Androidフィーチャーフォンの必然性|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

公開日: : 最終更新日:2015/05/28 モバイル研究家コラム, 木暮祐一のぶらり携帯散歩道 ,

各通信キャリアが2015年夏モデルの発表会を行いましたが、KDDIに加えNTTドコモからもAndroid OSを搭載したフィーチャーフォン(ガラケー)が登場しました。“ガラケーへの回帰”とまでは言えませんが、筆者はそれなりに音声通話を主体に使いたいユーザー層に、こうした端末のニーズはあると考えています。そしてAndroid OSを搭載することも必然のことでしょう。今回はこの点を説明させていただきたいと思います。

ネットワークの進化に対応したガラケーと考えるべき

 2015年夏モデルとして、KDDIはシャープ製の「AQUOS K SHF32」を、NTTドコモは同じくシャープ製の「AQUOSケータイ SH-06G」と、富士通製「ARROWSケータイ F-05G」という、Android OSを備えながらも、形状は従来のフィーチャーフォンタイプの端末をそれぞれ発表しました。

KDDIの「AQUOS K SHF32」(シャープ製)

KDDIの「AQUOS K SHF32」(シャープ製)

NTTドコモの「ARROWSケータイ F-05G」(富士通製、左)と「AQUOSケータイ SH-06G」(シャープ製、右)

NTTドコモの「ARROWSケータイ F-05G」(富士通製、左)と「AQUOSケータイ SH-06G」(シャープ製、右)

 じつは2015年春モデルとして、KDDIからガラホこと「AQUOS K SHF31」が登場した際、様々なメディアから「なぜ、こういう端末が登場してきたのか」「これはガラケーと言っていいのか」など多くの質問をいただきました。

 はっきり言って、これは“ガラケーの正当進化”と考えています。というのは、モバイルネットワークは常に進化を続けています。モバイルの通信インフラは3GからLTE(4G)主流になってきたわけですが、そうなれば当然LTEネットワークで利用可能なガラケーをラインアップさせる必要がでてきます。しかしながら、新たにLTEネットワークに対応した専用のガラケーハードウェアを製造するには、大きなコストが掛かります。これを回避するには、すでにスマートフォン用に設計された端末チップセットや基本ソフト(OS)を流用したほうが、一から設計し直すよりも負担は少ないはずです。こうした事情から、今後登場してくる“ガラケー”はAndroid OSとスマートフォン用チップセットを搭載したものが“常識”になっていくと思います。

 ネットワークは常に進化を続けています。過去のネットワーク進化を振り返ってみると、初代アナログ携帯電話サービス(第一世代=1G)は1979年に東京23区内からスタート。そして第二世代方式(=2G)と呼ばれたデジタル方式は、1993年にスタートし、’90年代はアナログ方式とデジタル方式が混在した状態でサービス提供が行われました。この混在期間に、従来のアナログ方式ユーザーを2G方式の携帯電話に買い替えを進めて行き、ユーザーの移行がほぼ終わったタイミングで旧方式を停波させ、サービス廃止とします。アナログ方式はおよそ1999年頃に各社とも終了させました。そして、2001年にはCDMA技術を使った第三世代(=3G)方式がスタートします。’00年代は2Gと3Gが同時にサービス提供され、その間にユーザーは2Gから3Gのサービスに移行して行ったわけです。そして2G方式は2012年にサービス終了。2Gとも重複しますが、現在第四世代方式(=4G)とされるLTE方式がスタートしたのは2010年末からです。現在は3Gと4Gが併用されているタイミングとなります。

 当然のことながら、最新のスマートフォンはみなLTE対応が当たり前となりました。しかしながら、ガラケーは3Gのままでした。じつはLTE方式のネットワークはデータ通信専用となっており、ガラケーやスマートフォンで音声通話を利用する際は、端末側でネットワークを3Gに切り替えて通話を行っていました。

 昨今話題のVoLTE(Voice over LTE)。これはデータ通信専用ネットワークであるLTE上で、音声通話を可能にする技術です。じつは、これこそ、近い将来3Gネットワークを廃止するためにどうしても必要になってくる技術なのです。契約するすべてのユーザーの端末がVoLTE対応になることで、ようやく3Gネットワークを廃止できます。前述のとおり、モバイルネットワークはおよそ10年ごとに新世代が登場し、約10年程度の併用期間を経て、新たなネットワークにバトンを渡していきます。3Gが登場したのは2001年。ということは、2021年ぐらい、あるいは多少余裕をみても2023~4年頃には3Gサービスは廃止されるのでしょう。その間に、すべてのユーザーの端末をVoLTE対応機に買い換えてもらう必要があります。

 さて、都心部ではスマートフォンへの移行がかなり進んでいますが、いまだに地方ではガラケー率が高い状況にあります。やはり日常の交通手段に自家用車を利用している地域ほど、スマートフォン普及率は低いようです。自宅や勤務先にはブロードバンドが整っているという状況で、移動中にインターネットを利用するシチュエーションは無いというわけです。こうした環境の中で、無理やりスマートフォンへの移行を促すわけにもいきません。ですので、どうしてもガラケーのラインアップは必要となってくるわけですが、近い将来の3Gサービス終了を考えると、どうしてもLTE方式とVoLTEに対応したガラケーが必要になってくるわけです。こうして、KDDIやNTTドコモが、製造コストを抑えるべく、Android OSを搭載したガラケーを出さざるを得ないと考えたのでしょう。

ケータイEメールからLINEへのシフトも必然

 両キャリアのAndroid OS搭載ガラケーでは、Android OSが搭載されているといえど、その操作性は完全に従来型ガラケーのそれそのものです。ディスプレイもタッチパネルではありません。ですので、Android用に提供されているアプリの多くは使えないこともあって、これらの端末ではGoogle Playにも接続できません。専用のアプリは各キャリアおよび端末メーカーが用意しているもののみとなります。

 そういった中で、LINEだけはこれらの端末にプリインストールされています。これこそ、長年続いてきた日本のケータイEメール文化の終焉ではないかと驚いています。わが国のケータイEメール文化は、iモード登場時の1999年以降、一気に根付いていきました。世界では電話番号をアドレス代わりにメッセージの送受信ができるSMSサービスが一般的でしたが、わが国では通信キャリアを超えてSMS(ショートメール等)を送受信することができませんでしたので、(2011年以降はキャリアを超えてSMS送受信が可能になりましたが)通信キャリアを超えてメッセージの送受信をする手段として、ケータイEメールが普及していきました。一方で、このメールアドレスが変わってしまうことがネックとなって、MNPの利用もあまり進んでいませんでした。

 しかしながら、昨今のMNP利用者向けの販売インセンティブ大盤振る舞いによって、ついにケータイEメールアドレスの利用をやめたユーザーが増えてきたのでしょう。そしてケータイEメールに代わるコミュニケーション手段として定着していったのが、LINEなどのメッセンジャーです。他にもtwitterやfacebookなど、メッセンジャーとして利用できる手段は多様ですが、やはりわが国で圧倒的にユーザー数が多いものがLINEということで、ケータイEメールの代替に、LINEを標準搭載(プリインストール)したところが、時代の大きな変化だなと驚いていることです。

 “いまさらガラケーなどいらない”というユーザーも多いとは思いますが、スマートフォンのディスプレイが大型化していくなかで、「もしかしてタブレットとガラケーを組み合わせたほうが便利じゃない?!」というふうに考えるユーザーも出てきたようです。筆者の場合も、複数のスマートフォンや音声通話用ガラケーを持ち歩いていますが、スマートフォンでfacebookやマップなどを使っていると、すぐに電池が無くなってしまいます。一方で、ガラケーは電池の持ちがよく、また通話機能の使いやすさも、スマートフォンの比ではありません。意外にも、スマホ(またはタブレット)と、ガラケーの2台持ちは便利なのではと思う昨今です。一度、こうしたAndroid OS搭載ガラケーを体験してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
木暮祐一
1980年代後半より日本の携帯電話業界動向をウォッチし、携帯電話関連媒体の立ち上げや執筆などに携わる。2000年にはアスキーで携帯電話情報ニュースサイトを立ち上げ編集長を務めた。ケイ・ラボラトリー(現、KLab)を経て2009年に大学教員に転身。2013年より青森公立大学経営経済学部准教授。黎明期からの携帯電話端末コレクションも保有し、その数は1000台以上。株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

こんな風に1回数分、できたら1日数回使用することで、視力回復トレーニングができるとか。ほんまかいな?!

スマホを使って眼のストレッチ?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

現代社会において、もはやスマートフォンやパソコンのディスプレイを見ながらの作業は避けられません。こう

記事を読む

pic01

ドコモのIoT自転車がいよいよ地方進出|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

都心部では各所で見かけるようになってきた、このドコモのロゴがある赤い自転車をご存知でしょうか。「シェ

記事を読む

004

NuAns NEOがAndroidになって登場!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

かつてガラケーの時代には、新モデルが登場するたびにワクワクしながら、誰よりも早く実機を入手すべく、発

記事を読む

Lenovoの会員向けにサービスを開始したLenovo MVNO

端末だけでは商売にならない?中国で進むスマホメーカーのMVNO事業|山根康宏のワールドモバイルレポート

Lenovoは2015年10月26日、中国でMVNO事業(Mobile Virtual Networ

記事を読む

bluetooth

Bluetooth接続出来ないのはスマホ?BT機器?どっちが原因?

Bluetoothはほぼ全てのスマートフォン/タブレットに搭載されている無線技術で最近急速に広ま

記事を読む

LTE新規参入の台湾之星は3G事業者と合併した

終焉を迎える台湾のWiMAX、貴重な2600MHzが解放に|山根康宏のワールドモバイルレポート

2014年6月にLTEサービスが始まり、各社のハイエンドスマートフォンが続々と販売されている台湾。そ

記事を読む

Datawindの3000円スマートフォン。低スペックだが低所得者でも楽に買えるのは現地で大きな魅力だ

激安タブレットの次は3000円スマホ、スマホはコンビニ販売が普通になる?|山根康宏のワールドモバイルレポート

今やスマートフォンが無料で買えるのは当たり前だが、当然のことながら2年契約が必要だ。またスマートフォ

記事を読む

小米のハイエンドスマートフォン「小米3」

中国スマホのトレンドを見るなら「小米」に注目 | 山根康宏のワールドモバイルレポート

最近日本でも話題となっている中国のスマートフォンメーカー、小米(Xiaomi、シャオミ)。中国大人気

記事を読む

Gear S本体。端末部分からバンド部分を取り外すことも可能なので、将来もっとおしゃれなバンドの登場にも期待したいものです。

曲面ディスプレイを見事に応用した「Galaxy Note Edge & Gear S」ファーストインプレッション|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

10月23日より、NTTドコモはサムスン電子製の「Galaxy Note Edge(SC-01G)」

記事を読む

韓国ではSIMロックは廃止されている

SIMフリー化で急増!韓国のスマホ単体販売ショップ|山根康宏のワールドモバイルレポート

今年(2015年)5月から日本で販売されるスマートフォンのSIMロック解除が原則的に義務付けられた。

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑