セルフィーの普及がスマホの前後カメラの区別をなくす|山根康宏のワールドモバイルレポート

ASUSは2015年6月1日にフロントカメラを強化したスマートフォン『ZenFone Selfie』を発表した。フロントカメラの画質はなんと1300万画素で、もはやメインカメラとの画質差は無くなっている。自分の写真を撮ってソーシャルサービスにアップすることは今や誰もがやっていることであり、その流行はついにスマートフォンのカメラ性能も大きく変えるものになった。

前後1300万画素カメラのZenFone Selfie

ZenFone Selfyの商品名は、その名の通りセルフィー=自分撮りを大きく意識したものである。ZenFone Selfieの本体サイズは156.5×77.2×10.8mmで、ベースとなるモデルの『ZenFone 2』の152.5×77.2×10.9mmと横幅厚みはほぼ同等、一方高さが増している。これはフロント側のディスプレイ上部中央に1300万画素カメラを配置した結果だ。

フロント上部中央のカメラ。1300万画素のためサイズが大きい

フロント上部中央のカメラ。1300万画素のためサイズが大きい

そのカメラの起動は簡単だ。画面上にアルファベットのイニシャルを指先で書くことでアプリを起動できる「ZenMotion」に対応しており、指先でSelfyの頭文字である「S」の字を書くとフロントカメラが起動して自撮りができる。カメラアプリを起動しなくとも即座にセルフィーを楽しめるわけだ。

また男性には不要だろうが女性には必須ともいえるリアルタイムの美顔効果もフロントカメラを使って利用できる。肌の色や顔の細さ、目の大きさなどを0から10の段階で調整できるのだ。さらにはフロントカメラを使ってもHDR撮影ができるため、逆光でも綺麗な写真を撮ることができる。

電池カバー周辺部分がスタンドになるZenFone Selfie Swing

電池カバー周辺部分がスタンドになるZenFone Selfie Swing

そして面白いアクセサリーも提供される。背面の交換用電池カバーにスタンドが内蔵された「ZenFone Selfie Swing」だ。普段はスタンドを収納して置き、必要時にはカバーの周りのフレーム部分を引き出してスタンドとして利用できる。実はZenFone Selfieの各機能はこれまで他社のスマートフォンに実装されたものも多い。だがこのスタンドはASUSならではのオリジナルだ。普段机の上にスマートフォンを置いておく時にも便利であり、今後他社から類似の製品が出てくるかもしれない。

アジアではフロントカメラ強化スマホが続々

1300万画素デュアルカメラを搭載したスマートフォンはZenFone Selfieが初めてではない。中国の新興メーカーのMeituが2014年にリリースした『M2』が先駆けであり、ピンクなど女性を意識したボディーカラーで一躍話題となった。また他社からも同様にフロント1300万画素カメラを搭載したスマートフォンが何機種か登場しているし、Xiaolajiaoの『LA-7』はなんと前後2000万画素カメラを搭載している。

中国新興メーカーからは前後2000万画素スマホも登場

中国新興メーカーからは前後2000万画素スマホも登場

普段のスマートフォンの使い方を考えてみても、背面のメインカメラを使うのは食事風景や友人たちとの記念写真、あるいはメモといった用途が大半ではないだろうか。一方アジアでは女性たちが近況をソーシャルサービスで伝え合うためにフロントカメラを使ってセルフィーすることが流行っている。

スマートフォンのカメラは、デジタルカメラ同様に美しい風景を撮ることを目的とした高画質化が進んでいった。だがソーシャルサービスの普及はスマートフォンのカメラの使い方を変え、利用頻度の大半がフロントカメラ、という女性も少なくない。

いずれは男性にもセルフィーが普及する?

いずれは男性にもセルフィーが普及する?

セルフィーは若い女性に人気だが、いずれは男性にも普及が進むかもしれない。例えばアジアの学生たちは、自分のお気に入りの表情だけではなく、ふざけ合った面白い表情の顔写真を送りあって楽しんでいるケースも多い。ソーシャルサービスが日常生活に入り込んだ結果、セルフィーの送り合いはお互いが顔を合わせる「疑似・リアルなコミュニケーション」になっているのだろう。

カメラ回転式のOPPOのスマホ

カメラ回転式のOPPOのスマホ

一部のメーカーは回転式のカメラを搭載し、前後区別なく高画質な写真を撮影できる製品を投入している。だがいずれは背面のメインカメラよりもフロントカメラの画質が高く、メインユースはフロント側になる、といったスマートフォンも登場することだろう。コミュニケーション手段が変わればスマートフォンの機能も大きく変化していくのである。

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

Tudouが発売するタブレットはTVユーザーも取り込む

有料動画サービスとタブレットをセットで売るTudouの新しい試み|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンやタブレットでも視聴できる動画配信サービスが花盛りだ。YouTubeに代表される動画共

記事を読む

「小児救急支援アプリ」起動画面。年齢と性別を選択します

お子さんの急病時にその緊急性がわかるアプリ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

誰でもが持ち歩いて使っているスマホだからこそ、何か社会に役立つような活用が進むと嬉しいですね。今日ご

記事を読む

170201_01

音声認識技術で存在感を表すアマゾン|山根康宏のワールドモバイルレポート

今年も1月3日からラスベガスで開催されたCES(Consumer Electronics Show、

記事を読む

gazou006

タクシー配車アプリの激しい戦いが始まっていた!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

みなさん、タクシー配車アプリってご存知でしょうか。2011年1月に日本交通が初めて導入し、これに追従

記事を読む

170301_03

NB-IoTを真っ先に乗せたいスマートスーツケース|山根康宏のワールドモバイルレポート

2017年はLPWA(ローパワー・ワイドエリア)を使った様々なIoTデバイスが登場する年になるだろう

記事を読む

170501_03

ウェアラブルデバイスでモバイルペイメントに挑む北京の事業者|山根康宏のワールドモバイルレポート

中国では今や誰もがスマートフォン片手にキャッシュレス生活を送っている。わずか1-2年の間にアリババの

記事を読む

同社はプロジェクター内蔵タブレットも手掛けるが、小型のスマートフォンにより大きな注目が集まる

今度こそ成功する?新たなプロジェクター内蔵スマートフォンがまもなく発売|山根康宏のワールドモバイルレポート

Akyumen Technologiesはスマートフォンの上部にプロジェクターを内蔵した「Hawk」

記事を読む

販売サイト上で説明されている図

iPhoneにボタン機能を追加する保護ガラスを試してみた|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

スマホのディスプレイ大型化は老眼が進んできた筆者にとってもありがたいことなのですが、その一方で指は伸

記事を読む

台北の空港のキャリアカウンターは大行列。たいていの香港人はここでプリペイドSIMを購入する

香港の人は海外に行くときスマホをどうやって使っているのか?|山根康宏のワールドモバイルレポート

毎年の夏休みや年末年始など、長期休暇が取れるときは海外へ行く人も多いだろう。最近では自分のスマートフ

記事を読む

eyecatch_vol2

【トークセッションVol.2】ウェアラブル、IoT、モバイルのココだけのハナシ

株式会社ウェブレッジは東京ビッグサイトで開催された、「Japan IT Week春 第9回 We

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑