世界のニュースもキャッチ! 『ニューススイート』|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

若者たちのニュースソースといえば、もはやスマホによるニュース閲覧が圧倒的です。「新聞も読みなさいね」と言ったところで、新聞は有料。その一方スマホのほうは即時性高いし、移動中など空き時間でいつでも読めるとあって、新聞派は少なくなる一方です。であるならばと、より効率的に最新ニュースをクリッピングできるニュースブラウザアプリを使いましょうねと、担当の講義でもRSSの仕組みやニュースブラウザアプリのトレンドなどを解説してきたところですが、さる1月18日に、ソニーからなかなか良さそうなニュースアプリがリリースされました。

軽快な操作性と情報収集に便利なカスタマイズ機能

 みなさんはスマホでニュースを読まれる場合、どういった方法で閲覧されているでしょうか。「新聞社やWebメディアのスマホサイトをブックマークして都度起動させる」、なんていう方はもう少数では。昨今はグノシーに代表されるような、数多くの媒体からトピックを一覧にして閲覧できるニュースアプリを使うのがトレンドです。新聞社やWebメディア自らニュースアプリを提供しているところもありますが、やはり多様なニュースソースから情報を閲覧できるサードパーティーのニュースアプリの方が情報収集には便利ですね。

 情報が溢れている現代において、自分に必要な最新の情報を手際よく収集することが今後ますます求められていくことでしょう。そんな中、意外なところから、ニュースアプリのリリースが流れてきました。

 ソニーは1月18日、Android向けニュースアプリ『ニューススイート』を発表しました。え、なぜソニーが? と思ったのですが、そういえばソニーはすでに2012年から『Socialife News』というニュースアプリを配信していたのでした。今回発表された『ニューススイート』はこのSocialife Newsを大幅リニューアルしたもので、操作性を大きく見直し、使い勝手を向上させてきました。

 具体的には、アプリ上部にタブを設け、一般的なニュース記事を表示する「ニュース」タブと、自分の興味・関心のある記事を表示する「マイマガジン」タブを簡単に切り替える機能を搭載しました。「ニュース」タブではビジネスやエンタメ、スポーツ・グルメ・テクノロジーといったジャンル別にニュース記事が表示されます。一方、「マイマガジン」タブは、ニュースカタログ(RSSリスト)から情報元や関心事を選んでニュース受け取ることができます。ニュース閲覧では、左右のフリック操作でジャンルの表示を切り替えられるなど、ソニーらしいUXセンスが光ります。

 また「マイマガジン」では、選択したニュースソースのほか、キーワードでニュースを絞り込んで情報収集することも簡単。たとえばスマホに関連するニュースをピックアップしたければ、「スマホ」をキーワード登録するだけで、絞り込んだ情報を収集・表示させることができます。

ニューススイートの起動画面。

ニューススイートの起動画面。あらかじめ選択したジャンル、および媒体から最新ニュースを並べてくれます。

「マイマガジン」では自分が読みたいメディアを選択することができます

「マイマガジン」では自分が読みたいメディアを選択することができます

また、特定のキーワードなどでニュースをピックアップすることもできます

また、特定のキーワードなどでニュースをピックアップすることもできます。たとえば「スマホ」を登録!

「マイマガジン」のタブの中に設定したキーワードが並び、それをタップするとキーワードに引っかかった最新ニュースがずらり

「マイマガジン」のタブの中に設定したキーワードが並び、それをタップするとキーワードに引っかかった最新ニュースがずらり

ニュースソースは「世界中のメディア」というのがポイント

 ところで、“さすがソニーだけあるな”と感じたのがそのグローバル性です。前身のSocialife Newsはすでに世界約70カ国で展開されているということで、用意されているニュースソースも全世界の主要メディアを網羅しているのです。

 もちろんニュースソースをマニュアル設定(URL入力追加)することもできるのですが、ちょっと裏技的な使い方になりますが、あらかじめピックアップされているRSSの一覧から追加できる方法をご紹介しましょう。

 そのニュースソースの選択ですが、「ニューススイート」の「設定」から「”+”タブの言語・地域」で他の国の言語を選択すると、RSSリストの一覧が設定した言語の国のニュースソースに変わるのです。

設定で言語・地域を変更することで、その国・地域のニュースソースを一覧から選ぶことができます。試しにタイ語に挑戦

設定で言語・地域を変更することで、その国・地域のニュースソースを一覧から選ぶことができます。試しにタイ語に挑戦

正直、タイ語は全く分かりませんので、とりあえずどれか選択してみました

正直、タイ語は全く分かりませんので、とりあえずどれか選択してみました

タイのニュースのほか、「イギリス-英語」を選択して英国のHuffinton Postも購読。タブで切り替えられます

タイのニュースのほか、「イギリス-英語」を選択して英国のHuffinton Postも購読。タブで切り替えられます

わが国では「日本語」という壁があるために、世界主要国の人たちに比べ海外のニュースに触れる機会が少ないように感じます。この「ニューススイート」で関心を持つべき国の主要メディアを登録しておけば、いち早く世界で起こっていることをスマホで閲覧できるようになるのです。これは素晴らしいことではないでしょうか。ちなみにソニーのご担当のお話では、アメリカやイギリスなどのニュースソースはかなり充実しているとのこと。

 難点を言えば、表示された海外のニュースの翻訳機能も欲しいところですね。「ニューススイート」アプリ内で読む場合は、翻訳機能が備えられていませんので海外のニュースを読む場合は原文のままになります。しかし、表示されたニュースを他のブラウザで開く機能は備えられていますので、一手間必要になりますが、Chromeでニュースを開き直せば、Google翻訳を使って日本語への変換もできてしまいます。

タイ語のニュースを開いてみましたが…、当然判読不能ですね

タイ語のニュースを開いてみましたが…、当然判読不能ですね

他のブラウザから開く機能を使ってChromeで表示させ、Chromeの日本語翻訳機能を使ってみましょう

他のブラウザから開く機能を使ってChromeで表示させ、Chromeの日本語翻訳機能を使ってみましょう

たどたどしいですが、日本語でタイのニュースが表示されましたよ。世界がとても近くなった感じですね!

たどたどしいですが、日本語でタイのニュースが表示されましたよ。世界がとても近くなった感じですね!

 新生活が始まるこれからの季節、ニュースアプリの見直しに絶好のタイミングかもしれません。今後は海外のトピックを上手にキャッチし、世界に視野を広げておきたいものですね。

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

新iPhoneおよび、iOS 8へのアップデートで搭載された純正アプリ「ヘルスケア」。ホーム画面に並ぶということでアップルの本気度が分かりますよね

iPhone 6 を使って一番驚いたこと|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

iPhone 6/6 Plusが発売され、そろそろiPhoneを巡る話題も落ち着いてきた頃合だと思い

記事を読む

他方で、「Location History」と検索すると、自分の過去の居場所がすべて丸見えで驚きます。

Googleサービスの機能拡充2選|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

Googleは米国時間の5月28日に、開発者向けのイベントである「Google I/O 2015」を

記事を読む

『スマート本 スマホについてラップした本』(KUROCK出版)

ラップで学ぶスマホマナー本が出版!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

このほど、『スマート本 スマホについてラップした本』(KUROCK出版)という書籍が発売されました。

記事を読む

SIMフリーのため価格はメーカー希望小売の定価販売。だが実質無料での販売も行われている

SIMフリー国家香港、iPhoneはこうして無料販売される|山根康宏のワールドモバイルレポート

総務省は2015年から通信事業者が販売するスマートフォンなどのSIMロック解除を義務付ける方針を決定

記事を読む

ikehata_yamane_sam

「盟友」山根さんとディープなモバイル話編~後編~|池端隆司のモバイルジャンクション

こんにちは、池端です。 今週は携帯電話研究家・山根さんとのディープなモバイル対談の続き、後編をお届け

記事を読む

こんな感じでワイワイと集合写真も自撮りできてしまいます。もちろん風景のアングルをしっかり決めて自撮りするのに大変重宝しそう。

2015年のブームは、ずばり「セルカ棒」!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

新年、あけましておめでとうございます。今年も筆者が気になったモバイルを巡る話題をコラムとしてお届けし

記事を読む

170502_02

スマートウォッチの次のトレンドはカメラ搭載?|山根康宏のワールドモバイルレポート

ここのところ大手メーカーの動きがぴたりと止まってしまったスマートウォッチ市場。だが海外

記事を読む

170301_03

NB-IoTを真っ先に乗せたいスマートスーツケース|山根康宏のワールドモバイルレポート

2017年はLPWA(ローパワー・ワイドエリア)を使った様々なIoTデバイスが登場する年になるだろう

記事を読む

中国移動香港は中国大陸の中国移動の完全子会社

無料通信分を他人に販売できる香港のサービス|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォン購入時、最近では機種変更よりも新規契約したほうが安上がりなことが多い。そのため1人でも

記事を読む

eyecatch_vol2

【トークセッションVol.2】ウェアラブル、IoT、モバイルのココだけのハナシ

株式会社ウェブレッジは東京ビッグサイトで開催された、「Japan IT Week春 第9回 We

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑