯電話やスマートフォンを社会に有効に活用したいという様々なプロジェクトが各地に生まれるようになり、毎年多数のプロジェクトやサービスが応募されてきています。

 さる7月4日に「モバイルプロジェクト・アワード2016」の表彰式が開催され、筆者はこの「MCF社会貢献賞」のプレゼンターとして登壇させていただきました。2016年の受賞プロダクツは、大阪大学医学部附属病院高度救命救急センターと大阪市消防局が共同開発したスマホアプリ「小児救急支援アプリ」です。このアプリは、小児(0〜14歳)が病気またはけがなどで容態が急変したようなとき、その症状の緊急度が低いのか、高いのかの判断を助けてくれるアプリです。

 操作はとても簡単。アプリを起動し、年齢と性別を選択。その次に症状を選択しますが最初は「病気」と「けが・異物(中毒、熱中症を含む)」の二択となります。このどちらかを選ぶと、さらに詳細な症状の選択画面になりますので、近い状態を選択していきます。項目により症状選択の階層が深くなる場合がありますが、最終的にその症状から疑われる病気やけがの「緊急度」を判定してくれます。緊急度が「高」であれば、そのまま画面から119番発信できます(ただし、大阪府内でしか使えません)。また、緊急度が「中」であれば、「救急安心センターおおさか」につながり、専門家からの電話相談に乗ってもらえます。緊急度が「低」であれば、該当する病気やけがの診療科目が何科に該当するのかが表示され、そして「病院検索」画面に遷移します。病院検索画面では、位置情報を使って自分のいる場所から最寄りの病院がリストアップされます。

 救急車を呼ぶ119番発信の機能、電話相談、病院検索等は大阪府内でしか利用できませんが、症状から緊急性があるかどうかを判定する部分は他の地域の方でも、いざというときに役立ちそうです。小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、万が一の時にあらかじめインストールしておくといいかもしれません。

「小児救急支援アプリ」起動画面。年齢と性別を選択します

「小児救急支援アプリ」起動画面。年齢と性別を選択します

最初の二択は「病気」か「けが・異物」か

最初の二択は「病気」か「けが・異物」か

「病気」を選択しさらに症状を選択していきます

「病気」を選択しさらに症状を選択していきます

「吐き気・嘔吐」を選択すると、さらに詳細の症状選択が

「吐き気・嘔吐」を選択すると、さらに詳細の症状選択が

症状から緊急度が高いと判断されたらすぐに「119番発信」のリンクへ

症状から緊急度が高いと判断されたらすぐに「119番発信」のリンクへ

緊急度が「中」の場合は「救急安心センターおおさか」に通話でつながり、電話相談に乗ってもらいます

緊急度が「中」の場合は「救急安心センターおおさか」に通話でつながり、電話相談に乗ってもらいます

緊急度が「低」の場合は想定される診療科目が表示され、近隣の病院を検索できる画面へ

緊急度が「低」の場合は想定される診療科目が表示され、近隣の病院を検索できる画面へ

病院検索では位置情報を使って最寄りの病院一覧が表示されます

病院検索では位置情報を使って最寄りの病院一覧が表示されます

大学病院と消防局がタッグを組んで共同開発

 このアプリを発案されたのは、大阪大学医学部付属病院高度救命救急センター医師の片山祐介先生。もちろん、医療関係者側の知見だけではアプリは成立しません。救急の現場の知識や経験も求められてきますし、病院の情報は消防局に集約しています。このため、大阪大学医学部と大阪市消防局救急部救急課がタッグを組んでこのシステムを完成させました。

 もちろん、アプリの判断がすべてではありません。あくまでも参考情報として使うべきものですが、これまでに見たこともない急性の症状を呈したお子さんを見て案外多くの親御さんはあたふたしてしまうものです。そんなときに、このアプリは心強いお守りとなってくれるはず。

 一方、消防局としてもこのアプリは大きなメリットが生まれそうです。重篤な症状と思って救急車を呼んでみたところ、じつはそれほど症状は重くなかったというようなケースは少なくないそうです。救急車の数が限られている中で、本当に緊急性が高い患者さんのために救急車が運用されるべきなのです。このアプリは緊急性の低い119番通報を減らし、より効率的に救急車を運用する可能性を広げます。

 119番発信や電話相談、病院検索も、いざという時に大変ありがたい機能です。このアプリは現在大阪府全域に対応しているようですが、ぜひ他の地域でも使えるように各地の自治体などが動き出すと良いですね。

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

(図1)改正労働安全衛生法の改正内容のうち、ストレスチェック制度創設に関する概要(厚生労働省公表資料より)

このところヘルスケアIoTが注目される理由|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

いうまでもないことですが、スマートフォンはアプリマーケットにある膨大なアプリを上手に利用することで、

記事を読む

Proteus

ウェアラブルの次はインプランタブル?! センサー入り錠剤薬が米国で承認|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

ウェアラブルデバイスがさらに進化を続けると、その先には体内で利用する「インプランタブル」なデバイス

記事を読む

大手3事業者はLTEでも激しい加入者獲得合戦を繰り広げるだろう

見えてきた台湾のLTE時代 | 山根康宏のワールドモバイルレポート

国を挙げてWiMAXを次世代高速通信規格として推進していた台湾。そのためLTEの導入は他のアジア各国

記事を読む

部屋の家電をスマホでコントロールできるようになるeRemote

自宅で活用したい身近なIoT(その2)スマホから家電をコントロール「eRemote」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 IoT(Internet of Things = モノのインターネット)ブームに乗って、スマホと連

記事を読む

Leo-01

レオパレス21もスマートスピーカーを本格導入|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

わが国でのGoogle Homeの発表時に、大和ハウス工業が同社の賃貸住宅にいずれGoogle H

記事を読む

スマートフォンとしても超ハイスペック、しかもLeTVの番組もワンタッチで見ることができるLeTV Max

コンテンツ企業がスマホを売る、LeTVの試みは軌道にのるか|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンを製造するのは家電メーカーや携帯電話メーカーだ。最近ではAmazonがタブレット「Ki

記事を読む

シャープ「AQUOS CRYSTAL」(左)とHTC「HTC J butterfly HTL23」(右)

護送船団方式と呼ばれる端末開発の今後|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 さる8月18日にソフトバンクが新製品発表会を実施し、シャープ製スマートフォン「AQUOS CRYS

記事を読む

韓国の無線に関する認証機関である国立電波研究院の韓国版技適に関する説明のページ http://rra.go.kr/license/about.jsp

ついに動き出した「技適」に関する規制緩和|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

以前、このPOSTCO「池端隆司のモバイルジャンクション」にて、池端さんと「技適」について対談した記

記事を読む

Mobile Asia Expo 2014でも多数の4G関連の展示を行った中国移動

早くも高速化が見えてきた中国のLTE|山根康宏のワールドモバイルレポート

中国の通信事業者3社の4Gサービス競争が本格化している。世界最大の契約者数を誇る中国移動は低価格機を

記事を読む

Micromaxのハイエンド端末「Yutopia」。先進国でも通用するスペック

世界2位のスマホ大国になったインド、世界進出を狙う地場メーカー|山根康宏のワールドモバイルレポート

世界最大のスマートフォン市場といえば中国だ。Strategy Analyticsによれば2015年の

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑