自宅で活用したい身近なIoT(その1)スマホを鍵にできる「Akerun」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

公開日: : 最終更新日:2016/07/04 モバイル研究家コラム, 木暮祐一のぶらり携帯散歩道 ,

 IoT(Internet of Things = モノのインターネット)という言葉が大流行ですね。様々なセンサー等からデータをクラウドに収集し、その膨大なビッグデータを解析してビジネスに活用しましょう…、と。そんなこと言われても庶民にはピンときません。本当はもっと身近な生活に役立つ便利なIoTが出てこないと、社会に浸透していきませんよね。

 IoTを「通信する便利な機器たち」というくくりで見ていくと、この数年はスマホと組み合わせて生活を便利にするツールがたくさん登場しています。そのいくつかを実際に自宅に導入しましたので数回に分けてご紹介しましょう。まずは、ドアの鍵をIoT化させてスマホで操作したり状態を確認できる「Akerun」です。

スマホをドアのカギにできるAkerun

 かつておサイフケータイが登場したときに、モバイルFeliCaを鍵として使えるドアロックが大手メーカーから多数登場したのですが、ロック部分を交換するとかソリューションとして大げさなシステムがセットになっているものとかばかりで、いずれも高価だったため、趣味の延長で導入するわけにはいかず指をくわえて眺めていました(欲しかったんですが)。

 しかし近年、既存ドアのロック部分にかぶせるように簡単に装着できて、スマホで施錠・開錠ができるロックシステムが多数販売されるようになりました。価格も2~4万円程度で、ちょっと頑張れば(スマホの購入を1台ガマンするとか)筆者でも購入できる価格帯になってきました。これはそろそろ導入時期であるぞとばかりに、主要な製品を比較検討してきたのですが、それらの中から選んだのがPhotosynth社が販売する「Akerun」です。決め手となったのは、詳しいことは後述しますが、ビーコンを用いた「タッチ」による施錠・開錠が可能なことです。

 まずはAkerun取付から実際の使用までをご紹介しましょう。

 Akerunの仕組み自体はとてもシンプルです。ドアの鍵のつまみをモーターで回してくれるガジェットで、スマホとはBluetoothLE(BLE)でベアリングさせて、アプリを通じて鍵の施錠・開錠ができます。鍵を交換するわけではないので筆者のように賃貸住宅暮らしでもとくに問題なく利用できてしまいます。大げさなシステムではないので安価になってきたのもありがたいところ。

Akerunのパッケージ。今回、オプションのAkerun Touchも同時に取り付けます

Akerunのパッケージ。今回、オプションのAkerun Touchも同時に取り付けます

 パッケージを空けると、Akerunのドアへの貼付け面はシールで覆われており、そこに最小限の注意書きがあります。ともあれ鍵にするスマホにアプリをインストールするところから始めろということのようです。

Akerun本体に貼られている注意書き

Akerun本体に貼られている注意書き

 では早速アプリをインストールして、セットアップを始めていきましょう。アプリを起動すると、SMSやメール認証を行った後、チュートリアル形式でAkerun本体の設定からアプリとの同期設定までを順を追って進められるようになっていました。SMS認証やメール認証が煩わしい一面がありますが、これはスマホを「鍵」にするものですから、念には念のユーザー確認が必要ということなのでしょう。アプリの認証が終わると、Akerun本体の設定に移りますが、画面の質問に応じて鍵のつまみの動作を選択してくだけでOK。とても簡単です。

これがうちの玄関ドア内側。この鍵のつまみの上にAkerunを取り付けます

これがうちの玄関ドア内側。この鍵のつまみの上にAkerunを取り付けます

スマホにAkerunアプリをダウンロードし設定を進めていきます。チュートリアルは大変分かりやすく、本体の設定を進めていくことができます

スマホにAkerunアプリをダウンロードし設定を進めていきます。チュートリアルは大変分かりやすく、本体の設定を進めていくことができます

 アプリの設定と動作確認まで終わったら、実際の取付です。取付は両面テープで貼り付けるだけなのですが、二度貼りは粘着度が落ちてしまいますから一発で決めなくてはなりません。まずは両面テープの保護シールをはがす前に、取り付ける位置にはめてみて、スマホから確実に動作するかどうかをチェックした上で、貼付けを行いましょう。ドアの貼付面の油分落としもお忘れなく。

Akerunを貼り付けました。これでわが家のドアもスマートロックに!

Akerunを貼り付けました。これでわが家のドアもスマートロックに!

 当然のことですが、鍵は家族のスマホに入れることができます。Akerunアプリをインストールし、ユーザー登録後、管理者のAkerunアプリから「ユーザー追加」の設定により合鍵を送信できます。ゲストユーザー向けの設定として、たとえば時間や曜日を限定した合鍵設定も可能です。筆者の場合、カバンの中に常時多数のスマホが入っていますが、それらすべてにAkerunアプリをインストールして合鍵にしてしまう使い方も便利です。メインのスマホが万が一電池切れしてしまったら鍵の開閉ができません。そんなときに他の予備スマホで鍵を開けることができたら助かります。ただし、Akerunアプリにはログインが必要なのですが、同じユーザーIDでは常時1つのスマホでしか使えません。多数のスマホを合鍵にする場合は、スマホごとに別アカウントで登録したほうが使い勝手が良さそうです。

Akerunのユーザー追加設定画面。他のユーザーのスマホにあらかじめAkerunアプリをインストールしてユーザー登録まで済ませておく必要があります。ここだけがちょっと手間ですね

Akerunのユーザー追加設定画面。他のユーザーのスマホにあらかじめAkerunアプリをインストールしてユーザー登録まで済ませておく必要があります。ここだけがちょっと手間ですね

 IoTのメリットは、何といっても通信を通じて機器の状態をモニタリングできるところでしょう。Akerunの場合、離れた場所にいても鍵の状態をアプリ上で確認できます。
「あ、家の鍵かけ忘れてないかな?!」
といった不安をいつも感じる人には最適なガジェットとなるでしょう。

 また、鍵の開閉に関する履歴も参照できます。誰がいつ鍵を開閉したかが一目瞭然。家族がいつ帰宅したとか、そういった情報を遠隔で知ることができます。

開閉履歴をアプリで確認することができます。誰がいつ鍵を開け閉めしたか一目瞭然

開閉履歴をアプリで確認することができます。誰がいつ鍵を開け閉めしたか一目瞭然

 このAkerunには同梱や別売のいくつかのオプションが用意されています。まず同梱品の中にはオートロック用ドアセンサーというものが入っています。これはドアが閉まった際に自動的にロックをかける機能です。Akerunアプリのオプション設定の中にある「オートロック」をONにし、同梱の開閉センサーをドアに貼り付けるだけ。ただし筆者の場合、あまりオートロックを使う必要性を感じませんでしたので、この機能はパス。

 それよりも、Akerunを導入するからにはぜひ取り付けたいオプションがありました。別売の「Akerun Touch」です。これはビーコンを使用し、設定したスマホをタッチすることで(実際には近づけるだけでOK)鍵の開閉を動作させることができるというすぐれもの。いやはや、この使い方を求めていたのです。いちいちアプリを起動させて画面上の開閉ボタンを押すなんてナンセンス(遠隔で鍵をかけられるというメリットはありますよ)、アプリも起動させずスマホをタッチさせるだけで開け閉めができてしまうのが理想的ですね。これこそ、おサイフケータイの鍵機能に匹敵する使い勝手ですね。

別売オプションのAkerun Touch。これこそがAkerun活用のキモですね

別売オプションのAkerun Touch。これこそがAkerun活用のキモですね

ドア外側にAkerun Touchを貼り付けます

ドア外側にAkerun Touchを貼り付けます

スマホをTouchに近づけるだけで鍵の開閉ができます

スマホをTouchに近づけるだけで鍵の開閉ができます

 何でもかんでも電子化して、かえって不便じゃない? なんて声も聞こえてきそうですが、Akerunを設置しても従来のアナログな鍵を使いたければ使えるわけです。ドアの外から鍵を使って開閉することはもちろん、屋内側のほうもAkerun本体下部をプッシュするとスマホを使わなくても動作します。Akerunのカバーを上側に開けば内部にあるツマミを手で回転させることもできます。あくまで既存のドアにプラスアルファの利便性をもたらしてくれる画期的なIoTガジェットですね。

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

モバイルコンテンツ市場規模(出典:MCF)

まだまだ成長を続けるモバイルコンテンツ市場|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる8月24日、モバイルコンテンツ配信事業を行う企業が参加する業界団体・一般社団法人モバイル・コンテ

記事を読む

Gear S本体。端末部分からバンド部分を取り外すことも可能なので、将来もっとおしゃれなバンドの登場にも期待したいものです。

曲面ディスプレイを見事に応用した「Galaxy Note Edge & Gear S」ファーストインプレッション|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

10月23日より、NTTドコモはサムスン電子製の「Galaxy Note Edge(SC-01G)」

記事を読む

「小児救急支援アプリ」起動画面。年齢と性別を選択します

お子さんの急病時にその緊急性がわかるアプリ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

誰でもが持ち歩いて使っているスマホだからこそ、何か社会に役立つような活用が進むと嬉しいですね。今日ご

記事を読む

見た目は薄型の高級デジカメなLUMIX Smart Camera CM1

スマホとデジカメの概念を変える、パナソニックのCM1|山根康宏のワールドモバイルレポート

パナソニックが2014年9月に発表した『LUMIX Smart Camera CM1』は新世代のデジ

記事を読む

MWC2015のLumia640/640XL発表の場でPCやタブレットとのシームレスな動作環境をアピールするMicrosoftのStephen Elop CEO

Windows10登場でスマホ第三のOSはどうなる?|山根康宏のワールドモバイルレポート

AndroidとiOSに続くスマートフォンOSの座を目指して「第三のOS」と呼ばれる各社のOSが製品

記事を読む

池端隆司×木暮祐一

木暮さんから学ぶ、技適のこと~その2~|池端隆司のモバイルジャンクション

こんにちは、池端です。 携帯電話研究家同士のディープな対談シリーズ。青森公立大学内にある木暮さ

記事を読む

ホテルのデスク上に置かれていた、外国人観光客向けのスマホ

スマホを無料で貸出して行動分析|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

先だって、香港の中古スマホ流通事情をご紹介しましが、その取材の際に泊まったホテルの部屋の中に、驚くべ

記事を読む

デュアルSIM対応スマートフォンはデュアル待ち受け可能、アンテナも2本立っている

MVNO時代に便利なデュアルSIMスマホ、4G完全対応に期待|山根康宏のワールドモバイルレポート

日本でも毎月のようにSIMフリースマートフォンの新製品が登場するようになった。それらの中には大手メー

記事を読む

大手3事業者はLTEでも激しい加入者獲得合戦を繰り広げるだろう

見えてきた台湾のLTE時代 | 山根康宏のワールドモバイルレポート

国を挙げてWiMAXを次世代高速通信規格として推進していた台湾。そのためLTEの導入は他のアジア各国

記事を読む

MVNOブレイク!背景に潜む、SIMフリー版「失われた20年|池端隆司のモバイルジャンクション

MVNOブレイク!背景に潜む、SIMフリー版「失われた20年」|池端隆司のモバイルジャンクション

世界から遅れること20年、日本でもようやく自分が使いたい端末を通信キャリアの縛りなく選ぶことができ

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑