エコ&アップグレードも容易なFairphone2がいよいよ登場|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンに故障はつきもの。調子が悪くなった時に自分でパーツを交換できれば便利だ。あるいは使っているスマートフォンがそろそろ古くなったなあと感じたとき、中のパーツを最新のものに交換できればさらに使い続けることができるだろう。そんな夢のようなことのできるスマートフォン『Fairphone2』がこの秋にも発売される予定だ。

スマホ本体をネジ一本でパーツごとに分解可能

Firephoneが手掛ける『Fairphone』シリーズ、その1機種目はスマートフォンを構成する部品の出所を明確にした「フェア」な製品として昨年キックスターター経由で発売された。Fairephoneの目指すのは消費者が安心して使えるスマートフォンなのだ。その第二弾として登場するFairphone2は、エコと無駄をなくした製品である。

分解可能なスマートフォン、Fairphone2

分解可能なスマートフォン、Fairphone2

Fairphone2は電池カバーと電池が簡単に外せることはもちろん、本体のフレーム部分もワンタッチで分解することができる。内部にはスマートフォンを動かすためのCPUやモジュールがパーツごとに分かれて詰まっており、それぞれはネジで留められている。時計ドライバー1本あれば購入者が簡単に分解して各パーツごとに分解することが可能なのだ。Fairphone2は以下7つのパーツによって構成されている。

1.電池カバー
2.バッテリー
3.トランシーバーユニット(CPUや本体メモリ、SIMスロットなどを搭載)
4.ディスプレイユニット
5.レシーバーユニット(カメラや各種センサーなどを搭載)
6.フロントカメラユニット
7.スピーカーユニット

スマートフォンを落としてしまい、ディスプレイを割ってしまう人も多いだろう。メーカーに修理に出せば戻ってくるまで数日かかるし、そうでなくとも時間を作って修理センターへ行かねばならない。だがFairphone2ならばディスプレイユニットを注文し、それが家に届いたら自分で簡単に交換できるのである。

Fairphone2本体はパーツごとに簡単に分解できる

本体はパーツごとに簡単に分解できる

他にも本体の調子が悪くなった場合は、トランシーバーユニットを丸ごと交換するなどすればOKだ。もちろんそのためにはどのパーツを交換すべきかを診断するアプリが提供される必要がある。とはいえスマートフォンの調子が悪くなってもパーツを変えるだけですぐに直せれば、もう修理に出す必要すらなくなるのである。

そしてFairphone側は、顧客から受け取った故障したパーツを再利用することを考えている。ディスプレイが割れてしまっても、それに取り付けられているケーブルなどは再度使うことができる。Fairphone2はこのようにパーツを使い捨てるのではなくリユースする、地球環境に優しいエコな製品なのである。

Fairphone2は回収したパーツもリユースやリサイクルされる

回収したパーツもリユースやリサイクルされる

新機種買い替えも不要?パーツ交換でアップグレード

そしてパーツごとにモジュールを交換できるということは、今後新しい機能を追加したり高速なCPUに乗せ換えて性能を引き上げることも可能になるのだ。一例としてFairphone2にはNFCが搭載されていないが、今後NFCを搭載したモジュールが提供される予定だという。またカメラ部分を赤外線カメラのモジュールに交換すれば、特殊用途にも利用できる。バーコードリーダーやワイヤレス充電モジュールなど、後から物理的な機能を追加したい場合でも、Fairphone2なら簡単に行えるわけだ。

Fairphone2はアップグレードしたくなったら分解してパーツ交換すればよい

アップグレードしたくなったら分解してパーツ交換すればよい

今やスマートフォンは毎年のように高速化が進んでおり、最新のCPUや高速通信に対応した製品が欲しいと思えば、高いお金を出して本体を買い替えるしかない。だがFairphone2ならば、新型CPUを搭載したトランシーバーユニットを交換すれば今まで使っていたスマートフォンが最新製品に早変わりするのだ。もちろんトランシーバーユニットはスマートフォンの心臓部でもあるので価格は高いだろうが、それでも最新製品に買い替えるよりはかなり安い値段で提供されるだろう。

このようにパーツやモジュールを組み合わせてスマートフォンを拡張できる製品は、Googleが「「Project Ara」として現在開発を行っており、年内にも製品が登場予定とされている。とはいえこのProject Araはパーツ間が直接通信できる高度な製品であり、コストや開発の敷居は高いものになるかもしれない。様々なパーツが登場すればスマートフォンの概念を変えるものになるだろうが、世界中のスマートフォンがProject Araに置き換わることは無いだろう。

モジュールを組み合わせるProject Ara。年内発売予定だという

モジュールを組み合わせるProject Ara。年内発売予定だという

これに対してFairephone2は、既存のスマートフォンがコストダウンや効率化のために内部を一体化したり分解しにくい構造にしているものを、そのまま分解できるようにした製品だ。つまり既存のスマートフォンにちょっと手を加えるだけで作り上げることができる。

自分で修理が可能で、また将来のアップグレードもパーツ交換で自在にできるFairphone2、販売価格は525ユーロが予定されている。CPUにSnapdragon801を採用するなど高スペックな製品なので価格は妥当なところかもしれない。欲を言えばコストやエコを意識するユーザー向けにミドルレンジ、3-4万円クラスの製品も投入して欲しいところ。いずれにせよ製品の実売が楽しみだ。

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

170101_02

ついに登場した「充電不要スマートウォッチ」。体温発電が世界を変える|山根康宏のワールドモバイルレポート

高機能化やファッション化が進むスマートウォッチだが、毎日の充電は面倒なものだ。また高機能な製品を買っ

記事を読む

MWC2015のLumia640/640XL発表の場でPCやタブレットとのシームレスな動作環境をアピールするMicrosoftのStephen Elop CEO

Windows10登場でスマホ第三のOSはどうなる?|山根康宏のワールドモバイルレポート

AndroidとiOSに続くスマートフォンOSの座を目指して「第三のOS」と呼ばれる各社のOSが製品

記事を読む

ソーターが流れてくる商品のバーコードを瞬時にチェック

買取られたスマホはどこへ行く?(その2)|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 スマホの中には大切な個人情報がたくさん詰まっています。パソコンの世界で言えば消去したはずのハードデ

記事を読む

中古スマートフォンTOP100の内訳(ゲオホールディングス公表データより)

埋蔵携帯が総額1兆6,489億円?! |木暮祐一のぶらり携帯散歩道

中古スマートフォン、中古携帯市場が活況をみせています。5月から義務化されたSIMロック解除義務化の動

記事を読む

池端隆司×木暮祐一

木暮さんから学ぶ、技適のこと~その2~|池端隆司のモバイルジャンクション

こんにちは、池端です。 携帯電話研究家同士のディープな対談シリーズ。青森公立大学内にある木暮さ

記事を読む

香港を中心に世界に流通する中古スマホ(概念図) 出典:オークネット総合研究所

中古スマホはどこへ行く?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

MM総研によると、2014年度にわが国で出荷されたスマホは2,748万台となっているそうです。もはや

記事を読む

5月7日に発表された最新モデルのAscend P7

スマホシェア3位のファーウェイ、ブランド力向上が鍵に|山根康宏のワールドモバイルレポート

2013年の世界のスマートフォンシェアランキングで中国のHuawei(ファーウェイ)が初めてシェア3

記事を読む

小米のハイエンドスマートフォン「小米3」

中国スマホのトレンドを見るなら「小米」に注目 | 山根康宏のワールドモバイルレポート

最近日本でも話題となっている中国のスマートフォンメーカー、小米(Xiaomi、シャオミ)。中国大人気

記事を読む

韓国ではSIMロックは廃止されている

SIMフリー化で急増!韓国のスマホ単体販売ショップ|山根康宏のワールドモバイルレポート

今年(2015年)5月から日本で販売されるスマートフォンのSIMロック解除が原則的に義務付けられた。

記事を読む

004

NuAns NEOがAndroidになって登場!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

かつてガラケーの時代には、新モデルが登場するたびにワクワクしながら、誰よりも早く実機を入手すべく、発

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑